ロッテ優勝

こんなにドキドキする試合は近年見たことがありません。
それだけ最後の最後までドキドキハラハラした試合でした。
どっちが勝ってもおかしくなかったのです。
しかし、その大切な試合を制したのは千葉ロッテマリーンズでした。
ずっとリードされていたロッテが見事な逆転劇!
こんなに鳥肌が立ったのはひさしぶりで、
あまりにゾクゾクしすぎて、寒くて上着なしでは最後まで観戦できないくらいでした。
それくらいものすごい逆転劇でした・・・。

こんなに劇的な試合の結果をナレーションできる幸せを感じて
また一段とゾクゾクしました。

そして、スタッフと朝まで飲んで歌って大騒ぎ。
明日からもうこのスタッフと一緒に夜集まることもないのだと思うと
解散するのが悲しくて悲しくて、
お酒もいい具合に身体を駆け巡ってくれて(苦笑)、
なんとか今、自宅に帰還しました。
(まさに今書き込んでる時刻です)

お疲れ様でした!とスタッフから花束をもらいましたが、
私がひとりひとりに「お疲れ様でした、ありがとう」と心をこめて言いたい、
そんな気分でした。
みんなとの集合写真は一生の宝物になることでしょう。

2005年、忘れられない1年になることまちがいありません。

それではこれから不良主婦は寝ます・・・。
よく家まで帰ってこられたな・・・。意識を途中で失いかけていましたから・・・。
こんな日もありですよね?

おやすみなさい・・・。

※純粋にロッテと阪神の戦いが楽しみになってきました。
どちらを応援しようかな・・・。

※ソフトバンク、2年連続で日本シリーズ目前で敗退・・・。
来季に心から期待します。

※一睡もしていないため、文章が支離滅裂だと思いますが、
どうかご容赦ください・・・。
# by mikikasai819 | 2005-10-18 06:50 | はたらき(お仕事) | Comments(3)

アナウンス原稿を読むとき、意味を考えながら伝えるということは
とても重要だと以前にも書いたかもしれませんが、
歌もそうだなぁとつくづく思います。
テレビやラジオから流れてくる歌の歌詞で、有名なものではないのに
心の琴線に触れて感激してしまったり・・・ということがありませんか?
あとは、カラオケに行って、
誰かが選曲した知らない歌の詩が画面上に出てくるとやけに説得力あって
ひとりで反省したりツッコミいれたくなったり泣けてきたり・・・とか。

最近、暇なとき、「うたまっぷ」という歌詞検索できるページを覗いています。
新しい曲も取り揃えられていますが、
なんといっても懐かしい曲やマイナーな曲がいっぱい。
久しぶりに思い出した曲もあれば、
「ああ、あの歌詞はこういうこと言ってたんだー」と納得した曲もあって、
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

そんな中で、私が小・中学時代に流行っていてよく歌われていたのは工藤静香。
まさに全盛期でした。キムタクの奥さんになるなんて想像もできなかった頃ですね。

工藤静香といえば、まず、
小学6年生のときの林間学校のバスガイドさんが
♪FU-JI-TSU♪を歌っていました。
ふ・じ・つ?
当時、全く意味がわかりませんでした。
バスで隣の席だった、ちょっと大人びたTくんが、熱唱しているガイドさんを見て
「あのガイドさんもいろいろ大変なんだな」と鼻で笑っていて
さらに?マークが頭を巡ったことを思い出します(笑)。

次に、中学2年生のときの同じく林間学校。
バスガイド・・・でなく、このときは私が、同級生のKさんと一緒に
♪くちびるから媚薬♪をノリノリで歌いました。
Kさんが一番、私が二番を歌ったのですが、
媚薬だなんて14歳で艶やかに歌っている自分が、今では笑えます。
いいのいいのいいのとかいいよいいよいいよとか・・・あー、すごいですねー。
もうこの思い出自体いいよーって感じでしょうか。
そう言いつつ、やけにこの林間学校が楽しかったんだよなー。

