<   2013年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

今、紅白歌合戦を観ながら、PCに向かっています。
綾瀬はるかさんの司会、緊張感がこちらに伝わってきてしまい、ドキドキしております。
八重、頑張ってくれ!

大晦日イブの昨日は中学時代からの親友とランチ。
沢山語りました。そして、彼女の助けになりたいと心から思いました。
あっという間の3時間でした。

夜は新宿・歌舞伎町のゴールデン街で、
お仕事でご一緒しているフリーランスの方と忘年会。
上海小吃という中華料理店。ディープでした!やっぱり沢山語りました。
お互い仕事で輝けるよう、情報交換、重要です。

そして大晦日当日の今日は、私と弟と妹の3人の家族が河西の実家に集合。
4人の甥姪に囲まれてにぎやかな時間を過ごしました。

「みきおばちゃん、がりー!」「がり、やりたーい」

何だろうかと思ったら私のi-padに入っているゲームアプリ「お寿司の神経衰弱」。
e0039787_20525099.jpg

お盆にやったものをずっと覚えていたようです。
カードを選ぶと「いくら」「しめさば」「シーチキン軍艦」など
機械が読み上げてくれるのが特徴です。
その中の「がり」というのが無機質な声で印象に残っていたようです(笑)。

というわけで、みんなで食べたお寿司の写真はUpしておきましょうね。
e0039787_20533580.jpg

はい、こちらはさびぬき。
ちなみに、小学校1年(=7歳)の姪っ子は本日わさびデビュー。
30歳年上の私、立場がありませんでした(苦笑)。

「おばちゃん、またねー」「よいお年をねー」

妹夫婦もまたアメリカに戻ります。
こうしてみんなで集まれるのは幸せなことですね。
91歳の祖母も嬉しそうでした。


さて、今年を振り返るにあたって、漢字1文字で表すとすると、
「医」となります。
お恥ずかしながら、今年は2月に家の廊下で頭を打ち(その記事はこちら
3月に足の小指を強打して爪が縦にパックリ割れ(その記事はこちら
11月に外出先の階段から派手に落ち(その記事はこちら
また、昨年末から患っていた喉の違和感=上咽頭炎で
ボイスクリニックに9か月通院、痛い処置に耐えたことは大きかったです。
とにかくあらゆるジャンルの医者に通った1年でした。

厄年も終わり、大殺界も終わりましたので、来年は絶対にいい年にします。
今、色々なやる気に満ちています。
お世話になった方々、来年もどうぞよろしくお願いします。
by mikikasai819 | 2013-12-31 21:06 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

塾の友達の披露宴

e0039787_2125039.jpg

年が変わる前に、12月15日(日)の披露宴司会について記しておきます。

今回のご依頼主は、中学時代の塾が一緒だったA。
(学校は異なります。住まいも近所ではありません。)

Aとの出会いは中学2年生。
大阪から転校してきたという彼女とはすぐに打ち解けて仲良くなりました。

「みきりん、どこの高校受けるの?」

私は当時、英語が大好きで、国際基督教大学(ICU)高校を志望していました。
帰国子女だらけで一般枠は全体の3分の1という狭き門。
しかも受験問題が変わっていることで有名。
でも、自由で、ほぼ私服で、何よりグローバルで、憧れでした。
勉強するより学校案内のパンフレットを毎日熟読していたほど。

そこで「ICUだよ」というと、最初こそAは
「えー!よくわかんない!違う学校にしようよ」と別の選択肢を出すも、
月日が経っても私が揺らぐ気配がないのを察知すると
「決めた!!私もICUにする。みきりんと同じ学校行く!」と宣言。
「ちょっとー、よく考えなよ(汗)」
「うん、考えた!ほかの学校もみきりんと一緒にする!」

・・・それだけ慕ってもらっていたのかもしれませんが(笑)、
無邪気なAの笑顔に私はただただ笑うしかなく・・・
結果から言うと、Aは合格、私は不合格(爆)。まあ、人生そんなもの。
そして、私はAが唯一受験しなかった女子高に入学したのでした。

