このき なんのき かさいみき

mikikasai.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:はたらき(お仕事)( 609 )

昨日、横浜の新都市ホールで行われた日経プレミアムゼミナール2020。
いつもは司会台から進行を務めさせていただくのみですが、
今回は第2部のトークショーでインタビュアーもさせていただきました。
お相手は元女子レスリング日本代表の吉田沙保里さんです。
もう、説明が要らないくらい皆様ご存知ですね。
アテネ・北京・ロンドン各オリンピックで金メダル、
リオデジャネイロオリンピックでは惜しくも銀メダルでしたが
世界大会16連覇、個人成績206連勝という記録を打ち立てた
「霊長類最強女子」でいらっしゃいます。
引退後もテレビでお見かけしない日はなく、様々な分野でご活躍の吉田さんです。
国民栄誉賞を授与された方にインタビューする機会はこれまでの人生でありません。
貴重な機会をいただいたことになります。

それまで、吉田沙保里さんはとにかくすごい人だ!という
漠然とした認識でした。
レスリングはオリンピックではテレビで中継を観ていましたが
対戦相手のこと、どんな勝ち方をしたか、案外覚えていないもので・・・
ただただ「勝った!やった!すごい!」と喜んでいただけでした。
(まあ、一視聴者としてはそれが全てでいいとも思うのですが
今回は対談させていただくので)
そこで、お話を伺うにあたって、
レスリングのルールやこれまでの彼女の人生などについて調べて臨みました。

今回は、セミナーに来場されるお客様から事前質問をたくさんいただいていて
それにお答えいただく形でした。
1時間というとても短い時間です。
60分1本勝負!といったところでしょうか。
吉田さんに心から楽しんでお話いただきたいし、
お客様にも「来てよかった!いい話を聞けた!」と思っていただきたいし、
しっかり役目を務めねば!と、最近にはあまりない緊張感がありました。

今回のテーマが「勝利への道~スーパーポジティブ」。
ネガティブ思考になりがちな私にとっては
普通のポジティブでも相当なことなのに
スーパーポジティブってどれだけすごいのだろうと思っていました(笑)。

いやいや、どんなに強い選手でも
さすがに壁にぶつかって悩むときもあっただろうし
やる気を失って迷うこともあっただろうし
負けたらどうしようと弱い気持ちになることもあっただろうし。

・・・それがどうやら、吉田さんには、ないのです(笑)。

「これが壁だなぁと感じたことはないです」
「一度やると決めたら絶対にやり通す。やらないと気持ち悪い!」
「勝つこと以外考えません!」

本当に吉田さんはスーパーポジティブな方でした(驚)。

多分、この部分だけ文字で読むと
「吉田さんだからだよ。自分は無理」と思う方もいるかもしれません。
実際、隣でお話を伺っても、いきなり私が
今日からスーパーポジティブな人間には生まれ変われません(笑)。

でも、劇的ではなく緩やかに且つ確実に、今日現在、気持ちの変化があります。

・・・うーん、この感覚を上手く伝えられるかわからないのですが、
自分の内部からポジティブが満ち溢れてきたというより、
吉田さんのポジティブな言葉を聞いたおかげか、
そのパワーで外から心が守られている気がして、
とても前向きな気分になっているのです。
「強い心の持ち主になる!絶対勝つ!」と
覚悟を決めて世界で戦ってきた人の言葉はやはり違いますね。

そうそう、身近な生活面で私たちがハッとすることとして
吉田さんの著書の中にこんな文章があります。

「ダイエットが続かないというのは意志が弱いから。
ダイエットしなければいけないという気持ちが本気ではないからだと
私は思います」

うぐぐ、これはまさに、そうですね・・・。
直接お会いして吉田さんのお人柄を知ると、改めて響く言葉です。

トークショーは終始和やかに進みました。
お話が面白く、どんどん惹きこまれていきます。

終盤、オリンピックのメダルを会場で披露してくださいました。
大事なメダル・・・金3つ、銀1つを
ポーチ(福原愛さんのお手製だそう!)の中から出していただき、
1つずつ解説。
大会によって大きさも重さも異なるのですね。
今までメダリストの方とご一緒したことはありましたが、
複数見せていただいたことはなく、偉業を改めて実感しました。
吉田さんから「次のメダルは・・・あ、これ持っていてください」と
横にいる私に渡されていくのですが、
貴重なものゆえ、どうやって持っていいのか!
落としたりしては大変ですからね。

「マイクお持ちのほうの手に一つ持っていただいて・・・
違います、右手です(笑)」

もたもたしていたら吉田さんにレクチャーいただき、
お客様から笑いをいただいてしまいました(苦笑)。

最後に、人生の一番の目標をお聞きしたところ、
もう、これです!と前置きをされて「結婚!」と。
会場からは割れんばかりの拍手。

「誰かいい人いませんかー?」
「私は甘えたいタイプなんです、こう見えても!」
「子供は2人欲しいです!」

そこには、レスリングのマットの上で闘志むき出しだったのとは
また別の輝きを放つ吉田さんの姿がありました。

「吉田沙保里さんでした!ありがとうございました!」
大きな拍手でトークショーは幕を閉じました。

終了後、私はセミナー自体の司会を続けなくてはならなかったので
すぐにお帰りになってしまった吉田さんにはご挨拶できませんでした。
このブログを通してになってしまいますが、心から感謝を伝えたいです。
たくさんの貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました!!

