休むこと。体の声を聴くこと。

いやー、早いですね。もう笑うしかないです。
1月も10日ですって!

1日に幸先よくブログを更新して・・・
まあ、2日と3日は箱根駅伝に夢中で何も手につかなかったのは毎年のことですが・・・
今年のレースが面白すぎたせいか、なんだか翌日から力が入らず。

余韻に浸りながら6日(金)の2023ラジオ初めを迎え、
3連休は主人の実家に帰省して、その際にかねてから行きたかった関ケ原を訪れることができて
これまたとても充実した休みになったので、本日1月10日(火)もなんだか力が入らない・・・

私はこれまで、休みの日という概念があまりなく、
仕事がない日でも仕事のことを考えたり、メールを常にチェックしていたり、
脳が完全休暇になったことがありませんでした。

でも今年になって既に2回(1月1日から3日と7日から9日)も
完全休みモードになっていました。

ポイントは「完全」。これって素晴らしいこと・大事なことなんだ。

社会人になって間もなく四半世紀ですが、本当に今さらそう感じました。

でも、同時に今まで感じたことがなかった「休み明けの憂鬱」というのが押し寄せています。

みんなが「月曜日はつらいー」って言っているのを今まであまり分かっていませんでした。
休みのモードから仕事のモードに変換するのってこんなに大変だったのか・・・

なお今日はスポーツジムに筋トレに行きました。
いつも「ご自身の体調に合わせて運動してくださいね」と館内アナウンスが流れています。

これまで聞き流していましたが、久しぶりの運動だからか、先ほどから言っている完全休暇の後だからか
今日はなんだか体に力が入らない・・・(注:体調が悪いわけではない)

そうか、これが自身の調子ってことなのか。
毎日毎日全力では無理だ。
今日はエンジン全開ではなく、トレーニングしに来ただけでも自分を褒めよう。

自然とそんな風に思えました。

・・・もう10日過ぎたけどまだ10日過ぎただけ。
無理せず進んでいこうと思います。

# by mikikasai819 | 2023-01-10 19:08 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

2023年1月1日

新しい年の始まりです。

昨夜は紅白を最後まで見て過ごしました。
加山雄三さんの熱唱が個人的には最も心に残りました。

そこからのゆく年くる年、ジルベスタ、生さだ、
そして午前1時から台北101の花火中継を観ました。
日本と台湾の1時間の時差。
あいにくの天気でしたが迫力は伝わってきました。

就寝は1時半頃。
今朝、初日の出を拝んで早速PCに向かっています。
「『今年』もありがとうございました」という文言がブログのトップに来ているのが
なんだか更新できていなくて気持ち悪い感じがして、
年が明けたらやっぱり新しいフレーズを上に置いておきたいなと。
(たったの数時間なのですけどね)

まずはご挨拶のみ。

これから初詣に行くなどお正月らしい過ごし方をしたいと思います。

なお、今年の目標は

「やっぱりこれがいい!」と思えることをする。
「やっぱりここがいい!」と思える場所にいる。

2023年もよろしくお願いします!

# by mikikasai819 | 2023-01-01 08:23 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

2022年最終日

2022年もあと数時間で終わります。
やっぱり今年も1年の振り返りは紅白を観ながらになりました。
余裕を持って書きたいのに、何も成長がない・・・
でもこの記事の前にも祖母との思い出をまとめたので
まあまあ頑張ったと思うことにします!

もうビールもスパークリングワインも飲んじゃって、
かなり今年は酔った状態でPCに向かっております。
今、TVからはきつねダンスが流れています。

今年のトピックとして大きかったことは

①ホームページをリニューアル!
2011年に立ち上げてから11年ぶりのリニューアル。
みやびアートデザインさんに大変お世話になりました。
写真も11年ぶりに撮り直しました。
最初は笑いが引きつっていてカメラマンさんにたくさんダメ出しされましたが
おかげでとてもいい写真ができました。
子どもの頃の写真も入れるなど、より身近に感じてもらえるように工夫しました。
ホームページというのはやはり大きな営業ツールなので
これからもたくさんの人と出会えるといいなと思います。

②河西美紀ReSETの存在
4月にミュージックバードで全国ネットで始まった番組。
冠番組という恐れ多いスタートでした。
9月までの半年間で終わってしまったのですが
ここで学んだこと、感じたことは実に大きく、
自分が何をしたいのか、どうありたいのか、
大袈裟ではなくたくさんの気づきがありました。