中学3年生のとき、初めてカラオケBOXに友人と行きました。
こうなると、みんなの持ち歌がわかってきます。
私はここでもなぜか工藤静香。確か、曲は♪メタモルフォーゼ♪。
どんな歌だったかなーと思い出したくて、
うたまっぷを見て閉口・・・。(歌詞はこちら。)
私、何を考えてこれ選んで歌ってたの?(苦笑)
・・・まぁ、結局は何も考えてなかったんですけどね。
ヒットしていたから歌っていたわけで、友達も普通に歌っていたわけで。
でも、すごいな、こりゃ(笑)。15歳には過激だわー。
(いや、大人にも過激だわー。すごいよ、松井さん。←作詞者)

大学入学後初めてのクラスコンパ。歌ったのは2曲。
これは今でも強烈に覚えています。
なぜなら、まずは♪慟哭♪。
ドラマの主題歌だったことだし、無難に。
しかし、次に回ってきたときに何も考えずにセレクトしてしまったのが
久宝瑠璃子の♪男♪。
すごい歌詞ですよね。覚えていますか?(歌詞はこちら
男の子たちが完全に引いていました。「こいつ、怖い奴だ・・・」と。

たぶん、このときを境に、歌詞の大切さを考えるようになりましたね(苦笑)。
なんとも思わない人の前で顔から火が出そうな熱いラブソングを熱唱しないとか、
接待?のときは下品な歌詞が入っていないものを選ぶとか、
失恋した人がグループにいたら、傷口に塩を塗るような曲は選ばないとか。
考えすぎ?

・・・とまあ、何が言いたかったかというと、

普通に聞いたり歌ったりしていた曲も、案外過激な歌だったかもしれませんよー!

歌詞に含まれている様々な思い入れを考えながら曲を聴くと、
新たな発見があるかもしれませんよー!ということ。

 
 完




(そういえばKANもいい詩を書いていたなー・・・って寒いですね、このつながり。
だって、思い出しちゃったんですもの・・・すみません・・・)
# by mikikasai819 | 2005-10-17 12:11 | でんき(昔の出来事) | Comments(2)

2日連続携帯からの書き込みです。
そして2日連続で野球の話です。
大詰めなのでご勘弁を・・。

その前に、今日は午前中、ニューステップの靴のナレーション収録がありました。
前回とまた違った靴の販促ビデオで、ポイントは『防滑』。
冬に向けて滑りにくい工夫がされています。
来週から店頭で流れるようです。

その収録後、秋葉原のヨドバシカメラに行き(人がいっぱいいました!)、
一息入れてからスポーツアイへ行ったのでした。

さて、昨日の奇跡的勝利から一夜明け、やはりまだ勢いはソフトバンクにありました。
結果、ソフトバンクの逆王手!
いやー、正直第5戦まで行くとは思っていませんでした。
でもこれで、泣いても笑っても明日でおしまい。
日本シリーズのナレーションは担当しないため、
私にとって半年の集大成です。
どちらのチームにしても、胴上げの瞬間を清々しい気持ちで見つめたいと思います。
そんなわけで、今夜は前夜祭としてさっきちょっとだけ焼酎飲んじゃったんですよね(笑)。
帰宅中の電車から河西美紀でした。
# by mikikasai819 | 2005-10-16 23:59 | はたらき(お仕事) | Comments(2)

プロ野球プレーオフ。
ロッテが優勝に王手をかけた試合。
今日も9回裏まで4対0でロッテがリード。
スタッフもみんな興奮気味。
いよいよか!・・と誰もが思ったのに、守護神小林雅英、まさかの4失点!
・・つまり同点とされ、試合は降り出しに。信じられん!
しかも結局10回裏ソフトバンクがサヨナラ!
・・いやー、こんなこともあるのね。
ビール買い込んでいたのに残念。
(ビールかけはやらないですが気分的にね)
しばらくスタッフみんなで試合を振り返りながら話し込んでいました。
でもこれで展開的には俄然楽しくなってきました。
レギュラーシーズン1位のソフトバンクも意地をみせないと!
いやー、それにしても、野球は最後まで本当にわからないです。
だから面白いんですけどね。

