元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お名前を知るまでに14年

私は1ヶ月半に1度のペースでまつ毛パーマサロンに通っています。
独身の頃からなので・・・気づけば14年近く。
改めて思うと凄いことですね・・・。
エクステが流行ってもずっとまつ毛パーマです。

サロンですることは、寝るだけ(笑)。
目ですから、美容室のように雑誌を見ることもなく。
ひたすら目を閉じています。
当然寝てしまいます。起きていた記憶がありません。
1時間後、「はい、出来ました」と手鏡を渡されると
グーっと上向きになったまつ毛が。
ビューラーを使わなくても上がったままです。

ベッドが6台くらいあって、お客さんはそこに寝ています。
施術してくれるスタッフさんとは会計時にお話をするだけ。
基本的にはお喋りもしません。

ただ、さすがに長く通っていますので、常連なわけで、
私の仕事内容はだいぶ前にお話したことがあります。
「ラジオ!司会!すごいですね!」

そのうち、予約の電話をすると、こちらが名乗らなくても
「声で分かりますよー」と言ってくださるようになりました(笑)。

さて、本日。
週末に広島と愛媛に出張していて、今日日中は横浜で仕事。
ここのところずっとまつ毛パーマをかけるタイミングがなかったので
朝、メイクをするたびに気になっていました。
そろそろ行きたいなぁ・・・と。
そこで昼のうちに電話をしたら、空いているとのこと。
閉店ギリギリの時間に滑り込みますと、偶然お客さんは私だけでした。

どんな風なカールがいいかなどの希望はもう聞かれません。
最初の3年くらいは「いつものでいいですか」と聞かれましたが
いつからかそれも聞かれなくなりました。絶対いつものだからです(笑)。

1時間。最初は起きていましたが、
途中から記憶がありません。爆睡でした。

「はい、できました」
いつものように手鏡が出てきて、確認して、終了。
まだ寝ぼけ眼です(笑)。

お会計の準備をしていると、
「○○さん(私の戸籍上の苗字)って、昔、河西さんでしたよね」
と突然言われました。

「はい、今も仕事では使っているので昔って感じではないですけどね」

でも、確かに予約するときの名前はとっくに河西ではない。

「いやー、最初の印象が強いのか、今も河西さんって忘れられなくて。
なんか、葛西臨海公園というイメージとセットで覚えているんです」

・・・どういうイメージだろう(笑)。
でも、それはそれで面白い。
そんな会話の中で、
ずっと気になっていたことを確認するなら今なんじゃないかと
思うことがあったのです。
「今なんじゃないかー」というロト6のCMのように(笑)。

それは、今、お話している相手のお名前です。

はい、14年も通っています。
サロンのスタッフはお二人で、毎回ではないものの
3回に1回は必ず担当してもらっています。
それなのに、実は、名前を知らないのです。

理由はちゃんとあります。

そもそも14年前、最初にお名前を名乗っていただきませんでした。
なぜなら美容室とは異なり、入店してすぐ寝るので
そこまで会話をしませんし、技術に差はありません。
指名制ではないので、お名前を知らなくても問題ないのです。

ずっと気になっていましたが、知るチャンスはありませんでした。
知るためには「あなたのお名前は?「」とストレートで聞くしか
方法がなかったからです。
知ってどうする?という感じですし、
でも確実に親しくなっているわけで、
私のことはいつも名前で呼んでくれるし、
うーん・・・とずっとずっと思っていました。

それが、先ほどの会話、私の旧姓と現姓の話題になった、
まさに今こそ、あなたのお名前は?と聞けるのではないか。

サラッと自然に。

・・・

・・・

・・・


聞きました。
「あ、そうですよね!知らなかったですよね。
△△です。もう1人は□□です」

笑いながら教えてくださいました。

おーーー、やっと、知った。

そうか、△△さんって言うのか。

そうかーーーーー。しみじみ。

お会計をして、お釣りを渡された時、
「ありがとうございます。△△さん!」と返しました。

あとはこの感動を忘れずに、お名前も忘れないこと。

もう聞けないからね。
っていうか、嬉しい衝撃で絶対忘れない自信ある(笑)。

というわけで、お名前を知るまでに14年のお話でした。
いや、ホント、文章の100倍感動しているのです。

さて、出張疲れを癒すべく、早く寝よう。

# by mikikasai819 | 2018-11-19 20:00 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

今日はとりあえず。

今月初の更新です。

11月ももう上旬が終わってしまいました。

早いー!!!