振り返ってみて、私は今回のトークショーのお相手をさせていただき
本当に多くの気づきがあったなぁと思います。
始まる前は「ちゃんと務められるだろうか」と
それこそポジティブとは真逆の気持ちでいましたが
きっと次の機会にはそういう不安をはねのけ、
たとえ不安に感じてもスーパーポジティブという言葉を思い出して
笑顔で進んでいけるような気がします。

いや、「気がする」ではダメですね!
笑顔で進んでいきます!!!

by mikikasai819 | 2019-09-10 22:52 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

偶然の「スポーツ」DAY

今日は、スポーツ関連イベントの司会打ち合わせに行ってきました。
場所は千駄ヶ谷(北参道)。
初めて伺う場所には余裕をもって向かうようにしていますが
こういう時Google Mapはありがたいですね。
迷わずスムーズに辿り着くことができます。
・・・あ、いや、ナビの案内開始のそのタイミングだけ、
「これはどっち?」と真顔になりますけどね。
進みだしてしまえば問題ないのに、最初の1歩の方向だけ
なぜかいつも緊張します。私だけでしょうか?(笑)

今回、司会をご依頼くださった担当の方は
ネットで「司会」「スポーツイベント」等と検索をして
私のホームページがヒットしたようです。
ご縁というのは面白いですね。そして本当に有難いです。

・・・そう思っていたら、午後、1本の電話が。
別件で毎年お世話になっている団体様から
ラグビーワールドカップ関連のお仕事をいただいたのです。
日にちが迫っていましたが、ご提示いただいた日程は空いていて
お力になれそうです。よかった!!!

偶然にもスポーツ関連が続いた日。
こういうこともあるんだなぁ。

ちなみに先週末は吹奏楽コンサート司会のお仕事でしたので音楽三昧。
一口に司会と言ってもジャンルは様々です。

どんなことをこれまでしてきたかホームページに掲載しているので、
よかったらクリックしてご覧ください。Worksページですよー!

・・・って普段あまり営業トークしない身としては
実はちょっと心がざわついておりますが(笑)、
先日ツイッターで「これからラジオの生放送です!」と直前に呟いたら
それを見た人から「教えてもらえたおかげで放送聞けたよ!告知は大事!」と
お言葉をいただいたので、確かにそうだなぁと思った次第です。

さてと、今日は個人的スポーツDAYだし・・・野球中継観ようかな(笑)。

by mikikasai819 | 2019-08-27 17:11 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

どんなご縁でも。

ホームページから司会者を検索する際に、
「どの人がいいかなー、この人もいいなー、ほかの人も調べてみようかなー」と
比較的穏やかに探される方もいらっしゃる中、
「急遽司会が必要になりました」と切羽詰まっている方もいらっしゃいます。

このたび私のもとにご依頼いただいた案件も
「毎年MCをお願いしていた方が急病で、
代わりの司会者を探しています!!」ということでした。
本番は5月とのことですので、じっくり闘病される必要がある事態なのでしょう。
とても心配ですね・・・。

これまでには「実は来週なのですが急遽・・・」という
本当に緊急な案件もありました。

また、

「毎年お願いしていた司会者さんに今年も・・・と思っていたら
ここにきて連絡が取れず、お亡くなりになっていたと知り困っています。
ホームページで探して河西さんにたどり着きました。」という案件もありました。

人のご縁というのは何がきっかけか分かりません。
本当はみんなが幸せな笑顔の出会いがいいのでしょうが
こうしてどなたかのピンチがあって、そのきっかけで出会ったということもあります。
病気の方も休みたくて休むわけではない。つらい思いをされています。

自分にできる最大限のことを。
そして何より自分自身健康で。心も体も。

そう思ったのでした。

by mikikasai819 | 2019-03-04 00:39 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
e0039787_23220566.jpg
今日は第40回世田谷区たまがわ花火大会でした。
二子玉川緑地運動場のFM世田谷特別ブースから生中継を毎年行っているのですが
今年は私が担当パーソナリティーになりました。

ご依頼いただいたときに
「例年いらっしゃる花火師さんの解説がないので
今年は花火の【実況ではなく、あくまで現場の楽しい雰囲気をお伝えする】趣旨で」と
説明がありました。

とはいえ、ラジオの放送ですから、どんな色でどんな大きさで・・・と
少しは描写しないと・・・と思っていました。

いざ始まってみたら、それは思った以上に難しいことでした。
同じアナウンサーでも、普段スポーツなどの実況をしている人は
難なく喋るのだろうな・・・

そういう意味では私は力不足でした。
去年までと違う!と思われたリスナーさん、ごめんなさい!

