ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

2009年 05月 15日 ( 1 )

このきなんのきまちあるき 「第44回 ご・・・五反田」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩くという
河西美紀の「このきなんのきまちあるき」。
先週「ぎ」で銀座だったのですが、今週は「ぐ」も「げ」もなく、「ご」まで飛びます。
「ご」から始まる駅名は、世田谷では豪徳寺、あとは文京区の護国寺がありますが、
(どちらもお寺の名前だ!)
今回は、五反田駅で降りてみることにいたしました。
JR山手線、東急池上線、都営浅草線と3路線使える便利な駅、五反田。
e0039787_1056015.jpg

バラエティー豊かに歩きましたので、順に紹介していきましょう。

まずは住所で言う「西五反田」から。
e0039787_1057055.jpg

この西五反田で見つけた紹介したいお店は2軒。
まず、五反田駅西口を左に曲がり、中原街道を進みます。
目黒川を越えてすぐ左折、
e0039787_10573044.jpg

川沿いにある鶏肉専門店「信濃屋」さんです。
e0039787_10574466.jpg

e0039787_1058401.jpg

毎日、産地直送の鶏を一羽一羽解体し、うまみを逃さないようにしているほか、
ここの名物はから揚げのようで、普通の油ではなく、
たくさんの鶏の油を溶かして使っているのだそうです。
実際、買って家で食べてみました。
e0039787_1058192.jpg

衣もそうですけど、肉自体の味がしっかり出ていて、月並みだけど、「ジューシー」でした。
多分、その場で食べたらもっと違ったと思います。

もう1つは、西五反田1丁目交差点をちょっと脇に入ったところにある、
老舗のお煎餅屋さん「進世堂(しんせいどう)」。
e0039787_1059456.jpg

大正10年に商標登録したという「江戸みやげ」というお煎餅、
包装紙には葵の紋が入っています。
e0039787_10592423.jpg

小さなお煎餅が1つの袋にたくさん!特に細長い形の海老の揚げ煎餅が絶品!
想像以上に美味しくて、ディレクターもADくんも「おいしいおいしい」と放送前にたくさん食しました。
お土産が好評だと嬉しいですよね。ここのお煎餅、間違いないです。

さて、続いては、駅の東側へ。駅前はゴチャゴチャ・ガヤガヤとしています・・・。
e0039787_1111938.jpg

でも、東五反田3丁目付近は通称「島津山」、
東五反田5丁目付近は通称「池田山」と呼ばれているわけで、
いやー、もう、このあたりは高級マンション、邸宅だらけ。代表的な高級住宅地なのですよね。

どちらも行ってみよう!ということで、最初は、3丁目の方へ。

清泉女子大学がある辺りになります。
e0039787_1125597.jpg

正門に向かう道、駅から徒歩10分くらいの閑静な住宅街の入り口辺りにあるのが、
有名な「フランクリン・アベニュー」という高級ハンバーガーレストラン。
グルメバーガーの草分け的存在のお店ですね。
e0039787_1131159.jpg

土日などはかなり混むようですが、私が行ったのはもう夕方4時ごろだったので、
お客さんは2組のみ。お天気も良かったので、テラス席に案内してもらいました。
一軒屋を改造した感じのお店。緑もきれいで、うっとり。
e0039787_113433.jpg

e0039787_1141534.jpg

テーブルにはナイフとフォークがセッティングされていました。
e0039787_1143539.jpg

なるほど、さすがだ。そして、メニューを凝視しました。
e0039787_1151270.jpg

ある程度下調べはしていきましたが、やはり、
1000円以下のハンバーガーはありませんでした。
e0039787_1153097.jpg

大きさが3種類、一番小さいミディアムで1100円のアボカドバーガーを頼みました。
「他に何もつきませんがよろしいですか」と念を押されました。
フライドポテトなどの付け合せは別で頼むのです。もちろん飲み物も付いていません。
でも、独りだし、純粋にハンバーガーを楽しみたかったので、今回は1つのみにしました。
This is アボカドバーガー!!!
e0039787_1163031.jpg

