人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ほんきやるきちょっとかげき?

アナウンス原稿を読むとき、意味を考えながら伝えるということは
とても重要だと以前にも書いたかもしれませんが、
歌もそうだなぁとつくづく思います。
テレビやラジオから流れてくる歌の歌詞で、有名なものではないのに
心の琴線に触れて感激してしまったり・・・ということがありませんか?
あとは、カラオケに行って、
誰かが選曲した知らない歌の詩が画面上に出てくるとやけに説得力あって
ひとりで反省したりツッコミいれたくなったり泣けてきたり・・・とか。

最近、暇なとき、「うたまっぷ」という歌詞検索できるページを覗いています。
新しい曲も取り揃えられていますが、
なんといっても懐かしい曲やマイナーな曲がいっぱい。
久しぶりに思い出した曲もあれば、
「ああ、あの歌詞はこういうこと言ってたんだー」と納得した曲もあって、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

そんな中で、私が小・中学時代に流行っていてよく歌われていたのは工藤静香。
まさに全盛期でした。キムタクの奥さんになるなんて想像もできなかった頃ですね。

工藤静香といえば、まず、
小学6年生のときの林間学校のバスガイドさんが
♪FU-JI-TSU♪を歌っていました。
ふ・じ・つ?
当時、全く意味がわかりませんでした。
バスで隣の席だった、ちょっと大人びたTくんが、熱唱しているガイドさんを見て
「あのガイドさんもいろいろ大変なんだな」と鼻で笑っていて
さらに?マークが頭を巡ったことを思い出します(笑)。

次に、中学2年生のときの同じく林間学校。
バスガイド・・・でなく、このときは私が、同級生のKさんと一緒に
♪くちびるから媚薬♪をノリノリで歌いました。
Kさんが一番、私が二番を歌ったのですが、
媚薬だなんて14歳で艶やかに歌っている自分が、今では笑えます。
いいのいいのいいのとかいいよいいよいいよとか・・・あー、すごいですねー。
もうこの思い出自体いいよーって感じでしょうか。
そう言いつつ、やけにこの林間学校が楽しかったんだよなー。

中学3年生のとき、初めてカラオケBOXに友人と行きました。
こうなると、みんなの持ち歌がわかってきます。
私はここでもなぜか工藤静香。確か、曲は♪メタモルフォーゼ♪。
どんな歌だったかなーと思い出したくて、
うたまっぷを見て閉口・・・。(歌詞はこちら。)
私、何を考えてこれ選んで歌ってたの?(苦笑)
・・・まぁ、結局は何も考えてなかったんですけどね。
ヒットしていたから歌っていたわけで、友達も普通に歌っていたわけで。
でも、すごいな、こりゃ(笑)。15歳には過激だわー。
(いや、大人にも過激だわー。すごいよ、松井さん。←作詞者)

大学入学後初めてのクラスコンパ。歌ったのは2曲。
これは今でも強烈に覚えています。
なぜなら、まずは♪慟哭♪。
ドラマの主題歌だったことだし、無難に。
しかし、次に回ってきたときに何も考えずにセレクトしてしまったのが
久宝瑠璃子の♪男♪。
すごい歌詞ですよね。覚えていますか?(歌詞はこちら
男の子たちが完全に引いていました。「こいつ、怖い奴だ・・・」と。

たぶん、このときを境に、歌詞の大切さを考えるようになりましたね(苦笑)。
なんとも思わない人の前で顔から火が出そうな熱いラブソングを熱唱しないとか、
接待?のときは下品な歌詞が入っていないものを選ぶとか、
失恋した人がグループにいたら、傷口に塩を塗るような曲は選ばないとか。
考えすぎ?

・・・とまあ、何が言いたかったかというと、

普通に聞いたり歌ったりしていた曲も、案外過激な歌だったかもしれませんよー!

歌詞に含まれている様々な思い入れを考えながら曲を聴くと、
新たな発見があるかもしれませんよー!ということ。

 
 完




(そういえばKANもいい詩を書いていたなー・・・って寒いですね、このつながり。
だって、思い出しちゃったんですもの・・・すみません・・・)

by mikikasai819 | 2005-10-17 12:11 | でんき(昔の出来事) | Comments(2)

Commented at 2009-06-06 22:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikikasai819 at 2009-06-08 11:09
非公開コメントを下さった方、はじめまして。
後輩さんのご紹介でブログに足を運んでくださったとのこと、ありがとうございます。
ネットの歌詞検索には色々な恐れがあるのですね。
アドバイスありがとうございました。
だいぶ昔の記事なのでそのままにしてありますが、
今後は気をつけたいと思います。