イタリア旅行記9(完)
11月13日。
起床後、朝食。そしてチェックアウト。
またあのフロントとやり取りをしなくてはいけないのが苦痛。
案の定、部屋の冷蔵庫の水を申告したら、
フロントの女性が値段が分からないらしくおろおろしていた。
すると、男性が腰を低くして出てきて(おそらく支配人クラス)、
無料でよいと言ってきた。昨日立腹したのが効いていたのだろうか。
何はともあれ、ちょっと得をした。

荷物を預けて、サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会に行くべく、
ヴァポレット(水上バス)へ。

サンマルコ広場から遠くに見える教会・・・
e0039787_9515530.jpg

近づくとこんな感じ・・・
e0039787_9532779.jpg


朝一番の教会の中ではパイプオルガンの演奏が行われていた。
あまりに素晴らしく、しばらく座って神妙に聞いていた。

e0039787_9521192.jpg


何曲演奏しただろう・・・。
しばらく立ち上がることができないくらい浸った。
このイタリアの旅を振り返るのにも、大げさに言うと人生を振り返るのにも
絶好の音色だった。

ゆっくりしてからサンマルコ広場に戻ってドゥカーレ宮へ。
日本語の説明文章があって興味深い。
溜息の橋の内部にも入れて満足。
ちなみに外から見る溜息の橋は・・・
e0039787_9523425.jpg


内部からみると・・・
e0039787_9543218.jpg


その後、ゴンドラにはなるべく複数人数で乗ったほうがお得ということで、
12:00にR香夫婦と合流。
(ちなみに、ゴンドラの料金は直接交渉なのだ。
ルートにもよるが、目安は45分80€、60分100€、75分120€などで、
最大6人乗りを人数で割る。)
キョロキョロしていると、オフシーズンということもあり、
暇そうなゴンドリエーレが近づいてくるので話は早い。

まずゴンドリエーレのボスに判断をあおぐらしく、部下?が勧誘に来た。
45分で100€といわれた。高い!
4人で顔を見合わせて、かねてからの予算を伝えた。
私たちは45分80€を目標に、70€まで負けてもらおうという考えだった。
(お互い残り滞在日数も少ないため所持している現金も少なかったので。
ゴンドラにはカード試用不可)
しかし、70€という希望金額には今度はゴンドリエーレが目を丸くした。
それは無理だという。
素晴らしいコースを回るし、歌も歌うし、
60分も楽しめるんだよ!とアピールしてくるが、
正直私たちのポイントはそんなところではない!
ベネチアの寒さに、60分も乗っていられない!というのが正直なところ。
4人とも、ゴンドラに乗れればそれでいいのだ。
結局断って、別のゴンドラ乗り場を探しに歩き出した。
すると、間髪いれずに後ろから別のゴンドリエーレが追いかけてきた。
顧客獲得に必死な様子(笑)。
何度も地図を見ながら、コースの確認と金額交渉。
英語とイタリア語のミックスで、こっちも必死だ。
それでも、とにかく80€からは下げられないの一点張り。
結局サンマルコ広場付近をあきらめて、リアルト橋まで歩いて
そこで別のゴンドラ乗り場を探すことに。
(この間、3~4人が次々と私たちを追いかけてきて
アピールタイムを展開したが、交渉決裂。)
そうそう、このとき断るたびに私が使用したイタリア語。
「Magari ritorno, grazie!」
意味は、「また戻ってくるかもしれません。ありがとう」です。
これを言うと百発百中(そんなに喋ってないけど)
しつこいゴンドリエーレも交渉をあきらめてくれました。
R香いわく、「魔法の言葉だね!」。

さて、リアルト橋に移動してみると、今度は30分80€といわれた。
さっきより条件が悪いじゃないか!うーん・・。
主人がジェスチャーで、70€までディスカウント。
75€まで下がったところで粘られたが、
どうしてもお金がないから70€とこちらも粘る。
・・結局、これで決定!!案外最後は即決だった。あやしいくらい。
4人でとてもショートコースだったが、(正味20分強しかなかった)
はっきりいってこれくらいで満足だった。

リアルト橋から出発!