あの頃はまだ15歳だったから志望校に落ちるということはものすごい挫折で、
この先真っ暗・・・みたいな気分になって、
しばらくAとは距離を置いていたこともありました。(彼女は何も悪くない)
でも、こういう進路だったからこそ今があるのはお互い間違いなく、
本当に人生は面白いなと思う次第です。

いずれにしてもAは学校の友達以上にたくさん語り合った仲なので、
やりとりした手紙の数もハンパなく(勉強しろ!っていう話)、
今でもあの頃の話は鮮明に覚えているのです。

そんなAから「みきりんに披露宴の司会をしてほしい」と言われたときは
塾の教室の風景や、模試の成績、仲間たちとの会話、
長電話での恋愛相談、文化祭巡り、受験祈願・・・
いろいろなことが頭をよぎりました。

さて、当日のことを書いていきましょう。

今回のAの結婚式は人前式。列席している皆様の前で誓い、承認してもらうというもの。
私が司会をすることになりました。
人前式は久しぶりでしたが、ウェディング業界は日々進化していますね。
ベールダウンというのが最近は流行りです。
花嫁のベールをお母様が降ろしてあげて
バージンロードへと送り出すという演出がありました。
また、ブーケブートニアのセレモニーといって
男性が列席者から花を集めブーケにして
それを新婦に渡すという「プロポーズの再現」もありました。
ひとつひとつわかりやすく説明しながら進めていきました。
ブーケを作る際、「何か喋って間をもたせてください」と言われていたので、
さりげなく入れておきました。こういうのは生放送をする身としては日常茶飯事。
誓いの言葉は二人が日々の生活でのリアルな約束事を言ったものだから、
そこまでの粛かな雰囲気が一気に融解して笑いが起きました(笑)
あれはよかったなー。
終始すごく温かい式となりました。
(実はこの日、チャペルが直前は空いていないということで
なんと朝8時半からリハーサルをしたのですが、結果的にやってよかったです)

次に披露宴でのエピソードを記していきます。

☆とにかくこの日はお天気がよく、会場から見える空の青が美しかったこと。
29階のバンケットからの1枚。気持ちよかったなぁ。
e0039787_211335.jpg

☆席にはお花が飾られていました。
お花・・・おや?これって幼稚園や小学校のイベントで作ったことある・・・
e0039787_211545.jpg

実は新郎の手作りです。
新郎は地元仙台の七夕まつりに有志で飾りを送っているとのことで、
ものすごく花を作るのが速いのだそうです。
新婦ではなく新郎の手作り。これを明かしたときは会場中がどよめきました(笑)。

☆この披露宴を語るに欠かせなかったのが「ベガルタ仙台」。
新郎が大好きなチームであり、新婦も一緒に試合を観るようになって、
今では応援歌や応援ダンスを覚えてしまうくらいとのこと。
入口の飾りつけ、そして、お色直しはユニフォーム姿でビールサーブ!
おかげで私もその後のベガルタ仙台の動向が気になりました(笑)。
e0039787_2121322.jpg

☆テーブルラウンド中に新郎新婦が皆さんに・・・と渡したのが
それぞれの地元の食べ物。
新郎は笹かま。そして新婦は「おいり」と言われる
香川県西讃地域に代々伝わる嫁入りの際に配るお菓子。
おいり、初めて知りました。

☆スピーチはお席にマイクを持っていき6人に
1~2分ほどで喋っていただくという方式をとりました。
皆さん、ものすごく上手かった!
言いたいことがたくさんあるとどうしても長くなってしまいがちなのですが、
あらかじめお伝えしていて準備できるからとはいえ、
コンパクトに、でも笑いも交えて、お見事なご友人たちでした。

☆音響スタッフの方が今回は司会台の真後ろにいらっしゃる配置で、
ご歓談中にいろいろ話す機会がありました。
「いやー、落ち着いていて温かくて、とてもいい披露宴ですね」
彼はたくさんの新郎新婦、その周りの皆様を見ているからでしょう、
しみじみしながらもやけに説得力がありました。

☆帰り際、Aのご両親と挨拶しながら、またまた感慨深くなりました。
中学時代の「塾の」友達であるという繋がりで、
こうして人生の門出にご一緒できるなんて・・・。
人のご縁というのは面白いものですね。