③とうきょう総文アナウンス審査員
高校生の文化部のインターハイ「総合文化祭」。
毎年違う都道府県で開催。
今年は第46回にして東京の開催でした。
ここで放送部門のアナウンス審査員を務めたのです。
このブログでもその都度書いてきましたが、
自分が高校時代に出場した大会に審査員として関われるって
こんなに幸せなことってあるのでしょうか。今も喜びを噛み締めています。

④ほんとわラジオ始動!
1月から毎週木曜日11時世田谷文学館の番組がスタート。
対談形式なので毎月ゲストの方のことを予習します。
自分が今まで知らなかった世界をたくさん知ることができました。
今では世田谷文学館が大好きです!
来年も続くことになりました。

⑤Bee Up!Setagayaディレクター変更!
これはリスナーさんには分からないことかもしれませんが、
4月から新たなメンバーが加わりました。
パーソナリティーの私は毎週、
ディレクターは2人態勢で隔週。
いつも本当に楽しくお届けしています。
生放送ってやっぱり最高です。
今年は様々な取材にも出ていき、より中身が濃くなりました。

⑥エフエム群馬に電話で出演!
2002年(それこそ12月31日)付けで退社したエフエム群馬。
20年経った今年、同期の岡部哲彦アナウンサーからの依頼で
エフエム群馬社屋の移転に伴う特別番組に電話で出演しました。
なんだか不思議な感覚でした。
20年前のあの頃、パワハラで心身を病んでしまった26歳の私、
絶望の中にいて、仕事を一旦離れてしまったこともあったけれど、
こうして今もアナウンサーという仕事をフリーで続けていられるのは
あの頃の自分に伝えてあげたいな。
私は群馬が大好き。第2のふるさと。また関われたら嬉しいです。

⑦祖母との別れ
10月26日に祖母が100歳で他界しました。
一つ前の記事にたくさん書いたのでもうここでは控えますが、
確実に今年の大きなトピックです。
祖母が晩年好きだった「のりたまのふりかけ」を食べながら想いを馳せます。

⑧出張復活
コロナ禍で仕事は激減、本当に凹みましたが
今年は少しずつ司会の依頼が増えてきました。
新幹線や飛行機を使ってお仕事に行ったのも嬉しかったです。
長崎・大阪・北海道・・・ありがとうございます。

⑨群馬・川場村の取材
今年の4月からラジオで川場村の情報を伝えています。
現地取材をしてきてほしいということで、6月に行ってきました。
勿論群馬ですからね、身近に感じる川場村。
暗闇で見たホタルの光に感動を覚えました。

⑩旅あれこれ
コロナ禍は続いており海外には行けませんでしたが
国内はあれこれ出かけました。
広島、那覇、札幌、福岡、長崎・・・
札幌は札幌ドーム、福岡はPayPayドームでそれぞれ野球観戦。
また、10月にJR東日本パスを使って仙台、青森、新潟、長野と行きました。
仙台では牡蠣を食べ、長野では戸隠で蕎麦を食べました。

それから旅という概念ではなく大きかったのは主人の実家への帰省です。
コロナ禍以降、東京から来ないでほしいとずっと言われていたけれど
今年9月に3年ぶりに行くことができました。
久しぶりに直接会えて本当に良かったです。

というわけで、これ以外にもプロ野球観戦では
オリックスが日本一を決めた試合を観て大興奮し、
サッカーW杯はドイツとスペインを撃破した試合にテレビの前で叫び、
やっぱりスポーツはいいですね。
自分が体を動かすジャンルではスポーツジムに今年も行って
筋トレと格闘技プログラムでいい汗を流しました。

音楽では永井真理子さんの横浜スタジアムライブから30周年!
同じ演目でのライブに参加できたこと、感慨深かったです。

2022年、前半と後半で違う年かというくらい
波が大きかったなぁと思います。
ホントにこの年齢からたくさん勉強になりました。

来年はブログの引っ越しを含めて(前向きに!)、
もっともっと発信の仕方を模索していきたいなと思います。

健康にも留意しながら。
私自身の健康も、家族の健康も。

2023年もよろしくお願いします。

# by mikikasai819 | 2022-12-31 20:30 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

祖母との別れを記す【下】

大晦日に1年を振り返りたい気持ちはたくさんありますが、
10月26日に亡くなった祖母との別れを記しています。
もちろん、今年の大きな出来事ではあるのですが、
ギリギリにならないと書けない自分を呪います。苦笑

・下の3つに分けて書いています。
よろしければ先に2つ前のものからお読みください。

火葬の際の感情なので、リアルな描写は不快・NGという方はスルーしてください。


★★★

火葬場が混んでいるからという理由で葬儀の日程が決まる・・・
東京都内ではそれが日常のようです。
実際に近いところは空いていないから、少し遠い火葬場まで向かうことになりました。