e0039787_9573364.jpg


ヴァポレットの入れない狭い水路を行くほうがゴンドラの乗り甲斐があると私は思う。

e0039787_9561022.jpg

e0039787_9574294.jpg


交渉成立したゴンドリエーレ。歌は歌ってくれなかったがいい人だった。

e0039787_10001.jpg


さあ、ゴンドラのあとは、ランチ。
何軒か見て回って、落ち着いたのは、オステリア・ヌーメロ・ウーノという店。

e0039787_1005787.jpg


写真の後ろ姿は私でもR香でもありません。
良心的な価格だったこともあり最後のイタリアをめいっぱい食した。
そのため、食べ物の写真がない・・・(!)。

サンマルコ広場まで戻ってきてR香夫婦とお別れ。
日本のように何も違和感なく「じゃあ、またねー!」(笑)。
その後私たちはサンマルコ寺院とコッレール博物館をざっと見て、
広場で再び出会ったR香夫婦(笑)にベニスカードを渡す。
※ベニスカード=公共交通機関の観光用チケット(1日チケット、1週間チケット等)や
街の主な観光サービスにアクセスできる。日本で事前に調べて買っていった。
結局、元を取れたのかはちょっと疑問だけど、便利ではあった。
この間に、R香夫婦たちは、花売りが警察に捕まり、さらに逃走するのを目撃したらしい。
花がとり残されているのが面白くて、4人で大笑いした。

さあ、いよいよ本当にイタリアとお別れ。
17:20のアリアグーナ(空港行きの水上バス。ベニスカードは使えず!)に乗る。
アリアグーナのチケットは10€だったのだが、
クレジットカードが使えないので注意が必要。
旅行最終日だからと現金をすべて使ってしまっていると購入できない。
正直、危なかった。

空港について、チェックインして、所持金は4€。

e0039787_104475.jpg


使い切ってしまいたい!ということで、
カプチーノ&ビスコッティを2セットで2€×2!!

e0039787_1045931.jpg


おしまい!!(笑)

そういえば妹から頼まれていたシャネルの化粧品も、
実はイタリア中探し回ってなかなか見つからなかったのだが、とうとうここでGET!
頼まれたお土産というのはプレッシャーだったりする。
(後に、喜んでもらえて結局こっちもホッとするのだが)

飛行機は定刻より遅く出発。私が座るはずの窓側の席に
おそらくフランス人であろう子供が堂々と座って窓の外を眺めていたが、
チケットを見せると、しぶしぶどいた。ごめんね。
ベネチアからパリへ。機内食は驚くほど・・・まずかった。

e0039787_1055919.jpg


行きはあんなにおいしかったのにどうしちゃったんだろうというくらい・・・。
ワインを飲んで気を紛らわせた。
でも、着陸寸前にスタッフが近づいてきて、
「パリでの乗り継ぎ時間が短いので誘導しますね」と。
エールフランス、素晴らしい!!
今回のたびで飛行機をエールフランスにしたのは大正解だった。
そして、無事に、成田行きの飛行機に乗り継ぎ(私たちだけ。ギリギリだった)、
日本へと帰ってきたのでした。



帰国してからもイタリア語は続けています。
次に行くときはもうちょっと喋れるといいなぁ。
でも、私なりに予想以上に会話してきたので大満足です。

あー、それにしても、帰国から1ヶ月以上たってようやくUPし終わった!
年内にUPできてよかった(苦笑)!
読んでくださった方、ありがとうございました。
(イタリア旅行記を書くと、訪問者が増えるのよね・・・)
# by mikikasai819 | 2005-12-26 10:09 | りょこうき(旅の記録) | Comments(2)
いざ出陣inクリスマスイブ&クリスマス
デパートの混雑って本当にすごいですね・・・。
混んでいると分かってはいながら
24日は仕事を終えてから久しぶりに、
イブ当日の新宿の某デパートへいざ出陣!

