ハッピーバレンタイン2018

「河西さん、ご主人にチョコレートはあげるんですか?」
この質問を1週間で複数の方から質問されました。

えっと、そんなに確認されるって、あげないように見えるってことかな?(汗)


正解は・・・


あげません。


チョコレートはね(笑)。


カステラが大好物ということなので、やはり好きなものをあげたいなと思いまして
ここ数年はカステラにしています。


今年は須崎屋の五三焼き。たいそう喜ばれました。
(本当は大きさを1号にしたいのですが、私があまり食べないので0.5号で)
e0039787_00014489.jpg
・・・で、これは日付が変わった瞬間にあげました。
心配して質問せずにはいられなかった方(笑)、
そんなわけで、こういうイベントは大切にしておりますよ。

バレンタインデー当日の日中は大手町でセミナー司会でした。
オフィス勤務だと各デスクを回ってお渡しすればいいのかもしれませんが
司会の現場でお世話になっている男性陣にどのタイミングで渡せばわからず、
どうしよう・・・と本番前、本番中、本番後、ずっと悩んでいました(苦笑)。
結果的に帰り際、反省会&打ち上げの場で主要メンバーにお渡しできたのでよかったです。

ちなみに今年私が選んだのは、私の大好物であるミルフィユ スペシャリテ。
これは日本中で松屋銀座でしか取り扱いがないのです。
本の形の箱が可愛いですよね!ちなみに茶色は期間限定です。
行ったときは売り切れてしまっていて取り寄せました。
自分用にも1つ購入。本当に美味しいのです。
e0039787_00014959.jpg
・・・で、打ち上げでひとしきり飲んだのですが、
その後主人と合流して家の近くのワインビストロへ。
Amore Eterno という赤ワインがメニューにお目見え。
日本語だと「永遠の愛」という意味。
なるほど。バレンタインということだからか!
せっかくだから注文してみよう。
ボトルが可愛くて思わず1枚。
「インスタ映えしますね」と言いながら、インスタやっていない私(苦笑)。
e0039787_00014735.jpg
ちなみに、店長とシェフにはいつも本当に良くしていただいているので
プチバレンタインのつもりでアンリ・シャルパンティエのサブレを持っていきました。
お会計の時にお渡ししたのですが、
「今日1つももらっていないので嬉しいです!」「もらったどー」と
頭の上に掲げてすごく喜んでくださいました。
そんな反応をしていただけて、こちらも嬉しかったです(笑)。

どうしたって思春期(中学時代)のバレンタインデーを超えるドキドキは
なかなか経験できないものですが、大人になってからで考えてみると、
今日はなかなか楽しいバレンタインデーでした。

※本当は水曜夜はスカッシュレッスンに行くのですが、
ぎっくり首になってしまったので泣く泣くお休みしました。
その結果、違う過ごし方になりました。
医者に行って電気治療と薬を処方されて様子を見ています。
早く治したいな・・・。

# by mikikasai819 | 2018-02-14 23:55 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

ぎっくり首再び

昨年春、突然首が痛くなって眠れないほどになりました。
(その時の記事はこちら

あれから1年弱。
再び同じような症状が襲いました。
今回はソファーでうたたねした後に起きたので、
全く思い当たる節がないというわけではないのですが(汗)
それにしても首が全く動かない、上向いても下向いても痛い、
寝返り打てない、起き上がれない、くしゃみしたら激痛・・・
ちょうど博多の出張と重なりまして。

こういうのって変な癖になったら嫌だなぁ・・・
薬飲んで養生します。
ああ、スカッシュしたい。(心は元気なのに体がトホホ)

今日はそんなわけで東京に戻ってきてからは整形外科と、
あとはボイスクリニックに行きました。
上咽頭への薬塗布。痛いけど効く。
喉のメンテナンスは大事。絶対にこの冬乗り切るぞー!!!