A、本当におめでとう。旦那様と末永くお幸せにね!!!
by mikikasai819 | 2013-12-31 18:56 | けっこんしき(結婚あれこれ) | Comments(2)

使わなきゃ意味がない

e0039787_15541669.jpg

昨日片付けをしていて引き出しの奥から出てきたもの。

大分・別府温泉「海地獄」で買った入浴剤。


えんま(ん)の湯。


別府温泉行ったのって、2年前(大汗)。

お土産、買ったはいいが、使わないと意味がない・・。
by mikikasai819 | 2013-12-30 10:54 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

大掃除じゃなく大片付け

あれこれたくさん捨てました。すごくスッキリ。

・・とはいえ、まだ3分の1くらい。先は長い。

でも、ずっと見て見ぬ振りをしてきたところに手をつけて
ある程度納得いくまで綺麗にできたことが満足。

それにしても、やはり掃除ではなく片付けなんだな、我が家の課題は。

お疲れ様。
by mikikasai819 | 2013-12-30 00:29 | Comments(0)

寒空の下で待ち伏せ

遅ればせながら、今日はひたすら年賀状を書いていました。
出先のファミレスでひとり黙々と。
一言は必ず添えたいと、300枚、腱鞘炎になりそうでした。
でも、全て終えたときは達成感!

こうなると人間身勝手なもので、元日に到着させたい!と強く思うわけで・・・。

もう28日なのに。
25日までに出してくれと郵便局は言っているのに。

重々承知しております。
でも、可能性がゼロでないのなら、一刻も早く仕分けルートに乗せていただきたい。


・・・実は書く前に、郵便ポストの取集時刻を確認しておきました

最終は18時20分
これを逃すと明日の朝7時半。

この差は大きい。

よし、18時10分には投函しよう。

そうして、何とか書き終わり、18時14分に投函しました。



ふぅ。これで安心。


いや、待てよ。
本当に20分にやってくるのだろうか。
既にもう早めに来てしまっていることはないだろうか。


急に不安になりました。


もう投函したんだからジタバタしても仕方ないのですが、
これだけ頑張ったのに、明日では悲しすぎる・・・と。


無事に回収されるのを待ってみるか。


赤い車の到着を待つことにした私。

都心だから行きかう人はたくさんいるし、
寂しくも恥ずかしくもないけれど、寒い(笑)。


18時16分から待ち伏せスタート。

18時20分ジャスト。こない。

18時25分。5分経過しても来ない。

うわー、これって、もう先に取りに来ちゃったってことある?
バスだったらあまりに早く停留所に着いたら時間調整するけれど、
郵便は・・・ないよね。
18時くらいに投函しておけばよかったかな。
いや、まだあきらめるのは早い。
色々なところを回ってくるわけだし、道も渋滞しているかもしれない。
うーん、どうなっているのだろうか。
気にせずその場を去ればよかったのだが、ここまで待ってしまうと引くに引けない。



ここで、気づいたことがありました。



ポストのところに集配担当郵便局の電話番号が記されているではありませんか!





・・・電話してみようか。
(この時点で完全にブログネタ決定)




「はい、こちら〇〇郵便局コールセンターです」



「あのー、お忙しいところ本当にすみません・・・
今、〇〇駅の前のポストに年賀状を投函したのですが、
取集予定時刻というのは早まったり遅くなったりしますか。」



面倒くさい質問だと思ったことでしょう・・・
でも、先方は丁寧に答えてくれました。


「恐れ入ります、多少の時間差は発生してしまいます。
ただ、あまりにも早過ぎることはないようにしています。
問題になってしまいますから。
遅いときは10分かそれ以上かかることもございます」

「そうですか。ありがとうございます」


この時点で予定の時刻はさらに過ぎて18時29分


来るかわからない(既に立ち去ったかもしれない)車を待つのは
なかなかやきもきするものです。
しかも、待ち合わせではなく勝手に待っているのですから余計にです(笑)。


まあ、ここまで来たら覚悟を決めよう。



ずーっと立っていたら手が冷え切ってきます。
待ち合わせスポットではないところです。


ああ、私の年賀状たちはこのポストの中で一晩を過ごすのか。

救ってほしい・・・。

来年からはちゃんともっと早く取り掛かる(ようにします)から・・・。



すると、遠くから1台の赤い軽自動車。


ハザード出した。


来た!!!来た-----!!!