ところで先ほど実家に電話をしたら、母が出て、
『あなた、野球の仕事はまだ続いてるのよね。ロッテはどうなったの?』
と開口一番聞いてきたので驚きました。
そんなに野球に興味を示している人ではないから驚いたのですが、
さらに『テレビで放送しないなんてねぇ』とまで言っていました。
やるねぇ、我が母。
ただ、まったくそのとおりだと私も思います。

さあ、なにはともあれ、明日、明日!!
# by mikikasai819 | 2005-10-15 23:07 | はたらき(お仕事) | Comments(2)

13年分の想い

このブログのタイトルは「このき なんのき かさいみき」だし、
カテゴリーも「き」のオンパレードだし、
どうも気が多い性格のような感じがしますが
(まあ、どちらかというとそうかもしれませんが?!)
私が、一途に好きだと思い続けている人、
それは、俳優の「西島秀俊」さんです。(先日予告したお話です)

皆さん、分かりますか?
あすなろ白書の松岡くんを演じた人です。(うわっ、また古い!)
あとは、松田聖子と共演した「わたしってブスだったの」とか
常盤貴子のヌードで話題になった「悪魔のKiss」などに出ていました。
最近では話題になったのが北野武の映画「Dolls」で主演、
おととし、10年ぶりに民放ドラマ出演となった日曜劇場「笑顔の法則」、
その後、仔犬のワルツ・大奥・菊次郎とさきなどに出ています。
宮沢りえと車(ヴィッツ)のCMに出ていたり、
ドキュメンタリーのナレーションなどもしています。
顔を見たり、声を聞けば、きっとピンとくる人もいると思います!!!!!
(書き出しからこんなに一生懸命説明してる私・・・!苦笑)

そもそも最初に彼を知ったのは、はぐれ刑事純情派Ⅴ。
(シブイ!でしょう?)
吉田栄作や城島茂、最近ではケイン・コスギや賀集利樹もやっていた
新人刑事役です。これが本格的なデビュー作でした。

「なんてかっこいい人だろう。なんて声がいいんだろう。
そしてなんてナチュラルな人だろう。」

そう、雲の上の人というよりは、なんだか近くにいそうなところがポイントで、
チェックするようになっていきました。

とにかく私は、高校1年生のときに彼のファンになってから、
13年間、ずーっと応援しているのです。
「西島くんに出会ってしまったら、ごめん、その時は結婚の話はナシね!
最初から謝っておくよ」と以前から言っていたほど(笑)。
(もちろん冗談です、ご安心を!)
それに対して「はーい、いいよー。」と了承していた主人(苦笑)。
(たぶん冗談です、ご想像を!)
まあ、それだけ強い想いをもち続けているということです。

振り返ってみれば女子高時代は、
周りに男の子がいなかったせいもあったのか、相当ハマっていました。
たとえば・・・

●ドラマの次の日の私、
「おはよー!ねぇねぇ、昨日、見た?
(注:これだけで友達は何を見たのかがわかっていた。すばらしき友人!)
もう、最高!かっこよすぎるぅぅぅぅぅ \(><)/ 。
(注:このあと朝礼の時間まで笑顔満面でドラマの総括。
数学の公式などはまるで覚えられないのに、彼のシーンの台詞は暗記していた・・・)」

●西島くんは当時横浜国立大学の学生さんだったので、
「よし!私もがんばって後輩になる!めざせ横浜国大!」と
半分冗談、半分本気で教室で叫んでいた。
(ちなみに、あっという間に挫折。第一、彼は工学部生産工学科。
数学の公式などがまるで覚えられない人間には、逆立ちしても無理ですわ。)

●アナウンサーになると決めたときも
「西島くんにインタビューするためにがんばる!」と
はちゃめちゃな動機を教室で叫んでいた。(そう、いつも叫んでいた私・・・)

●当時の手帳には「ドラマ21時~」「雑誌発売日」など、
私本人の予定より西島くんの予定ばかりが書かれている現実。
当時の日記には「かっこよかったー」「ドラマ、終わらないでー!」など
私の毎日はほとんどが西島くん中心という現実。おーい、勉強しろよー!!(苦笑)

●友人から、西島くん出演の映画「居酒屋ゆうれい」の貴重な上映会に誘われたが、
なんと、その上映会は受験の前日。
「受験前日だとさすがに気分的に落ち着かないな・・・」と思う一方で、
「見ないで後悔するのはもっと落ち着かないな。
要は、映画を見て、受験にも受かればいいのだ!」と開き直り(笑)、
しっかり見に行った結果、恋の病がさらに悪くなった。
でも、後日なんとか合格できたから、やっぱりこれでよかったと思った(苦笑)。
西島くんのおかげに違いない!ありがとぉぉぉぉ!!!

