ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

2009年 05月 28日 ( 1 )

セミナー後に待っていた、豪快な誤解。

火曜日、東京ステーションコンファレンスで行われたセミナーの司会をしてまいりました。
講師は㈱ワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵さん。
一昨年9月にも別のセミナーで司会をさせていただきました。(そのときの記述はこちら

前回は、女性向けに、仕事と家庭の両立の仕方についてお話されていましたが、
今回は男女問わず、プレゼン能力を高めたいという方が対象です。
というわけで、タイトルも「超実践プレゼン講座」となっています。
プレゼンの極意を細かく伝授してもらえるというお得な内容です。
e0039787_2232947.jpg


スタッフの方から「河西さんは喋りのプロですから、必要ないですよねー」と言われましたが、
とんでもないです!私は、プレゼンのプロではありません。
実際、聞いてみて、目からウロコのことが多くありました。(もちろん、放送とプレゼンは違いますが。)
小室さんの喋りの分かりやすさにグイグイと引き込まれ、あっという間の80分でした。

ちなみに今回の会場(サピアタワー)にはエグゼクティブ クラブラウンジがあり、
そこで本番前に待機させていただいたのですが、いやー、さすが、素晴らしい空間でした。
落ち着いたラウンジで、窓からの丸の内の眺めも良く、しばらくじっとしていたい感じでした(笑)。



さて、今日主に記したいのは、セミナー終了後の出来事。



お客様もお帰りになり、私自身も帰る段階になり、会場を出ました。
すると、エスカレーターを1フロアのみ降りたところ・・・つまり誰も居ないはずのフロアで、
ひとりの見知らぬ男性が突然近づいていらして、
「すみません、サインをしていただきたいんですが」と私に言うではありませんか。

!?

「・・・私ですか?」

「はい、あなたにしていただきたいのです」

はて?何故?ラジオのリスナーさんとか?まさか・・・ね。
司会に感銘を受けたり・・・そんなわけないよね。

それにしても、あまりの唐突なご登場と唐突なご依頼です。

「本当に私ですか?」

念を押すと、「はい、そうです。待ってたんです。お願いしてもいいですか?」と。

「は、はい。分かりました」



なんとなく違和感と一抹の猜疑心がありつつも、引き下がれない雰囲気が漂っていたため、
うーん、まあ、いいかと思ったところ、
その男性は満面の笑顔でカバンからサイン色紙(用意周到!)を出しました。

男性は完全に舞い上がっている感じで、次の瞬間、

「あのー、以前、新聞に出ていた記事を見て、すごくすごく感激しました」と。



そこでやっと分かりました。この方はやはり勘違いをされている。
私は新聞になんて載らない。(新聞のラジオ番組欄を除く。笑)


「あのー、私は小室さんではありませんよ

「ええっ!?」

うわー、案の定、すごいビックリされた(汗)。


「私は司会をしていた者でして・・・。残念ながら、もう小室さんはお帰りになりましたよ。」

「あ、そ、そうでしたか、あ、司会者さんでしたよね、確かに。うわー、僕、あー、すみません」

比較的大きな会場だと、講師のお顔がはっきりと見えないことがあります。
それと、完全撤収のあとにひとりで出てきた女性だったから、
小室さんに違いない!今がチャンス!と思われたのかもしれません。



完全にパニックになっているその男性。バツが悪くなったのか、




「それじゃ、司会者さんのサインでもいいので、お願いします」と。




なんじゃそりゃ(爆)。


丁重にお断りをして、その場を去りました。



残念な思いをさせてしまったかもしれませんが、改めて、一言、





「事前に気付いて、良かったー(´ヘ`;)」





だって、サインしてみて「え?誰ですか?」では・・・ねぇ・・・。
by mikikasai819 | 2009-05-28 02:23 | はたらき(お仕事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31