カテゴリ:にっき(日々の出来事)( 1810 )

象牙婚式

※毎年書いていたので、遅ればせながら今年も記録の為に。

3月19日、結婚14周年でした。
14周年は象牙婚式というのだそうです。
毎年この日に「〇〇〇式」という名前でUpしていますが
まあ、名称がたくさんありますね。
でも、15周年を最後に毎年ではなくなるようです。
タイトルどうしよう・・・。

今年は3月19日当日の夜はお仕事だったので
前の日にお祝いをすることにしました。
今年に入って出張続きでゆっくり夫婦で過ごす時間がなかったので
水天宮前のロイヤルパークホテルで1泊することにしました。

このホテルは私にとって思い出があります。

高校時代、謝恩会の会場がロイヤルパークだったのです。
高校生の私は謝恩会の司会を務めました。
もちろんプロのような喋りではありませんでしたが、
いわゆる「宴会担当」のプロのホテルスタッフの皆様と一緒に作り上げた、
最高の時間でした。
企画から台本作成、BGM選びもすべて自分たち、
当日は音響さん、照明さんに指示を出す高校生の私に
嫌な顔一つせず対応していただいたこと、
そして最後に記念写真を撮ったこと、
司会って楽しいなと改めて思ったこと、なんだかんだで原点です。

それ以来・・・かもしれないロイヤルパークホテル。
宿泊は初めてでした。感慨深かったです。

食事は場所を移動してインターコンチネンタルホテル東京ベイへ。
ここの「ラ・プロヴァンス」、最高でした。
スタッフの皆様の心からのサービスが終始気持ちよく、
もちろん料理もとても美味しかったですが
やはり【人】が大事だなと思った次第です。













by mikikasai819 | 2019-04-17 17:12 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

私の祖母は97歳です。
多趣味でおしゃれで頭の回転も速くて、80代後半からパソコンを覚えるなど好奇心も旺盛で
自慢のおばあちゃんでした。
それがここ数年で衰えが激しくなり、昨年から認知症も出始め、
今では私のことも分からなくなってしまいました。
(その時の最初のショックの記事はこちら

それでも食欲もありますし寝たきりではないので
デイサービスに週3回行くなどしていました。

その傍には、いつも母がいました。
祖母は母の実の母です。
娘だからこそのわがままもあったと思いますが、
さすがに排泄など一人でできなくなってからは
大袈裟でなく母が24時間、深夜に何度も祖母に起こされるという過酷な中で
世話をしてきました。

ショートステイも組み込みながら介護してきましたが
いつも母の脳内には祖母のことがありました。
出かけていても「早く帰らなきゃ」と常に思っていましたし、
体が痛いと言うから「どこが痛いの」と聞いても会話が成り立たずに疲弊していました。
でも、ずっとずっと介護し続けてきました。
実の母だから、なんとか自分の手で助けてあげたいから。

そんな母が先月「もう限界・・・」と電話口の向こうで涙を流しました。

もうその前から私は祖母より母の方が心配で、
もっとプロに頼む手段を進めたほうがいいと感じていました。

でも、母の懸命な姿も見ています。
母は本当に必死でした。祖母が過ごしやすいように、なんとかしたい、してあげたい、
その想いはひしひしと伝わってきました。
でも、文字通り限界でした。
睡眠時間は削られ、祖母のトイレには毎回付き合い、
飲ませる薬をチェックして、ご飯を食べさせて、
・・・もう、ここに書いているだけで私がしんどくなります。
でも、それをすべて母は一人でやってきました。