Twitterは毎日何かしら呟いております。
良かったらスクロールしてみてください。
こちらからどうぞ♪



# by mikikasai819 | 2018-02-13 23:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

有賀さつきさんの訃報に接して

有賀さつきさんの突然の訃報でビックリして目が覚めた朝。
以前、彼女とご一緒にお仕事したことがあった。
いつだったか・・・と振り返ってみたら、5年半前。2012年9月だった。
有賀さんは日経カルチャースクールセミナーで話し方講師でいらっしゃって、
その時の司会が私だった。

自分自身がアナウンサーを目指していた時まさに活躍されていた方だから
とても感慨深かった。

テレビとラジオの共通項と相違点など、有賀さんと控え室で直接お話することもできた。
すごくほんわかした印象だった。

その時のブログリンクを思い出に載せておこうと思う。
(ブログ前半は別の講演会の内容で後半に有賀さんのことを書いている。)
こちらをクリック。

52歳。まだまだお若いのに、闘病をされていたそうだ。

心からご冥福をお祈りします。

# by mikikasai819 | 2018-02-05 11:14 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

おばあちゃん、私のこと、分かる?

今日は横浜で仕事の後、実家に寄りました。
95歳の祖母に渡したいものがあったからです。

母からは「最近ちょっと記憶があいまいなところが出てきている」、
父からも「この1ヶ月でだいぶ物忘れが進んだ」

祖母についてそれぞれ上記のように言われていたから、
少しは覚悟していたけれど、

実際に会って、「おばあちゃん!」と話しかけたときに

ニコニコとしながらも、私のことが誰なのか、
認識できていないのが初めてわかってしまいました。

「おばあちゃん、美紀だよ」と言うと、
「美紀ちゃん?美紀さん?」と、今まで呼ばれたことのない呼ばれ方が返ってきました。
(通常、「美紀」と呼び捨てされてきた)

しばらくして、どうしても事実を受け入れたくなくて、
夕ご飯のあともう一度尋ねてみました。

私:「おばあちゃん、私の名前、分かる?」

すると、祖母は私の顔をじっと見て、しばらく動かなくて、
だいぶ経ってから(いや、実際は10秒くらいだったかもしれないけれど)、
私にこう言ったのです。

祖母:「どうしてそんな質問されなきゃいけないの?」


!!!


私は、祖母の切り返しを尊敬すらしました。

名前は思い出せない、でも、覚えていなくてはいけない間柄だというのは
ちゃんと分かっているのです。
祖母の大いなるプライドとともにそれが伝わってくる言葉でした。

そして、もう一言、私のした愚問に対して、

祖母:「だって、私の孫でしょう!」

ちょっと怒ったような口調で答える祖母。


・・・(涙)


そう、私はあなたの孫です。合っています。
合ってるよ、おばあちゃん。


でも、やっぱり美紀という名前は直接聞けませんでした。


思い出せないことを悟られないようにしているのでしょうか。
それでもこうして精一杯答えてくれた祖母の手を、私はそっと握りました。

母に聞くと、ずっとこういう状態ではなく時々忘れてしまっている、
或る時はスラスラと名前が出てくることもあるということでした。
「今日はたまたま美紀の名前が出なかっただけだと思う」と。

でも、私は、覚悟を決めていた割に、実際にその現実に直面したら、
衝撃が強すぎて、なんというか、もう、心の震えが止まらず、
このブログを書いている今も、実はちょっと涙を押さえることができずにいます。

1か月前はこんなことはなくて、多忙にしていて実家に顔を出さなかったこの1ヶ月で
祖母とコミュニケーションが困難になってきてしまった・・・こんな短期間で。

きっと誰のせいでもなくて、これが年をとっていくという現実なのかもしれない。
95歳という年齢は1年1年のカウントでは長すぎて、
大げさではなく1日1日が大きな変化をもたらしている。

大丈夫、そのことに気づけたのはとても大きなこと。

だから、私はこれから、また、祖母に会いにいきます。
次はショックなんて思わずに、会える自信はあります。

だから、今日だけは、ちょっと涙を我慢せず、祖母を想うことにします。
すみません。

# by mikikasai819 | 2018-02-04 22:35 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

総移動距離はどのくらい?(出張Weekを振り返る:後編)