こんな風に、あっという間に今年は終わるのだ。。。

いや、人生はあっという間に駆け抜ける。。。

毎日を大事にしなくてはね。


Twitterは毎日何かを呟いています。

よかったらスクロールしてみてください。

またそろそろ長文が書きたくなっておりますので

近日更新。


# by mikikasai819 | 2018-11-11 00:31 | Comments(0)
調子よく毎日更新していたときはいいのですが、気づけば10日放置。
最後にUpした記事が筋肉痛というのはね・・・(大汗)。
もうとっくに治っておりますので(苦笑)。

日々の出来事はTwitterを是非ご覧ください。

10月の個人的トピックスといえば・・・

・タブレットを買い換えた!
4年半使い続けましたが、とうとう誤作動を起こすようになり
勝手にアプリが立ち上がったり、文字入力ができなくなったり
大いに支障をきたしたため買い換えました。
もっと早く替えればよかった!と思うほどに快適です。
軽いし薄いし、容量も大きいし。
ちなみにiPad miniです。
新しい機種は出ていないのですが
どうしてもこの大きさが好きでやめられません。
あと、まだガラケー持っています(笑)。
正確にはガラホですけど。

・休みなく仕事した!
フリーランスですのでお仕事をいただかなければ毎日が休みです。
ということは休みがないというのは本当にありがたいことです。
31日のうち完全オフは2日のみでした(驚)。
月3回の大阪出張をいただき、札幌にも行かせていただきました。
ここまでのことはなかなかありません。
でも、今の状況がずっと続くとは思っていませんし、
仕事があるのが当たり前とは決して思いません。
ラジオの仕事、司会の仕事、講師の仕事、
それぞれに求められているものは異なります。
来月も感謝の気持ちを忘れずに、
丁寧にお仕事をしていきたいです。

あとは、たまがわ花火大会の現場から生中継!
これは本当に色々な意味で大きな仕事でした。
やはりいつもと異なる環境下というのは刺激になりますね!

さらに友人の披露宴の司会!
食事をしながら進行するというイレギュラーな動きで
これも印象に残りました。

個人的に怒涛の10月が終わりを告げ、
11月がやって来ます。
健康第一で頑張ります。
ちょっと最近いろいろ思うところもあるので
またこの場で語ってみたいと思います。

というわけで、とにかく今日のミッションは
今月のブログを1つ前の記事=筋肉痛の状態のまま
終わるわけにはいかない、その一心で更新しました(笑)。

# by mikikasai819 | 2018-10-31 23:05 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

筋肉痛との付き合い方

ぎっくり首を再発してからスカッシュレッスンを2ヶ月お休みしておりましたが
このたび問題ないくらいまで回復したので、満を持して復活しました。

復活初日。(水曜日)

「ご無沙汰ですー」
「うわー、お久しぶり!どう?首大丈夫ですか?」
「はい、おかげさまでー」

コーチからも無理はしないようにと釘を刺されながらも、
いざ始まってみると楽しくて楽しくて。
汗をかくのは本当にストレス発散ですね。
休んでいた分の振替も含めて2コマ。2時間たっぷり動きました。

翌日。(木曜日)

「久しぶり!」
「もう3年ぶりくらいかなー」
「えー、もうそんなに経った?」

以前通っていたスカッシュ教室の仲間から声がかかり
自主練習に参加しました。
そう、つまり連日。
本当に久しぶりに会う人たちで、話にも花が咲きました。
既に前日の分の筋肉痛を抱えつつ、
やはり楽しく打ちました。

昨日。(金曜日)。

朝。
ベッドから起き上がれないくらい。
くしゃみをすると脇腹が痛い。
腕も肩も痛い。
太ももも臀部も痛い。
我ながらすごいなーと思うほどに全身が筋肉痛。
どんだけ激しく動いたのだ(苦笑)。

あまりの痛さに「筋肉痛・早く治す方法」とネットで検索したら

「自然治癒」と出てきた。

おーーーーい!!(苦笑)

生放送をしながら動くと痛かったー。
スタジオで時折うめき声をあげていました。
階段の上り下りも激痛。
明日になったら少しはマシになるかな。

そして今日。(土曜日)

絶賛筋肉痛中。←日本語おかしい

本当に治るのだろうかと思ってしまいます。
自然にかつ早く治ってほしいです(笑)。

さあ、今日は昼過ぎから披露宴の司会です。
準備準備!