そして、とうとう、限界と自分自身が思って、納得して、
自宅での介護をあきらめて、特別養護老人ホーム(以下「特養」)に入所させることにしたのです。

母は本当にホッとした表情を見せました。
同時に本当に哀しそうな、申し訳ない表情も見せました。

それが答えなのだと思います。

これ以上自分一人では面倒を見られない、自分が壊れてしまう(既に壊れ気味)、
でも、何もわからない祖母を特養に入れることに罪悪感が押し寄せてくる。

そんな日々が過ぎて、

まさに、今日、祖母は特養へと入所しました。
(正式にはショートステイから移行していくらしい)
施設から車のお迎えが来ても、祖母はもちろん、
また自宅に帰ってくるだろうと思って乗り込んだと思います。
それがまた辛くて泣けてきたという母。

生放送中にそんな話を織り交ぜたら、
番組の最後にBUMP OF CHIKENの「花の名」が流れてきて
(ディレクターが偶然選曲していたのですが)
その旋律と歌詞をを聞いたら涙が止まらなくなりました。危ない危ない。

母が極度の喪失感に苛まれないか心配です。
なるべくこまめに声をかけていこうと思います。
本当にここまで頑張ってくれました。

また、祖母に全く会えなくなるわけではないので
たとえ自分のことを分かってもらえなくても、たくさん顔を出したいです。

文章にすると表現が陳腐になってしまっていないか心配ですが、
本当に、この一連の出来事は、自分の心に大きく刻まれました。
過去形ではなく進行形であり、これからも考えていくべきことだと思います。

※なんというタイミングか分かりませんが、
アナウンサー受験時代の友人の山野本竜規くんがこのようなブログを今日アップしていることに今気づきました。
偶然にしては本当にすごい・・・特に後半部分の介護の記述。思わず読み込んでしまいました。

by mikikasai819 | 2019-04-12 23:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

新元号発表、その瞬間。

新元号「令和」という文字はPCで一発で変換されません。
当たり前か・・・
令の字は7番目に出てきました。でも和は1番目。
徐々に慣れてくるのでしょうね。
菅官房長官が発表する時の、国民みんなが注目している感覚、
私もその中におりました。
しかし、ちょっと普通ではないシチュエーションで(笑)。

今日4月1日の午前10時半に私はエステの予約を入れてしまっていました。
予約を入れたのがもう1か月以上前で、完全にノーマークでした。
その瞬間に立ち会いたくても、新元号が発表される11時半、
私はこのままだとベッドの上にいることになります(苦笑)。
別に予約をずらすほどでもないのでしょうが、
終わるのが12時過ぎと考えたときに、ほんのちょっとのことでも、
ああ、私はネットニュースで後から知るのかなーと思って一抹の寂しさを覚えて。

そもそも、エステティシャンの方はどう思っているのかしらと。
やはり気になるものではないか?
いや、お仕事中だからそういう雰囲気は封印か?

実は、ここ数回行ったことがある程度で、
担当者とは正直まだ親しい間柄ではありません。
エステというよりはどちらかというと骨格矯正の意味合いも強く
姿勢をよくしたいなーと思ったのがきっかけです。
でも大変人気のサロンで、1ヶ月に1回予約が取れれば御の字という状態。
そういうわけで、今回もだいぶ前から4月1日を押さえていました。
「ついたち」が好きな私としては、この日からリセット!みたいな
もう、絶好の日でして(笑)。
しかも新年度!リセットパワーも強いのでは?!(笑)

でも新元号発表の時間と重なったとこういうオチです(苦笑)。

そう思いながら、いざ10時半。サロンを訪ねます。
完全個室。ほかのお客様も施術者もゼロ。
「よろしくお願いします」

とりとめないお話から入り、姿勢の話、食生活の話など、
ためになる話題ももちろんありながら、
新元号のことどう思っているのかなーと探りたい気持ちもあり、
でも、いざ施術が始まると体を預けておりますので、
私はうつぶせの状態で何かをするというわけにもいきません。

11時15分頃。ついにその話が出ました。

「元号って何になるのでしょうねー」
「いよいよですねー」

うん、そうそう。

「気になりますよね」

そう?そうよね?

