10年前の自己分析

先日のパシフィコ横浜のセミナーで
我究館館長の坂本章紀さんと久しぶりにお会いしました。
坂本さんは私と同い年。日経の担当社員のWさんも同い年。
そんなことから3人で開始前に話が盛り上がったのですが、
全く分野の違う3人が共通して受験しているのが、テレビ局。
とりわけ、当時のフジテレビの試験については、それぞれが懐かしい思い出を持っています。
まさに雪のお台場。1998年1月15日。
10年ひと昔といいますが、もちろんよく覚えていることなので、
こんなにも当時の実感がある・・・と同時に、
こんなに10年経過した事実に実感がないのもすごいなぁと思います。

そこで家に帰って、物が捨てられない私の宝箱(他人が見たらガラクタ箱)を開けてみたら、
・・・ありました。
まだ坂本さんが我究館に入社する前の、まさに就職活動のバイブル、「絶対内定」。

私はアナウンサーになりたいという気持ちだけは確固として持っていたものの、
その分、周りの学生より、自己分析などを全くしないまま、
準備不足で試験が始まってしまったのでした。

多分、これはまずいと思ったのでしょう。
私はワークシート1ページ目から絶対内定の本に沿って設問に答えることで
唐突に自分を見つめなおそうとしたのです。

ノートの日付が・・・うわ、きっかり10年前だ!!!

なんと10年前の今日、河西美紀は、キー局のエントリーシートを書きながら
(大学の後期試験もきっと・・・というか絶対受けながら)自己分析を始めたようでした。

さてと、どんなことを書いていたのかな・・・どれどれ・・・?
設問を見ていくと・・・


「あなたの長所と短所を考えられるだけ
できるだけ多く書いてみてください」



できるだけ多く・・・ねぇ。
そして、当時の河西美紀は、
明らかに無理矢理感が否めないような項目を列挙していきました。
本当に恥ずかしいけど、自分の記録として載せてみます。

今の私と比べてどうなのだろうか。
果たして分析は当たっているのだろうか。
私を知ってくださる方にとって見たら、どう映るのだろうか。

「長所」

☆明るい。
☆友達が多い。
☆人の気持ちを考えられる。
☆字がきれい・字を書くのが好き
☆人を引っぱる力がある
☆声が大きい
☆自分の意見を人前で言える
☆話題が豊富
☆企画力がある
☆協調性がある
☆運動神経がある
☆人の期待にそえるよう頑張る
☆自分より相手のために動く
☆その場を盛り上げる
☆ものまねができる
☆本番に強い
☆接客が得意
☆カラオケが得意
☆初対面の人とも普通に話せる
☆友人・恋人を大切にする
☆後輩の面倒を見るのが上手
☆責任感がある
☆正義感が強い
☆音楽の才能がある(絶対音感・ピアノアレンジ)

・・・いや、すごい。自らをここまで褒めたたえるのは、最近まずありません。
やはり最後のほうは無理矢理ですよね。
長所というか趣味や特技が混ざってきてるもの・・・。
っていうか、ものまねができるって何?自分自身でも身に覚えがございません・・・(苦笑)。
カラオケもすっかり下手になりました・・・。

続いて、「短所」

★人から相手にされないと落ち込む
★自分が絶対だと思っている
★皆から好かれないと気がすまない八方美人
★プライドが高い
★人からの注意を素直に受け入れられない
★懐古主義になることがある
★人の成功を素直に喜べないときがある
★部屋の整理整頓が苦手
★自分の話ばかりしてしまう
★金銭感覚が身についていない
★おしゃれの気持ちが少ない
★立ち直りが遅い
★ひとつのこと(ひとりのひと)しか見えなくなることがある
★嫌なことが嫌といえない
★朝起きられない
★優柔不断

長所と違って、こちらは明らかに今も続いているものとこの当時だけのものに分かれます。
自分が絶対とかプライドが高いだなんて、
フリーで仕事している今、言い切れる自信はありません。
逆に、適度なプライドは大切だぞと自分に言い聞かせている今日この頃です。

それにしても、部屋の整理整頓が苦手とか朝起きられないとか優柔不断というのは
こう考えてみるともう10年以上も背負っている自分なりの悩みなのですね。
(全く解決していないのもすごいな、本当に・・・。成長しなくちゃね・・・)

ふぅ。

たくさん文字を書いて疲れたので、最後にひとつ、写真を。

e0039787_22554663.jpg


今日の日中は、高校時代の放送部仲間Yちゃんと約3年ぶりの再会を果たしたのですが、
そのとき一緒に食べたキルフェボンのフルーツタルト。
ちなみにランチは、有楽町の無印良品Cafe&Deliへ。
色々なおかずをおいしく食べることで、
ここ数日の「おにぎり・パン・おにぎり・パンの」炭水化物サイクルから
やっと抜け出せました(涙)。
by mikikasai819 | 2008-01-24 22:58 | でんき(昔の出来事) | Comments(0)