でも、初めてなら初めてなりに、
そして当初の趣旨である「現場の楽しい雰囲気を伝える」ことに
集中しようと思いました。

始まる前の10分間は、会場の様子を伝えました。
本当に今日は朝から肌寒くて・・・って言いながら
私は大阪の仕事を終えて一旦自宅で着替えてからだったので
会場への集合時間は15時。それでも本当に体が冷えました。
スタッフが用意してくれていたダウンコートがとても役に立ちました。

打ち上げのポイントとして、この多摩川の花火大会は「絆合唱団」の合唱があり、
その歌が終わるとともにスタートというタイミングがあります。
歌も放送で聴かせることを考えると、尺の計算も大事になります。
ストップウォッチを片手に、その時間までフリートークしながらつなぎ、
ここだ!というところで合唱の音源に切り替えました。

18時。夏の時より1時間早いスタートです。
大地讃頌の歌が終わり、いざ始まったら、もうそこは夢のような時間でした。
打ち上げ場所から最も近い場所、特等席です。
前を見るというよりは上を見るようなイメージです。
大きな音が体に響きます。

(私は映画館に行けないくらい大きな音が苦手なのですが
気づけばすぐに順応、楽しませていただきました。)

とはいえ、ゲストの方とのトークをしながらです。
進行表も確認しながらですので、じっくり見続ける余裕はありません。

番組前半はマスク・ド・Jさんと、アイドルのMayuAinaさん、智本莉加さん。
Jさんとまゆあいなさんは夏の区民まつりでご一緒しまして2回目。
智本さんは初めましてでした。
放送中もスマホをしっかり構える皆様(笑)。
絶対撮りたくなりますもの、これは。
花火の打ち上げスタートまで寒くて震えていたのに、
その迫力に全員で歓声を上げていました。
リクエスト曲もおかけしながらの30分でした。
出番が終わって名残惜しそうに手を振ってくれた姿にキュンとしました♪

後半はお笑い芸人のさくらだモンスターのマサキさんとしょっぴーさん。
初めてご一緒させていただいたのですが、
何と言いますか、息の合い方が初めてとは思えませんでした。
こういうことってあるのですね。
変な気遣いなしにテンポ良いトークと絶妙な笑い。
何度笑ったことか!(笑)←また思い出して笑っている
同じことをお二人も思ってくださったようで、
「河西さん!楽しい!」「やりやすい!」って言っていただけたのは
この仕事をしていて本当に幸せなことでした。

そんなこんなであっという間の60分でした。
最後のグランドフィナーレは、あまりの迫力に声を失いました。

番組宛にメッセージもお寄せいただきありがとうございました。

箱根駅伝予選会の話を書いてくださった方や
(駒澤大学1位で本選通過でしたね!)、

彼氏と去年は見に来たのに大雨だったせいか(?)別れて今年は女子会!という方、
(なんとも寂しい、でもネタとしては素晴らしい)

「河西さん、巨人の試合結果気になりませんか?」と気にしてくれた方、
(今日はクライマックスシリーズの初戦でしたからね。
え、ええ、まあ、本番中は気にしておらず。
終わってからは気にしていました。・・・勝ちましたねぇ。)

いろいろ皆様ありがとうございました。

花火が終わってからもしばらくは余韻に浸りつつ、機材の片づけタイムです。
「喋り手さんはいいんですよー!!!
ここまで頑張っていただいたのでゆっくりしてくださいね」と言っていただきました。
ついつい癖で率先してケーブル巻こうとしてしまいます(苦笑)。

撤収が終わっても交通規制のため機材車は出られません。
当然動くことはできません。

そこで、現場のスタッフの皆様との労いの乾杯!

真夏だとビールが美味しいのでしょうが、やはり風が吹いて寒いので
缶チューハイ1本。
くーっ!喉が潤う!というのではなく、胃に染みわたりました。
ああ、終わったんだなーって。

今回私にとっては初めての花火担当。
いや、実はカミングアウトしますが
10年もエフエム世田谷でお仕事させていただいているのに
たまがわ花火大会、見ることそのものがは初めてでした(爆)。
タイミングを逸して行かずじまいだったのです。
そういう意味でも忘れられない花火になりました。

どうやったら「楽しい雰囲気」を出せるのだろう。
現場にいる意味をどこまで放送電波に乗せられるのだろう。
大阪の往復の新幹線の中でもずっと考えていて、
なんとなく胃が痛くなりました(笑)。
いつもと違う新たな現場に向かう緊張感です。
この年齢になってくるとなかなかないから貴重です。

でも、だからこそ、最後の花火が輝いて、
余韻とともに垂れさがって来た時の気持ちは何とも言えないものがありました。
拙い喋りながら、自分の今できること、信じるべきことを出したつもりです。

そして、繰り返しになりますが、
ゲストさん、スタッフさんのおかげだなぁと心から思います。
現場の空気って本当に何より大事。
皆が楽しそうでよかった。心から感謝しています。
互いに感謝しあえる環境に感謝かな。
用賀スタジオのスタッフさんも皆さんお疲れ様でした!
もちろん、リスナーさんにも声を大にして「ありがとうございます」!

