ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

今日は確定申告の作業をしていました。
今年こそ2月のうちにと思いましたが、結局いつもと同じパターン。
でも、なんか、これも毎年の恒例行事です。

各方面から発行された支払調書を見ながら所得の内訳書を作成するのですが、
一昨年には付き合いがあったけど途絶えてしまった会社もあれば
昨年初めて付き合いが始まった会社もあるなぁとしみじみ。
もう10年以上の付き合いがある会社もありますし、
その場合は前年のデータを引き継ぐとそのまま移行できるようになっていて。
そもそも、もう住所も覚えているよ、みたいな。

さて、そんな中、私は都立高校で部活動の指導者をしているので、
東京都から給与という形でお支払いをいただきます。
それこそ昨年からの引き継ぎで・・・と思ったら、

あっ。

昨年だと、都知事の名前が舛添要一氏になっている(爆)。

そうだそうだ、舛添さんだった。
懐かしささえ覚える。遠い昔のことのよう。
昨年6月、私が北欧に旅行しているときに辞任劇が繰り広げられました・・・。

そして、当然今年は、小池百合子氏であります。
つまり、小池さんから報酬頂いた形に(笑)。
e0039787_194030.jpg

・・・以前同じようなことがあったなぁ。
猪瀬氏が辞任した時で、安藤副知事の名前で送られてきたことがありました。
(その時の記事はこちら
まあ、それよりインパクト大です。

というわけで、やっと確定申告作業終了。あとは提出だけ♪

ところで、結局これが3月最初のブログ更新になりました。
2月は大阪・福岡・名古屋の順に出張していまして、
家を6日も留守にしていました。
その後もお仕事が続き、昨日は宇都宮、
そして本日、久しぶりのオフの日だったのです。

嬉しいかって?

いやー、これは、なんというか、「ホッ」というのが正直な感想です。

フリーランスの身としては、お仕事をいただけるのは最高の幸せであり、
忙しいのはまったく苦にはならないからです。
むしろお仕事しているときの方が嬉しいですよ。
好きな仕事ですからね。
でも、どうやったって体は疲れるわけですので。
しっかり充電できる日は貴重です。
(と言いながら、こうやって確定申告作業したり請求書作ったり、
なんだかんだで仕事モードだったのかもしれないけれど。)

決して年中この忙しさではなく落ち着く時期が必ずあるので、
健康第一であと少し頑張ります。
# by mikikasai819 | 2017-03-05 23:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

司会生活100の存在

今日は福岡のホテルから更新しています。

「このきなんのきかさいみき」のブログは2005年からあります。
これ以外にもう1つ、細々と続けているのが「司会生活100」というブログです。
司会に特化した内容となっています。

司会をプロに頼みたい人、司会を頼まれて不安な人、
司会になりたい人、司会の裏話を知りたい人におくる、
日々のあれこれ。


開店休業状態ではありましたが、今回更新しました。
司会者の服装について、思い立ったので記しています。
クリックしてみてくださいませ。
http://mikikasai.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

え?ブログの名前が何かに似てるって?
はい、野菜生活100からいただきました(笑)。
100というからには中身の濃いものにしていかないとね。
# by mikikasai819 | 2017-02-27 09:42 | はたらき(お仕事) | Comments(3)

このブログ、大阪のホテルから更新しています。
昨日から連日の出張でして、東京に戻るのは3月1日です。
旅行以外でこれだけ長く家をあけるのは初めてかもしれません。
ありがたいことですね。

さて、昨日のお昼は、Versant特別セミナーの司会でした。
サブタイトルが、
「楽天の社内公用語英語化に学ぶ~英語力アップとビジネス拡大への挑戦~」。
まさに楽天の社内公用語英語化を推進した立役者である葛城崇さんの講演でした。
その前に、東進ハイスクール・東進ビジネススクールのカリスマ講師で
CMでもおなじみ、安河内哲也先生の講演もありまして、
最後はお二方ご一緒のパネルディスカッションと、盛りだくさん。
会場は満席、非常に中身の濃い3時間でした。

実は、昨年、同じプログラムを東京でも開催したのですが、
これが大好評だったということで大阪でも実施されることになったそうです。
違うエッセンスも入っていて、多くの気づきがありました。