・・・しかし、

まず、駐車場は50分待ち。
いざ入店すると、アクセサリー売り場を筆頭に、人ごみで商品が全く見えない。
検討・購入など店員の案内が必要な際は番号札で順番待ち。
ブランドショップも人・人・人。
あー、いやー、酸素が足りなーい!!(苦笑)
結局買いたかったものも買えず(優柔不断)、逃げるように店をあとに。
そのあとは人の流れとは逆へ逆へと動き、やっと落ち着きました。

そんな24日を振り返り、25日はというと、
クリスマスとは全く関係なく、日野市に行っていました。
目的は今月上旬にオープンした、「新選組ふるさと歴史館」・・・。
来年1月3日に大河の続編が放映されるので
その前に絶対行こうと、実は、友達M子と話をしていたのですが、
日程がなかなか合わず、悩んだ末、選ばれた日は今日だったのです(笑)。
「新婚なのにいいの?」と何度も確認されましたが、
私もM子(2児の母)に「ママなのにいいの?」と逆に確認をして、
やっぱり今日しかないだろうということになったのでした。
私とM子と、私の主人も一緒にいざ出陣。
予想以上に盛り上がりました。
土方歳三の洋装試着も、ノリで3人ともチャレンジしてしまいました!

ここで驚いたのは、案外若者が多いこと。
日野宿本陣にはカップルが4組ほどきていました。
歴史に思いを馳せるのもアリですね。

ただ、偶然とはいえ、私ったら、誕生日は会津だし、クリスマスは日野だし、
新選組にどっぷり浸かってる人みたいじゃないの!!
(実際、そうでしょ!って?)

何はともあれ、さーて、これからケーキを食べますよー。
食欲出てきたというのはいいことですし。
シャンパン・チキンは我慢しましたし。
胃薬飲んで準備はOKですし(苦笑)。

・・・というか、本当にだいぶ治ってきたのでご安心ください。
# by mikikasai819 | 2005-12-25 19:28 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)
Sing in 第九!!
今日は仕事のあと、恵比寿に行きました。
目的は「Sing in 第九」への参加。
そう、第九です!・・・が少し面白い仕組みになっているのです。
聴衆=合唱団が一体化になっていること!
つまり、鑑賞だけのお客さんはいないのです。
第1楽章から第3楽章までは聴衆、そして第4楽章(合唱)は出演者です。
(Sing inの方式って、日本では、恵比寿ガーデンプレイスクワイヤのみらしい)

このSing in 第九を発見したのは、実は先月のこと。
年末は久しぶりに第九のコンサート聞きに行きたいなー・・・と
ネットで調べていたところ、自らも歌える!という文にひっかかりました。
普通、合唱団として歌うためには
春頃から毎週のように練習を重ねないといけません。
それでも、Sing in 第九の場合は、「入って歌う」ということが目的です。
歌ったことのない人や心配な人以外は、極端な話、
当日のゲネプロだけでもOKというではありませんか。
あきらめかけていた第九合唱にこんな気軽に参加できるなんて!
しかも、当日は暗譜の必要もなし、洋服も普段着でOKというではありませんか!!
これならせっかくだしやってみよう!と申し込んでみました。

思い起こせば、6年前のちょうどこの時期。
新人のとき、ラジオ番組で、
「どんなときに年末だなーと感じますか?」というお便りが来ました。
私は「そうですね、やはりベートーベンの第九のCDを
大音量で聞くことですかねぇ」と回答。
パートナーの男性アナからはすぐさま
「河西さん、それって近所迷惑かもよ・・・笑」と突っ込まれましたが(汗)、
そのおかげか、リスナーの方から
「CDじゃなく是非本物の合唱を聞きに来てください」とお誘いがかかり
チケットが送られてきたのです。
そのとき行ったのは、高崎第九合唱団と、伊勢崎第九合唱団。
どちらも非常に感動したのを覚えています。
そして、次の年2000年はミレニアム!といういいきっかけだし、
チャレンジしよう!と前橋第九合唱団の門をたたいたのでした。
簡単に歌えると思いきや、大変!!
私の声域ではソプラノは出ないので、アルトになるわけですが、
普段なじみのあるのは当然ソプラノ=主旋律。
アルトのメロディーに慣れるのにひと苦労。
それでも、春から練習を重ね、冬には群馬県民会館の舞台で
見事に歌いきったのでした。

・・・あれから5年。付け焼刃的ではありますが、
今、もう一度、歓喜の歌に触れることになります。

さて、Sing in 第九の話に戻ります。
それぞれ異なる楽譜を手にし、異なる洋服で集います。
ゲネプロは15時スタート。
サッポロビール本社の講堂でオーケストラとあわせて、本番に備えます。
本番は19時。恵比寿ガーデンプレイスで2時間半近く各々休憩。
クリスマスのイルミネーションの中、コーヒー飲みたーい!ケーキ食べたーい!
本当はサッポロビールだし、ビールが飲みたーい!!
しかし、胃の調子は相変わらずよくないので、すべて我慢。