・・・で、21時半頃に家に帰ってきて、
パイプオルガンの曲を聞きながらくつろいでいます。
バッハのカンタータ。
「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」という、私の好きな曲です。

え?もう目覚めるというよりは寝たほうがいい?(笑)
そうですね、出張の疲れもあるだろうし、明日も仕事なので。

でも、心地良いのです、今、ホントに。

そんな10月13日。秋の花火の日でした。

by mikikasai819 | 2018-10-13 22:48 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

2019年は来年です

ホームページのお問い合わせフォームから
披露宴司会のご依頼が来ました。



「2019年11月」とありました。



今年は2018年ですから・・・1年以上先です。



「ホームページを拝見させていただき、
埋まっているかもしれないと思っていたので
まだまだ先にはなりますが・・・」とのことでした。

スケジュールを確認してOKだったのでその旨をメールすると
「日程空いているとのことで非常に嬉しく思います!」と返ってきました。

いやいや、こちらこそ、ありがとうございます。


体が一つしかないので、先にいただいた案件を優先します。
早ければ早いに越したことはありません。


実はここ数日、泣く泣くお断りしたイベント司会案件が続きました。
11月3週目、12月1週目2週目、そして来年5月末です。
いずれも既に入ってしまっていたからです。

そんなに多忙を極めているわけではなく、他の週なら空いていたりするのです。
「あー、どうして同じ日に!」と、上手くいかないものです。

そんなわけで、上記のご依頼、
「1年以上先でも!」と思って動いてくださったことに
心からありがたいと思うわけです。
(披露宴会場に関しては早めに予約するのも多いですからね)


それで、今気になっているのは、今回お問い合わせくださった方が
どうしてそんなに私を切望してくださっているのかということです。


ホームページからのお問い合わせで、直接お会いしたことはありません。
・・・多分。
ラジオのリスナーさんなのか、どこかで関わりがあったか、
私の知り合いの知り合いか、はたまたホームページで何かを感じてくださったのか。
それはお会いした時にお聞きしたいと思います。
(直接お顔合わせして本当に気に入ってくださったら
そこで初めて正式なご契約ということにしていただいていますし。)

2019年11月。
ものすごく先のようで、あっという間なのだろうか。
その前に2018年11月もやってきます。
1日1日を大切に過ごしていきたいです。

by mikikasai819 | 2018-10-08 20:03 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
何も知らなかった人にはそのまま知らないでいてほしい事項ではありますが、
ここ数日ちょっと心が疲弊してこのままだと胸が張り裂けそうでツライので、
こういう時こそ、自らのブログを有効に使わない手はないだろうと思い
重い腰を上げて文章をしたためようと思います。

CLUB NIKKEYという女性向けサイトに掲載されました。
「仕事ゴコロ、女ゴコロ」という様々なお仕事の方のお話が毎月更新されていて
非常に勉強になるページです。
そこにフリーアナウンサーの私が載せていただけるということで、
お声掛けに心から感謝しました。
私がこれまでどのように歩んできたか、インタビュアーのライターさんがいて、
その質問に答えるような形で進んでいきました。
自分の人生を振り返る意味で貴重な時間となりましたし、
ああ、つらいこともあったけれど今があるのはすべてその時の蓄積なのだ、
無駄だったことは何もない、その時代ごとに支えてくれた人達に
感謝したい気持ちでいっぱいになりました。
ライターさんにもとてもよくしていただきました。嬉しかったです。

取材のあと、1度の推敲をさせていただいたうえで、記事がUpされました。
すぐにこのブログでお知らせしようと思ったのですが
やはり性格上「どうしようどうしよう」と考えていたら
気づけば4月も中旬を過ぎてしまい(苦笑)、
そうだ、月末にまた別のサイトでほぼ同じ文面で紹介されるという
説明を受けていたのでその時にお伝えしようと思いました。

いつそれがUpされるかはわからなかったので、
下旬になってからそのホームページを覗きに行ったら、Upされていました。

でも、その新たな記事は本編こそ同じでしたが、
タイトルは
「ひとつに絞らない。ずっと色々なことをしていく」から
↓↓↓
「夢のアナウンサー 「違う畑」で私がまいた種」と変わっていました。

確かに夢ではありましたが、アナウンサーという単語が際立つように感じ、
色眼鏡で捉えられないといいのだが・・・と正直思いました。

タイトル以外に文章の導入部分も、異なる紹介文に変わっていました。
たとえば冒頭に「河西さんは転職経験者」と書いてあって、
まあ、確かに一時期アナウンサーの仕事から離れていたのは事実ですが、
派遣会社に社員として就職したわけではありませんし、
アナウンサーを廃業したつもりも私自身はありません。
実際にお会いしていない方が書き換えると
やはりニュアンスが違うかな・・・と思いました。

ただ、ここまでは、最初から少々の変更はあると説明されていたので
原文と全部同じではないのも分かっていたし、
これはこういうものだ、いちいち過敏に反応することでもないと納得していました。


・・・ところが、ほどなくして、1通のメールが
お仕事でお世話になっている方から私のもとに届いたのです。


「なんとなくYahooニュースを観ていたら河西さんの記事が載っていてびっくり!
思わずじっくり読んでしまいました。」


え?
Yahoo?