※まだの方は前編からお読みいただけると嬉しいです。

1月26日(金)
エフエム世田谷Bee Up!Setagaya生放送
日経就職サクセスセミナーin関学(兵庫県)

この日は朝の生放送3時間からスタート。
無事に終えてから息つく間もなく、兵庫県西宮市に向けて出発。
エフエム世田谷のある東急田園都市線用賀駅から、まずはあざみ野駅まで、
そこから横浜市営地下鉄で新横浜まで。
お弁当を買って乗り込むことにしました。
すると、「東海道新幹線、米原付近で雪の為、速度を落として運転しています」とのアナウンス。
八戸に行ったときは東北だし想像できましたが、
西に行くのに雪?とまたまた緊張感が襲ってきました。
関ヶ原のあたりは雪の影響を受けるのですね。

名古屋までは順調でしたが、京都に着くまでには普段より時間がかかりました。
そして新大阪には20分遅れで到着。
そこから乗り換えて在来線で西宮駅。
さらにバスに乗り換えて、セミナー会場である関西学院会館へ。
このとき、「雪がちらついてきた」とツイートしたのですが、
あれよあれよという間に雪の降り方は強くなり、セミナー始まるころにはうっすら積もる程でした。

関西学院会館は去年も訪れましたが、とても雰囲気がいいですよね。
就職セミナー、多くの学生さんが集まりました。

終わった後は門戸厄神という駅の近くで主催者の皆様と宴。
しかし、私は翌日、千葉県市川市で仕事があるので、途中で失礼しました。
とはいえ、東京までは帰れませんので、京都駅まで距離を稼ぐことにしました。

在来線で京都駅まで。
朝も早かったことですし、気づいたら爆睡していました。

・・・

・・・

・・・

次に起きた瞬間、思い出したくない光景が広がっていました。

混んでいたはずの車内、
私の目の前に座っていたはずの人はどなたもおらず、

床には・・・

!?

食事中の方、すみません、
金曜夜の、遅い時間帯、飲んで帰宅中の誰かが、トイレに間に合わず・・・
そういうことです。

全く気付かず寝ていました。
いつごろどういう状態でなったのか、
別に騒がしくなった様子もなかったのですが、
繰り返しますが爆睡していて全く記憶がありません。

次の瞬間、ノロウィルスとかって飛沫感染するんだっけ?と不安になりました。
足元に置いてあったカバンに飛んでいないかどうか・・・

とにかく、急に私までも気持ち悪くなって、寝ぼけ眼で隣の車両に移動して、
京都駅に着いたのはもう深夜1時近くでした。

駅直結、素晴らしいホテルで、でも、明日は念のため始発の新幹線で帰ることにしていて
ああ、もったいない、いや、そんなことよりちゃんと起きなくては。


1月27日(土)
松本零士氏講演会in市川市文化会館(千葉)
日経就職サクセスセミナーin名古屋

京都のホテルにて5時起床。4時間睡眠。ちゃんと起きられました。
シャワーを浴びて着替えて、6時16分京都発新幹線始発に無事に乗りました。
やはりこの日も雪の影響で30分ほど到着は遅れる見込みとのこと。
でも、30分で済むなら何の問題もないです(涙)。
フリーランスで(しかも事務所なしで)働いていると、
穴をあけるということに異常に恐怖感があります。代わりはいないのです。
最大限努力できることはすると決めていますが、やはり緊張します。

結果的に会場の最寄駅である本八幡駅には9時半に到着できました。
市川市文化会館には11時入り。余裕があるに越したことはありません。
駅前のマクドナルドでコーヒーを飲みながらホッとして、台本をチェック。

さてこの日は市川市教育委員会主催の「松本零士氏講演会」でした。
ホームページからお問い合わせをいただき新規にご依頼をいただいた案件で
とても誠実なご対応で、是非力を発揮したいと思っておりました。