・・・とまあ、思い出すだけでこんな高校生でした。
(おバカなところ丸出しですね・・・汗)

でも、高校卒業後は現実世界の男性を見ないとなぁと思ったり(苦笑)、
彼もだんだんブラウン管から姿を消してしまったり・・・など
しばらくは小康状態が続いていたのでした。

しかし!事あるごとにエンジンがつきまして、今に至ります。
舞台挨拶のために並んだり、雑誌を買いあさったり、
昔のビデオを引っ張り出して見てみたり。
(捨てられない私ですから、相当な量です。
ちなみにはぐれ刑事も再放送でとってあるのです)

あっ、今は、毎日多忙のため、ボルテージ100のうち60くらいに落ち着いています。
でも、映画はちゃんとチェックしていますよ。
やはり声とナチュラルな演技。これです。
私が最初に惚れた理由は今でも健在です。

・・・というわけで、本当に支離滅裂な文章を書きなぐってしまいましたが
最後にもう1つだけ(笑)。

私は、これまでに西島秀俊さんご本人を街で2回見かけています。
まったくの偶然です。おそらくプライベートだったと思います。
そのときの気持ちといったら、もう、本当に、心臓が止まりそうでした。
2回のうち1回は、友達と一緒にいたのですが、
私が即「あっ!」と口をパクパクさせて反応していたのに
「え?どの人?」と友達にはわかってもらえなかった(笑)。
まあ、そこが誰もが振り返る「超」有名人ではないところであり、
同時に、そこが私のいいなーと思うところなのでした。

え?話しかけたかって?

いいえ。

当然、その気になれば話しかけたり追いかけたりできましたが、
私にはできませんでした。

西島くんの立場だったら、同じことを私がされたら、きっと困ってしまうからです。
「いつも応援してるんですよー!」ってその場で興奮してしまったら周りの人も気づくし、
プライベートの時間に踏み込むことは彼にとって迷惑だろうし。
アナウンサーをしていなかったら、違う考えだったかもしれないのですが、
こういうときはやけに冷静な判断をしている自分がいましたね。





彼の姿が見えなくなってから、一言。


「あー!!!!もう!!!かっこよかったよー!!!
話したかったーーー!!!街ですれ違うなんて運命だー!!キャーー!!!」

結局、根はミーハーなのでした(苦笑)。
# by mikikasai819 | 2005-10-13 11:49 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(8)

海を渡るために・・・

今日は午前中、区役所に戸籍謄本を取りにいき、
それを持って、有楽町の交通会館に行って
新しいパスポートを申請してきました。

私が最初に海外に行ったのは、台湾。
大学のゼミ旅行で、台湾の新聞社・テレビ局を見学しました。
このとき、ゼミ仲間の中にパスポート申請が遅れて、
旅行自体も遅れてきた人がいたなー(苦笑)。
あとは、98年にアメリカのサンタバーバラ留学、
99年に再び台湾、2000年のシンガポール、2002年の韓国。
おやおや、・・・なんと旅好きの私も、海外にはこれしか行っていない!
国内はほぼ制覇しているというのに・・・。

今のパスポートの写真はそんなわけで1997年10月(8年前)のものです。
我ながら若い・・・というか幼いなー。

さあ、写真といえば、自動車免許のとき、
気合いを入れまくって空回りしたことが思い出されます(苦笑)。
詳しくは9月2日のブログ参照。

今回もさぞかし・・・と思われましたか?
うーん、実はあまり気にしていませんでした。
パスポートは運転免許証のように頻繁に提示することないから
まっ、いいやー!と最初から重きを置いておらず(笑)。
あまりに自分とかけ離れたいい写真だと、逆に出入国のとき面倒かな?と(笑)。

