学生だけでなく、私にとってもエネルギー

1日は埼玉・浦和、2日は東京・立川にて就職セミナーの司会をしてきました。
いよいよこのシーズンです。
ご依頼を受けてから3度目の秋。
一昨年よりは明らかに有効求人倍率が上がっているため
少しは緊張感もやわらいでいるかな・・・?
いえいえ、やはり、人生の大きな転機。ひとりひとり、とても真剣です。

浦和の講師は、我究館館長の坂本さん。
数ヶ月お会いしない間に髪型が変わっていらっしゃいました。
でも、講演はまったく変わらずパワフル、いや、むしろ、さらにパワーアップされていました。
本当にいつも楽しいお話を展開してくださいます。
就職活動生でなくても、大人の私がハッとさせられることが多いです。

そして、立川の講師は、(有)ハッピーバースデーカンパニーの生田知久さん。
今回、初めてお会いしました。
生田さんの名刺には日付を入れる欄があって自ら11月2日と記入してくださいました。
講演の最初に「寝不足です」と笑顔で始めた生田さん。
なんでも、「(明石家)さんまの話し方の研究をしていたら朝になった」とおっしゃるのです(笑)。
お話するのが大好きで、いくらでも喋っていられます!とまたも笑顔。

印象的だったのは、自分にアポイントを入れるという話。
たとえば、この日のこの時間に自己分析をすると決めたら、手帳に書いてしまう。
誰かと会って語り合うと決めたら、手帳に書いてしまう。
「時間があったら・・・」とあとまわしにせず、自分へのアポイントを入れる・・・
私が今一番やらなくてはならないことかもしれません・・・(苦笑)。

去年のセミナーに参加して、見事第一希望の企業に内定をもらった学生たちも
お手伝いで来ていて、体験談を話していました。
当たり前のように今は「就活」というようですが、
私のとき・・・8年前はそんな単語はありませんでした。

「ええ?それじゃ、なんて言ってたんですか?」
『就職活動』
「ええ?そのままじゃないですか!」

素で驚かれましたね(笑)。そのままでいいじゃん!(笑)

あとは、「僕はプレエントリーは70社くらいしました。」『え?プレエントリー?』
「はい、実際に受けるのではなくて、仮に登録しておくんです」
・・・そうなんだ。てっきり70社面接受けたのかと思っちゃった・・・。
だって、私自身、全国津々浦々で受けたので、書類選考から考えれば
何十社受けたのだろう!?
ま、まあ、アナウンサー試験はいつの時代もちょっと特殊だから・・・(苦笑)。

といっても、8年前はようやくリクナビができたころですからね。
大学の就職課にPCが入り、検索ができるようになった時代でした。
たった8年前・・・なんですけどね(笑)。

そう思っていたら、今、横から主人が
「そもそもエントリーシートなんて単語もなかったんだけど。
履歴書って普通に言ってたんだけど。」って突っ込みを入れてきました。
主人の就職活動は・・・もう10数年前のことです(苦笑)。

そもそも、就職活動の時期、形態も変わってきてますものね。

いつの時代も真剣勝負!納得のいく「就活」をしてほしいものです。
by mikikasai819 | 2006-11-02 23:56 | はたらき(お仕事) | Comments(0)