2011年 08月 18日 ( 1 )

さらば34歳

毎年恒例、このタイトルの日がやってきました。

この1年、お仕事は自分なりに頑張りました。

でも、プライベートは、かなりひどい状態でした。
不規則な生活をして、家事をおろそかにして・・・。

別にここ最近始まったことではありません。
そういうこと自体に対して嫌気がさしたのではなく、
そういうことを正当化したりネタにしたりしている自分に辟易した1年でした。

なんというか、うまく説明できないのですが、
ツッパっている高校生が本当は自分を立て直したいのに、
今の状態のほうが目立つし存在意義があると思っていて、
頑張るのが格好悪くて何もしないでいるみたいな、
かといって心底から不良になりきっていなくて収拾つかないような、
そんな感じでした。(・・・伝わります?苦笑)。

人間は堕落すればどんどん堕落するものです。
まあ、いいや、今日も外食で!とか、
ああ、部屋が片づいてないけど、仕方ないよ、昨日も遅かったんだから!とか、
まさに毎日が言い訳。

「昨日は4時まで起きて、今日は4時に起きるって・・・大丈夫?」
「今日は4つも予定が入ってるの?」
ネタにしてもらうことで救われる自分もいたのです。


でも、明日から35歳。

小さくまとまるつもりはありません。
むしろ、もっともっと活動の幅を広げたいという夢があります。
だからこそ、家で生活するというシンプルなことを、ちゃんと実行したいなと思います。

ちゃんと起きる、ちゃんと料理する、ちゃんと食べる、
ちゃんと掃除する、ちゃんと風呂に入る、ちゃんと寝る・・・

できている人からすると基本的すぎて笑っちゃうと思いますが
この「ちゃんと」っていうのが本当に大変なんです。
これらを自分の確かな信念のもとに、ひとつひとつ大切に実行していきたいのです。
(健康維持も自分の仕事。気持ちが若くても、体力の衰えだって一気に出てきます。)

苦手な掃除が突然得意になるわけではないし、
寝る時間が遅くなってしまう生活も突然は変えられない。
でもそれらは決して誇れることではない・・・。

ちゃんとした生活が苦手でも、ちゃんとした生活を放棄しない。あきらめない。

この1年を振り返って、素直にそう思います。
すみません、いつになく誕生日前夜に気合い入れて記してしまいました。
別に暗くなっていないのでご安心くださいね。
でもね、本当にそう感じた1年だったのです。

堕落した生活をしていても、普通に生きてはいける。
でも、ちょっと努力したらもっと快適に生きていけるんだ・・・って。

全ては「何もしない0」か「すべて完璧の100」しか選べない自分の性格ゆえだけど、
明日からは80をとれる本当の意味でのかっこいい人になりたいです!
by mikikasai819 | 2011-08-18 22:30 | やるき(決意・反省など) | Comments(4)