# by mikikasai819 | 2018-10-20 09:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

実況・描写の苦い思い出

昨日の花火大会から一夜明けて、まだちょっとボーっとした感じですが、
今日はまた夕方からセミナー司会があるのと、
その前に来週の披露宴司会の打ち合わせがあるので
モードを切り替えていかなくてはなりません。

さて、そんな中でも、やはり、昨日の花火の描写について、
自分でもう少しこうすべきだったなぁという思いが
まだくすぶっておりまして(苦笑)。
まあ、反省しても後悔するなということなのですけどね。

そんな中、苦い思い出がよみがえってきました。
久々に伝記ジャンル。

・・・それは、1998年。うわー、20年前だ(苦笑)。

私はアナウンサーになりたい大学生で、
全国津々浦々放送局を受験していました。

5月に富山県にある北日本放送の試験がありました。
なんと4日間に渡るものでした。

まず初日(1次試験)に1分ほどの原稿を渡され、
その場ですぐ合否が言い渡されます。
結構これが露骨で、容赦なく落とされます。
読みの基本ができていないとダメということですね。
「さっき富山に着いたのに、もう帰るの?たった1分?」と
泣きそうな女の子がいたことをよく覚えています。
私は・・・ありがたいことに合格してその場で宿泊費が渡されました。
サバイバルクイズみたいですよね。

そして翌日。そのまま2次試験。22人。
筆記のあとカメラテスト(ニュースをアナウンサーのように読む)、
さらにディベートと自己PR。
結果は皆が集まったところで発表され、私を含め11人通過でした。
隣の席に座っていた人は、泣きながら荷物をまとめて部屋から出ていきました。

ここまでは合格する側の立場でしたが、翌日の3次試験。

結果から言えば私はここで通過できませんでした。

理由は明快でした。
お恥ずかしいですが、まあ、この仕事に就く前ですし、
記憶としてここに残しておきましょうか。

・・・

・・・

「この部屋を描写してください。」と言われて大失敗したのです。

写真を見てその様子を伝えるなどの練習はしていましたが、
大抵そういうものは特徴あるシーンだったりするわけで。


今、この、面接会場の、特に何の変哲もない応接室を・・・?


・・・今なら部屋の広さ、部屋に置いてある物、
ありとあらゆるアンテナで話し続けると思うのですが、
当時の私はこういう課題が初めてでした。


どうしよう、でも、やるしかない。



「面接官が5人います・・・」


まあ、確かに目の前の描写だけど・・・(苦笑)



その時、


部屋の窓の外から青空が見えたのです。



「窓から見えるのは青い空です・・・」


まあ、拙いけれど、これも描写としようか・・・(大汗)



問題はそのあと。



「これだけのお天気だと布団を干すと気持ちがいいと思います。
私の実家は寝具店を営んでおりまして・・・」



そう、描写と言われているのに、フリートークに無理矢理持っていき
自己PRで流暢に乗り切ろうとしてしまったのです。

完全に相手が求めているものとは異なります。
でも、これが自分の限界でした。


「はい、結構です。」

そのあと面接官の皆様から

「惜しいなぁ。昨日原稿しっかり読めていたのに」と言われました。
嫌な予感以外ありません。


夕方4時半、この日は番号が張り出されたのですが
私の番号はありませんでした。
11人まで残ったのに、最後の5人には残れませんでした。
この日の翌日が最終試験でした。
こうなってくると1次試験でダメだった人より
(って比較をするものでもないけれど)
2日間通過できた分までも悔しさが増してきます。
一緒に帰ることになった(つまりは不合格だった)男の子は、
あまりの悔しさからかエレベーターの壁をいきなりガン!と叩いて
ビックリしました。
おいおい!と思うかもしれませんが、
本当にアナウンサーになりたかった当時の学生たちにとって
真剣勝負であったことは間違いない事実です。