以下、自分のメモより。

★世界にはESL(English Second Language)の国と
EFL(English Foreign Language)の国と2種類ある。日本は後者。
今までのテストは2技能(ReadingとListening)のみ。
これからは4技能(Reading,Listeningに加え、SpeakingWriting)。
(確かに、入試・受験のためにあれだけ英語を学んでいても全く話せない日本人。
何のための勉強だったのでしょうか。Speakingがいかに大事かということですね。)

★英語が話せない人の特徴
ボキャブラリーが少ない&中学の基礎ができていない
(100問やって8割できたら次へ。これを繰り返すことで単語量が増えるそうです。
また、楽天では英語が苦手な人には中学の英語の教科書を英語で教えるという
ロールプレイングが有効だったとのこと。)

★英語化推進のポイント
ネイティブレベルを目指さない
英語ができない人・事を馬鹿にしない
ニーズ→行動ではなく行動→ニーズ

(特に3つ目、響きますね。何事もそうかも。)

★日本人のメンタルブロックを外すには?
間違いOK。三単現のsや冠詞、過去完了なんて、喋る際は気にしない!
目を見て、スマイル、ジェスチャー入れて、大きな声で。
(私自身、大学生の時、留学先のテストで文法の点数だけは良かったため、
全く話せないのに上のレベルのクラスに無理矢理入れられて、
授業中本当に地獄だったことを思い出しました・・・。日本人に多いようです。)

★世界で英語を話す人の80%は実はノンネイティブ。
(「ネイティブにはなれないんですよ!それでいいんです!」って
安河内さんも葛城さんも笑っていました。)

★グローバル人材が持ち合わせているものとは
・コミュニケーション能力
・主体性と積極性
・異文化理解
(最後に設けられた質疑応答でもこの点を気にされている方が多かったようです。)

思いつくだけでもこれくらいあったのですが
まだまだ目からうろこの内容は多くありました。

セミナー司会をさせていただくと、自分自身も学べることが多く、
参加者の雰囲気の変化も感じ取ることができます。
昨日は満足されてお帰りになる方が非常に多かったように見受けられました。

★★★

ところで、上記のセミナーが終わったのが16:30。
実は偶然にももう1つご依頼いただいたセミナーも大阪での開催。
距離にして1.5Kmしか離れていないのでタクシーで移動し、17:00に到着。
無事にお仕事を遂行できました。
いつも担当させていただいている日経就職サクセスセミナーの司会です。
第1部が日経読み方マスターによる「就活における日経活用法講座」、
第2部が就職コンサルタント・マーケティングプランナーの村山涼一さんによる講演。
今年に入ってから既に何千人もの学生が聴講されています。
大阪では今日も昼夜のWヘッダー、日曜日が移動日で、
来週月曜日が福岡、火曜日が名古屋です。講師・スタッフの皆様と帯同します。

司会なのに出張?とよく言われますし、そう思われるのも当然かと思います。
交通費や宿泊費もかかるわけですし。
各地域、MCの方はたくさんいらっしゃいますし。
東京から呼ぶ価値を感じていただけなければ意味がないわけで、
本当にやりがいがあると同時に、大いなる責任があります。
ただただ原稿を読み上げるのではなく、その場に合わせて臨機応変に、
皆様と阿吽の呼吸で進めていくことを期待されているのが
ひしひしと伝わってきますから、それにしっかり応えていくことが求められます。
こうして全国を回らせていただくにあたって、ご依頼に心から感謝するとともに、
改めて、司会者の存在意義について考えるいいきっかけとさせていただいています。

自らのホームページのTOPにこう書かせていただいています。

主役はあくまで自分ではない。
でも、誰がやっても同じ印象にはしない。


これは、常々、私の軸となっています。

最高のパフォーマンスができるように、今日もお仕事がんばります。

(久しぶりに書くと長いですね・・・。すみません。
最後まで読んでいただきありがとうございます。)
# by mikikasai819 | 2017-02-25 11:06 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

金曜日ですが

本日のBeeupSetagaya、私はお休みします。
代役は水曜日担当の小野寺真理子さんです!