今回のイベントの趣旨は、市川市地元の宇宙飛行士=今まさに宇宙に行っている金井宣成さんを
応援しようというものでした。
そこで、松本零士さんのお話の前に、金井さんのことや宇宙飛行士が行う訓練等、
司会の私がスライドに合わせて会場の皆さんに紹介するコーナーが10分ほどあったのです。
会場の皆さん、とても熱心に聞いてくださいました。

松本零士さんのお話は大変魅力的でした。
80歳になられたのに約80分、座らずずっとお話し続ける元気さ。
様々な話題が飛び出してあっという間でした。
今日もこれから徹夜とおっしゃっていました!すごい!!

・・・で、余韻に浸ってる場合ではなく、私はここからまた移動です。
主催者の皆様にお礼を申し上げ、急ぎ本八幡駅へ。
夜から名古屋で日経就職セミナーの司会があるのです。

実は、先にお仕事をいただいていたのは市川市からでして、
その旨を日経の担当者にはお伝えしたのですが
「ギリギリでもいいので是非お願いしたいです」と
ありがたいお言葉をいただきまして、これはもう、頑張って向かうしかない!と。

名古屋までは東海道新幹線も時間通りに動いていましたが、
何があるか分かりません。祈りながら向かいます。
会場から本八幡までは早歩き(タクシーは道が逆に混みそうでパス!)
本八幡駅から東京駅、東京駅から名古屋駅、
名古屋駅から栄まで、ここはタクシーに乗りました。
会場到着はちょうど開場時刻。最初のアナウンスに間に合いました!!!

そうして、無事に司会を遂行しました。

水曜の八戸から大袈裟ではなく毎日「無事に到着できるか」が気になっていたので
本当に安堵しました。
宴にも参加し、栄のホテルで意識なく爆睡。

そんな一日でした。

あっ、翌朝、帰る前にちょっと足を延ばして三重県伊賀に行き、
忍者博物館を満喫してきました。
忍者ショー、すごく面白かったです。お勧めします♪

というわけで、駆け抜けた1月末。
今日はデトックスマッサージに行って、スカッシュを2時間やって汗を流して・・・と
体のメンテナンスDAYでした。
また2月も同じような出張が発生します。
体が資本だなと思うので気を付けながら頑張ります!

# by mikikasai819 | 2018-01-31 23:10 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

総移動距離はどのくらい?(出張Weekを振り返る:前編)

先週水曜から土曜までを振り返ります。
これまでこの仕事をしてきて、最も移動が伴った4日間でした。
まずは水曜と木曜の部分。

1月24日(水)
八戸でマネーセミナーの司会。

新幹線で八戸まで行き、在来線で本八戸まで。
本八戸は私が20代の時に一人旅をした際に立ち寄った思い出の場所で
実に16年ぶりに降り立ちました。
八戸は雪。そしてもちろん寒い!
でも、ここまで寒いのは今シーズン初めてだよと
タクシーの運転手さんがおっしゃっていました。

このセミナーでの特記事項は、緊急地震速報が鳴り、震度4の地震があったこと
お客様の携帯から、あの不気味な音が、一斉になり始めました。
ほどなくして講師の先生が話を止めてしまうほどの揺れが来たので、
私は咄嗟に司会台のところに出ていき、
「一旦講演を中断いたします。先生、よろしいでしょうか。
皆さん、頭の上に念のため注意してください。」とアナウンスしました。
ホテルの方も「免震構造になっているので大丈夫です」と宴会場のドアを開けながら
安心させてくださいました。
お客様はとても落ち着いていらっしゃいました。
これまでのアナウンサー(司会)人生で、実はセミナー中の大きな地震は初めてでした。
揺れがおさまったあとはそのまま進行できたのでよかったです。

終わった後の宴は地震を振り返りながらも、大変楽しい時間となりました。
特に、講師の方と同じ趣味(スカッシュ、野球観戦)ということが判明し、大いに盛り上がりました。
なお、セミナー会場だった八戸パークホテルは翌日の囲碁の棋聖戦のため
宿泊できる部屋は皆無で、駅前のホテルに泊まりました。

