元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

辞めても終わらない、むしろ始まる絆

今日は午前中に2か月ぶりにエステに行きました。
ここ数年行きつけのところがあって、でも、体調崩して行けないこともあって、
最近はこのブログにも散々書いている頸椎椎間板ヘルニアのために
ずっとお休みしていました。
4月に入ったことだし、心機一転、デトックス!と思いまして。

ただ、2か月前と明らかに違うことがあります。それは担当者です。

ずっとお世話になっていた私より11歳年下の方が1月末にサロンを辞めました。
別のところでお仕事するというわけでもなくエステティシャン自体をやめるとのことで
「これからどうしたらいいんだぁぁぁ!!!」と悲しみに打ちひしがれながらも
次の担当者に引き継がれました。
今日、初めましてということで、お互い緊張します。
私がアナウンサーの仕事をしていることや
スカッシュレッスンに通っていることなどは伝わっていて、
そのあたりから掘り下げていって、
でも、どのあたりまで話した方がいいのか分からなくて。
今度の担当の方は私より年上の方のようで、距離感もこれから分かっていくのだろうし。

そして何より、マッサージの感覚が、当たり前ですが、以前の担当者とは違いました。
いい悪いではなく、やはり違う人なのだから違って当然なのです。
それは理解しています。技術レベルへの不満はまったくないです。
でも、「施術ってこんなにも人によって違うんだな」と感じました。
喋りもそうです。同じアナウンサーという職業でも全く同じ技術ではありません。
同じ司会者という職業でも絶対同じ進行にはなりません。
そういうものなんだなと改めて思いました。

ところで、その施術後、向かった先は竹芝のホテル。
辞めてしまった前任者と待ち合わせをしておりまして(笑)。
実は退職後、施術者とお客さんの垣根を越えて、
プライベートのお付き合いが始まることになったのです。

理由:彼女の結婚が決まりまして、披露宴の司会をすることになったから♪

エステの施術を受けているとき、ベッドにうつ伏せになってマッサージを受けるのですが
背中越しに彼女のお話をたくさん聞いてきて、
「いつか結婚する時は司会をお願いしたい」と言われていました。
社交辞令ではない心からの希望だということが伝わってきて、
私も素直に楽しみにしていました。
両家の顔合わせをしたこと、会場を決めたこと、婚姻届を出したこと、
一つ一つが自分のことのようにうれしくて。

そして、今日、会場との進行打ち合わせに同行することになりました。

私は仕事では旧姓の河西をずっと使っていますが、
エステサロンでは本名でしたし彼女からも今の名字で呼ばれているので、
友人司会として会場の担当の方に挨拶しました。
「はじめまして、河西です。
あ、名刺は河西なんですけど、本番はそう名乗るつもりはなくて・・・」

ややこしや!!!(苦笑)
平然と本番「河西です」と名乗りそう。まあ、それはそれで。私は私。

本番は来月です。なんだか感極まりそうだー!!!

※今回、エステサロンでの前任者後任者のお話でしたが、
以前、同じようなことがネイルサロンでもありました。
ずっと気に入ってお願いしていた方が辞めることになり、
ネイリスト自体をやめてしまうと言われ、
もうショックでどうしようと思っていたのですが、
彼女のその後の人生はとても幸せなものとなっていますし、
関係性はそこで終わりではなくまさにプライベートでのお付き合いをさせていただき
一緒にお互いの夫婦と飲みに行くまでの間柄になれています。

出会いがあれば別れもあるわけで、仕方のない別れもあるけれど
その人の人柄に惚れてずっとこれからも繋がっていきたいという想いが
こうして成就していることはありがたいことだなと思います。
私はどうやらそういうパターンが多いようです。
(辞めた後も続くご縁)

by mikikasai819 | 2018-04-02 23:15 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)