ってスタートしてから書くのもどうかねぇ(^^;)

あっ、体調不良ではないですよ。ご安心ください。
また改めて。
# by mikikasai819 | 2017-02-24 08:00 | Comments(0)

うわー、またブログが滞ってしまった。
Twitterはこちら←日々呟いています。
今日なんてどれだけツイートしただろう。
よかったらクリックしてご覧になってください。

さて、ひとつ前のブログ記事が2月13日。この日は母の誕生日でした。
100歳まであと36年という年齢まで来ました。
(一応、直接的表現を避けてみた。笑)
私が今40歳と考えると、若い方だと思います。
「親子で年が近いと老老介護になるわよね。悪いわねー」と
しっかり長生きする前提で話が進んでいます(笑)。
一緒に買い物に行ったりランチをしたり。
住まいが比較的近いということもありますが、
日々の生活の中での出来事を気軽に報告しあえる間柄です。
いつまでもこのような関係でありたいと思います。

母への誕生日プレゼント、今年はオーダーメイドのラリエットにしました。
(チョーカーとも似ている、留め金のないネックレス、自由にアレンジできるのが特徴)
もともと欲しいから注文してと言われていたものだったので、
とても喜んでもらえました。私とほぼお揃いです。
romantical A lamodeのゆうきさんに作ってもらいました。
ぜひチェックしてみてくださいね。
https://www.instagram.com/p/BQR28AOlJol/

そして今日は2月18日。
妹の誕生日でした。
40歳まであと4年という年齢です。
(間接的かつリアルな表記にしてみた。笑)
誕生日おめでとうメールをしたら
私のことを「親友」だと思っているという旨が書いてありました。
その表現にとても驚き、同時にとても嬉しかったです。
互いに学生だった時代はなんとなく距離がありましたので(苦笑)。
性格も得意分野も全く似ていないのですがそれがいいのでしょうね。
飾らず素の自分でいられる存在は本当にありがたいです。

妹への誕生日プレゼントは、軟骨の唐揚げになる予定です・・・。
というのは半分冗談、半分本気。
1歳の子供を抱えながらだと外食はほとんどできないので、
THE居酒屋メニューが食べたいのだそうです。
ほっけ、だし巻き玉子、焼き鳥・・・ごめん、私、日々食べてるよ(爆)。
妹の願い、近いうちに叶えられますように。

自分の誕生日と同じかそれ以上に家族の誕生日は大切な日だなぁと思いました。
おめでとう。ありがとう。
# by mikikasai819 | 2017-02-18 23:51 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

1月31日に元プロ野球選手の仁志敏久さんの講演をつくばで聴いてから
そのことを書かないままこんなに時間が経ってしまいました。
私は司会をしていたのですが、舞台袖で無我夢中でメモを取っていました。

★やってはいけない「3つける」

おしつけ
きめつけ
どなりつけ


★指導者に必要なこと

知識
経験
表現力
+情熱・ユーモア


★大切にしている言葉
①人生いつ何が起こるかわからないからがんばっておけ
(桑田さんから言われた言葉らしい。大事なのは「がんばっておけ」の部分」。)
②本気!やる気!
(どんなに上手い子でもやる気がない子は伸びない)
③精一杯
(人事を尽くさない人に天命は来ない)

・・・って文字に書くと軽くまとまりすぎだなぁ。
実際に聞いていたらすごく心を揺さぶられました。

最も共感したのは、「指示の裏には意味と理由がある」ということでした。
言葉には必ず想いがあって、それを受け取る・汲み取る力が必要なんだと思います。
いやー、ホントに、いい話が聞けて良かったー!
初めて知ることというより、今までの信念は間違っていなかったなと確認できる、
そんな背中を押してもらえるお話でした。
エピソードもたくさんあって、時間が経つのがあっという間でした。

・・・
・・・

さて、今回、私が現役時代大好きだった仁志さんとのお仕事でした。
司会ですのでプロフィールを紹介するのですが、
意識しているつもりがなくても流暢かつ力がこもる!(笑)
だって、大学野球に関しては母校のスターでしたし(年次は違うけれど)
巨人に入ってからは東京ドームでずっと試合する姿を観ていたので、
ほぼプロフィールの内容は知っているからです(笑)。
そんな方と楽屋控室が隣同士というのは、いやはや、すごい経験です。

とはいえ、この仕事をしているからなおさらだと思いますが、
どうしても100%ミーハーな感じにはなれず、

「今日はお疲れ様でした!ずっと応援していました!」
「ありがとうございます!」

講演前にご挨拶をする時間がなかったこともあり
講演後に控え室を出てこられたところでこの会話をするのがやっと(笑)。

個人的にはどう応援していたのかどのくらい好きなのかちゃんと説明しないと
ただ有名だから知っているくらいのレベルでファンだと言っているようで
けっしてそうではないのでモヤモヤしたのですが(苦笑)、
逆に、あれこれ馴れ馴れしく話して迷惑かけたくないというのもありまして。