私自身はさすがに局を出るまでは平静を保ちましたが、
富山駅まで来たところで号泣しました。
明日最終だったのに。
というより、描写が全くできなかった自分の未熟さに。


・・・あれから20年。(きみまろ風に)



ニュース・情報を正確に分かりやすい言葉で伝えることや
司会の現場で場の空気を醸成することなどは気づけばベテランの域になりましたが
実況・描写の分野は、あまり足を踏み入れていないなぁ・・・と
昨日の花火大会で思ったのでした。

昔はオールマイティーなアナウンサーになりたい!と思っていましたが
20年経てば、自分の得意なもの、そうでないものもあります。
実況専門で頑張っている同業者に
「ニュースはどうも苦手で・・・」とか
「司会は実はやったことない」と言われることもあります。
それでいいと思うのです。

でも、ふと、あの北日本放送の応接室の・・・
やけに窓からの青空が目に入ってきた、
いや、それしか私を救う道がなかったあの瞬間のことを思い出して
遠い目をしてしまったのでした。

# by mikikasai819 | 2018-10-14 14:11 | でんき(昔の出来事) | Comments(4)
e0039787_23220566.jpg
今日は第40回世田谷区たまがわ花火大会でした。
二子玉川緑地運動場のFM世田谷特別ブースから生中継を毎年行っているのですが
今年は私が担当パーソナリティーになりました。

ご依頼いただいたときに
「例年いらっしゃる花火師さんの解説がないので
今年は花火の【実況ではなく、あくまで現場の楽しい雰囲気をお伝えする】趣旨で」と
説明がありました。

とはいえ、ラジオの放送ですから、どんな色でどんな大きさで・・・と
少しは描写しないと・・・と思っていました。

いざ始まってみたら、それは思った以上に難しいことでした。
同じアナウンサーでも、普段スポーツなどの実況をしている人は
難なく喋るのだろうな・・・

そういう意味では私は力不足でした。
去年までと違う!と思われたリスナーさん、ごめんなさい!

でも、初めてなら初めてなりに、
そして当初の趣旨である「現場の楽しい雰囲気を伝える」ことに
集中しようと思いました。

始まる前の10分間は、会場の様子を伝えました。
本当に今日は朝から肌寒くて・・・って言いながら
私は大阪の仕事を終えて一旦自宅で着替えてからだったので
会場への集合時間は15時。それでも本当に体が冷えました。
スタッフが用意してくれていたダウンコートがとても役に立ちました。

打ち上げのポイントとして、この多摩川の花火大会は「絆合唱団」の合唱があり、
その歌が終わるとともにスタートというタイミングがあります。
歌も放送で聴かせることを考えると、尺の計算も大事になります。
ストップウォッチを片手に、その時間までフリートークしながらつなぎ、
ここだ!というところで合唱の音源に切り替えました。

18時。夏の時より1時間早いスタートです。
大地讃頌の歌が終わり、いざ始まったら、もうそこは夢のような時間でした。
打ち上げ場所から最も近い場所、特等席です。
前を見るというよりは上を見るようなイメージです。
大きな音が体に響きます。

(私は映画館に行けないくらい大きな音が苦手なのですが
気づけばすぐに順応、楽しませていただきました。)

とはいえ、ゲストの方とのトークをしながらです。
進行表も確認しながらですので、じっくり見続ける余裕はありません。

番組前半はマスク・ド・Jさんと、アイドルのMayuAinaさん、智本莉加さん。
Jさんとまゆあいなさんは夏の区民まつりでご一緒しまして2回目。
智本さんは初めましてでした。
放送中もスマホをしっかり構える皆様(笑)。
絶対撮りたくなりますもの、これは。
花火の打ち上げスタートまで寒くて震えていたのに、
その迫力に全員で歓声を上げていました。
リクエスト曲もおかけしながらの30分でした。
出番が終わって名残惜しそうに手を振ってくれた姿にキュンとしました♪

