<   2011年 01月 ( 33 )   > この月の画像一覧

今日は、保健所からのお知らせCMの収録をしました。
インフルエンザが流行してきたということで、
40秒という限られた中で、予防啓発の文章を読みます。
あれもこれも入れたいと思うと時間オーバーになってしまう。
先方はどこを削るか決めるのが大変そうでした。
インフルエンザはまだ身近?ですが、感染性胃腸炎に関しては、
どういうものか、感染経路なども詳しく伝えないと分かりにくいからです。

いずれにしても、こういうインフォメーション系は、ただ読むだけでは伝わりません。

気持ちを乗せます!

・・・なーんて、偉そうなことを書いていますが、新人の頃はできませんでした。
字面を追って、きれいにまとめることだけで必死でした。
余裕なんてこれっぽっちもありませんでしたよ。

でも、ラジオCM・・・耳だけで聞くものは、その耳に残らないことには訴求できません。

奇遇にも、お昼に一緒にご飯を食べた友達が先週までインフルエンザで寝込んでいて、
「もう本当にしんどかったよー(涙)。みきさんも気をつけてね。」
「うーん、気をつけてはいるんだけど、こればっかりはね・・・(恐)。」
という会話をしてきたばかりだったので、
1時間前のランチタイムのことも思い出しながら読みました。

ひとりでも多くの人(自分含)が、インフルエンザや感染性胃腸炎で苦しまないように。
しっかり予防できますように・・・って。

担当の方は初めてラジオ局を訪れたそうで、あらゆることに感動されていました。
その中の1つ・・・「河西さん、先ほどの打ち合わせと本番、声が違いますね・・・(驚)」
そ、そうですか?どちらもホンモノです(笑)。

さてと、帰ったら手洗いとうがいをしましょう。
そして、旅行記をUpし終えてしまいましょう・・・。はい。
by mikikasai819 | 2011-01-31 15:41 | はたらき(お仕事) | Comments(4)

2月は働きます!

今日は日曜日ですがセミナー司会で大手町にいます。
気づけば明日で1月も終わりですね。早すぎます。

1月は3分の1は海外でゆっくりしてしまいましたが、
2月はセミナー司会を月の半分ご依頼いただいていまして、
ラジオ、ナレ収録、取材、アナ指導なども含めると、
完全オフが1日しかないことに気がつきました!

大変?とんでもない!フリーにとって何より幸せなことです。
暇な時は逆に情緒不安定(苦笑)。

ひとつひとつ丁寧に。
旅をしていた1月の分も頑張ります!

※あっ、友人・知人の皆さん、「河西さんは忙しそうだから・・」と
食事やお茶、飲み、各種イベントへのお誘いを控えるのは絶対におやめください。
そういう時間は別腹(!?)なのです。
朝から晩までずっと・・という仕事パターンではないので、ちゃんと捻出します!
by mikikasai819 | 2011-01-30 18:01 | やるき(決意・反省など) | Comments(6)

所用で、某コールセンターに電話をする機会がありました。

3コール後に数秒の間があり、

『お電話、誠に、ありがとうございます。こちらは、○○キャンペーン、事務局・・・

担当の●●です



ビックリしました。

担当?
えっ、留守電じゃないの?( ̄○ ̄;)
名前を言われるまで完全にテープ音声だと思っていました。
それくらいゆっくりな棒読みでした。
マニュアル通りすぎて(笑)。

でもこちらが名乗ると『はい、河西様ですね!お問い合わせありがとうございます!』と、
途端に私と同じテンポの対応になりました。
最初からこれならいいのにな(苦笑)。

※その人だけかと思ったら、別の時間にかけたときに出た方も、
全く同じマニュアルスピード&トーンでした(*_*)
by mikikasai819 | 2011-01-29 18:19 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

すみません、ブログでの告知が遅れておりましたが、
「まちあるき」のコーナー、復活いたしました!!!!!

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んで、その駅の周りを歩く、
「かさいみきのこのきなんのきまちあるき」。
去年の春を最後に休止していましたが、いよいよ歩き出すことを決意。
3周目に入ります。
雨の日も風の日も歩く日々が始まります(笑)。
毎週大変なことも多いですけど、それ以上に、また新たな発見があるのが楽しみです。
どうぞ再びごひいきに。

まずは「あ」。1周目は赤羽、2周目は麻布十番に行きました。
(クリックするとそのときの様子に飛びます)

久々のまちあるき、復活第1弾は、
日本を代表する観光地となった「秋葉原」にいたしました。
e0039787_10251947.jpg

JR山手線・京浜東北線・総武線、東京メトロ日比谷線、さらにはつくばエクスプレス!
交通の要所としても秋葉原は見逃せません。
e0039787_11233886.jpg

出口も複数あります。
e0039787_102804.jpg

私も以前、この駅はよく乗り換えで利用していました。
(昭和通り側、都営新宿線の岩本町駅まで歩いたものです)
ヨドバシakibaで家電も買いました。懐かしい。
e0039787_10333668.jpg