自分が相手の立場だったらどう思うかなと考えながら接してしまいます。
そりゃ、自分のことをファンだと言ってくれてすごく詳しく知ってくれていたら
嬉しいに決まっていますし、
でもでもグイグイ来られてしまって
その嬉しさが消えてしまうことも無きにしも非ずで。

そう、距離感ってホント重要だなと思うのですよ。

本当はもっとお近づきになれたらいいのに、
ファンが故に自分からはなかなか進めない感覚というのでしょうかねぇ。
でも、何かのきっかけで親しくなったら、それはもう非常にありがたいことで。
とはいえ、いつまでも身近すぎず憧れの存在のほうがいいのかなぁとか、
いや、やっぱりせっかくこんな機会もないわけだから、写真とかサインとか?
あー、そういうことではないよね、大事なのはこの一緒にいる空間だよね、
なんか、夢のような現実、現実のような夢・・・?

文章がまとまらないのでこの辺にしておきます(笑)。

とにかく、しっかり司会のお仕事は遂行いたしました(笑)。

※今までにも舞い上がってしまいそうな経験をしたことは何度かありますので
機会があったらそれも記してみようかなと思います。
# by mikikasai819 | 2017-02-13 09:35 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

首が回らない

寝違えたわけではない・・・

どうしてなのかわからない・・・

突然、首が痛くなった。

左肩から首にかけての筋を痛めた。

痛くて痛くて。

湿布を貼ったけれどこれでいいのだろうか。

下を向くのがつらい。

首が回らない。

参ったなぁ。
# by mikikasai819 | 2017-02-11 14:45 | にっき(日々の出来事) | Comments(5)

昨日の生放送のメッセージテーマは「ウィンタースポーツ」がテーマでした。
私はそこで「湾岸スキーヤー/少年隊」を流して、
自分のスキーのエピソードをお話しました。
番組スタッフには大いに笑われましたので、ブログに記しておこうと思います。

・・・スキーというスポーツ、私には本当に縁のないものです。
残念ながら、その縁は自ら遠ざけてきました。

「私をスキーに連れてって」に感化されたバブル世代ではありませんが
それでも周囲にはスキーが好きな人が多くいました。
子供の頃から一度もゲレンデに行ったことがなかった私は
颯爽と滑る姿になるまでには相当大変で、転んだら骨折する・・・というような
相当なネガティブイメージがありました。

始めるきっかけはいくらでもあったのです。

①高校3年の冬は幼なじみの男の子からスキーに誘われました。
彼は男子校だったので、女子校の私に周りの友達を連れてきてくれと
まあ、そういう魂胆があったのだと思います(笑)。

「ごめん、無理」
「え?どうして?」
「スキーは無理。できない。」
「大丈夫だって!教えてあげるからさ!」
「いいよいいよ、私に気にせず滑ってきてよ」
「一緒に行こうって言ってるのに!」
「とにかく、ごめん。スキーだけはパスさせて!お願い!」

※「キャー、滑れない!こわいぃぃー!!」と可愛い声をあげながら
手取り足取り教えてもらった方が青春の思い出になっただろう・・・。
でも、やっぱり怖くて無理だった。

②大学2年の冬、アルバイト先の仲間でスキーに行く話が持ち上がりました。

「ごめん、無理」
「え?どうして?」
「スキーしたことない」
「大丈夫だよー、私も今回スキーデビューするから!」
「いや、あのー、怪我するの嫌でさぁ」
「大丈夫だってー。一緒に行こうよ」
「河西、ホント行かないの?」
「ごめん、スキー以外なら参加するから!」

※どんなイベントでも前向きな私がこれだけは頑なに断り続けた。
結局、行けなかった先輩とカラオケに行き歌いまくった(笑)。

③社会人2年目、大学時代の友達(スキーサークル所属)に教えてもらうことになりました。

「おー、スキーとうとうやる気になったの!」
「うん、群馬に就職したんだし、スキー場いっぱいあるし、何事も経験だよね」
「わかった。それじゃ、次の週末車で前橋まで迎えに行くから。」
「よろしくね!!」