後半はお笑い芸人のさくらだモンスターのマサキさんとしょっぴーさん。
初めてご一緒させていただいたのですが、
何と言いますか、息の合い方が初めてとは思えませんでした。
こういうことってあるのですね。
変な気遣いなしにテンポ良いトークと絶妙な笑い。
何度笑ったことか!(笑)←また思い出して笑っている
同じことをお二人も思ってくださったようで、
「河西さん!楽しい!」「やりやすい!」って言っていただけたのは
この仕事をしていて本当に幸せなことでした。

そんなこんなであっという間の60分でした。
最後のグランドフィナーレは、あまりの迫力に声を失いました。

番組宛にメッセージもお寄せいただきありがとうございました。

箱根駅伝予選会の話を書いてくださった方や
(駒澤大学1位で本選通過でしたね!)、

彼氏と去年は見に来たのに大雨だったせいか(?)別れて今年は女子会!という方、
(なんとも寂しい、でもネタとしては素晴らしい)

「河西さん、巨人の試合結果気になりませんか?」と気にしてくれた方、
(今日はクライマックスシリーズの初戦でしたからね。
え、ええ、まあ、本番中は気にしておらず。
終わってからは気にしていました。・・・勝ちましたねぇ。)

いろいろ皆様ありがとうございました。

花火が終わってからもしばらくは余韻に浸りつつ、機材の片づけタイムです。
「喋り手さんはいいんですよー!!!
ここまで頑張っていただいたのでゆっくりしてくださいね」と言っていただきました。
ついつい癖で率先してケーブル巻こうとしてしまいます(苦笑)。

撤収が終わっても交通規制のため機材車は出られません。
当然動くことはできません。

そこで、現場のスタッフの皆様との労いの乾杯!

真夏だとビールが美味しいのでしょうが、やはり風が吹いて寒いので
缶チューハイ1本。
くーっ!喉が潤う!というのではなく、胃に染みわたりました。
ああ、終わったんだなーって。

今回私にとっては初めての花火担当。
いや、実はカミングアウトしますが
10年もエフエム世田谷でお仕事させていただいているのに
たまがわ花火大会、見ることそのものがは初めてでした(爆)。
タイミングを逸して行かずじまいだったのです。
そういう意味でも忘れられない花火になりました。

どうやったら「楽しい雰囲気」を出せるのだろう。
現場にいる意味をどこまで放送電波に乗せられるのだろう。
大阪の往復の新幹線の中でもずっと考えていて、
なんとなく胃が痛くなりました(笑)。
いつもと違う新たな現場に向かう緊張感です。
この年齢になってくるとなかなかないから貴重です。

でも、だからこそ、最後の花火が輝いて、
余韻とともに垂れさがって来た時の気持ちは何とも言えないものがありました。
拙い喋りながら、自分の今できること、信じるべきことを出したつもりです。

そして、繰り返しになりますが、
ゲストさん、スタッフさんのおかげだなぁと心から思います。
現場の空気って本当に何より大事。
皆が楽しそうでよかった。心から感謝しています。
互いに感謝しあえる環境に感謝かな。
用賀スタジオのスタッフさんも皆さんお疲れ様でした!
もちろん、リスナーさんにも声を大にして「ありがとうございます」!

・・・で、21時半頃に家に帰ってきて、
パイプオルガンの曲を聞きながらくつろいでいます。
バッハのカンタータ。
「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」という、私の好きな曲です。

え?もう目覚めるというよりは寝たほうがいい?(笑)
そうですね、出張の疲れもあるだろうし、明日も仕事なので。

でも、心地良いのです、今、ホントに。

そんな10月13日。秋の花火の日でした。

# by mikikasai819 | 2018-10-13 22:48 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

2019年は来年です

ホームページのお問い合わせフォームから
披露宴司会のご依頼が来ました。



「2019年11月」とありました。



今年は2018年ですから・・・1年以上先です。



「ホームページを拝見させていただき、
埋まっているかもしれないと思っていたので
まだまだ先にはなりますが・・・」とのことでした。

スケジュールを確認してOKだったのでその旨をメールすると
「日程空いているとのことで非常に嬉しく思います!」と返ってきました。

いやいや、こちらこそ、ありがとうございます。


体が一つしかないので、先にいただいた案件を優先します。
早ければ早いに越したことはありません。


実はここ数日、泣く泣くお断りしたイベント司会案件が続きました。
11月3週目、12月1週目2週目、そして来年5月末です。
いずれも既に入ってしまっていたからです。