「はい、気になります」

えい、この勢いで聞いてみよう。

「あのー、このお部屋にはラジオやテレビはないでしょうか」

お約束でラジオを先に言ってみる私(笑)。こういう時こそラジオでしょ。
でも、今回ばかりは漢字を確認したいな、菅さんの表情も観たい・・・というのも本音。

「あー、ここにはパソコンしかないのです」

そうかー、なるほど・・・よし!!!

「発表の瞬間、興味あります?」
「ええ、もちろん」
「それなら、私のipadで手元で確認できますけど、いかがですか?」

提案してしまった。すると・・・

「いいんですか?(お客様に対しての施術中なのに)」
「いいんですか?(施術をしていただいている途中なのに)」

お互いの希望が合致した瞬間だった。
なーんだ、やっぱり気になっていたのね。

ということで、5分前になったらipadをカバンから取り出す段取りになりました。

・・・

・・・

「5分前です」

担当者の方はクリームがついた手を洗って私のカバンからipadを取り出しました。
「カバン相当重いですね、これは体に良くないですよ」と注意されながら(苦笑)。

内閣官房のライブ中継は既に30万人が視聴していると出ていました。
これがどんどん増えていくことになるのです。

ん?

ipadの時計は11時半となっているではありませんか?

あれ?もう11時半?
どうやらサロンの時計は5分遅れていたようです。
危ない危ない!間に合った!!!

施術の手もとまり、うつぶせの私と、その横に佇む担当者。
支線の先にはipad。

さあ、いよいよだ!!!

・・・

・・・

・・・

あれ?菅さん、入ってこない。

2分、3分、5分。

全く発表される気配がありません。
その間、ずっと私たちは同じ体制でいるのでした(笑)。

「まだ、でしょうかねぇ」
「そうですねぇ」

10分経っても始まらない・・・

「あのー、背中のマッサージだけ進めておいてもいいですか?(笑)」
「はい、お願いします(笑)」

不思議なシチュエーション。
部屋の中に私とその担当者さんだけ。
繰り返しますがそこまでそんなにまだ親しい間柄ではありません。
でも、一体感を感じて笑いさえ起きる雰囲気。

「うっ、痛い!」
「肩甲骨の部分を伸ばしています」
「うーっ、効く!でも痛い!」

そうこうしているうちに、菅官房長官が。

いよいよです。

今度こそ手を止めて、ipadに注目です。

掲げる新元号2文字が書かれた2文字を、
間違ってさかさまにしてしまったりしないだろうかと
余計な心配をしながら、その瞬間が来ました。

「令和」

なんともいえない感覚が押し寄せてきました。

私は「R」で始まる元号になるのではと今朝ひとりで勝手に思っていたのですが
RyuだったりRyoだと思っていたので
Reという音の響きは意外でした。
何より、昭和で「和」が使われているので、ここで再び登場するのはとても意外でした。
1人でこの瞬間を観ていたらそこまでの感想だったと思います。

隣にいらしたエステの担当の方がこうおっしゃいました。

「和が入ってるのがいいですね!和が入っていて嬉しい!平和であってほしい!」

誰かの感想・・・ここでは私ともう1人しかこの空間にいない担当者の感想。
この一言が、なんだか心に響きました。
そうしてきっと忘れないんだろうな、今のこの空間を・・・と思いました。

1か月後に令和が始まってどんどん歳をとって、
それでも、私はあの日、まだ行き慣れないエステサロンの部屋で
不思議な連帯感を持ちながら、なかなか発表されない元号を待ちわびていたなぁ・・・と。
そして同じ瞬間を別の場所で様々なことを思いながら、
多くの国民が新元号を受け止めたのだなぁ・・・と。

・・・

・・・

・・・

結局その後、施術に戻りました。
痛い時間ばかりではなく、うとうとしていたところもあったので、
「さっきの、令和の発表、夢ではないですよね?」と
思わず確認してしまったほどでした(笑)。
途中止まった分もサービスしていただいた形で13時近くまで(笑)。