スキーウェアは会社の先輩が全て貸してくれました。
「楽しんでおいでー!」

いざ当日。

「ごめん、これじゃ今日は無理だ」

私のセリフではありませんよ。友達のセリフです。

なんと、大雪により関越自動車道通行止め!
そもそもの問題、東京から友達が来られなくなりました。

「えー!!!」

せっかく覚悟を決めたのに、ウェアも借りて準備万全だったのに。
私のスキーデビューはお預けになりました。


・・・

・・・

・・・

きっとこのまま人生でスキー場には行かないんだろうと思ったら・・・

「せっかく河西さんやる気になったんだから行きましょう!」

スキーウェアを貸してくださった会社の先輩夫婦が
連れて行って下さることになりました。

その年の4月1日。まあ、春スキーですね。
かたしな高原スキー場に行きました。
スキー専門のコースですよね。

河西美紀、25歳でスキーデビューを果たしました。

まずスノーブーツを右左逆に履いて混乱したところから始まりました。
(「こんなにキツいんですね」と真面目に言ったら先輩が苦笑した)

正真正銘人生初のスキーなので、ボーゲン云々の前に、リフトに乗れないわけです。
乗っても降りられない。ホントにこんなにつらいのかと。
だから、まずは歩くことから。
周囲の子供たちの視線が感じられました。

(私は今日が初めてなんだよ、君たちはもうスイスイ滑れるかもしれないけどさ!!)

そのうちハの字で下降できるところまでになりましたが、
まあ、全身に力が入っているものだから、疲れ方がハンパないわけです。
(翌日、この世のものとは思えない筋肉痛が来たことはよく覚えている)
でも、根気強く教えてくださった先輩夫婦には本当に感謝しています。

・・・

・・・

・・・というわけで、私はこの1度だけでスキー人生が終わりました。
多分、この先も行くことはないでしょう。
スポーツ全般大好きでむしろ得意だった私ですが、スキーとはご縁がありませんでした。

しかし!
冒頭に書いた「湾岸スキーヤー」の曲をバックに、
私はFM群馬時代は「スノーインフォメーション」というスキー場情報を伝えていました。

「天候晴れ」「積雪200センチ」「全面滑走可能です」

我ながら格好よく伝えていきました(笑)。

しかし、ある日、私は何も疑わず渡された情報を読んでいたら、
当時の上司に諭されました。

「河西さん、雨でパウダースノーはあり得ないよ」って。

どうやらアルバイトの子が間違えて記載したようなのですが、
スキーに疎い私はそれに気づかずそのまま読んでしまったのです。

・・・ホント、すみません(苦笑)。

とまあ、気づけばスキーの思い出を長々と書いてしまいました。



※昨日、FM世田谷のNディレクターが
番組のエンディングに、再度「湾岸スキーヤー」を流してくれて
「はい」と1枚の用紙を渡すではありませんか。
それは、世田谷と繋がりのある群馬・川場の情報!

え?FM群馬時代の再現をしろと?(興奮)

「川場スキー場、天候晴れ、全面滑走可能」

久しぶりに気持ちよくお伝えできました♪

「河西さんは全面滑走不可能だけどね」とスタッフに笑われるオチ付きでしたけどね。
# by mikikasai819 | 2017-02-04 23:17 | でんき(昔の出来事) | Comments(2)

ずっと一緒の空間にいながらにして、より仲良くなったのが最近という女性がいて。
私より約10年人生の先輩でいらっしゃる素敵な方です。
その方から「最近ね、いつも河西さんが何しているか分かるよ」と言われました。
Twitterやブログをまめにチェックしてくれているからだそうで、
「ああ、今東京にいないんだなー」とか「忙しそうだなー」とか思ってくださっているようです。
そして同時に「こんな私、ストーカーみたいに思われていたらどうしよう!」って
悩んでくださっていたようでした。もちろん笑いながら♪

ありがたいことです。
知っていてくれて嬉しいですよ!

そんな彼女が今日はサロンデュショコラのプレオープンに行ったとのことで
お土産をくださいました。
大行列&大混雑で大変な中買ってきてくれたチョコレート。
パッケージが可愛い!!!
e0039787_0375973.jpg

はじけるキャンディとイチゴのチョコレートということで、
口の中に入れたら「パチパチパチ」って音がするの。
本当にはじける!!これ、何だっけ?この食感。
子供の時の、懐かしい、ほら、何だっけ、ドンパッチだっけ?
若い子は知らないのかなぁ。
あんな感じで、たくさん頬張るとすごいんだけど、
何よりこのチョコレート、美味しい!!!もう半分食べてしまった!!!

