ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

2017年 05月 25日 ( 1 )

台湾旅行記②5月20日(蓮池潭・龍虎塔・驛站食堂)

5月20日土曜日。この日は朝から新幹線で高雄に向かいます。
高雄の代表的な観光名所が9:30OPENとのことで、
混雑する前に到着したいと思い、台北発を7時51分発に設定。
これで高雄の左営駅9:30着です。
余裕を見て起きたはずだったのですが、気づけば結構ないい時間になってしまい、
ホテルの朝食ビュッフェをなんと10分で済ませなくてはならず(爆)。
ひぇーっ!!ちっとも優雅じゃない!(涙)
まあ、明日も明後日もホテルは一緒だし・・・と言い聞かせる。自業自得。

でもホテルと駅が近いってホント便利。
結果的には余裕をもってホームに着けました。
e0039787_2374130.jpg

前日の夜に新幹線の指定席を確保しておいたのですが、
席番号がBとC・・・つまり3人席の通路側と真ん中でした。
鉄道好き(乗り鉄)の夫からすると窓側がいいとのことで(笑)、
自由席に敢えて座ることにしました。
あっ、台湾では「自由座」と表記されます。
e0039787_2351353.jpg

新幹線が日本製なので車内も日本と全く同じ。
e0039787_2383986.jpg

もちろん文字表記は違いますが、見覚えのある図です。
e0039787_2391349.jpg

日本と異なる点は、ドリンクホルダーがしっかりしていたところでした。
コーヒー頼んだらこんな感じ。安定感あります。
e0039787_2395619.jpg

高雄までの1時間40分の道のり。あっという間でした。
東京~名古屋と同じくらいですよね。
駅はとてもきれいです。
e0039787_23102759.jpg

さて、ここから向かうのは蓮池潭。最も観光客が多いと思われる場所です。
駅からは歩くと距離があります。
タクシーで向かうのを推奨しているガイドブックもありますが、
調べたらちょうどいいバスがありました!
35番のバスで左営駅から向かいます。
ちなみに台北の悠遊カードが使えます。ピッ!便利。

蓮池潭の停留所で下車。
e0039787_2315376.jpg

目の前の柵から階段を下がるとすぐに湖が見えて・・・
e0039787_23185882.jpg

2つの塔が見えます。おー、ここだここだ。
くまモンに似ている熊は高雄のゆるキャラ「高雄熊」だそうです(笑)。
e0039787_23195152.jpg

龍と虎がインパクト大の龍虎塔です。
龍の口から入って、虎の口から出るという順番が正解。
「ほほーっ、ドラゴンズとタイガースだね」
はい、野球好きな我々夫婦の会話です(苦笑)。
e0039787_23215568.jpg

そもそもここは蓮池潭というだけあって、蓮が見事なのです。
現地ガイドの方が蓮と睡蓮の違いを説明しているのを小耳にはさみました。
「睡蓮だったらこんなに葉が上がりませんよ!」って。そうか、そうだよね。
浮いてるんじゃなくて立っている。そして葉っぱも切り込みがないのが蓮。
e0039787_23232583.jpg

さて、龍の口から入ると・・・中も見どころいっぱいで・・・
e0039787_23293393.jpg

突き当たりでは「【気持ち】よ~」と日本語で語りかけるおばさまが座っています(笑)。
寄付(お布施?)としてまさに気持ちばかりの金額を渡すと、絵葉書がもらえました。
e0039787_23313770.jpg

そこから塔の上まで階段で。
e0039787_23322812.jpg

結構な段数あります。息が切れます。
真夏だと大変なことになりそうです。
e0039787_23345253.jpg

まだ?
e0039787_2335551.jpg

まだ?
e0039787_2335307.jpg

でも、頑張って上ると、絶景が待っています。
残念ながら天気は良くなかったので青空というわけにはいかず
写真的には暗いですが、それでも風が吹き抜け、十分気持ちよかったです。
e0039787_23343763.jpg

e0039787_2336243.jpg

見下ろすと、こういう景色。ジグザグですね。
e0039787_23365394.jpg

隣の塔は・・・こっち上ったからいいか(笑)。
e0039787_23373684.jpg

カラフルな龍と虎。私は辰年だからやはり龍に惹かれるなぁ。
e0039787_23382261.jpg

e0039787_23384176.jpg

とにかく、ここは人気スポットだけあって日本人がたくさんいました。
逆に言うと、ここ以外ではあまり日本人に遭遇しなかったのも事実です。

蓮池潭を見終えたところでまだ11時前だったのですが、
朝食ビュッフェをほとんど堪能しなかったため私が空腹の限界となり(汗)、
まずはランチをすることに。
台鐡の左営駅まで歩いて、高雄駅まで電車で移動。
(なかなか電車が来なくて待ちぼうけ)
高鐡の(新幹線の)駅舎と比べたらなんともレトロな感じ。嫌いじゃない。
e0039787_2344579.jpg


このころになると、電車内で、「博愛座」の存在が見逃せなくなっていました。
博愛座とは日本の優先席です。
日本だと空いていれば普通に座っている方も多いですが、
台湾ではどんなに混んでいても絶対にこの博愛座は空いています。徹底しています。
至るところで博愛座が目につきました。
e0039787_23461545.jpg


高雄駅降りてからの目的地はメインの改札ではなく駅の裏側にあるため、
表示に沿って進みます。
皆が行く方じゃなくて・・・
e0039787_01569.jpg

裏側の改札へ・・・
e0039787_23482677.jpg

出たところは静かな感じの通りですが・・・
e0039787_2349329.jpg

これ、全部洋服屋さんです。
e0039787_23495135.jpg

これでもかというくらい右も左も全てがそうでした。人はほとんどおらず。
e0039787_074653.jpg

なんか不思議な感じ。
e0039787_2350411.jpg

そこを通り抜けて向かったのが、ランチに選んだお店「驛站食堂」です。
e0039787_042710.jpg

オーナーさんが鉄道が好きなようで、本当に線路の横にあります。
ただ、工事中で残念ながら車両を見ながらというわけにはいきませんでした。
e0039787_065296.jpg

ここで頼んだのは、青菜とチャーハン。美味しかったですよ。
e0039787_23541056.jpg

結構な量が出てきます。
e0039787_23542521.jpg

そしてカキフライに挑戦。日本のものとは異なります。
こんなに山盛りで180元。日本円で666円。
e0039787_23544764.jpg

あとは台湾ビール。瓶です。冷蔵庫からセルフで取り出すように言われます。
e0039787_23562066.jpg

そうそう、最後にお茶を頼んだら(有料)、すごい量が出てきて
2人ではとても飲みきれませんでした。
e0039787_2356971.jpg

ここのお店で印象に残ったのは、空調。
私たちが座った横に、巨大な扇風機が置かれました。
スゴイ勢いで水分を飛ばしてくれて寒いくらい(笑)。
暑い時には気持ちいいのだと思いますがなんだか落ち着かなかったです。
でも、親切心ですからね。ありがとうございます。
e0039787_23573245.jpg


さあ、お腹も満たされたことだし、次の目的地へ行きます。

To Be Continued・・・

※日々の出来事はTwitterにUpしております。こちらからどうぞ。
by mikikasai819 | 2017-05-25 23:08 | りょこうき(旅の記録) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31