本番は麦酒記念館の中で行います。
オーケストラとものすごく近いです。
まさに一体化です。
最初に、指揮者の方から、
第1楽章から第3楽章までの聴きどころについての解説が30分。
正直、最初は面倒だと思っていたのですが、このレクチャーが非常に面白く、
今まで素通りしていたメロディーなどをじっくり聴く気になりました。
音楽は生きている!って本気で思っちゃいましたもの。
実際、演奏中は、眠気なんて全く来ないし(笑)、ワクワク気持ちが高ぶりました。

そして、第4楽章。
隣の女性のドイツ語の堪能さにちょっとビビッてしまいましたが(苦笑)、
全般に気持ちよく歌えました。
歌い終わって自分たちで拍手をして、自分たちでアンコールをして(笑)、
初めてのSing in 第九参加は終わりました。
帰りにサッポロビールからチューハイのお土産が!
うれしい!!しかし、今は飲めない!!(涙)

余韻に浸りながら帰宅したら、テレビから第九のメロディーが!
やっぱり年末なのですねぇ。しみじみ。
いや、年末の前に、まずはクリスマス!せっかくだから楽しみましょう!!
# by mikikasai819 | 2005-12-23 23:08 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
キリキリその後の後
胃痛のときに発生する、胃の独特の存在感はだいぶ和らぎました。
でも、やっぱりおかゆのみ・・・。
クリスマスケーキやチキンに対する食欲はわいてきません。
悔しい・・・・。

ところで、昨日、医者で診察・会計を済ませて帰るとき、
「おだいじに!」といわれて思い出しました。

群馬のときは、この「おだいじに」の台詞が

「おだいじなさい!」

だったのです。

おだいじなさい・・・東京では耳にしないですよね。
群馬特有の医療用語?だと思います。

最初は私もビックリしましたが、
毎回行くたびに聞いていると、温かい気持ちになったものです。

ちょっと懐かしい気分に浸りました。

・・・でも、考えてみれば「おだいじなさい」を聞きすぎるということは
病院に通いまくっているということで・・・やはり健康に注意ですね。

それでは、仕事に行ってきます。
(3連休?Non Non!!)
# by mikikasai819 | 2005-12-23 12:02 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
キリキリその後
朝になっても胃の痛みは治まっていなかったため、
がんばって医者に行き、診てもらいました。
結局、急性胃炎・・。
今夜誘われていた友人との飲み会は泣く泣く欠席・・・。
相変わらず何も食べられず、スープのみで生きています。
そろそろおかゆくらいは食べなくては・・・。
もともと胃が強いほうではないので、
来年当たり検査を受けたほうがいいのかもしれません・・・。
胃カメラはイヤだなぁ・・・。

ところで、今住んでいる場所に引っ越してきて初めて医者に行きました。
実家のときも群馬のときも周囲の勧める医者があって、
迷わずそこに行ったのですが、
今回はどこがいいのか分かりません。
ネットで調べてみたのですが結局分からず、
(調べている間にも痛むので)
自分の勘に頼って歩いていき、偶然見つけた内科(胃腸科)に入りました。
結果的にはやさしいお医者さんだったのでホッとしましたが、
やさしい=名医というわけではありませんよね・・・。
地域の情報、徐々に仕入れられればいいなぁと思います。
(仕事で夜遅いと、地域の交流なんてなかなかできませんが)
# by mikikasai819 | 2005-12-22 18:13 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)
キリキリ
携帯から投稿ですが、実は今自宅です。
自宅で寝込んでいます・・。

昨日、スタッフとの忘年会がありました。
そんなに激しく飲んだつもりはないのに、朝起きて、胃がキリキリしました。

もしや二日酔い?