どうやらこのタイミングで出た記事が拾われ、
Yahooニュースとして転載されたようでした。

Yahooニュースといえば私もしょっちゅう見ています。
格段にアクセス数は増えるでしょう。
自分を知ってもらうには絶好の機会かもしれません。

しかし、Yahooのページにアクセスして、私は血の気が引く思いがしました。
またも異なるタイトル、しかも、明らかに、
ネットユーザーの興味を引こうと書き換えられたものだったからです。

夢の「局アナ」、4年でまさかの退社、ハケン会社に転職、復活までの波乱の道とは?

・・・どうしたらこんな風になるのかと、目を疑いました。
わざわざカッコ書きで「局アナ」と記したり「ハケン」とカタカナにしたり、
私からしたら、それこそ何も知らない人が勝手にこのように表記を変えたことで
記事のニュアンスが明らかに変えられてしまったショックしかありませんでした。

第一、Yahooに取り上げられること自体、全く想像していなかったため
影響力の大きさをどんどん目の当たりにすることになりました。
私が見た時点でネットユーザーからは既に多くの辛辣なコメントが並んでいました。
・・・匿名でいいので書きたい放題。中傷や誤解。
勝手に言ってればいいと笑ってスルーできる性格ではないため、
正直傷つくことばかりでした。
見ないこともできたのかもしれませんが、すべて目を通しました。
いや、無防備に目を通してしまったというのが正しいでしょうか。
「この人たちは私の何を知っているんだ?」と憤りを覚えるのと同時に
公開いじめにあっている感覚に陥り、身を切られるような思いでした。
(その後、あまりに酷い表現だったからか削除されたコメントもありました)

いいんです、「美貌より野望がモットーです!」と自虐的に言って
笑いをとりながらアナ受験してきた身としては
局アナという印象から抱く美しさへのイメージは痛いほどわかります。
すみません、反論の余地もないです。
でも、自分にもこの仕事への誇りはあります。

あと「局アナの定義を考え直す時」というようなコメントもありましたが
そもそもこの単語は「放送局の社員アナウンサー」以外の何物でもないはずです。
というか、私、自ら「局アナ」って言わないですから。

何より今回思ったのは、ああ、こうしてネットというのは
本人の意図することから歪曲された情報が流れ、
それを訂正しようにもできず、削除しようとしても残ってしまう、
言葉が独り歩きし、都合よく切り取られ、時に確認もなく創作すらされる事実、
大した意思もない(であろう)心ない人の言葉に傷つく人がいる現状、
自分自身がこのような状況になって、本当に様々なことを考えさせられました。

同時に、心中穏やかではない状況とは裏腹に、
このYahooニュースを読んだ知人からは
「読んだよー。感動した!」「美紀ちゃんらしい人柄が出ていた」
「河西さんみたいなアナウンサーを目指します」などと
温かい言葉が多数寄せられました。
自分のSNSで紹介をしてくれる友達もいて恐縮するほどでした。
本当に自分の存在を分かっているリアルな友人・知人は、
私のことを分かって記事を読み、改めてその想いを感じてくれて、
素直にその感想を発信してくれたのだということも身に染みました。
そのことに関しては鬱々とするべきではなく、
むしろ、理解をしてくれる大切な人たちに心から感謝したいという気持ちで
いっぱいになりました。ありがとうございます。

ここまでの経緯をしっかり述べられているか
現段階においても自信がありません。
この文章を載せることでまた誤解を生んだり
面倒なことになるかもしれません。
静観していたい、これ以上気づかれたくない、
早く過ぎ去ってほしいという気持ちもありました。
でも、言葉を扱う人間だからこそ、自分の言葉で、今の状況を説明したい、
自分の気持ちを的確に表したい、その想いでこうしてブログに記しました。

何か文句のある方、今回はそっとしておいてください。
私、打たれ弱いです・・・(苦笑)。

何年か経ったら大したことないと思うかもしれませんが、少なくとも自分は
有名になりたくてアナウンサーを志したのではないということを
奇しくもこのような形で再認識しました。
(というか認識するまでもなく根底からそうですが)