そんな2月1日。

あとは、午前中にマッサージに行って背中が凝り固まってますよーと言われ、
午後はスカッシュして先週猛特訓したショットが打てるようになって嬉しくて、
夜は「一週間フレンズ」のマスコミ試写会(お仕事!)に行って想像以上に感動して、

そんな「ついたち」でした。
e0039787_0382179.jpg

# by mikikasai819 | 2017-02-01 23:37 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

ここのところ、遠方でのお仕事が多くなっています。

26(木)名古屋日帰り
27(金)FM世田谷の生放送後に関西学院大学へ(芦屋泊)
28(土)帰京後、夜は神保町

私は元来旅が好きな人間なので、乗り物で移動するのも大好き。
そして新しい土地に行くのが大好きです。
ありがたいことだなぁと思います。

今回、芦屋には初めて降り立ちましたが、
手配していただいたホテルはジャイアンツの甲子園遠征時の宿泊施設である
ホテル竹園芦屋。
なんだかワクワク致しました。
そして、ここで食べたコロッケがとてもおいしかったです!

・・・移動が多くなると日常になってしまうというのを聞いたことがあります。
飛行機で海外出張を何度もすると、成田に行く感慨もなくなると
知人が話していました。

私は多分、いや、絶対、飽きることはないでしょう。

敢えて難点を挙げるなら、お土産には執着しなくなった点かな。
あっ、また来るだろうからいいかな・・・と。
今までの「うわー♪これ、買っていこう!」という発想が減りました。
家族にも最初はこまめに買っていましたが、
行った先で全て何か買っていたら破産する・・・(苦笑)。

でも、それ以外はやっぱり移動するのはワクワクします。
遠方でなくても、首都圏の電車移動でもそうですね。

明日は仙台、明後日はつくばに行ってきます。

★★★

さて、最近、ブログの更新が時折途絶える本当の理由に気づきました。

私は、同じ内容のものを何度もUpすることを好まない性格なのだと。

番組で一度言ったことをここに記すのもなんとなく気が乗らないし、
逆にブログに書いたことを放送でまた言うのが恥ずかしい気がすることもあります。

最近、Twitterで呟けば呟くほど、同じ内容をここに改めて記すことに
激しく躊躇してしまうのです。
同じ写真をあっちにもこっちにも載せるのも、うーん・・・って。

FacebookにもInstgramにも・・・全部同じことを載せるのが普通の中で
私ったら、どうしてなんだろう、なんというか、
常に新しいことを言いたい!少しでも違うことを!みたいな気持ちが
異常に強いんですよね。

・・・

・・・

・・・ちょっと違うかもしれないけれど、その昔、某番組の最終回の収録の時、
途中まですごくいい感じで喋れていて、このまま折り返しと思っていたら、

「すみません!テープが回っていませんでした」というスタッフの声。

嘘のような本当の話です(涙)。

もう一度初めから今と同じでOKなのでお願いします!」

そう言われても、一字一句同じようには喋れない(涙)。
いや、やろうと思えばやりますけれど、同じ気持ちでは到底話せません。
そんな感じです。
え?大袈裟?いや、ホント、それくらい嫌なのです。

話を戻しますと・・・

Twitterをする前は、「生放送、間もなく始まります!」って
ブログでもよく書いていました。
その使い方が合っているのかどうか考えれば、
瞬時性はTwitterのつぶやきの方が格段に発信力あるわけで。
でも、ブログにだって書けば良いわけですよね。
それが、できないのです。

とはいえ、ブログだけをチェックしてくれている人は大勢いるわけですし、
もともとメインはブログだと今でも思っているので、
内容は同じでも文章は変えて・・・と工夫していくのが一番なのだけれど、
これがまた時間かかったりして。

・・・と何をダラダラ書いているのかと自分でも思いますが(苦笑)、
そんな葛藤があることに気づけただけでもまずは良しとするかなー。

自分の思いなどを連ねる場所はやっぱりブログなのです。それは間違いなくです。
でも、書かないと長文が書けなくなるのも事実。この連鎖を断ち切りたいー!!

と言いながら、一応リンク貼っておきます。
日々の出来事(Twitter)はこちらから。

うん、やっぱり、書きたいことを自分らしく書きたいときに書くのが一番。(自己完結)
10年以上存在するこのブログをずっと応援してくださっている方には
心から感謝しているのです。
今は本当にたくさんのSNSが乱立している時代なのにって。ううっ。

そんなわけで、これからも「このきなんのきかさいみき」よろしくお願いします。
# by mikikasai819 | 2017-01-29 22:30 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)