それでも自分で持っていけるわけですから、
少しでもいいものを。あやしくないものを。(そのとおり!)
スピード写真ひとつでもちょっと緊張しました。

その後、パスポートセンターに着いて、必要事項を記入すると。
できたてほやほやの写真を握り締めながら、
はさみを探しました。(写真を分割するため)
しかし、どこにもはさみがない!
なぜ?みんな必要でしょう?私だけじゃないでしょう?
でも、どこにもないのです。

うろうろ
     うろうろ。

プリクラを友達で分けるときにはさみを借りに行く子のよう。(え?若ぶってます?)
結局、カウンターで受付担当の方に聞いてみました。
すると、

「ああ、大丈夫。並んでいただければスタッフがはさみで切りますから。」

え?そんなに親切なの?
感激した次の瞬間、

「パスポート用ですから、間違ったサイズにしないよう、
私どもで、きれいに切ります

・・・そ、そうですね。確かに。説得力ありました。
どうぞよろしくお願いします。(深々とお辞儀)

さすが手際がよかったです。

パスポートは1週間後に出来上がります。
どんな感じに仕上がりますやら。
楽しみです。

※そういえば、仕事とパスポート申請の間に本を買いました。
交通会館の1階に書店があって、引き込まれてしまったのです(苦笑)。
買った本は、ジェンキンスさんの著書「告白」。
山積みになっていたので手にとって見て、中をパラパラとみて即決しました。
まだ最後まで読み終えていませんが、
知らなかった事実が膨大すぎて、衝撃を受けました。
ひとりの人生が大きく変わっていく様子・・・、
いや、ひとりではない、その家族・友人の人生・・・
好奇心だけでは読みきれない、凄まじい真実でした。
曽我ひとみさんが北朝鮮から戻ってきた年に、
私はラジオで拉致関連のニュースをたくさん読んでいましたが、
そのときから考えると、大きく展開しているところと全く進展がないところで
差がくっきり出てしまっている気がします。
拉致問題、今後、本当にどうなっていくのでしょう・・・。
# by mikikasai819 | 2005-10-11 23:41 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

3連休を振り返る

間隔が2日あくと、なんだかそわそわしてしまった河西美紀です。
我ながらいい傾向!かな?♪

世間一般は3連休。結果的には私も比較的ゆっくりできました。

8日(土) 新百合ヶ丘で「帰郷」という映画を見る。
       夜は、まったりゆっくり。なんだかんだで夜更かし。
9日(日) プレーオフの速報ナレーション。(ロッテ、第2ステージ進出!)
10日(月・祝) 飯田橋のトラベルカフェでイタリア旅行計画の詳細を練る。
          それが一段落してから、デパートで買い物をして、
          家で久々に料理の腕を奮う(!?)。

ざっくり記すとこんな3日間でした。

◎まず、帰郷という映画ですが、幸せの余韻に浸れるすばらしい作品でした。
http://www.bitters.co.jp/kikyou/
なぜ新百合ヶ丘まで見に行ったかというと、
もともと見たいと思っていたのに普通に上映されていた期間に忙しくて見にいけず、
このたび、しんゆり映画祭というイベントで再び上映されると知ったので、
ある意味、わざわざ出かけていった次第です。
どうしてそんなに見たいかというと、
私の大好きな俳優「西島秀俊」主演だからです!!!!!!!!!!!