決して今回のことも人生において無駄ではありません。
自分が取材をする側に普段いますので、
今後番組内でインタビューなどをする際、
相手の気持ちに寄り添いながら、一つ一つの言葉のチョイスを、
今まで以上に丁寧にしていきたいなと思います。

by mikikasai819 | 2018-04-30 16:00 | はたらき(お仕事) | Comments(6)
終了と書くべきか完了と書くべきか、日本語のセレクトは時に迷いますね。
終了とは開始した物事が終わること。(途中で時間切れでも)
完了とは一連の物事・動作が完全に終わること。

ということで今回は完了でいいのです。

確定申告完了しましたー。
税務署に提出に行きました。
e-TAXもあるし郵送でもいいのに、
なんとなく税務署の窓口で受領印を押してほしくて
毎年足を運んでいます。

提出するだけなのに、長蛇の列・・・。
相談作成コーナーはさらに長く並んでいます。

また来る!って訳にもいかず、締め切り間際だとこうなるよね・・・

来年は2月中に済ませよう・・・
できるかな・・・

いずれにしても、解放感はハンパなく。

それにしても毎年やっているのに必ずスムーズにいかない。
何かしら忘れている。
ああ、そういう計算だった、ああ、そういう表記だった、って、
今年は完璧だったーって言えるのはいつだろう。
そもそも定年がない私はいつまで働くのだろう。

いつまでも・・・が無理でも、私は何らかの形で
この仕事に携わっていたいなと思います。本当に。

生涯現役でいたいほどに。

私はアナウンサーという仕事が好きです。
ラジオでニュース伝えたり、お喋りしたり、
司会したり、話し方を教えたり、映像にナレーション入れたり。

それって、相手からのご依頼があってこそ成り立つもの。

確定申告するということは、この1年、お仕事をしたということ。

ありがとうございます。

by mikikasai819 | 2018-03-12 15:01 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
※まだの方は前編からお読みいただけると嬉しいです。

1月26日(金)
エフエム世田谷Bee Up!Setagaya生放送
日経就職サクセスセミナーin関学(兵庫県)

この日は朝の生放送3時間からスタート。
無事に終えてから息つく間もなく、兵庫県西宮市に向けて出発。
エフエム世田谷のある東急田園都市線用賀駅から、まずはあざみ野駅まで、
そこから横浜市営地下鉄で新横浜まで。
お弁当を買って乗り込むことにしました。
すると、「東海道新幹線、米原付近で雪の為、速度を落として運転しています」とのアナウンス。
八戸に行ったときは東北だし想像できましたが、
西に行くのに雪?とまたまた緊張感が襲ってきました。
関ヶ原のあたりは雪の影響を受けるのですね。

名古屋までは順調でしたが、京都に着くまでには普段より時間がかかりました。
そして新大阪には20分遅れで到着。
そこから乗り換えて在来線で西宮駅。
さらにバスに乗り換えて、セミナー会場である関西学院会館へ。
このとき、「雪がちらついてきた」とツイートしたのですが、
あれよあれよという間に雪の降り方は強くなり、セミナー始まるころにはうっすら積もる程でした。

関西学院会館は去年も訪れましたが、とても雰囲気がいいですよね。
就職セミナー、多くの学生さんが集まりました。

終わった後は門戸厄神という駅の近くで主催者の皆様と宴。
しかし、私は翌日、千葉県市川市で仕事があるので、途中で失礼しました。
とはいえ、東京までは帰れませんので、京都駅まで距離を稼ぐことにしました。

在来線で京都駅まで。
朝も早かったことですし、気づいたら爆睡していました。

・・・

・・・

・・・

次に起きた瞬間、思い出したくない光景が広がっていました。

混んでいたはずの車内、
私の目の前に座っていたはずの人はどなたもおらず、

床には・・・

!?

食事中の方、すみません、
金曜夜の、遅い時間帯、飲んで帰宅中の誰かが、トイレに間に合わず・・・
そういうことです。

全く気付かず寝ていました。
いつごろどういう状態でなったのか、
別に騒がしくなった様子もなかったのですが、
繰り返しますが爆睡していて全く記憶がありません。

次の瞬間、ノロウィルスとかって飛沫感染するんだっけ?と不安になりました。
足元に置いてあったカバンに飛んでいないかどうか・・・

とにかく、急に私までも気持ち悪くなって、寝ぼけ眼で隣の車両に移動して、
京都駅に着いたのはもう深夜1時近くでした。

駅直結、素晴らしいホテルで、でも、明日は念のため始発の新幹線で帰ることにしていて
ああ、もったいない、いや、そんなことよりちゃんと起きなくては。


1月27日(土)
松本零士氏講演会in市川市文化会館(千葉)
日経就職サクセスセミナーin名古屋

京都のホテルにて5時起床。4時間睡眠。ちゃんと起きられました。
シャワーを浴びて着替えて、6時16分京都発新幹線始発に無事に乗りました。
やはりこの日も雪の影響で30分ほど到着は遅れる見込みとのこと。
でも、30分で済むなら何の問題もないです(涙)。
フリーランスで(しかも事務所なしで)働いていると、
穴をあけるということに異常に恐怖感があります。代わりはいないのです。
最大限努力できることはすると決めていますが、やはり緊張します。