スッキリした体で、これから仕事に向かいます。
平成はあと1ヶ月です。

あー、久しぶりにたくさん書いたー!!



by mikikasai819 | 2019-04-01 15:17 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

桜、満開です

東京の桜が満開になったということで、
ついこの前開花したばかりなのにあっという間ですね。
きっとあっという間に散ってしまうのでしょう。
寂しいけれどこれが桜の魅力なのかもしれませんね。


おしまい。


・・・え?もうおしまい?
いえいえ、ここで文章を終えたらどうなのかなとふと思いまして。

たった数行でも毎日何かしらブログを更新していった方がいいのか
しっかりまとまった文章にした方がいいのか、
私なりに考えています。
考える前に記せばいいのか(苦笑)。

過去の記事を読んでいると、我ながらいい文章書いたなというものもあって(笑)。
残しておいた文章から気づかされることもたくさんありますね。

3月のトピックスとしては
・広島、博多、名古屋への出張(各地域の美味しいものをいただきながら♪)
・NHK文研フォーラム(昔のドキュメンタリーの音について)
・上智大学での話し方講座(無表情だった就活生が笑顔に変わる嬉しさ!)
・確定申告(結局今年もギリギリ・・・)
・ロッテVSラミゴ 野球観戦(台湾野球、ますますハマりそう!)
・母とラクーア(介護疲れの母をリフレッシュさせる目的)
・FC東京VS名古屋グランパス サッカー観戦(久しぶりの味スタ。ラジオ中継を聴きながら)
・結婚記念日(14周年。インターコンチネンタルホテルとロイヤルパークホテルへ)
・上水放送部OB会(1期~15期までの卒業生が大集合!)
・浦和のシニア大学向け話し方講座(高齢者の皆様の反応の良さに感動!)
・外為ファイネスト10周年記念祝賀会(中国語の通訳と共に。変面ショーは大迫力!)
・永井真理子さんライブM's Room(65名という少人数。アットホームな時間。)

これら日々の出来事はTwitterをご覧ください。いろいろ呟いています。

ブログも3月中にまた書きます。

by mikikasai819 | 2019-03-28 00:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

※3月12日に書いたものをUpしていませんでした・・・
せっかくなのでそのまま載せます。

昨日は名古屋・栄でお仕事でした。
会場入りする前に偶然目の前を通った中日ビル。
今月いっぱいで閉館ということでした。
あと20日の文字。いよいよです。
既に撤退したテナントも多く、以前のようではありません。
e0039787_20060194.jpeg
私が初めて名古屋に行ったのは22歳のときでした。
今から20年前です。
その時に訪れたのが中日ビルの地下に入っている山本屋本店。
味噌煮込みうどんのお店です。
e0039787_20061757.jpeg
他にも店舗はありますが、まさに中日ビル。
思い出の場所なのです。
その後、愛知県出身の夫と結婚して、
味噌煮込みうどんも馴染みのあるものとなりましたが
その原点といっても過言ではありません。

いよいよ閉店。ビル自体の閉館より前に、今週末で終わりです。
e0039787_20062990.jpeg
仕事の後に、ひとりで行ってみました。
ラストオーダー21時とのことで、ギリギリ入れました。
かしわ入りの味噌煮込みうどん。
e0039787_20064853.jpeg
なんだかひとりでしんみりしてしまいました。
別に頻繁に通ったわけでもないのに。
お会計の時も「いよいよ終わりなんですね」と
店員さんと話し込んでしまいました。
「はい、本当に、日曜日で終わりです。寂しいです。」

あれ、なんだろう、これ。

そういえば、昨年、丸栄百貨店が閉店する時もこんな気持ちになった!
奇しくも愛知県。名古屋。栄。
住んでいたわけでもないしユーザーでもないのに、
その閉店に立ち会う偶然・・・。

中日ビルの歴史を振り返る「ビルなつかし写真展」がやっていました。
地域に根ざした思い出に偶然寄り添えたのも何かのご縁だな・・・。
e0039787_20054309.jpeg
栄の街は今後どうなっていくのかな。

