ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

なまはげとの対面!ハワイとの再会?

すっかり春めいてきたと思ったら、先月の3連休の出来事を書いていなかった!
ちょっと季節はずれですが、書きます・・・。

2月11・12日と仕事の合間を縫って1泊2日というまたまた強硬スケジュールで
秋田に旅行してまいりました。

秋田は・・・アナウンサー受験以来、実に9年ぶり。
行きは飛行機。JALのクラスJシートに初めて乗りました。
(たったの1000円プラスなので)
快適だったのですが、何せ羽田から秋田までの所要時間は50分
あっという間すぎて、離陸態勢解除になったかと思ったらすぐ着陸態勢(苦笑)。
しかし、そんな短いフライトの中で何が感動したって、離陸後のすばらしい眺め。
東京の街を窓から見下ろして、そのあまりのすばらしさにしばらく興奮。
天気がすごくよかったこともあり、遠くには富士山。
そう、高層ビルと青空と富士山のコントラストです。
写真におさめられないのが残念でしたが、
これまでの飛行機搭乗経験の中でもっとも美しい景色でした。
(夜景は夜景でまたいいんですけどね)
普段働いているテレコムセンター駅周辺も全てしっかり見えました。

さて、秋田空港に降り立って、どんなに寒いだろうと思いきや、
我慢できないほどではありませんでした。雪もほとんどありません。
レンタカーを借りて、いざ出発!

その場でどこに行こうか考えた結果、まずは横手にいくことに。

横手といえば、かまくらです。
e0039787_1755658.jpg

道路沿いにかまくらが並んでいます。(分かります?)

横手市役所に併設しているかまくら博物館で、実際のかまくらに入ってみました。
大きな冷凍庫のような部屋(常にマイナス30度をキープ)にかまくらがあります。
なんとなくの雰囲気を味わいました。
e0039787_1757127.jpg

e0039787_17571727.jpg

これ、既に作ってあるからいいですけど、いざ何もない状態から作るのは相当大変では?

続いて、横手といえばもうひとつ、焼きそば。
街をあげての名物となっています。元祖というところに行こう!

一見すると普通の(といっても大きい)家。
e0039787_1756259.jpg

いざドアを開けて中に入ると、とても素敵な老夫婦が迎えてくれました。
11時オープンで、私が行ったのは11時半になろうかというところだったのに、
既にお客さんが何組もいる!人気店なのですね。
メニューを見て決めたのは、肉玉子野菜そば。
キッチンでおばあさんが黙々と調理しています。手馴れたものです。
それをおじいさんが運んできてくれました。
これが横手のやきそば!

玉子が上にのっています。
e0039787_17581399.jpg

いただきまーす!!

一口食べてみて、「うわーおいしい!感激!」・・・って感じでは正直ありませんでした。
誤解のないように言うと、不味いというわけではもちろんなく、
なんというかとにかく素朴な味でした。

ところがもう一口、もう一口と食べ続けていくと、これが病み付きになってしまうのです。
食べ終わる頃にはなんともいえぬ満足感!
食べ初めから食べ終わりまでの全体のバランスが絶妙!
店主のお人柄もあって、とてもいいランチになりました。

早めの腹ごしらえを済ませ、エネルギー充電完了!
そのあと、横手というと、日本史で習った「後三年の役」・・・らしい。
そもそも、後三年の役という単語自体、高3の受験期以来久しぶりに聞きました(汗)。
主人は地理選択だったようなので、私が知識を披露するべきところなのですが・・・
日本史、得意科目だったのに、なんとなくしか覚えてない・・・
所詮、暗記なんてそんなものなのか。

というわけで、悔しくて資料館に足を運ぶことに。(負けず嫌い)
外観はこんな感じ。
e0039787_17583930.jpg

でも、この資料館に行っても・・実はその解説がよく分からなくてガッカリ。
うーん、もう少し展示に工夫してほしかった。流してもらったビデオ内容が支離滅裂・・・。
こういうビデオを作る側にいる私としては非常に残念でした。

あー、後三年の役!!!