13年前の祖父の時は、ほぼ初めての体験で、もう自分自身どうにかなりそうだったのですが、
今回はやけに落ち着いていました。

いざ到着して驚いたことは、あまりにも多くの方がいらっしゃったことです。
今日ここで何人の方が荼毘に付されるのだろう。
複数並んでいる火葬炉には次から次へと多くの遺族が訪れていました。

棺の蓋はもう開けないと言われていたのに、ここで少し時間がありました。
おばあちゃん、ありがとう。
私の披露宴の時に来ていた着物を身にまとい、きれいなお化粧をした祖母にお別れを告げました。

待っている間は子供たちはお菓子を食べ、大人たちは談笑。
祖母がここにいたらきっと楽しんでいるだろうな。

しばらくして呼ばれた収骨の際、ハプニングが発生。

「字が違う!」

祖母は「かずえ」という名前なのですが、その「え」の漢字が違うと母が気づいたのです。

骨壺には「」ではなく「」と書いてありました。
スタッフの方が血相を変えて「すぐ確認します」と。

結果は・・・戸籍に「」と書いてあります!とのこと。

えええ?
祖母が亡くなってから初めて知った事実。
本人も知らなかったかもしれない・・・

とにかく間違っていなかったので予定通り収骨。

ここのスタッフもプロでした。
喉仏の説明などもとても分かりやすかったし、
「下顎は誰が見ても分かるくらい綺麗ですね」って言われたのが
孫としてはなんだか嬉しかったです。
ついさっきまで目にしていた祖母の顔が浮かびました。

そして「惠」の文字もさることながら
その横に「百歳」って書いてあるのが感慨深かったです。

百、です。

九十九じゃなくて百。

漢数字3文字ではなく1文字。

おばあちゃん、本当に100年間生きたんだね。
最後の数年は思い通りの日々ではなかったけれど、
それも含めておばあちゃんの人生だったね。

最後は身内で会食。
アクリル板があったので、話そうと思っても
「え?」「何?」「聴こえない」となって会話が難しく、
それ以前に高齢者も多いからと思って会話を控えてしまい
せっかく集まれているのに残念でした。
でも、こういう状況で一同に会せたことがそもそも幸せなのであって
この日をきっと忘れないと思いました。

12月13日、ちょうど四十九日当日。
この際の法事はさらに人数少なく、
父・母・私・弟・妹・伯父1・伯父2の7人のみで執り行いました。

お墓に入った祖母は、ちゃんと旅ができたかな。

★★★

実は、祖母が生前遺してくれた私への手紙がありました。
葬儀のあとに母から渡されました。

「元気なうちに一筆ありがとうと言いたくてペンをとりました。
いつも優しくしてくれて嬉しいです。
手の手術をした時、左手で昼食の時美紀が来てくれて食べさせてくれました。
嬉しかったです。
私も90を超えた高齢者です。
いつも先のないことが解っていますから、残された日々を大切に生きるつもりです。
中略
振り返って私の一生は幸せでした。
ありがとう ありがとう
あの世とやらで幸せを見守っていますよ」

90歳を超えた時の文章のようなのでその後の10年はどう思っていたか分かりませんが、
少なくともこの手紙を書いているときは幸せな一生と思っていたと分かり私も嬉しいです。

うん、おばあちゃん、見守っていてください。

あなたに似て多趣味で、文章を書くのも好きな孫より。



※このあと2022年を振り返ります!

# by mikikasai819 | 2022-12-31 17:10 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

祖母との別れを記す【中】

10月26日に100歳で亡くなった祖母のことを記しています。
四十九日が終わったタイミングでUp予定が、
なかなか進まず、年の瀬になってしまいました。
文章能力に長けていた祖母に怒られそうです。
一つ前の文章はこちらからお読みください。

あくまで自分の中の記録です。
葬儀の詳細も書いているので、ちょっと・・・という方はスルーしてください。

★★★

10月26日午後1時45分、母からLINEが入りました。

「今、亡くなったって連絡がありました」

私はその時、なかのZEROホールの舞台袖でした。
午後2時から始まるイベントの司会のために控えていました。

来るときが来た。祖母はこの世を去った。

一瞬時が止まったような感覚になりましたが、すぐに現実が戻りました。

今は仕事中。

母には「お母さん、気をしっかりね。私も本番頑張る」と急いで返信をして、
アナウンス業務に入りました。

やはり不思議と「おばあちゃーん、ううっ」という号泣みたいな感覚はなく、
それが「私は冷血なのか?」という自問自答になり、
悲しくないわけはなく、でも、やはり、それだけの時間を離れて生活していて、
この3年間一緒に会話も叶わなくて、会っても無表情で、コロナ禍でそもそも会えなくなって、
でも、本当に今度こそお別れ。