来月(4月)も名古屋でお仕事がありますが
その時にはすでに閉館している中日ビル。
このタイミングで来られて良かったです。

by mikikasai819 | 2019-03-27 16:53 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

2019年がスタートしました。
たった1日の違いなのに、元日は気持ちが引き締まるので不思議です(笑)。

昨日の紅白歌合戦は近年の中で最も面白い内容でした。
米津玄師の歌声には自然と涙が出て、MISIAの声量に圧倒され、
椎名林檎と宮本浩次の一糸乱れぬ見事なハーモニー、
石川さゆりと布袋寅泰のコラボが想像以上で、
サザンとユーミンと北島サブちゃんが一画面に映っていることには
ただただ感動でした。こんなことが実現するなんてね!!!

・・・さて、本日は、起床後に初日の出を見て、
届いた年賀状を見て(やっぱりなんだかんだ言って年賀状文化は好きだなぁ)
昼過ぎから夫婦そろって初詣へ。

2004年から毎年同じ場所へ行っています。
門前仲町の富岡八幡宮です。
前年のおぞましい事件の影響で参拝客が激減した2018年。
「神様に罪はない」という想いで、去年も今年も我々は変わらずお参り。

客足、今年はどうかなと思ったら・・・その時よりは回復していました。
それでもやっぱりまだまだ空いている方なんだろうなぁ。
隣の深川不動尊は長蛇の列だったことを考えると、やはり傷は深いなぁと。

あっ、おみくじ、久しぶりに大吉を引きました!
いい年にしたいです。

そこからお正月らしく・・・と思ったのですが、
食べたくなったのが粉もん。
そこで、お好み焼きを食べました。
お店の方が活き活きとお仕事されていて、見事な気配りを見せてくださり、
お正月から気持ちの良い接客に清々しくなりました。
一事が万事、本当に素晴らしかったです。また絶対に行きたいお店になりました。

そうして帰宅して、コーヒー飲みながら今年の方針を決めています。
目標を立ててもなかなかクリアできなかった分野について、
諦めずにどうやったら実現できるか、じっくり考える時間を設けます。

今年も宜しくお願いします。

by mikikasai819 | 2019-01-01 20:25 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

満身創痍

満身創痍
全身傷だらけであること。
なんか、そんな四字熟語が頭をよぎる今日この頃。
Twitterで呟くと気持ちが滅入りそうなので
たまにはゆっくりブログにしてみようかな。
自分の記録なので(笑)。

11月25日日曜日。
駅伝大会の実況の仕事を終えて、関節が痛くて仕方なかった。
風邪の予兆のような、でも、気のせいだと思いたいような。
まあ、こういうのは決まって嫌な予感が当たります(苦笑)。
熱を計ったら38.3℃。あーーーー。
とにかく体が熱いし寒いし、市販薬を飲んで寝ました。

翌日。11月26日月曜日。
この日に限って朝番組の代理を請け負っていたので寝てはいられない。
朝4時半起床でスタジオへ。
幸い熱も下がっていましたし、誰からも気づかれませんでした。
現代の市販薬、効くなぁ。

しかし、そうは甘くなく。
熱は下がったものの、関節の痛みは消えない。
さらに咳が出始めた。うーん。
普段、風邪をひいても咳がでることはあまりないんだけどなぁ。
ゴホゴホしていると体力消耗。
それでも、本番になるとピタッとやむのが摩訶不思議。

しばらく咳で眠れない日が続き、
1週間、10日、このまま治らないんじゃないかと思うほど。
本当に回復が遅かったです。
11月30日金曜日は15時から翌朝までぐっすり寝たのですが、
体力は戻っても風邪のウィルスは消えない感じでした。