自己嫌悪に陥った私は、
周りで評判の『ウコンの力』に頼ることにしました。(笑)
一瞬、治った気もしました。
でもやはりキリキリは止まる気配がありません。

ポカリスウェットや温かいスープ、
胃薬も試しました。・・ダメだ。

イタリア語学校の授業中も冷や汗がでる感じ。
(難しかったのもあるけど)

そして17時から、
イタリア語のクラスの仲間4人で飲み会でした。

飲み放題なのに全く飲めない・・

そして全く食べられない・・

どうしよう・・

この4人で授業を受けるのは実は今日が最後でした。
(2人がイタリアに行ってしまうため)
いっぱい話がしたいのに、言葉も出てこなくなってきた・・
胃の痛みで、完全にやられていた私。
『みきさん、顔色わるいよ』
『うん、白くなってる』

限界でした。

2時間制だったのに私はその場にいられなくなり、
早退を申し出たのです。

すると
『それじゃこれで解散しようよ』
『結構飲んだから大丈夫だよ。気にしないで』
『最後なんだし、みんな一緒に店をでよう』

感涙。

そんなわけで1時間半で店を出て、
胃痛と戦いながら死に物狂いで
自宅まで帰ってきました。
どうやら胃腸の風邪も流行ってるらしいので
対策を考えなきゃなぁと思っています。
それにしてもキリキリが治らない・・

こんな状態で布団の中から携帯打ってる私の姿、
想像すると笑えます?
それともゾッとします?

はい・・これから寝ます。
# by mikikasai819 | 2005-12-21 21:06 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
今日のお仕事
1:ニューステップの商品ナレーション

以前にもブログに書いたことがありますが、靴の店頭用紹介ビデオです。
ありがたいことに、継続してご依頼を頂いています。(9月15日ブログ参照)
今回は、パンプスでした。
仕事柄ヒール靴をよく履きますが、私のように転びやすい人間にも安心なつくりで、
またまた「惚れた!」と思うところが多かったです。
抗菌・防臭加工や、階段などで音が響かないところなども納得!
というわけで、また下記のお店に行く用事がありましたら、是非見てみてください。
http://www.nustep.co.jp/shoplist_.html
来年早々流れると思います。

2:都立J高校のアナウンス指導

1ヶ月に1回のペースで教えているのですが、
今年最後ということで、忘年会?をしました。
・・・といっても高校生の部活動時間内ですから、ケーキとコーヒーで乾杯です。
そんなわけで、部室にはたくさんのお菓子が!
(って、これ書いていいの?内緒なのかしら?)
まあ、このお菓子がこの後の話に重要でして・・・
というのも、今日は大会も終わって時間に余裕があったので、
思いつきで、商品デモンストレーションに挑戦してもらいました。
ポテトチップスのパッケージに書いてあった
「沖縄の塩で美味しさがグーンとアップ」という台詞を
ある生徒に読んでもらって、それを聞いていた別の生徒に
ちゃんと伝わっていたか確認するという実験をしたのです。
すると、「沖縄って単語は覚えてる」とか「沖縄の・・・塩の量がアップした」とか
案外ちゃんと伝わっていないことに気づきます。
そこでもう一度読んでもらうと、
今度は「そっかー、美味しさがアップしたんだ」
「グーンとアップってあたりが強調されたね」など改めて発見ができるのでした。
その後、その場にあった色々なお菓子で試しましたが、
「このお菓子の名はニュー餅太郎。[ニュー]。このニューがポイントです」と
商品名を連呼した人もいれば、
「なんと、これ、来年の4月まで日持ちするのです!」と賞味期限に注目した人、
さらに「黒酢が使われていて体にいい!
食べているうちにさかあがりができるかも!」と
パッケージの与えられた情報を駆使して個々に工夫した人もいて、
ちょっとした楽しいひとときでした。
(ちなみに本当に「さかあがり」って書いてありました。笑えました。)
こんな遊び感覚からCMの見方も変わるかな、
アナウンスの楽しさも伝わるといいなぁと思います。

3:女子学生の就職セミナーの司会

今日は、女子学生専用ということで、内容もいつもと異なるところがありました。
そんな中、JALアカデミー就職セミナー担当講師の宮本朋子さんの講演で
思わず私もメモを取っってしまったのが、
面接でのマナーとして必要なこと5つでした。

1:挨拶 2:表情 3:身だしなみ 4:言葉遣い 5:態度(立ち居振る舞い)