もうちょっと角度を変えて近寄ってみますと・・・
e0039787_116471.jpg

肉の焼き具合がすごく良くて、美味しかった。
ナイフとフォーク、最初は使っていたのですが、
やっぱり手で食べた方が食べやすいと思って、豪快に食べてしまいました。
このお店の話を昨日偶然会った友人にしたら「おいしいよねー」とお気に入りの様子。
でも、別の友人にしたら「だって、値段がそれだけするものねー」と。
なるほど。確かに。何も考えずに、美味しくいただくのがいいのかもしれません。

食べ終わって、せっかく清泉女子大学の近くまで来たから・・・と、
正門の前まで行ってみました。「大学生じゃないってばれちゃうかな♪」と思ったら、
それどころではなく「何の用ですか?」と
守衛さんに不審人物としてかなりキツく問われました。
もう、夕方5時だったので、帰宅する学生さんの波と逆の動きをしていたからでしょうが、
軽く凹みました。そっか、私が卒業した大学は夜間の学部もあったし、門戸開放だったので・・・。
女子大の警備はしっかりしています。

さて、最後に、向かったのは、東五反田5丁目。まさに高級住宅街。
e0039787_1172622.jpg

あの皇后美智子様のご実家、正田邸があったところです。
5年前、そのご実家跡地に品川区立の公園ができました。
「ねむの木の庭」という名前です。
e0039787_1175657.jpg

皇后様が「ねむの木の子守唄」という詩を学生時代に作られたことから名づけられたということで、
残念ながら、5時閉園で、入ることはできませんでした(涙)。
e0039787_1181928.jpg

でも外からでも公園の様子はうかがえます。
邸宅跡地ということですから、決して広くはありません。トイレもないそうです。
でも、多くの草花、木々に覆われて、素敵な空間でした。
e0039787_1185090.jpg

また、ねむの木の庭から5分ほどのところに「池田山公園」があります。
ここも例外なく、閉園していましたので、中までは入れませんでした。
e0039787_119999.jpg

というよりは、公園は見えていたのに、路地が迷路のように入り組んでいて、
なかなか公園の入り口にたどり着けなかったんです。
高級住宅街をうろうろ独りで歩いてしまいました。
e0039787_1192859.jpg

e0039787_1194548.jpg

今回分かったのは、やはり、夕方遅くに行くのではなく、
お昼に見るところはしっかり見るべきだということです(爆)。

それでは、今日のまとめです。

・・・豪快にまとめるほど
たん・・・単純な街ではない
・・・だって色々な表情があるもの

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆東急池上線五反田駅のお隣は「大崎広小路」駅なのですが、
中原街道に沿って目黒川にかかる橋を渡ったら、ここまであっという間。
山手通りとの交差点をちょっと先に行けば
ゆうぽうと(東京簡易保険会館)やTOC(東京卸売センター)もすぐでした。
五反田駅から徒歩といっても充分OKな場所。
e0039787_11105663.jpg

e0039787_11111416.jpg


☆当日になって、ディレクターが気を利かせて、まちあるきコーナーのあとの曲を差し替えてくれました。
その曲とは西島三重子さんの歌う「池上線」。昭和51年の曲らしく、初めて聞きました。
いやー、しみじみするメロディーラインでした。

☆五反田には色々名物があるらしく、立ち食い寿司にも目が止まりました。
でも、サビ抜きっていうのが恥ずかしかったのと、歩きつかれて座りたかったのでやめました・・・(汗)。
e0039787_11155326.jpg

e0039787_11161659.jpg


↑↑↑

次週は、ざ行に入ります。お楽しみに♪
(自分のせいではあるけれど、つい最近「ぎ」をUPしたばかりだから、
まちあるきジャンルの記事が続いてしまいました・・・)
by mikikasai819 | 2009-05-15 11:19 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(8)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。