そのうち、12月途中から鼻声になってきました。
これは「風邪あるある」なのですが、
喉が痛い時の方が本人としてはつらくても周りには気づかれにくいです。
鼻声になったとたんに「大丈夫ですか?」「具合悪いですか?」と心配されます。
もう私としてはほぼ治ったようなもので元気なのに
なんともこの鼻声に悩まされます。
しかもこれもまたなかなか治りません。
大袈裟ではなく2週間くらい。生放送の録音を聴いてみると顕著に分かります。

ここで困った時のボイスクリニック。
「鼻声が治らないんです」と言うと、
久しぶりに喉に麻酔をされ鼻から細いカメラを入れてチェック。
結果、声帯は綺麗でしたが、上咽頭の部分にへばりついている膿のようなものが。
先生曰く「もう風邪ではないですね。上咽頭炎が悪化しています。」と。
風邪の鼻声だと「なにぬねの/まみむめも/がぎぐげご」など特定の行ですが
上咽頭炎の鼻声だと全ての行がこもって聞こえるそう。・・・確かに。

こうして、上咽頭に亜鉛を塗る療法(今回は本当に痛くてむせた!)をしたら
9割9分治りました。やっぱりプロの診断は違う!!!

・・・

・・・

さて、これだけでこんなに書いてしまって、この先読むの嫌ですよね(爆)。
満身創痍と言うからには他にもボロボロなのでございまして(涙)。
まあ、自分の記録なので。(さっきも同じフレーズ!?)

まず、現在最も苦しんでいるのが・・・腕の痛みです。
昨年ぎっくり首になってから時折首が痛くなっていました。
今年の3月、MRIを撮ったところ、軽度の頚椎椎間板ヘルニアと診断されましたが
自然と痛みがなくなっていたのでそのままにしていたところ、
先月また首が痛くなり、その後、先週から右腕が痛くなってきました。
頚椎症性神経根症というもののようで、痺れも出てきています。
四十肩や五十肩だと腕があがらないと思うのですが、
私の場合は逆で、腕を下ろしていると痛いのです。
上げているとラクになります。
薬を飲みながらリハビリしています。
なかなか痛みが取れず、大好きなスカッシュもお休みで、ストレスが溜まります(涙)。

さらに追い打ちをかけるように、先週水曜夜、
仕事から帰ってきた直後に胃がムカムカし始めました。
そして、トイレから出られなくなりました。

急性胃腸炎です。

何も食べられないところからスープやうどんを食べるようになり、
なんとか治ったかなと思ったら、また日曜日に同じ症状。
今日、内科に行って(本来は健診で訪れたのですが)
整腸剤を処方されました。
忘年会シーズンなのですが、本当に無念。
泣く泣くお誘いをお断りしたものもあります。

・・・

・・・

というわけで、我ながら凄い量の薬が処方されており、日々痛みとの闘いでもあります。

ちょっと書きすぎたかな(苦笑)。でも、これが真実。

ただ、腕の痛み以外は元気です!風邪の症状は治っています。
胃腸炎も胃の痛みはなく食欲もあります。

とはいえ、改めて、健康第一ですね・・・。

今年はまだお仕事があります。出張もあります。
これ以上悪くならないように祈りながら、決して無理はせずに、
回復を目指していきたいと思います。

さあ、明日以降は痛くないお話をアップするとします。
まさかこのまま年越しはしませんって。
ええ。絶対。

by mikikasai819 | 2018-12-18 21:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

お名前を知るまでに14年

私は1ヶ月半に1度のペースでまつ毛パーマサロンに通っています。
独身の頃からなので・・・気づけば14年近く。
改めて思うと凄いことですね・・・。
エクステが流行ってもずっとまつ毛パーマです。

サロンですることは、寝るだけ(笑)。
目ですから、美容室のように雑誌を見ることもなく。
ひたすら目を閉じています。
当然寝てしまいます。起きていた記憶がありません。
1時間後、「はい、出来ました」と手鏡を渡されると
グーっと上向きになったまつ毛が。
ビューラーを使わなくても上がったままです。