・・・そういえばこのブログで西島くんの話をしていませんでしたね。
語るととてもとてもとーっても長いので、改めてまた書きます。

とにかく、作品自体が温かくて、見に行ってよかったなぁと思えるものでした。
映画終了後、萩生田監督のトークショーがあり、それもじっくり聞いたのですが、
その中で、「自分にも子供がいるが、父親だという実感がないというか、
接してるのに自然じゃない感じがして、その気持ちを映画で確認したかった」
というようなニュアンスの話をしていたのが印象的でした。
DVDが出たらぜひご覧になってください。これまでになかった映画だと思います。

◎プロ野球、プレーオフ。ロッテお見事でした。
ソフトバンクとの戦い、どんな展開になるのかかなり楽しみです。
そして、実はプレーオフと同時にちょっとだけチェックしていたのがF1。
佐藤琢磨選手は残念でしたが、
最終周のライコネンの逆転劇には思わず興奮してしまいました。

◎トラベルカフェはもっと旅行関係の資料がてんこ盛りだと思っていたのですが
実際はちょっと期待はずれ・・・。(期待しすぎたのかもしれません)
ただ、カフェ自体は雰囲気・居心地がとてもよく、3時間くらい居座ってしまいました。
そのおかげで自分が持っていったガイドブックは
とてもお役立ちで、今日1日でかなり旅行の概要が自分なりに組めてきました。
(ツアーではなく全てが個人旅行なので、誰にも頼れないのですが
それが楽しいのです♪)

皆さんの3連休はいかがでしたか?
東京は天気が悪かったため、運動会や地域のお祭りが延期になっちゃって
当初の予定が見事に狂ってしまったという方もいるでしょうが、
明日からまた、気合入れていきましょう!
私も明日からいよいよSNTVスタートです。
# by mikikasai819 | 2005-10-10 22:34 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

巨人の来季。
原監督に吉村二軍監督。
コーチには、斉藤・篠塚・村田、二軍も香田・岡崎・福王・緒方!
最高!!最高すぎます。夢のようなコーチ陣!!(感涙)
今年の落胆分も期待が大きくなってしまいます。
あー、明日にでも開幕して欲しい!
なーんて、そんなこと言ってはいけません。

今日もしっかり中日対横浜の速報ナレーションしてきました。
中日は優勝を逃してしまって気の抜けた状態(仕方ないですけどね)、
一方の横浜は最後の最後までAクラス入りがかかった状態。
試合結果に如実に現れました。

さて明日からパリーグプレーオフ第1ステージが始まります。
2位のロッテ対3位の西武。
ロッテは31年ぶりのリーグ制覇がかかっていますから、気合は充分でしょう。
西武は去年の日本一チームとはいえ、
勝率が5割に達していないままのシーズンでしたから、
個人的には絶対ロッテに意地を見せてもらって、
勝ち上がって欲しいと思います。
ただ、そんな中で、デイリースポーツに気になる記事が。

「今回は三塁側席もロッテファンで埋まるだろう。
どのくらい盛り上がるか、楽しみにしてるよ」。
西武・伊東監督は不敵な笑みを浮かべた。
普通なら敵地で、しかも熱烈な応援を繰り広げる
ロッテファンの中での試合はやりにくいはず。
しかし伊東監督の期待は、大一番独特の雰囲気で
ロッテナインが本来の力を出せないところにある。
ロッテの戦力を「投手はそろっているし、これといった穴がない」と分析した上で、
「向こうは大きな試合を経験していない選手が多い」と“場数の差”に活路を求めた。
ファンがいつも以上に熱狂すれば、緊張感はさらに増す。

・・なるほど。
応援してくれる声がプレッシャーになるというのは、悔しいですが、ちょっと納得。

皆さんも同じようなシチュエーション、身の回りにありませんでしたか?
いいところを見せようと思えば思うほど空回り。
逆に、「別に適当でいいや」と肩の力を抜いたとたんに実力以上のものを発揮。
(ちなみに、学生時代、テニスの試合でいつもそうでした。
私、プレッシャーに弱いんだなぁ。)

ロッテは、大きな声援を味方につけ、
いかに硬くなりすぎず普段どおりの試合展開に持っていけるかですね。
普段とは明らかに雰囲気が異なるプレーオフ。
堂々としたナイスプレーをたくさん見たいですね。(え?これもプレッシャー?)
そして、もちろん西武も、
強く戦ってくれなければ面白くありませんからね。(これはプレッシャー。)

あー、それにしても早く強い巨人が見たいなー。LOVE BASEBALL!
(最後はやっぱりココに戻って、ニヤニヤして1日を終えるのでした。)
# by mikikasai819 | 2005-10-07 22:16 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(3)