結果的に会場の最寄駅である本八幡駅には9時半に到着できました。
市川市文化会館には11時入り。余裕があるに越したことはありません。
駅前のマクドナルドでコーヒーを飲みながらホッとして、台本をチェック。

さてこの日は市川市教育委員会主催の「松本零士氏講演会」でした。
ホームページからお問い合わせをいただき新規にご依頼をいただいた案件で
とても誠実なご対応で、是非力を発揮したいと思っておりました。

今回のイベントの趣旨は、市川市地元の宇宙飛行士=今まさに宇宙に行っている金井宣成さんを
応援しようというものでした。
そこで、松本零士さんのお話の前に、金井さんのことや宇宙飛行士が行う訓練等、
司会の私がスライドに合わせて会場の皆さんに紹介するコーナーが10分ほどあったのです。
会場の皆さん、とても熱心に聞いてくださいました。

松本零士さんのお話は大変魅力的でした。
80歳になられたのに約80分、座らずずっとお話し続ける元気さ。
様々な話題が飛び出してあっという間でした。
今日もこれから徹夜とおっしゃっていました!すごい!!

・・・で、余韻に浸ってる場合ではなく、私はここからまた移動です。
主催者の皆様にお礼を申し上げ、急ぎ本八幡駅へ。
夜から名古屋で日経就職セミナーの司会があるのです。

実は、先にお仕事をいただいていたのは市川市からでして、
その旨を日経の担当者にはお伝えしたのですが
「ギリギリでもいいので是非お願いしたいです」と
ありがたいお言葉をいただきまして、これはもう、頑張って向かうしかない!と。

名古屋までは東海道新幹線も時間通りに動いていましたが、
何があるか分かりません。祈りながら向かいます。
会場から本八幡までは早歩き(タクシーは道が逆に混みそうでパス!)
本八幡駅から東京駅、東京駅から名古屋駅、
名古屋駅から栄まで、ここはタクシーに乗りました。
会場到着はちょうど開場時刻。最初のアナウンスに間に合いました!!!

そうして、無事に司会を遂行しました。

水曜の八戸から大袈裟ではなく毎日「無事に到着できるか」が気になっていたので
本当に安堵しました。
宴にも参加し、栄のホテルで意識なく爆睡。

そんな一日でした。

あっ、翌朝、帰る前にちょっと足を延ばして三重県伊賀に行き、
忍者博物館を満喫してきました。
忍者ショー、すごく面白かったです。お勧めします♪

というわけで、駆け抜けた1月末。
今日はデトックスマッサージに行って、スカッシュを2時間やって汗を流して・・・と
体のメンテナンスDAYでした。
また2月も同じような出張が発生します。
体が資本だなと思うので気を付けながら頑張ります!

by mikikasai819 | 2018-01-31 23:10 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
先週水曜から土曜までを振り返ります。
これまでこの仕事をしてきて、最も移動が伴った4日間でした。
まずは水曜と木曜の部分。

1月24日(水)
八戸でマネーセミナーの司会。

新幹線で八戸まで行き、在来線で本八戸まで。
本八戸は私が20代の時に一人旅をした際に立ち寄った思い出の場所で
実に16年ぶりに降り立ちました。
八戸は雪。そしてもちろん寒い!
でも、ここまで寒いのは今シーズン初めてだよと
タクシーの運転手さんがおっしゃっていました。

このセミナーでの特記事項は、緊急地震速報が鳴り、震度4の地震があったこと
お客様の携帯から、あの不気味な音が、一斉になり始めました。
ほどなくして講師の先生が話を止めてしまうほどの揺れが来たので、
私は咄嗟に司会台のところに出ていき、
「一旦講演を中断いたします。先生、よろしいでしょうか。
皆さん、頭の上に念のため注意してください。」とアナウンスしました。
ホテルの方も「免震構造になっているので大丈夫です」と宴会場のドアを開けながら
安心させてくださいました。
お客様はとても落ち着いていらっしゃいました。
これまでのアナウンサー(司会)人生で、実はセミナー中の大きな地震は初めてでした。
揺れがおさまったあとはそのまま進行できたのでよかったです。

終わった後の宴は地震を振り返りながらも、大変楽しい時間となりました。
特に、講師の方と同じ趣味(スカッシュ、野球観戦)ということが判明し、大いに盛り上がりました。
なお、セミナー会場だった八戸パークホテルは翌日の囲碁の棋聖戦のため
宿泊できる部屋は皆無で、駅前のホテルに泊まりました。