e0039787_09430.jpg



なんだろう、この感覚。


「お待たせ!」と私自身に向かってくるわけではなく、
ポストのカギを開けてハガキを集めて、
こちらの存在などまったく知らずに足早に去っていく男性・・・


「ありがとう。よろしく頼みます!」と心の中で拝みました(笑)。


時計の針は18時36分を指していました。



投函してから20分。予定時刻から16分。電話確認から7分。



ちゃんと来た。この目で確認した。嬉しかった。でも、寒かった(笑)。



FIN




・・・とここまで書いておきながら元日に届かない可能性の方がきっと高いです。
何せ、取り扱う枚数が膨大ですからね。
(高校時代に郵便局でこの時期だけアルバイトをしていたから分かるのです。
あっ、バイト禁止の学校だったけれど、もう時効ということで・・・。汗)
by mikikasai819 | 2013-12-28 23:03 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

胃痛にはネバネバ

先週は風邪で喉が痛くヒヤヒヤしましたが、無事に治り、
ほっとしたのもつかの間、なんとなく胃が痛い。

なんとなく。

ネット検索すると、出るわ出るわ。

胃痛には納豆

胃痛にはオクラ

胃痛にはとろろ

見事にネバネバ系を推している。




えーい、全部乗せてくれー。


そんなわけでいただきます(笑)。
e0039787_14555274.jpg

by mikikasai819 | 2013-12-27 14:55 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

いつものように金曜日は朝4時起床5時出発。

電車内の雰囲気は・・何かが違う。
いつもに比べて人が多いのだ。

仕事納めを早めにして今日から休みの人がいるようだ。

それなら人の数は少なくなるはずでは?

いや、大きな荷物を持っている方がいる。
友達同志で話す声がする。(始発電車は基本的に静かなのだが)


明らかに普段乗らない人が早朝の電車に乗っている。

12月最後の金曜日。
朝7時からいつものように生放送スタート。

ぐっとモーニングせたがや 83.4MHZ FM世田谷
※ホームページからパソコン・スマホでも聴けます。
Tune in RADIOのアプリからもどうぞ。
by mikikasai819 | 2013-12-27 05:25 | Comments(0)

昨年のリベンジ2つ

昼にupした都立上水高校のクリスマス会は大盛り上がり。

今年も非常に多彩な出し物がたくさんありました。
高校生の豊かな発想力に脱帽です。
サンタに扮したダンスあり、ラジオ&テレビドラマあり、ランキングあり、歌あり。
♪ヒュールリー ヒュールリーララー♪
越冬つばめを高校生(しかも男子)が歌うのを初めて聞きました(笑)。

クリスマスプレゼント交換は、私のセレクトしたものは1年生に渡りました。
ドーナツ型のセロテープとポストイット)
500円という予算内で選ぶ約束、
しかも男女どちらに当たってもいいのを考えるのは難関でしたが、
使ってもらえたら嬉しいな〜と思います。

ちなみに私は別の1年生からのプレゼントをいただきました。
バンドエイドとエコライト。実用的かつ可愛いです。
e0039787_0481913.jpg

去年はこのクリスマス会をあまりの体調不良で早退してしまったので、
(声が出なくなってしまった)
ちゃんと今年は満喫できてよかったです。


夜は恵比寿に移動。
淑徳大学の公開講座で学んでいた元生徒さんたち(大人)の忘年会。
クラスの異なる女性2人ずつ、計4人と私。
実はこの会も、去年は高熱でダウンしてドタキャンして寝込んでしまったのです。
はじめましての生徒さん同士を引き合わせる役目だったのにそれもできず、
でも心配ご無用、皆様仲良くなってくれていて、ホッとしたと同時に
絶対に今年は参加する!と気合いを入れていました。
(同じお店にしてもらいました)

