<   2015年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

嗚呼、反省。

今、お仕事のお取引先から電話がありました。

「河西さん、お疲れ様です」
「お疲れ様です!お世話になっております!」

「あのー、河西さん、以前メールでお願いした宣材の件って・・・」

???

「え?」

「えーっと、以前メールでお送りしたんですけど・・・」

忘れていた!という感覚はなく、
そもそも私の中にはそのメールを見た記憶が全くありませんでした。

慌てて見返しました。

すると、1週間前のメールにそれらしきものが。

このメールでは司会のご依頼のやり取りをしていて
「よろしくお願いします」と結びの文章があったので
てっきりそこで終わりかと思ってしまっていました。しかし・・・
実はその続きが下の方に記載されていたのです。

確かに「宣材をいただけないでしょうか」と1行書いてありました。
(宣材=写真や職歴などプロフィールが分かるもの)



見事なまでに、完全に見落としていました。




「申し訳ございません!!」
「いえいえ、私も分かりにくいメールを送ってしまってすみません」
「とんでもないです!!!私のミスです。すぐ送ります!!!」
「いや、そんなに急がなくて大丈夫ですから」
「本当に失礼いたしました!」

ビジネスの枠を超えて親しくさせていただいている方だったので
今回は優しく対応していただき助かりましたが、
あってはならないことです。
しっかり反省して再発防止に努めます・・・。
by mikikasai819 | 2015-03-31 12:27 | やるき(決意・反省など) | Comments(0)

文集を見ないで

今日は、先日卒業した共立女子高校放送部の3年生とのランチでした。
今年は生徒たちが店を予約してくれて、
大会に向けて頑張ったこと、楽しかった合宿、
いろいろな話に花が咲きました。
人間社会学部、工学部、法学部、歯学部、芸術(美術)・・・
みんな進路が違います。
最後に色紙がプレゼントされて、ああ、やっぱりすごく嬉しい。
どうもありがとう!

ところで、途中で生徒たちだけでこんな会話がありました。
「4月からも週1で高校に立ち寄るっていう同級生がいるよ」
「えー、週1は大袈裟じゃない?」
「でも気持ちわかるなー」
「まだ卒業した気がしないし」
「ちょくちょく顔出しそう!」

うんうん、わかる。
でも、もう数日もすれば、大学の入学式。
新しい環境が待っていて、自分の中で大きな変革がある。
それはそれは、人によっては、本当に大きな、
人生の岐路になるかもしれない変革。



・・・ふと、大学ではなく、中学時代の卒業文集を思い出しました。

担任としてもお世話になったY先生が、こんな文章を寄せていたのです。
タイトルがまた斬新でした。

文集を見ないで

私にも自分自身の卒業文集なるものが2~3冊あります。
しかしそれを開けてみたことはほとんどありません。
私は、君達にもこの文集を開けないでほしいと思います。
少なくとも春休みを終えて新しいスタートを切ってからは・・・。

君達のこれからの人生にはいろんなことがあるでしょう。
君達をこれから待っているものは、君達自身にもおそらく想像できないでしょう。
楽しいこともあるでしょう。辛いこともそれ以上にあるでしょう。
でも、人間は前を向いて歩むことしかできません。

辛いことがあると、誰でも懐かしかった昔を懐かしむものです。
昔の思い出の中に自分を置こうとするものです。

私はいやです。

時間が前にしか進まないのなら、後ろを向いて生きることはやめよう。
文集を開けてみるとき、君の心は後ろを向いていないか。

でも、この文集の中には、君達の心の支えが入っていると思う。
共に過ごした3年間の思い出が、
君達のこれからの人生の大きな心の支えになるだろう。


今ならわかります。
ただ、この時はこの文章に心の中で猛烈に反発しました。
「どうしてこんなこと書くんだろう。先生、こんなに冷たい人だったの!?」って。
しばらくずーっとモヤモヤしていました。

しかも、私は私でこの時、実は文集委員長なるものに任命され、
編集後記にこんなことを書いていました。

何回読んでも減るものじゃない。
減るどころか、読むたびに中学生気分を味わえるのです。すごいね!