1月25日(木)
東京でセミナー司会(対談形式)。

せっかく久しぶりの八戸でゆっくりしたいなぁと思っていましたが
夜には東京で仕事なので昼過ぎの新幹線のチケットをとっていました。
ところが朝起きてみると、東北新幹線は遅延というニュース。
最大50分遅れという文字を見て、不安になりました。
そこで、1時間早めの新幹線に変更することに。
3人席の真ん中しか空いていないけれどやむを得ない。
結果的に20分遅れで東京に到着。
大手町でコーヒーを飲む余裕もあって、これでよかったと思えました。
この日の仕事は自分ロードマップの作り方セミナー。
通常の司会進行にとどまらず、タレントの福田萌さんへのインタビューがありました。
45分間、いわば「徹子の部屋」のように進めていくわけです。
ラジオパーソナリティーをしていればもちろん初めてではないですが、
久しぶりに自らがメインでコントロールしていったので、準備もしっかり。
福田さんは笑顔がとてもキュートで優しい雰囲気をお持ちで、
それでいて、ご本人曰く「戦略的に」人生を見据えてきたという
軸のしっかりした方で非常に興味深いお話がたくさん聞けました。

この日、予想外の再会もありました。
福田さんの事務所のスタッフの方と名刺交換をした際のこと。
「河西さん・・・エフエム群馬にいませんでした?」
え?
よくよくお名刺を見ると、確かに見覚えのある名前。
実は、群馬時代にゲストに迎えたアイドルバンドChee'sのマネージャーさんだったのです!
17年ぶりです!!!
さすがに3~4度しかお会いしていないままだったのですが
どんどん、じわじわと思い出してきました。
今は事務所も変わられて新たな場所でお仕事をされているため、このような再会が実現しました。
私自身もフリーランスになって紆余曲折あって今があるので、
人のご縁って本当に不思議だなと思いました。

この日、セミナーが終わって飲んだビールの美味しかったこと!!!
八戸から無事に東京に着けるかの不安と、いつもと違う仕事内容だったことへの緊張と、
一気にそれらが解放された瞬間でした。

でも、金曜・土曜も、また別の緊張感が襲ってくるのでした。

後編へ続く


※「週刊このきなんのきかさいみき」状態のブログですが
上記の通り毎日動き回っております。
細かい動きはTwitterでつぶやいておりますのでよかったらチェックしてください。


# by mikikasai819 | 2018-01-29 09:50 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

出張からの立て直しがキーポイント

今年に入っていいペースでブログを更新していたはずが、
あれよあれよという間にまた1週間も空いてしまいました。
先週火曜日に仙台の出張がありまして、その時にPCも持って行ったのですが
予想外の二日酔いになってしまいまして(苦笑)、大げさでなく頭痛で七転八倒、
翌日もほぼ棒に振ってしまいました。(こんなこと滅多にないんですよ!)
それからというもの、一日一善&一日一捨と決めていたのに曖昧になってしまい、
ブログも滞るという・・・(大汗)。

でも、また今日から立て直します!
これがなかなかできないんですけどね、今年はあきらめませんよ。

日々の出来事はTwitterで呟いております。
こちらをクリックしてください。
別にTwitterをやっていない人でも閲覧できますので
スクロールして河西が何をこの1週間やっていたのかご覧頂ければ。

ちなみにこの1週間の主な出来事は・・・

☆城南地区賀詞交換会。800人を前に今年も司会。
☆日大芸術学部映画学科の学生さんの卒業制作に声で出演。
☆日経就職サクセスセミナー本格始動。これから全国各地を回ります。