通夜と告別式をそれぞれ行うのではなく「一日葬」という形をとることになりました。
これも、もうそろそろそういう日が来ると分かっていたからこそ、
両親も準備を進めることができていました。
家族葬は初めての体験です。

父、母、私、夫、弟、義妹、姪1、甥1、姪2、甥2、妹、義弟、姪3、伯父1、伯母1、伯父2、伯母2、従伯母。

参列は総勢18人。

祖母の遺影は私のスマホの中に納まっていた写真になりました。
まだ祖母が家にいて、会話もできていたころ、
自分が作った俳句を短冊にしたためてもらった記念写真。
穏やかな笑顔で、これが一番いいと推して、最終的に両親に決めてもらいました。

今回のお坊さんは、抜群に良かったです。
お経をあげる際にちゃんと説明をしてくれました。
そして何より嬉しかったのは、祖母に語り掛けてくれていたことです。

「嘉寿惠さん、100年の修行、お疲れ様でした」って。

そうか、修行か、そうだよね、娑婆(しゃば)の辛さを100年も。

お焼香の時間は18人しかいないとあっという間です。
小学生の甥や姪は初めてのことで、見様見真似でちゃんとできていたのがグッときました。

そして、今回最も心に残ったことは、初七日の法要です。
初七日を告別式の中で一緒にする、いわゆる繰り上げ法要というのはこれまでにもあり、
正直おまけみたいな気持ちで思ってしまっていましたが、
この日、印象が大きく変わりました。

仏教では、故人が極楽浄土に行けるかどうかの審判をされる期間が49日間となっていて
最初の審判が行われる日が初七日なのですね。
7×7=49という計算です。
お坊さんは「これから嘉寿惠さんは旅路の中で7回の面談を行うわけです」と。

そうか、ここから旅が始まるのか。
この説明が、自分の心を穏やかにしました。

おばあちゃん!やったね!
実は祖母は旅が大好き。
ちゃーんとあの世に行けるように。
良い旅をしてもらえるように。

そんな気持ちで初七日法要で焼香しました。

だから、この日2回焼香したのですが、2回目のほうは、私は笑みを浮かべていました。
「おばあちゃん、気を付けていってらっしゃい」と心の中で伝えました。

普段は無宗教の私ですが、せっかくこういう場にいるのであるから
ちゃんと意味を分かって取り組むことは大事だなと思いました。
説明してくださったお坊さんに感謝します。

そうして、棺の蓋を閉めるとき、お花をどんどん入れることになります。
葬儀社の方は「最後のお別れを」と5分程時間をとってくれました。
やはり身内だけの式だからできる事なのかなと思いました。

実は事前に「おばあちゃんから預かっていたものがある」と母に言われ
渡されていたものがありました。
私が就職で東京の実家から群馬に一人暮らしをする際に、
祖母に宛てた手紙と、祖父が亡くなったときに励ましの気持ちで書いた手紙でした。
それを大事に保存してくれていたようでした。
「棺に一緒に入れてもいいんだよ」と母には言われましたが、
私は到底入れる気にならず、自分が書いた文章ではありますが、暫くは保管することにしました。
代わりに想いを綴ったものを用意したのですが、こともあろうか家に忘れたため手ぶら・・・。
まあ、それも私らしいと、祖母は笑ってくれるでしょう。

こうして、儀式は終わり、火葬場に向かうことになりました。

To Be Continued・・・

# by mikikasai819 | 2022-12-31 17:06 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

> ゆきさん 岐阜..
by mikikasai819 at 22:11
> この木、何の木?何だ..
by mikikasai819 at 22:10
関ヶ原! 愛知に住んでい..
by ゆき at 12:10
かさいさん、「ご自身の体..
by この木、何の木?何だろね。 at 01:06
> かずにょぃさん ..
by mikikasai819 at 16:10
> この木、何の木?何だ..
by mikikasai819 at 16:09
河西さん、新年明けました..
by かずにょぃ at 19:47
かさいさん あけましてお..
by この木、何の木?何だろね。 at 02:03
> 礼佳さん 私も..
by mikikasai819 at 23:15
今年は久しぶりにお会いで..
by 礼佳 at 22:35

LINK

以前の記事

2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月