そう、先生とは真逆の内容(笑)。
これもこれで、その時の本音なのだから間違いではないと思います。

今ならわかります。どちらの気持ちも。
何かを卒業するってそれくらい大きな覚悟が必要なのだと思います。
それは後から振り返ってわかるものかもしれませんが。

新たな道を進むみんなに、心からエールを送ります。
by mikikasai819 | 2015-03-30 22:53 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

今日は1ヶ月ぶりにスポーツジムに行き、
筋トレと格闘技のプログラムに参加。
前者はバーベルを使ったグループエクササイズ。
以前はラクラクできていたはずのものが、
久しぶりだったからか、フラフラになりました。
後者は空手とボクシングの動きをミックスしたもの。
いい汗かきました。
ここまではよかったのですが、
夕方からやる気になって部屋の片づけをしようとしたところ
体が疲弊してほとんど動けず(笑)。
ま、まあ、また明日。

今日は夜になって先日このブログに書いた幹事業務を進めている中で
懐かしい先輩と繋がって新しい事柄を共有できて
なかなかいい1日でした。

※大阪帰りの主人がネタに買ってきてくれたお土産。
特にファンというわけではなくても、おー!!ってテンションあがりました(笑)。
存在感アリアリの品。今が旬ですねー。
e0039787_184417.jpg

by mikikasai819 | 2015-03-29 00:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

頑張っていたことや頑張ろうと思っていたことに対して、
あるとき、些細なきっかけで、やる気の糸が切れてしまった場合。

最近の私は「もういいや」と諦めてしまっていました。
いや、諦めるという行動すらせず、思考を停止してしまっていました。

努力を始めてすぐに結果が出ないとモチベーションがキープできない・・・
誰でもそういうところがあると思いますが、私は極端かも・・・

幸い、間もなく新年度のスタート。リセットには絶好の機会です。

・・・いや、4月1日を待たずに、明日やればいいのでしょう(苦笑)。

望ましい速さで行動できないのは、業務が非常に難しいからではなくて、
可能なときには必ず先延ばしをするのが習慣になっているからである。
エドウィン・ブリス『タイム・マネジメント』



※今日のお昼は、たいめいけんのオムライスでした。
さすが美味しかった!オムライスってこんなに美味しいんだーって思いました。
今シーズンのドラマ「ウロボロス」を彷彿とさせる感じ!
観ていた人は分かります?
あっ、でも食べたのは期間限定のホワイトソースのオムライス。
菜の花が添えてありました。
e0039787_022332.jpg

by mikikasai819 | 2015-03-28 23:23 | やるき(決意・反省など) | Comments(0)

球春。春眠。

待ちに待ったプロ野球開幕!
しかし、今年はお仕事のため、スポーツニュースでチェック。

いや〜、ツッコミどころ満載。
どの試合も楽しすぎる!(≧∇≦)

しかし、朝早かった(&2時間睡眠)ゆえに、眠くてかなわない!(*_*)

プロ野球ニュース見ながらうとうと。

あー、じっくり観たい。でもゆっくり寝たい。ジレンマ(苦笑)。

そうそう、今日のセミナーは高田馬場だったので、早めに現地入りしてコットンクラブでランチしていました。

途中、携帯をなくして泣きそうなほどに焦りまくったり、
本番中に頭痛が酷くなりスタッフの方にバファリンをいただいたり、
いろいろあったけど、総じていい日でした(^^)。

今、3秒で寝る自信アリ。おやすみなさい!
by mikikasai819 | 2015-03-28 00:18 | Comments(4)

先日講師をご依頼された講座のミニ打ち上げがありました。
私ともうお二人、全員女性です。
今日訪れたお店は、六本木の「久高」。
今回の会の発起人のお友達のお店。
旬の食べ物がたくさんあり、日本酒も豊富で、
何より落ち着いた雰囲気で、たいそうお気に入りとなりました。

このお店はお通しがありません。
そのかわりに、色々な前菜があって、迷ってしまいます。
明日葉、金柑、茄子の味噌和え、ピリ辛セロリ・・・
どれもヘルシーで素材の美味しさが引き立っていました。
その後注文した「新たまねぎの丸ごと煮」は、出汁を含んだ甘さに感動!!!
この季節ならではの新たまねぎ、いいですねー。
「里芋のコロッケ」もお肉が中に入っていて絶品!
「絶対美味しい冷奴」とメニューにあるだけあって、
大豆の薄皮以外全てを使用した豆腐!これも濃厚!