もちろん、面接だけでなく、日々の生活で重要なことですよね。
それを宮本さんが「マナー」と定義づけられていたことが
とても印象強かったのです。
その他、おじぎの仕方、メイクの仕方、
いすの座り方、スーツの選び方・・・などなど
学生のみなさんは真剣な顔でメモを取っていました。
途中、2人1組でお互いの姿勢・表情をチェックしあうなど
和気あいあいと進んだこのセミナー、
私自身も改めて学ぶことがたくさんありました。
そうして、今、帰宅して、このブログを書いています。
3つのお仕事からそれぞれ収穫がありました。今日はぐっすり寝られそうです。
# by mikikasai819 | 2005-12-19 23:55 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
小さな女の子が別れ際に・・
今日は本当に冷えますね。
そんな中で、ちょっと温かい気持ちになったのは、
さっきまで私の目の前にいた4~5歳の女の子。
お母さんと女の子と、お母さんのお友達?の3人で電車に乗ってきました。
先に親子が目的駅に到着したようで、降りようとしたとき、
その女の子がいいました。

『おばさん、よいお年を!』

大人びているわけではなく、大人が言っていたのを覚えて
一生懸命まねしたのでしょう。
でも、実にすんなり口から発せられていました。

女の子のほほえましさと、日本語の温かさを
素直に感じてしまいました。

そう思っていると
『よいお年を~』
『おばさ~ん!よいお~と~し~を~』
『よいおとしをね~』

・・なんと女の子は電車を降りてからもしばらく叫んでいました(苦笑)。
やはり子供だわ!

『もういいの!』とお母さんに叱られている姿が、
またほほえましかったのでした。
# by mikikasai819 | 2005-12-19 15:40 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
彼女さん、機嫌直して~(>_<)
今、ひとりで渋谷の喫茶店でmy手帳とにらめっこしています。
そんな中で、聞こえてきます。
さっきから何度も同じせりふが。

『ねぇ、ちょっと。きいてんのぉ?』

カップルが2人で話をしているのですが、
なんだか彼女の方がずっと拗ねているのです。
彼があまり話に乗ってこないからのようです。

女の子はしっかり自分の話を聞いてもらえるとそれだけで幸せになれたりします。
私も例外ではありません。

しかし、大きな彼女の声は店内に筒抜け。
聞きたくない人にも耳に入ってきます。
『クリスマスは泊まりに行くってあれだけ言ってたのに仕事?!
あり得ない~。嘘ついてない?』
『どうしてそんなに飲みに行く必要があるの?私の立場は?』
『あのさー、車にナビをどうしてつけようとしないわけ?
いつもイライラするんだけどぉぉ』

彼はひたすら下を向いていて声は聞こえません。
するとすかさず、
『ねぇ、きいてんのぉ?』と大きな声をはりあげる彼女。

ダメだ~(>_<)

私はこういう女の子が苦手です。
相手のことを考えず、周りのことも考えず、
今、どんな答えが出れば彼女は納得するのでしょうねぇ。

店内が変な雰囲気になってきているのが耐えられず、
携帯をカチャカチャ動かしている河西美紀でした。
# by mikikasai819 | 2005-12-16 18:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
イタリア旅行記8
※このブログにお立ち寄りの皆様!
なんと、私、昨日今日で旅行記は3つ、他の話題も2つアップしています。
よかったらご確認ください。(自由研究をアピールしている生徒みたい)

☆☆☆☆☆

11月12日。
このホテルはやはりなんだか落ち着かない。
レストランがどこなのかも分かりづらい。
外出する際も鍵を預ける場所が、チェックインしたフロントとは異なるらしく、
別の場所に行けといわれ、本当に気分が悪い。
こういうのってショックが大きい。しかも、こういう日に限って天気が悪い。
雨は降っていないが、ものすごい霧で景色がほとんど見えない。

e0039787_11171823.jpg


当然、この霧&寒さではゴンドラ乗り場もガラガラ。

e0039787_11165483.jpg


サンマルコ広場で元気なのは大量のハトたち(苦笑)。

e0039787_111615100.jpg

e0039787_111631100.jpg


うーん、気を取り直さなくては。

今日はサンタマリア・デラ・サルーテ教会から見に行く。
さらに歩いて、アカデミア橋、

e0039787_11175963.jpg


さらに、カ・レッツォーニコ(ベネチア18世紀博物館)。
ここはなんだかあまりピンとこなかったけど、芸術作品を見た。
実はこの頃疲れがたまっていたせいか、窓から見た景色のほうが印象強い。