今週は・・・

水曜:青森県八戸市
木曜:東京都千代田区
金曜:東京都世田谷区(生放送)→兵庫県西宮市
土曜:千葉県市川市→愛知県名古屋市

こんな感じで動きます。内容はそれぞれ違う内容のセミナー司会です。
今週は自他認めるハードな日程。
でも、お仕事をいただけるのは本当に嬉しいことですよ。

出張続きの時こそ、諦めないで立て直します。

というわけで、立て直したあかつきには、怒涛のブログ更新が続く予定です♪
どうぞよろしくお願いします。

・・・東京の雪、スゴイです。気をつけましょう。

# by mikikasai819 | 2018-01-22 21:46 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

ご報告いただけるということ

今月に入り2つの嬉しいご報告がありました。
「報告」というとさぞすごいことかと思うかもしれませんが
いえいえ、私が話し方を教えた方から、その後どのように役立ったかという
感想を寄せていただいたということです。
でも、これはある意味すごいです。
受講しっぱなしではなく、こうやってフィードバックをしていただけることが
どれだけ講師をしていて嬉しいか。
それはいい時も悪い時もです。

お1人は昨年開催した上智大学のセミナーを受講した男子学生さん。
最前列で非常に積極的に参加していました、
終わってすぐに私のところにやってきて
「この講義、来年もありますか?」と質問したのです。
「どうして?来年じゃなくて今年内定決めて欲しいんだけどな(笑)」
「いえ、すごく良かったので、後輩に勧めたいんです」「へぇ!?」
さらにホームページ経由ですぐにお礼の文章まで送っていただいていたので
とても印象強い学生さんではありました。
その彼が就職活動中に感じたことを踏まえて
私の講義がすごく役に立ったという旨をたくさん書いてくださいました。
そして、最終的な就職先も記してありました。
嬉しかったですねぇ。このメールは1月1日=元日に届きました。
たった1度、90分という短い時間、一講師との出会いを、
こうして大切にしてくれること、私のほうこそ本当に励みになります。

もうお1人は今年に入ってから出会った方。
1月5日に某企業様からご依頼を受けて開催した司会研修の受講者でした。
社内イベントの司会を任命されたとのこと
始まる前から「こういう講義を受けられるのがすごく楽しみ」と
ワクワクしながら臨んでくださいました。
実際、発声練習や滑舌練習など実に前向きに取り組まれ、
「筋トレが好きなので、こういう練習はいいですね!」と
その後も自発的に続けられたそうです。
そして司会本番が土曜日でした。
始まる前から「頑張ります!」と宣言いただき、
終わった後も疲れていらっしゃるでしょうに
「無事に終了しました!」とその日のうちに丁寧に感想をくださったのです。
これからもトレーニングを続けていきたいという言葉も添えられていました。
嬉しかったですねぇ。彼が縁あって司会をすることになって、
初めて話し方について考える機会があって、
そのテクニックをこの先もずっと武器にできるのです。

今回、こうして丁寧なご報告をいただけたことに心から感謝します。
私自身が逆の立場になった時も、忘れずに報告できるような人でいたいなと思います。


# by mikikasai819 | 2018-01-15 11:53 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

年賀状の到着日時について

台湾から昨日帰国しました。
振り返ってみれば、旅行中の私のTwitterには「雨」という文字ばかり。
久しぶりに見る東京の青空は清々しいです。
やはり天気って精神的に影響ありますね。

さて、この10日間でほぼ年賀状が届き終わりました。
プライベートとビジネスと合わせて毎年300枚出しています。
必ず一言添えています。

1年に1度のご挨拶、私は好きな文化です。

しかし、最近はもうやめたいと思っている人が多いように思われます。
面倒くさいのもそうでしょうし、これだけネットが普及した今
ハガキ代もかかるし印刷などにも時間がかかるし、
もう何年も、いや何十年も直接会っていないのにやりとりしていても
「お元気ですか」「会いたいですね」しか書くことがないし・・・
こんな手間からは解放されたいと思う気持ちもとてもよく理解できます。

そして、そんな気持ちの表れがハガキに見え隠れする・・・

ここ数年いらっしゃいます。
偶然今年は遅くなってしまったという方ではなく、
明らかにこちらからの年賀状が届いたからやむを得ず準備したという・・・
なんだか申し訳なくて恐縮してしまいます。