そんなに多忙を極めているわけではなく、他の週なら空いていたりするのです。
「あー、どうして同じ日に!」と、上手くいかないものです。

そんなわけで、上記のご依頼、
「1年以上先でも!」と思って動いてくださったことに
心からありがたいと思うわけです。
(披露宴会場に関しては早めに予約するのも多いですからね)


それで、今気になっているのは、今回お問い合わせくださった方が
どうしてそんなに私を切望してくださっているのかということです。


ホームページからのお問い合わせで、直接お会いしたことはありません。
・・・多分。
ラジオのリスナーさんなのか、どこかで関わりがあったか、
私の知り合いの知り合いか、はたまたホームページで何かを感じてくださったのか。
それはお会いした時にお聞きしたいと思います。
(直接お顔合わせして本当に気に入ってくださったら
そこで初めて正式なご契約ということにしていただいていますし。)

2019年11月。
ものすごく先のようで、あっという間なのだろうか。
その前に2018年11月もやってきます。
1日1日を大切に過ごしていきたいです。

# by mikikasai819 | 2018-10-08 20:03 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
本日夕方のこと。
夜からセミナー司会のお仕事があったので、
お弁当でも買って控え室でいただくことにしようと思っていました。

入った某カフェで、コーヒーと一緒に、容器の中に入ったデリを注文。
サラダパスタのようなものだったのですが
店員さんが「温めますか?」と聞いてくれました。

私:「あ、これって皆さん温めて召し上がるものなんですか」

店員:「はい、そうです」

私:「ではお願いします。ただ、今食べるのではなく
テイクアウトにしたいので帰り際にお声かけさせてください」

店員:「かしこまりました」




そうしてひとしきり店内でコーヒーだけ頂きました。

このあとの司会台本などのチェックをしながら
正味30分くらいかな。

そろそろ出発せねばと思い、レジに行って
先ほどの店員さんに「デリ、温めてもらえますか」とお願いしました。

すぐに対応いただけて・・・

30秒ほどで、できあがり・・・





のはずでした。




何やら様子がおかしい・・・


その店員さんは、レンジの扉を開けて、数秒して再び閉じました。

あれ、熱くて持てないのかな?と心配になりましたが、
そうではありませんでした。


店員さんは自分一人では判断できなかったようで、
スタッフルームから先輩スタッフを呼んできました。


そのスタッフも困惑したのか、さらに上のスタッフを呼びました。



えーっと、どうした?




「お客様、誠に申し訳ありません」



はい。



「お客様がお買い上げくださったデリなんですが、
スタッフが間違った温め方をしてしまいまして


え???


あ!!!



レンジの上に、私からも確認できました。
形を成さない、ペチャンコに潰れたプラスチックの容器が。




「代わりのものをご用意したいのですが、
お客様がお買い上げくださったものが
実は最後のひとつでございまして・・・



ははぁ、なるほど・・・



「返金させていただくという形でよろしいでしょうか。
申し訳ありません」



とても丁寧なご対応をいただいたので腹が立つこともありませんでした。
誰だってミスはありますものね。
(むしろレンジが心配。心なしか変な臭いがした?!)

しかし、そういうわけで、私は手ぶらでお店をでたというわけです。
他のものを買う時間は既になく、何も食べられず、食事をしたのは22時でした。

まあ、これが今日のブログのネタになったということで♪
それにしてもあの容器、今思い出しても凄まじく変形していたな・・・。

# by mikikasai819 | 2018-10-04 23:20 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

今日は〇〇な1日だった

イタリア語の勉強をしていて、参考書の中に
「今日は〇〇な1日だった」という表現の項目がありました。

さあ、これを読んでくださっているあなたは、
今日はどんな1日でしたか?