私はさらに悔しくなってて(苦笑)、
こうなったら絶対に理解して主人に説明して納得させよう!と、
もらった紙資料をもとに、車の中でレクチャー開始(笑)。
結果的には非常にスッキリ・納得しました。

そして、満を持して男鹿へ出発。
そもそも、どうして秋田に行くことにしたかというと、
ガイドブックを見ていて、ちょうどこの週末、男鹿のなまはげ祭があることに注目!
せっかくだから行ってみよう!ということになったのでした。

なまはげといえば、「泣ぐ子はいねぇが」といって家で暴れるので有名。
普段泣き虫じゃなくてもあんなのが来たら怖いですよね。
なまはげ資料館でまずはVTRを見ましたが、その映像の中でも子供たちは
「ごめんなさいごめんなさい」「ギャー、怖い!!!」と号泣。

私まで泣けてきました。

いや、私の涙の理由は、
こういう伝統的行事が現代まで守られてきているという素晴らしさに対しての感動の涙です。
地域の若者たち、尊敬です。
あと、ここのビデオは非常によくまとまっていて分かりやすかったです。

この資料館の中には、なまはげに変身できるコーナーがありました。
「やってみませんか?」と係りの人に言われました。

やってみたいけど、ちょっと恥ずかしい。

「それじゃ、お面だけ」
e0039787_1759351.jpg

というわけで、自分のブログで顔をさらけ出すのは初めてです・・・って
さらけ出してないじゃん(笑)!

ちなみに、本来、女性はなまはげの格好は出来ないのだそうです。
観光客のみだそうです。しかも男性でも独身限定だそうです。へぇ、そうなんだー。

まつりは夜18時から。

大きな焚き火が会場中央にあり、みんなここに集まります。
e0039787_17592820.jpg

e0039787_17595279.jpg


雪は予想以上に少ないけど、やはり寒い。
上はかなり着込んでいったので大丈夫だったのですが、足先が冷えるのです。
冷えすぎて痛い。しもやけとか凍傷になるのではないかというレベル。
途中、すごい吹雪になったりもしました。寒い寒い!
焚き火から全く離れられない!というか、
火の粉が飛んできて危ないのに、最前線にいた私。
e0039787_1801486.jpg

でも、祭り自体が、非常に熱気があり、見るもの全てに魅了させられました。
幼い子供たちはやはり泣いていました。

男鹿をあとにして、向かうは秋田市。
この祭りを見ようと思い立ったのが数日前で、さすがに男鹿の温泉郷も満室なので、
秋田のビジネスホテルに泊まることにしたのです。
(次の日私が仕事で、午前中に新幹線で帰らなきゃならなかったこともある)

秋田のビジネスホテルといえば、私にとって忘れられないのが、
「ホテルハワイ駅前店」。

アナウンサー試験のとき、受験生が大量に押し寄せた老舗の格安ビジネスホテルです。
秋田なのにハワイ?と皆で笑いながら泊まった思い出のホテルで、
チェックインするときに
「今日はなぜこんなにカラフルなスーツの学生さんが多いんですか?」と
受付で怪訝そうに聞かれたものでした(笑)。
8年ぶりの対面は感慨深かったなー。
そう、対面だけ。泊まったのは、新しく出来たドーミーインでした(爆)。

ちなみに、帰宅した翌日の日経に秋田のビジネスホテルについての記事が載っていました。
ここ数年で宿泊施設が倍増したとのことで、
確かに需要と供給のバランス大丈夫かなぁって思って読んでいたら、
ホテルハワイは生き残りをかけて、
赤字覚悟のシングル3000円に設定しているらしい・・・
そりゃすごい、頑張ってほしい。
記事によると、私がセレクトしたドーミーインは客室稼働率1位のようでした。