日本酒はグラスで2杯。明日は朝から生放送なのでね(苦笑)。
e0039787_0211734.jpg

あっ、私がいただいたのは右側。左はご一緒した女性が頼んだお酒です。

そして、私のもう1杯は三重錦。
仕込水をチェイサーでいただきました。
伊賀のお酒だから、忍者のイラストなんですね♪
ご馳走様でした。
e0039787_0262296.jpg

by mikikasai819 | 2015-03-26 23:05 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

今日はタイトル通りです。

いやー、昼から今まで8時間以上ずっと文章を打っていて、
目がチカチカします。
ある会の幹事業務をしており、
実は100人近い方へのメール送信をしていました。
少しずつ文面を変える必要もあり、アドレス整理をしたり、
PCメールを受信拒否している人には別の手法を取ったり、
気づけばこんな時間。
えーっと、今日はオフの1日だったのだけど・・・
お仕事の日より疲れたかも(汗)。

それにしても、目が痛い。
PCの画面が明るすぎたか!?
いや、そもそもこれだけの長時間だから・・・だ。
もうこのあたりにしよう・・・

目とは裏腹に、耳は元気(笑)。
今、TVでドレミファドンがやっていて、
イントロクイズ、超イントロ(超超ウルトラ?)も含めて、
ほとんど答えられる自分がいます。
いやー、これかなり得意だな、私(笑)。
by mikikasai819 | 2015-03-24 21:48 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

メルパルク

e0039787_17344322.jpg

芝公園のメルパルクホールで、今から陰アナのお仕事。
ゲネプロも無事終わり、まもなく開場です。

※メルパルクってスペイン語で蜂蜜・魅力を意味する「Miel」と、
公園という意味の「Parque」から創られた言葉なのだそう。
今初めて知りました!
by mikikasai819 | 2015-03-23 17:34 | Comments(0)

本日は、都立上水高校放送部の3年生を送る会でした。

先日卒業した10人の部員たち。
1年生のときからずっとアナウンスと朗読を指導してきました。
これまでの卒業生にも同じように接してきましたが、
明らかに、これまで以上に指導時間の思い出が濃い学年でした。

何故か。

それは、1つ指導すると3つにも4つにもなって返ってくるからです

「間の取り方、今の感じでいいですか?」
「どうやったらこのセリフはうまく伝わりますか」
「先生、最後にもう一度だけ読みを見てもらえますか?お願いします!!!」

これほどまでにやる気のある子たちはいないのでは?というくらい、
互いをよきライバルととらえ、必死に頑張ってきた学年です。
それは、東京都大会で上位独占、全国大会の常連となったことが
全てを物語っています。

でも、華やかさの裏で、本当に苦しんだ部員もいました。

・みんなが決勝に行けても、自分だけダメという時が何度もあった。
こんなに頑張ってるのにとその時は思ったが、
それは今思えばやはり努力が足りなかった。
受験を通して、諦めなかったことが第一志望合格につながった。
後輩のみんなも、どうか最初から自分で限界を決めないでほしい。

・努力は必ずしも報われないかもしれないけれど
最後の大会で、思いっきり頑張ったあとに自然と出る涙は本物だった。
これだけやったんだから悔いはないと言える。

・いきなり1年生で入賞してしまい、実感がないまま伸び悩み、
何が足りないか分からなくなった。
自分の前に立ちはだかる(優秀な)友達の存在を壁だと思っていたけれど
その壁である友達にもまた別の壁があったと知った。

・・・

・・・

・・・

ひとつひとつ聴いていくうちに、実は、今年は、涙が止まらなくなりました。

私の涙腺のふたを早い段階からこじ開けたのは、元部長さん。
2年前の秋の大会で、私が指導したことを見事に実践して、
驚くほどに味わい深い素晴らしい読みに仕上げてきたのでした。
私が常日頃、言葉には心が乗ると伝えていますが、
それが全て濃縮したものとなりました。
(その話はこちら←2013年11月記。具体的にどんな指導をしたか書いてあります)
・・・それで、この記事を書いた後に結果が出たのですが、
それまで入賞したことがなかった彼女が東京都で4位に入り、
関東大会に進出するという快挙!
あのときのことを涙ながらに振り返ってくれて、
これは、もう、すみません、我慢できずに涙が頬を伝いました。
そこから、ずーっと、みんなの言葉に胸が熱くなりっぱなしでした。