例文にはこんな感じで書いてありまして。

Oggi è stata una giornata bellissima.(最高の日だった)
Oggi è stata una giornata pessima.(最低の日だった)
Oggi è stata una giornata normale.(普通の日だった)

・・・うーん、最高なこともあったし最低なこともあったし、
総じていえば普通なのかもしれないし、
でも、普通って何をもって普通なのか・・・。

結局、どんな日だったのかまとめられないな(笑)。

でも、こういう記事を書こうと思うんだから、
いい日だったな、うん。

もう少し掘り下げてみようか。

まちあるきをした。
久しぶりに会う人と楽しい話ができた。
新しいお仕事が来た。
美味しいお酒が飲めた。
美味しいコーヒーも飲めた。
何より、このくらいのボリュームの文章だけど、
昨日に続いてブログを更新できた。

うん、よかったよかった。

Oggi è stata una giornata piacevole.(心地よい日だった)

以上、有働さんのNews Zeroを観ながら、自宅にて。

# by mikikasai819 | 2018-10-02 23:29 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
昨日の台風は凄まじかったですね。
あんな強い風、初めてでした。
実際に体感したのは窓の外で吹き荒れる風の「音」ですが。

音といえば、深夜に我がマンションの火災報知機が突然鳴りました。
不気味な非常サイレンに、今、何をしたらいいのか、
若干パニックになりそうでした。
しばらくして誤報だと分かったのでよかったですが、
他のマンションでも同じようなことがあったようで、
台風の時に火災報知機が誤作動を起こすのは珍しいことではないそうです。
それでもこんなのは初めてでしたので、備えを見直そうと改めて思いました。

さて、10月1日。
「1日=ついたち」ですのでブログを書く気が湧いています(笑)。
9月1日・・・1か月前の自らの記事には目標を書きました。

イタリア語を勉強して楽しい旅をする。
暑気払いをしすぎた体を引き締める。
このきなんのきまちあるきの記事を早くUpする。

まずイタリア語の勉強はリスタートできて実際に旅に行ってきました。
3年ぶり8度目のイタリアです。

今回は往路がロンドン(イギリス)経由で

ミラノ(3年ぶり)
フィレンツェ(13年ぶり)
ピサ(初)
シチリア(初)
ローマ(13年ぶり)
ベネチア(5年ぶり)

復路はフランクフルト(ドイツ)経由。

・・・ということで、なかなかの大移動でした。

街ごとの表情がここまで違うのかを学んだと同時に
イタリア自体はだいぶ進化したなというのが印象的です。
何より、主要駅にちゃんと改札ができていたのが素晴らしい!
おかげで電車を待つホームでジプシーに絡まれることがなくなりました。
自分がイタリアに慣れたということもありますが、
それでも、治安は以前よりは格段に良くなったと思います。

まあ、それにしても、食べ物がおいしいんですよ、イタリアは。
もう言わずもがな。

よって、9月1日に立てた2つめの目標である「体を引き締める」は
むしろ逆のベクトルへと進んでしまいました(苦笑)。
ここからの91日で必ず実現させます。

もうひとつ、まちあるきの記事は、少しずつ追いついていますがそれでもまだまだです。
実は最近、まちあるきに一緒に行きたい!と言ってくれる友人・知人が出てきたり
「昔のまちあるきの記事を楽しみに読んでいる」という方もいて、
やっぱり記録を残しておくことは大事だなぁと思う次第です。

これを早くUpして、イタリア旅行記にもとりかからねば。
早く伝えたいことがたくさんあるのです!

というわけで、今年はあと91日。
1年のうちの3か月、色々なことをあきらめずにチャレンジします。

※今日10月1日は、某企業様の司会者研修をしました。
私の役割は司会ではなく、司会する人のための研修です。
ただ用意された台本を読むのではなく、
むしろ、会の雰囲気を醸成することが大きな役割である司会。
四半期に一度、今回で4度目のご依頼でした。
毎回私自身が、自分の主な仕事内容である司会について、
奥深いなと思う日でもあります。ありがとうございます。

※日々の出来事はTwitterへ。9月もちょくちょく呟いていましたよ!

# by mikikasai819 | 2018-10-01 21:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)