というわけで、翌日、連休続行の主人は旅も続け、
私は盛岡まで一緒で、あとは東京でお仕事。
秋田新幹線こまちは開業10周年らしい。10年って早いなー。

なお、秋田駅のみどりの窓口の駅員さんが非常に対応のいい人で、
すごく面倒な手続きをお願いしたのに、相手の立場に立って必死に取り組んでくれました。
それに感動してお礼の手紙を書こうと思っていたのに、
まだ書いてない!(汗)

というわけで、ようやくUPできました。

※なまはげは「泣く子はいねえがぁ」だけではなくもうひとつ
こんなことも言うのだということが判明しました。

「怠けてる嫁はいねえがぁ」

主人からは相当笑われて、ネタにされました。それって私のこと?(汗)
Commented by この木、何の木?何だろね。 at 2007-03-05 00:21 x
河西さんが怒ると、このお面みたいになるんですか~、ご主人!
・・・・・なんて、聞いてみたくなったりして。(笑)
Commented by 待夢 at 2007-03-05 00:29 x
秋田は父の実家なので思い入れが多いです
かまくらに入って喜んだり、なまはげに本当に怖がったりといい想い出がいっぱいです
秋田空港いいですよね。僕も好きです
みきかさいさんはもう少しenjoyしたかったんじゃないんですかぁ(笑)
Commented by mikikasai819 at 2007-03-08 21:16
この木、何の木?何だろね。さん、変な質問はしないように(笑)。
こんなお面みたいに怒ったりはしませんよ。
っていうか、めちゃめちゃ赤い顔はもちろんのこと、
改めてみるとすごい角にすごい牙ですね(笑)。
っていうかそもそも、私、あまり怒りません。平和主義ですから。
それよりこんな主婦でいいのか!って青ざめたいくらいです(爆)。
Commented by mikikasai819 at 2007-03-08 21:27
待夢さん、お久しぶりの書き込みありがとうございます!
お父様の実家が秋田なのですね。秋田空港といえば、学生時代、
アナ受験の帰りにお土産を買いました。
みやげ物を買うということは、もう来ない(=試験不通過)みたいで
やめようかなとも一瞬思ったのですが
結局きりたんぽを買い込んだ記憶があります(笑)。
もう少しenjoy・・・そうですね。1泊2日では足りませんね。
秋田、次は、白神山地と乳頭温泉を狙ってます。
Commented by ASA at 2007-03-08 22:13 x
ども。はじめまして。大学2年のASAですぅぅ。
アナウンサーさんのページなんですね。
後三年の役だってぇぇぇ。響きが懐かしすぎますぅぅぅ。
でも、確かにそれが何だったかさっぱり思い出せない(TT)。
私自身も日本史大得意だったのに、
つい数年前まで覚えてたのに、勉強した意味ナッシング(TT)。
そういえば先日ふとした拍子に思い出したんですけどね、
【薬子の変】っていう単語。【くすこ】ってすごい名前だなっていうのと【KUSUKO】っていう響きは覚えてます。でも中身はさっぱり。
覚えていますかぁぁ?Ah~a、大学入ってバカになりました。
では、失礼しますぅぅぅ。
Commented by mikikasai819 at 2007-03-11 02:27
ASAさん、はじめまして。
受験のとき日本史選択されていたんですね。
薬子の変は覚えていますよ、響きだけ強烈に(笑)。
どんな内容だったか、あいまいだったので調べてしまいました。
あっ、最後の「大学入ってバカになりました」の1文ですが、
私もまさにそう思って学生時代過ごしていました。
でも、勉強に限らず色々な経験して人間的に成長できるチャンスが
きっとたくさん広がっていますよ。薬子もビックリ!なことが(笑)。
またよかったら是非ブログに遊びに来てくださいね。
by mikikasai819 | 2007-03-03 17:08 | りょこうき(旅の記録) | Comments(6)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30