ベッドが6台くらいあって、お客さんはそこに寝ています。
施術してくれるスタッフさんとは会計時にお話をするだけ。
基本的にはお喋りもしません。

ただ、さすがに長く通っていますので、常連なわけで、
私の仕事内容はだいぶ前にお話したことがあります。
「ラジオ!司会!すごいですね!」

そのうち、予約の電話をすると、こちらが名乗らなくても
「声で分かりますよー」と言ってくださるようになりました(笑)。

さて、本日。
週末に広島と愛媛に出張していて、今日日中は横浜で仕事。
ここのところずっとまつ毛パーマをかけるタイミングがなかったので
朝、メイクをするたびに気になっていました。
そろそろ行きたいなぁ・・・と。
そこで昼のうちに電話をしたら、空いているとのこと。
閉店ギリギリの時間に滑り込みますと、偶然お客さんは私だけでした。

どんな風なカールがいいかなどの希望はもう聞かれません。
最初の3年くらいは「いつものでいいですか」と聞かれましたが
いつからかそれも聞かれなくなりました。絶対いつものだからです(笑)。

1時間。最初は起きていましたが、
途中から記憶がありません。爆睡でした。

「はい、できました」
いつものように手鏡が出てきて、確認して、終了。
まだ寝ぼけ眼です(笑)。

お会計の準備をしていると、
「○○さん(私の戸籍上の苗字)って、昔、河西さんでしたよね」
と突然言われました。

「はい、今も仕事では使っているので昔って感じではないですけどね」

でも、確かに予約するときの名前はとっくに河西ではない。

「いやー、最初の印象が強いのか、今も河西さんって忘れられなくて。
なんか、葛西臨海公園というイメージとセットで覚えているんです」

・・・どういうイメージだろう(笑)。
でも、それはそれで面白い。
そんな会話の中で、
ずっと気になっていたことを確認するなら今なんじゃないかと
思うことがあったのです。
「今なんじゃないかー」というロト6のCMのように(笑)。

それは、今、お話している相手のお名前です。

はい、14年も通っています。
サロンのスタッフはお二人で、毎回ではないものの
3回に1回は必ず担当してもらっています。
それなのに、実は、名前を知らないのです。

理由はちゃんとあります。

そもそも14年前、最初にお名前を名乗っていただきませんでした。
なぜなら美容室とは異なり、入店してすぐ寝るので
そこまで会話をしませんし、技術に差はありません。
指名制ではないので、お名前を知らなくても問題ないのです。

ずっと気になっていましたが、知るチャンスはありませんでした。
知るためには「あなたのお名前は?「」とストレートで聞くしか
方法がなかったからです。
知ってどうする?という感じですし、
でも確実に親しくなっているわけで、
私のことはいつも名前で呼んでくれるし、
うーん・・・とずっとずっと思っていました。

それが、先ほどの会話、私の旧姓と現姓の話題になった、
まさに今こそ、あなたのお名前は?と聞けるのではないか。

サラッと自然に。

・・・

・・・

・・・


聞きました。
「あ、そうですよね!知らなかったですよね。
△△です。もう1人は□□です」

笑いながら教えてくださいました。

おーーー、やっと、知った。

そうか、△△さんって言うのか。

そうかーーーーー。しみじみ。

お会計をして、お釣りを渡された時、
「ありがとうございます。△△さん!」と返しました。

あとはこの感動を忘れずに、お名前も忘れないこと。

もう聞けないからね。
っていうか、嬉しい衝撃で絶対忘れない自信ある(笑)。

というわけで、お名前を知るまでに14年のお話でした。
いや、ホント、文章の100倍感動しているのです。

さて、出張疲れを癒すべく、早く寝よう。

by mikikasai819 | 2018-11-19 20:00 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

調子よく毎日更新していたときはいいのですが、気づけば10日放置。
最後にUpした記事が筋肉痛というのはね・・・(大汗)。
もうとっくに治っておりますので(苦笑)。