現に「今年からはメールにします」と宣言してくれた人もいました。
ただ、そうかといって「年賀状は楽しみにしているから来年も送って」という人もいて
なんとも難しいです(苦笑)。

今年は、何日に年賀状が届いたか、名簿一覧の横に記しておくことにしました。
1日に到着した人は早くから用意してくれたんだろうな、
3日に到着した人だって年内ギリギリ頑張って投函してくれたんだろうな、
4日はどう?
5日くらいになると到着してから返事書いた?
6日、7日到着の人は慌ててハガキを買いに行くところから?
そもそも年末年始は旅行とか帰省で家にいなかった?
いずれにしても年賀状の準備はしていなかったということかなぁ。

あれこれ考えるとキリがありません(苦笑)。

ハガキをくださった方の中には
「今年は元日に書くことにしていまして、すみません。
もともと出す気はあって、今年も宜しくって気持ちは強いので!」っていう人もいるし、
やっぱり難しいです(笑)。

新年の挨拶ですから、出す人も受け取る人も気持ちに負担がないといいのですが。
そういう時代ではなくなってしまったのでしょうかねぇ。

いずれにしても年賀状のやりとりをしていなくてもとても親しい人もいれば
年賀状のやりとりだけ、本当に何十年も続けている人もいる。
十人十色、それぞれが尊い、まだしばらくは白黒はっきりつけなくてもいいかな、
そういう結論です。

※あっ、そうだ、年賀状衰退エピソードばかりでもなかった!
「先生に年賀状出したいのですが住所教えていただいていいですか?
そもそも出しても差し支えないですか?」ってわざわざ聞いてきてくれた
10代の生徒さんもいたのでした。
「もちろん!」と答えると彼女からは元日に届きました。
デジタルの世の中にアナログの繋がり。感謝!

※96歳の祖母宛ての年賀状には「高齢のため今後は年賀状を控えたい」という文面も
毎年数通見受けられるようになったそうです。
長生きをされていても、なかなか文字を書くということは難しくなってくるのでしょう。
考えさせられます。

# by mikikasai819 | 2018-01-10 11:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

20歳の頃が私にもあった

「ハタチ」という響きが本当に嬉しかった20歳のあの頃。

小・中学校時代の友達が集まってくるので同窓会状態で
「久しぶり!」「元気?」とそんな会話だけで終わってしまい、
式典にはほとんど参加しなかったっけ。

当時、母とのツーショット写真を撮ってもらったのだが、
今思えばその時母は43歳。今の私とほぼ変わらないじゃないか(驚)。

振袖がどうにも似合わなかった記憶がある。
もう着られないけれど、もっと今ならうまく着こなせる自信がある(笑)。

成人式の10日前(!)に付き合いだした同い年の彼氏が
地元でもないのに近くまで車で迎えに来てくれて、
幸せを噛み締めた20歳のあの頃(笑)。

若い。実に若い。でも我ながら素直で一生懸命だった。

20歳の時に40歳を超えた自分を想像できなかった。

今の私は、あの頃の私が見たらどう思うのだろうか。

一つ言えるのは、

「アナウンサーになったんだね、アナウンサーをまだ続けているんだね」と
感慨深く思ってくれるのではないかということだ。

20歳の私は、この仕事に就くことを夢見ていたから。
それが全てというほどに、強く、強く、願っていたから。

いつも若いころを思い出してしみじみしてしまうけれど
たまには若いころの自分が未来の自分を想像してしみじみしてしまう図を想像しても
いいかな?

いいよね。

成人の日を迎えられたみなさんおめでとうございます。


※やっぱり1月15日が成人の日がよかったなぁ。(いつの話だ)

※昨日から台湾に旅行中です。成人の日は日本だけですのでこちらは普通の日です。
明日帰国します。

# by mikikasai819 | 2018-01-08 08:31 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819
プロフィールを見る