しばらくご無沙汰していた生徒さんもいて、本当に楽しかったです。

「河西先生、やっぱり、声って大事ですね」
「また頑張りたいです。」

私が一番若輩者で、教室を離れれば先生と言われるのは恐れ多いのですが、
生徒さんたちがやる気になっている様子を見るのは、本当に講師冥利につきます。

「来年もまたここにしましょう♪」

「おいしかったもんね〜」

「来年は飲みすぎないようにしてトークに専念します」

「来年のこの会ではいい報告ができるようにします〜」

誰からともなく、この会が毎年の恒例となりそうな発言が。
いいですねー。うれしいです。
・・・というわけで、

「来年は階段から落ちないようにします」

はい、私も決意新たに(苦笑)。



帰りはクリスマスから門松に早速替わっているビルを発見し、
今年もあと1週間だと痛感いたしました。

ということで、2つのリベンジ大満足!

皆様ありがとうございました。


美味しい写真が1枚もないのは残念なので、
ワインとともにいただいたマッシュルームのアヒージョを。
e0039787_0481917.jpg

どのお料理も美味しかったです。サングリアが絶品。
恵比寿のスペイン料理「ティオ・ダンジョウ」です。(2階)


※生徒さんからいただいた長崎ちゃんぽん。
これを明日はいただこう!
e0039787_0481930.jpg

by mikikasai819 | 2013-12-25 23:57 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

メリークリスマス

e0039787_134089.jpg

なかなか更新できぬままでしたが、気づけばクリスマス。

都立上水高校の生徒主催のクリスマス会に今年も招かれました。

各自持参したたくさんのプレゼントは、後にくじ引きで渡される相手が決まります。
果たしてどうなりますやら?
by mikikasai819 | 2013-12-25 13:40 | Comments(0)

ニュース読みを教える

FM世田谷アナウンス研究所のレッスン日。
カリキュラムを見ると「ニュースの読み方」とありました。
ほほう。
より実践的な練習をする講座なのでね。

実際に新聞社から配信されてくる原稿を見ながら
どのように伝えていくかを学びます。
ひとりひとり読んでもらいながら修正していきます。

文章を一息で読もうと気負いすぎてうねっていたり、
スピードが速かったり遅かったり、
意味を考えずに読んでいるから全く伝わらなかったり、
ハッキリ立てるべき単語が聞き取れなかったり、
助詞がやけに目立って聞こえたり、
数字のアクセントが違っていたり、
明るいニュースなのに暗く読んで、逆に暗いニュースを明るく読んだり・・・

生徒さんは、指摘を忠実に受け止めながら、
様々なジャンルのニュース原稿を練習しました。

上手に読もうと思わなくていい。相手が分かるように伝えればいい。
究極はその1点です。
もちろんテクニックは重要ですけどね。

教えながら、ニュースはやはりアナウンサーの基本だなぁと思いました。
そして私はニュースが好きだなぁと再認識しました。

番組のパーソナリティーをしているとフリートークなどが多いですが、
私にとっては、「情報をいかにわかりやすく伝えるか」というのが究極の醍醐味です。

あとは、新聞に出ているニュース記事を音読していく練習もしました。
ただそのまま読むのではなく、あくまで放送用ということで
語尾は「ですます」に変え、必要な単語は言い換える、

例えば2012年は去年と言い直した方が聞いている方はわかりやすいとか
「同省」とあったら耳で聞くとわからないので、前の文面と同じように「○○省」というとか、
「約」はおよそと言い換えるとか・・・

まあこれはほんの一部ですが、そのようにしていくと
話し言葉のニュースが完成します。
全て相手のことを考えれば自然と直していけるものですし、
「仕方なく直す」という気持ちだときっと伝わらないでしょう。

「これなら家でも練習できる」
「頑張ってみよう!」

生徒さんたちは本当に前向きです。
最初はたどたどしくても必ず噛まなくなるしスムーズに言えるようになります。
声に出すからニュースも頭に入り一石二鳥!

来年は朗読からスタートです。これまた全く違った喋りですね。
でも基本は相手に分かりやすく伝えること。
ストーリーや情景が思い浮かばないようでは独りよがりの朗読ですので・・・。



FM世田谷からの帰り、用賀ではゴスペルコンサートがやっていました。
クリスマスだなぁ。
e0039787_933975.jpg

by mikikasai819 | 2013-12-21 21:07 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819