このきなんのきまちあるき 第103回「し・・・神泉」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき!!!
(今から載せるのは4月22日放送分。ああ、1ヶ月遅れ・・・汗)

「し」から始まる駅名は、新宿、渋谷、新橋・・・など、実はメジャーな駅が多いですね。
ちなみに1周目は品川シーサイド、2周目は新大久保でした。

今回は、神泉駅です。
e0039787_2238346.jpg

京王井の頭線。渋谷駅から1駅。あっという間に着きます。
実は今回初めてこの駅に降り立ちました。
通過したことはありますので知ってはいましたよ。
昔、ホームが車両より短くて、開かない扉があったことも。
とにかく、渋谷から歩ける範囲だから、乗ったことがなかったのです。
今回、渋谷から1駅載ったとき、たまたまその時間だけかもしれませんが、
降りたのは私1人でした(爆)。
e0039787_22385338.jpg

e0039787_2363765.jpg

駅前はすぐ閑静な住宅街。松涛地区です。
e0039787_2239305.jpg

まず向かったのは、松涛美術館。
美術に詳しくない私ですが、やはり押さえておこうかと。
神泉駅から徒歩5分、本当に住宅街の中にありました。
e0039787_22403064.jpg

e0039787_22411065.jpg

花崗岩の壁で趣のある建物が、渋谷区立松涛美術館。区立なんだぁ・・・。
e0039787_22414815.jpg

ちょうど行ったときは、開館30周年記念特別展
「牛島憲之展」が行われていました。(5月29日まで!)
e0039787_2242223.jpg

97歳で亡くなるまで、日本の美しさを描き続けたんですね。
特に運命を感じたのが、昭和28年に描かれた油彩画「花ぐもり」。
なんと、桜上水の絵だったんです!
桜上水といえば、「さ」から始まる駅名ということで、前週に出かけたばかり!
牛島さんも、満開の桜のトンネルに感動されたんだなぁ・・・。
(注:写真は撮れませんでした)

続いて向かったのは、鍋島松涛公園。
松涛美術館とともにこの地域のスポットで、
道沿いにちゃんと案内板があるのでスムーズにたどり着けます。
e0039787_22433269.jpg

e0039787_2244692.jpg

ここは元々江戸時代に徳川家の屋敷があったのを、
明治時代になって佐賀の鍋島家に払い下げられたのだそうです。
今は渋谷区のものです。
e0039787_22451814.jpg

最大のポイントは「遊水地」!!
e0039787_22461332.jpg

渋谷界隈に湧き水の池ですよ!!
e0039787_2249433.jpg

水車もあります。
e0039787_2246503.jpg

桜の花びらが池の水面に浮いてキラキラかがやく様子は、
松涛という地区のオアシスそのものでした。
e0039787_22491241.jpg

e0039787_2247596.jpg

大人の方がお一人でゆっくり、ファミリーも楽しそう。
そんな、鍋島松涛公園でした。

さて、この神泉駅。
松涛の逆側は住所が「円山町」。少し歩けば雰囲気も変わります。

駅から伸びる商店街には、隠れた名店、食べ物屋さんが多いことにも気付かされます。

実は、駅の周りを歩いたのはお昼だったのですが
食事だけは今回時間を改めて、夜にさせていただきました。

今回選んだのは、ビルの3階にあるイタリアン「ミオテゾーロ」。
「高級レストランではない」と謳っていますが・・・
とはいえ、ディナーは、フラッと入るにはなかなかのいいお値段!?
ただ、カジュアルイタリアンであることは間違いありません。
いくつかボードに書かれたメニューの中から選びました。
e0039787_23164.jpg

e0039787_2313360.jpg

e0039787_232153.jpg

このお店は、ワインの量り売りをしています。
ボトルで頼んで、飲むだけ飲んで、余った分はキャッシュバック!
つまり、飲みきれなくても、途中で違うワインに変えたくなってもいいのです。
e0039787_22542111.jpg

実際ボトルを頼んで飲んでみたところ、結局のところ結構飲んでしまいました(笑)。
e0039787_22553484.jpg

さあ、残量はどのくらい?129。
e0039787_22573834.jpg

10mlを45円での買取だったので、580円くらいでしたか(笑)。
あっ、一応この食事は2人分です。1人でこんなに食べたり飲んだりは出来ません。

平日夜でも満席だった、神泉のイタリアン。
(予約ナシで入れたのはラッキーだったみたい)
食材いろいろ、調理方法いろいろ。おいしかったです。
アラカルトで食べましたが、今度はコースにしてみたい。
というか、お得なランチを味わいたい!!!(笑)

では、頭文字のまとめです。

しん・・・シンと静まる松涛の住宅街
せん・・・繊細な絵画に心洗われる

・・・ありゃ、「ん」が単独で使えないからあっという間に終わってしまった(汗)

ということで、もう1発(笑)。

しん・・・心底くつろぐ鍋島の公園
せん・・・栓を抜いても大丈夫な量り売り

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆駅前に立てられていた看板。街を表していますね。
e0039787_236099.jpg


☆別の出口、踏み切りの近くはこんな感じ。
e0039787_237447.jpg

e0039787_2381431.jpg


☆散策路って書いてあります。確かにこのあたりは歩いていてワクワクしました。
e0039787_239928.jpg


☆まちあるきをした日、実は東京では震度4の地震があったんです。
渋谷駅のホームで井の頭線を待っていたのですがかなり揺れました。
そして、松涛美術館に行ったら、この貼り紙。各施設、その都度の対応も大変です。
e0039787_23141943.jpg


☆鍋島松涛公園の池。注意書きを見たところ、結構深いらしい・・・。
e0039787_23103084.jpg


☆公園の前に、こんな広告。あらー、お値段、素敵だわねー。さすが松涛だわねー(笑)。
e0039787_23121393.jpg


↑↑↑

春はまちあるきには絶好の季節。
5月もまだ春って言いたいけど・・・夏みたいな気温が続きます(汗)。
by mikikasai819 | 2011-05-22 23:17 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(0)