e0039787_1120183.jpg


あまりにゆっくりしすぎて、既にランチタイム。
ビーノ・ピントという店で12€のセットを頼む。
仔牛のカツレツやラザニアなど。

e0039787_11204174.jpg

e0039787_112102.jpg


見た目は質素だが、味はまあまあ。
お昼ならこれくらいで十分かな。
それはそうと、この店のトイレは中から鍵をかけても色が変わらず、
(普通鍵をかけると赤くなる)
後ろに並んでいた外国人客と「困ったねぇ」といわんばかりにジェスチャーで会話。
トイレ問題は万国共通!

そのあと、足を伸ばしてムラーノ島へ。
船を降りると、「ベネチアングラスは、この道沿いをまっすぐ歩いてくださいね」と
叫んでいる人がいて、みんなそちらに流れていく。
しかし、どうもこれはおかしいなと思い、地図を見ると、
有無を言わさず工房に連れて行かれるところだった。
私たちは博物館に行きたいのだ!!

結局、路地に迷い込み、おばあさんが話しかけてきた。
Museo(博物館)の場所を尋ねると、残念ながら土曜日は休みだという答えが。
えええええ???しかし、私の聞き間違いかもしれないと信じず行ってみたところ、
なんと16:00で閉まるから明日来いとのこと。
時計を見ると15時50分。最悪。
明日はもう帰国するからこられないんだよーーー!!!
Museoという船着き場に最初から行けばよかったのだが、
持参したガイドブックには別の船着き場が紹介されていたのが原因で
歩き回ってしまった。まぁ、これも旅のだいご・・・み?

結局ムラーノグラスのお土産を買って帰る。

e0039787_11224229.jpg


ホテルに帰ってきて、鍵を受け取ろうとすると、預けたときと話が異なり、
また別の場所に行けなどと意味不明なやり取りが展開されて、お互いキレ気味。
こういうときに、英語でもイタリア語でも自分の意思を確実に伝えられれば・・・と思った。
今日は何をやってもうまく行かず、食欲も失せそうだったが、
夜は友人から勧められていた「マドンナ」のリゾットを食べに行く。
開店と同時に店はお客でいっぱい。
リゾットはさすがにおすすめだけあって非常においしかった。
しかも、親切に取り分けた状態で持って来てくれたのだ。
(イタリア人は1つの皿をみんなで分けるという習慣はない。日本人の特徴みたい)

e0039787_11253949.jpg


おいしかったー!!
しかし、やはりここでもサービス料が入っているのに、チップを要求された。
しかも、今回は、カードの引き落としの際、
チップ代をいくら払うかサインする際に数字を申告するパターンだった・・・。
へぇ・・・・(テンション下がる)

いや、なんとしてもこのまま終わるわけには行かない!
モチベーションを高めたい!!

食べ終わってすぐホテルに戻るのがはばかられたため、
ベネチアを代表する伝統的カフェ、
あの、映画「旅情」で舞台となった「カフェ・フローリアン」でエスプレッソを飲む。
本当は夏ならば、広場に面したテラス席に座れるのだが、
あまりの寒さでそれは無理。
内装は美術館のようにきれいな絵画が飾られ、
カップもおしゃれで、さすがだなぁと感動。

e0039787_1128132.jpg

e0039787_1128199.jpg


1720年創業かぁ。世界最古のカフェといわれているわけで、
1720年というと、日本では徳川吉宗が享保の改革をした4年後だな・・・と
やけにすんなり出てきた比較対象にひとり苦笑い。
こうして、イタリア最後の夜は更けていった・・・。
# by mikikasai819 | 2005-12-16 11:30 | りょこうき(旅の記録) | Comments(0)
  
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。
by mikikasai819
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
懐かしい!Dan!思わず..
by mikikasai819 at 09:27
非公開コメントをくださっ..
by mikikasai819 at 12:48
to-exfan-080..
by mikikasai819 at 14:58
みきさん、こんにちは(^..
by to-exfan-0801 at 10:25
ラテさん、ありがとうござ..
by mikikasai819 at 04:20
河西さんって自分世代だと..
by ラテ at 14:51
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月