人生初の・・・

人生で初めてのことってこの歳になるとなかなかないのですが、
そう思うと、今日は記念すべき日なのかも知れません。
正直、ハマりそうです。
それは、ネットバンキング!!(苦笑)

もう日常茶飯事だよ!という人も中にはいるかもしれませんが、
私はこれまで全く理解できず、興味も示しませんでした。
お金がネット上で動く・・・考えると恐ろしい!なんて、
いつまでも古い考えを持っていたのです。
でも、今回、諸事情でネットから振込みをする必要があって、
ドキドキしながらパソコンに向かった次第です。
間違いを確認してくれる人はいない!途中でフリーズしてしまったらどうしよう!
緊張しつつも、銀行のHPにアクセスし、指示されたとおりに手続きしたら、
ものの2~3分で完了!しかも、振込み自体はEnterを押した瞬間に完了!
さらに、振り込み手数料は、ネットのほうが格段に安い!

なんて便利なの!!すばらしい!!

怖がっていた今までの自分が損していたように思いました。
それより、時代の進歩の速さに「ワクワク」と「スリル」を感じました。

それにしても忙しくて銀行になかなかいけなかった
(orズボラな性格ゆえに、行くタイミングをよく逃していた)私としては、
ネットバンキングはとても便利!!これからは銀行に行く機会が減るかもしれません。
感激の瞬間なのでした。

あと、今日、人生初がもうひとつ。
担当試合が今日はなく、プロ野球速報がお休みだったので、
夜、家の近所でウォーキングをしました。
私、普段から歩くのがかなり速いので(競歩のようです・・笑)
今日もスタスタと調子よく歩いたのですが、相方はゼーゼー言っていました。
1時間弱歩いてちょうどいい運動量。これからの季節、いいかも。
(でも、すぐ季節って変わっちゃうのですよね。秋、待って。行かないで!!
・・といいつつ、本日今シーズン初の鍋料理を食しました。美味しかったぁ!
冬、こいこい。うーん、でも寒いのはつらいから、やっぱりいいです・・・ごゆっくりどうぞ・・・)
# by mikikasai819 | 2005-10-06 23:11 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

秋を満喫するために。

今、仕事が終わって帰宅途中です。
阪神は最終戦を鳥谷の劇的サヨナラアーチ&下柳の完投15勝目で飾り、
巨人はやはり最後も勝てず・・という結果でした。
ただ、巨人戦がリアルタイムに見られないのはさすがに今日はつらかったかな。
堀内監督ラスト・・というより元木・後藤の最後の打席を見たかったのでした。
まあ、何はともあれ来季に期待です。
(いつもこのまとめ方で失礼!)

さて、野球シーズンは終盤ですが世間的にはスポーツの秋ということで、
去年の今頃習ってたスカッシュをまたやるか、
それともスポーツジムでいろんなプログラムをやるか、ちょっと考えています。
(周りにはヨガにハマってる人も多いのですが、体がカタいのでどうしても敬遠気味。)
あと、芸術の秋としては、久しぶりに新しい音楽活動がしたいです。
・・といってもバンドとかではなく、
河西美紀は社会人になってから隔年ペースで、
新しい何かを習得するように努めてきたんです、実は。
これまでには
1 クラビノーバ(電子ピアノのもっとすごい感じ。毎週新しい曲を弾いてました!)
2 第九合唱(実際に白いブラウスに黒のロングスカート姿で舞台で歌いました。
念願叶ったり!)
3 アルトリコーダー(中学生みたいと笑った方!先生について習ってましたよ。
木製のマイリコーダーを買ったほど。
ちなみにお値段は40000円也!吹けば吹くほど味のある音になるのです。)
そろそろ、次に何をしようかと考え中です。
いずれ絶対やりたいのはパイプオルガンなんですけど(笑)。

・・と書いている間に最寄り駅に到着~。
この文章の所要時間、20分也。
オチがないまま強制終了。お粗末さまでございました。
車内の残業帰りのみなさん、お互い明日もがんばりましょうね~。
# by mikikasai819 | 2005-10-05 23:43 | やるき(決意・反省など) | Comments(3)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30