1月25日(木)
東京でセミナー司会(対談形式)。

せっかく久しぶりの八戸でゆっくりしたいなぁと思っていましたが
夜には東京で仕事なので昼過ぎの新幹線のチケットをとっていました。
ところが朝起きてみると、東北新幹線は遅延というニュース。
最大50分遅れという文字を見て、不安になりました。
そこで、1時間早めの新幹線に変更することに。
3人席の真ん中しか空いていないけれどやむを得ない。
結果的に20分遅れで東京に到着。
大手町でコーヒーを飲む余裕もあって、これでよかったと思えました。
この日の仕事は自分ロードマップの作り方セミナー。
通常の司会進行にとどまらず、タレントの福田萌さんへのインタビューがありました。
45分間、いわば「徹子の部屋」のように進めていくわけです。
ラジオパーソナリティーをしていればもちろん初めてではないですが、
久しぶりに自らがメインでコントロールしていったので、準備もしっかり。
福田さんは笑顔がとてもキュートで優しい雰囲気をお持ちで、
それでいて、ご本人曰く「戦略的に」人生を見据えてきたという
軸のしっかりした方で非常に興味深いお話がたくさん聞けました。

この日、予想外の再会もありました。
福田さんの事務所のスタッフの方と名刺交換をした際のこと。
「河西さん・・・エフエム群馬にいませんでした?」
え?
よくよくお名刺を見ると、確かに見覚えのある名前。
実は、群馬時代にゲストに迎えたアイドルバンドChee'sのマネージャーさんだったのです!
17年ぶりです!!!
さすがに3~4度しかお会いしていないままだったのですが
どんどん、じわじわと思い出してきました。
今は事務所も変わられて新たな場所でお仕事をされているため、このような再会が実現しました。
私自身もフリーランスになって紆余曲折あって今があるので、
人のご縁って本当に不思議だなと思いました。

この日、セミナーが終わって飲んだビールの美味しかったこと!!!
八戸から無事に東京に着けるかの不安と、いつもと違う仕事内容だったことへの緊張と、
一気にそれらが解放された瞬間でした。

でも、金曜・土曜も、また別の緊張感が襲ってくるのでした。

後編へ続く


※「週刊このきなんのきかさいみき」状態のブログですが
上記の通り毎日動き回っております。
細かい動きはTwitterでつぶやいておりますのでよかったらチェックしてください。


by mikikasai819 | 2018-01-29 09:50 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
先週ブログをUpしてから、周囲の友人・知人にとても心配されました。
「河西さんがこんなに感情をあらわにするなんて余程だと思って。大丈夫?」と。
大袈裟ではなく、会う人会う人に訊かれました。
・・・お騒がせしました。本当にありがとうございます。

さて、今日は私が講師を務める講座のご案内。
締切が実は今日までという(爆)。
Twitterでは発信していたのですが、肝心のブログに載せておりませんでした。
もし、お時間許す方や、興味のある方に届けば・・・と、念のため。

以下はチラシの文章です。

ラジオ局が行うコミュニケーションスクール開校!
中央エフエム84.0MHZプロデュース
「コミュニケーション・キャンパス(プレ講座/全2回)」
ラジオパーソナリティが「話す」「聞く」「伝える」を楽しく指導します。
この講座で魅力的な「おしゃべり」のイロハを習得してみませんか?

主催:中央エフエム(株)
日時:2017年10月20日(金)、10月27日(金)いずれも19時~21時半
会場:中央エフエム スタジオ(京橋)
料金:全2回8,000円(税込)
定員:14名(先着順)
締切:2017年10月13日(金)
問い合わせ:voice@fm840.jp
中央エフエム(株)03-5542-1914

ご縁ありまして、私は2日目を担当します。

日頃の喋りがどのくらいのレベルか純粋にチェックしたい方、
仕事で堂々と話せるようになりたい方、
今の自分の話し方を見直したい方、
昔本当はアナウンサーやラジオパーソナリティーに憧れたなーという方、
まさに今目指しています!という方、
そこまでは別にガツガツしなくていいんだけどラジオのスタジオに入ってみたい方、
放送系のサークルで頑張っている学生の方、
何かにチャレンジしたい!というやる気のある方、

どなたでもOK!いかがですか?
ほんの少しの気づきで劇的に喋りは変わります。
ちなみに京橋駅直結のオープンスタジオ、私も何度かお邪魔しましたが、気分上がりますよ!

金曜の夜、たった2回です。
14名という人数なので、2時間半のうちに声を出さないことはありません。
むしろできる限り喋っていただきたいです。
・・・って、今何人の申し込みがあるのか確認していないのですが(爆)、
多分、まだ若干、枠あります。
お申込み、お問い合わせは以下のURLからどうぞ。

注:私が普段喋っているのはエフエム世田谷ですが、今回の講座は中央エフエムです。
ええ、フリーランスですから。1か所だけに出入りしているわけではありませんのでね。

さてと、今週は月曜日もピンチヒッターで生放送を担当したので、
今週2度目の登板。
Bee Up!Setagaya、では、明朝(いや、もう日付変わって今朝だわ)
ラジオ(orパソコンorスマホ)の前でお会いしましょう。


by mikikasai819 | 2017-10-13 00:52 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819