日々の出来事はTwitterを是非ご覧ください。

10月の個人的トピックスといえば・・・

・タブレットを買い換えた!
4年半使い続けましたが、とうとう誤作動を起こすようになり
勝手にアプリが立ち上がったり、文字入力ができなくなったり
大いに支障をきたしたため買い換えました。
もっと早く替えればよかった!と思うほどに快適です。
軽いし薄いし、容量も大きいし。
ちなみにiPad miniです。
新しい機種は出ていないのですが
どうしてもこの大きさが好きでやめられません。
あと、まだガラケー持っています(笑)。
正確にはガラホですけど。

・休みなく仕事した!
フリーランスですのでお仕事をいただかなければ毎日が休みです。
ということは休みがないというのは本当にありがたいことです。
31日のうち完全オフは2日のみでした(驚)。
月3回の大阪出張をいただき、札幌にも行かせていただきました。
ここまでのことはなかなかありません。
でも、今の状況がずっと続くとは思っていませんし、
仕事があるのが当たり前とは決して思いません。
ラジオの仕事、司会の仕事、講師の仕事、
それぞれに求められているものは異なります。
来月も感謝の気持ちを忘れずに、
丁寧にお仕事をしていきたいです。

あとは、たまがわ花火大会の現場から生中継!
これは本当に色々な意味で大きな仕事でした。
やはりいつもと異なる環境下というのは刺激になりますね!

さらに友人の披露宴の司会!
食事をしながら進行するというイレギュラーな動きで
これも印象に残りました。

個人的に怒涛の10月が終わりを告げ、
11月がやって来ます。
健康第一で頑張ります。
ちょっと最近いろいろ思うところもあるので
またこの場で語ってみたいと思います。

というわけで、とにかく今日のミッションは
今月のブログを1つ前の記事=筋肉痛の状態のまま
終わるわけにはいかない、その一心で更新しました(笑)。

by mikikasai819 | 2018-10-31 23:05 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

筋肉痛との付き合い方

ぎっくり首を再発してからスカッシュレッスンを2ヶ月お休みしておりましたが
このたび問題ないくらいまで回復したので、満を持して復活しました。

復活初日。(水曜日)

「ご無沙汰ですー」
「うわー、お久しぶり!どう?首大丈夫ですか?」
「はい、おかげさまでー」

コーチからも無理はしないようにと釘を刺されながらも、
いざ始まってみると楽しくて楽しくて。
汗をかくのは本当にストレス発散ですね。
休んでいた分の振替も含めて2コマ。2時間たっぷり動きました。

翌日。(木曜日)

「久しぶり!」
「もう3年ぶりくらいかなー」
「えー、もうそんなに経った?」

以前通っていたスカッシュ教室の仲間から声がかかり
自主練習に参加しました。
そう、つまり連日。
本当に久しぶりに会う人たちで、話にも花が咲きました。
既に前日の分の筋肉痛を抱えつつ、
やはり楽しく打ちました。

昨日。(金曜日)。

朝。
ベッドから起き上がれないくらい。
くしゃみをすると脇腹が痛い。
腕も肩も痛い。
太ももも臀部も痛い。
我ながらすごいなーと思うほどに全身が筋肉痛。
どんだけ激しく動いたのだ(苦笑)。

あまりの痛さに「筋肉痛・早く治す方法」とネットで検索したら

「自然治癒」と出てきた。

おーーーーい!!(苦笑)

生放送をしながら動くと痛かったー。
スタジオで時折うめき声をあげていました。
階段の上り下りも激痛。
明日になったら少しはマシになるかな。

そして今日。(土曜日)

絶賛筋肉痛中。←日本語おかしい

本当に治るのだろうかと思ってしまいます。
自然にかつ早く治ってほしいです(笑)。

さあ、今日は昼過ぎから披露宴の司会です。
準備準備!

by mikikasai819 | 2018-10-20 09:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)