一生懸命何かに打ち込んだ人の言葉はこんなにも心を打つのかと。
たくさん考え、悩み、前を向いて歩いてきた人はこんなにも成長するのかと。
結果だけではない、様々なプロセスを経験した人はこんなにも神々しいのかと。

大人になると、何かに打ち込もうとしても、次の瞬間には邪念が入りやすい。
大人になると、考え、悩んだ結果、この辺でいいかと妥協してしまいやすい。

涙を流しながら一人ずつ想いを述べていく卒業生。
20歳も年下の生徒たちに、尊敬の念すら抱きました。
すごいよ、あなたたちは。

そういう子たちだからこそ、「河西先生ありがとう」の言葉は
上っ面ではない、ストレートに想いがこもっていて、
ああ、教えてきて本当に良かったと思いました。

本当に、ひとりひとりの言葉に、心を揺さぶられ、つかまれ、叩かれ、刻まれ、
そして、じんわり温めてもらった気がします。
ここまでもらい泣きさせてもらうなんて、いやー、やられました!!

顧問のI先生、今年度もありがとうございました。
先生のご指導があるからこそこれだけの部活の結束があります・・・。

最後に、みんなからいただいた寄せ書きです。
ありがとう。卒業、おめでとう。
e0039787_0131186.jpg

by mikikasai819 | 2015-03-22 23:44 | はたらき(お仕事) | Comments(2)

この世の中には様々な写真が存在します。
その中で、音楽写真という分野を切り開いた第一人者が
残念ながら今年1月にお亡くなりになった「木之下晃」さんです。

あのカラヤンに日本人で唯一撮影を許可されたというほどの
評価の高さ&信頼の厚さ。
バーンスタイン、マリア・カラス、小澤征爾、朝比奈隆・・・
世界の音楽家たちをモノクロフィルムで撮影しました。
音楽関係者、クラシックファンならよく知っている、偉大な写真家です。

・・・

・・・

ところで「木之下」という名字を見て、あれ?と思われた方、いらっしゃいませんか。

私のブログを読んでくださっている方なら、もしかしたら・・・ね。

実は、木之下晃さんの娘さん、木之下貴子さんは
今、私が金曜日に担当している番組「ぐっとモーニングせたがや」の
月曜日担当パーソナリティーです!!!
いや、もっと言うと、私が以前に務めていたFM群馬の先輩でもあります。
(一緒に在籍していたことはないのですが、ご縁あって、すっかり仲良し♪)

お父様が音楽写真家だと最初に知ったときはすごく興奮したものです。
木之下さんは数年前からアーカイブスを立ち上げて力を注いでいました。

このたび、追悼作品展「マエストロ-世界の音楽家-」が開催されることになり、
ご案内をいただいたので初日(3/20)に行ってきました。
もともと私もクラシックは大好きで、コンサートにも足を運ぶので、
木之下さんと知り合いだからというだけではなく、
純粋に写真を見たかったのです。

銀座のソニービル6階にあるギャラリーです。
※写真は許可をいただいて転載しています
e0039787_1182248.jpg

小さな空間に30点あまりの写真が並んでいます。

・・・驚かないでください。

大袈裟ではなく、

1枚ずつ、

音楽が聴こえてくるような感覚に包まれます。

指揮者の表情、躍動感、1枚にすべてが詰まっていました。
上手く表現できませんが、私もそのホールにいるような錯覚。

音楽写真ってすごい・・・と本気で思いました。




何も知らずにひととおり見た後に、ファイルがあるのに気づきました。

各写真の解説でした。

どういう経緯で撮影されたのか、どんな想いがこめられているのか。
音楽家とのエピソードなども明かされており、
写真をより深く理解できる文章になっていました。
思わず椅子に座って最初から最後までじっくり読み込むほどでした。

写真だけでなく、映像もあります。
4Kテレビで世界のオペラハウスの写真が見られます。
木之下晃さんの生い立ちも分かります。

会期は4月1日(水)までですので、お時間ある方、銀座に行かれる方、
是非立ち寄って、ご自身の目で音楽写真というものを味わってください。

木之下晃 追悼作品展 「マエストロ -世界の音楽家-」
日時 2015.3.20(金)~4.1(水) 11:00~19:00
場所 ソニーイメージングギャラリー銀座(ソニービル6階)
入場無料

by mikikasai819 | 2015-03-22 01:11 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819