でも、今回は、とことん「電気街」を歩こう!と。
サブカルチャーの街=秋葉原を知ろう!と思い立ちました。

まず向かったのは秋葉原案内所。
ゲーマーズというお店の入り口横。
e0039787_10335894.jpg

e0039787_10342747.jpg

電気街口の改札を出て左、道なりに1分弱。
決して目立たず、占いのブースくらいの机。
e0039787_1115166.jpg

e0039787_10311449.jpg

メイドの格好をした方がおひとり座っていて、地図をくださいます。
アキバマップ。これが細かい!!!
もちろん街について質問すると答えてくれますし、
メイドと行く秋葉原ツアーも有料で行われている様子。

よし、まずどこからにしようかな。

改めて街を見ると、電気街ですから、たくさんの大型電器店。
e0039787_10365993.jpg

e0039787_10371132.jpg

e0039787_10373017.jpg

ラジオ会館、健在です。
e0039787_103869.jpg

細かいものまであれこれ揃う路地裏。
e0039787_10383822.jpg

e0039787_10385592.jpg

そんな中、地図で探したかったものは、秋葉原名物「おでん缶」。
ちゃんと記されていました。
あったあった!大きな通りから1本入った所。
e0039787_104506.jpg

自販機に近づいていったら、感動!
本当におでんが缶になっている!!!
e0039787_1041370.jpg

1つ300円。よし、買うぞ!
e0039787_10441254.jpg

私以外にも興味本位で購入しているカップルがいましたが、
人がたくさんいるわけではなく。
おでんをここで食べる雰囲気でもなく。
そもそも、箸がないから食べられない!と思い持ち帰って食べました。
(あとで、こんにゃくに串が刺さっているとわかりましたけどね)
その写真はこちら。具がたくさん入っていました。
e0039787_1042392.jpg

作っているのは秋葉原とは関係なく、名古屋の会社でした。

ちなみにおでん以外にも色々なものが売っている自販機でした。
e0039787_10431885.jpg

e0039787_10432979.jpg

e0039787_10434320.jpg

さて、秋葉原は日本を代表する観光地となりましたので、
免税の文字が光るお店もあります。
e0039787_10454735.jpg

そんな中で、アキバのドンキホーテはすごい!
e0039787_10495970.jpg

富士山のキーホルダーやスカイツリーの組み立てキッドなど、
何でも揃っているのです。
もちろん、アキバに特化したものも。
e0039787_10511155.jpg

海外から帰国したばかりだったので、「ああ、旅行者だったらこういうものが欲しいのかな」などと
自分に置き換えて考えていたらワクワクしてきました(笑)。
中国語がたくさん書いてあるのもここでは当たり前。
e0039787_10521012.jpg

ドンキホーテといえば、AKB48の劇場があるところ。
e0039787_11365651.jpg

事前予約しないと当日は入れないのですが、
ファンクラブに入っていない人でも女性枠・遠方の人枠など分かれているようで、
とても良心的だと思いましたよ。
5回はグッズ売り場。アイテムの写真はもちろん撮影禁止です!
たくさんの男性陣がいました。修学旅行生も盛り上がっていました。
e0039787_10485152.jpg


今回秋葉原を歩いてみて感じたこと、それは、
メイドの格好をした人がカメラを避けるなぁということでした。
あくまで街の全体写真を撮影しようと何気なく構えると、
メイドの格好をした子がレンズからササッとよけたり、顔をそむけたり。
やっぱり個人情報なのでしょうかね。
そもそもメイドさんの姿が減った気がしました。
何かチラシは配っていても、普通にスタッフジャンパー着ている感じで。
平日だったからか、カメラのせいか・・・。

では、頭文字のまとめです。(これも復活)

・・・アイドルに会える街
・・・奇妙な自販機おでん缶
・・・初めての方は案内所へ
・・・バイトするならメイドカフェ?
・・・ラジオ会館、今も健在

☆☆☆

ここからはおまけ。

↓↓↓

☆電気街口、改札外にアトレができていた。去年11月にオープンしたらしい。
雑多な場所に明るい空間が誕生したなぁ。
e0039787_112403.jpg


☆秋葉原名物ケバブと書いてあって屋台が出ていた。
ドイツでケバブをたくさん食べてきた身としては今回は控えたけど、
なるほど、ケバブを食べたくなったらアキバに行けばいいのかー!
e0039787_1164188.jpg


☆とにかく見ていて飽きない、数々のお店。
アキバらしいものがあっちにもこっちにも売っている!
電気部品はもちろんのこと、
e0039787_11101684.jpg

こういうものもね(笑)。
e0039787_1184989.jpg

e0039787_1192216.jpg

そして、お土産屋さんも。
e0039787_11111470.jpg

e0039787_11113126.jpg

「あきばお~」というお店もにぎわっていました。ここ、何号店?(笑)
e0039787_11381323.jpg

☆海外帰りだったせいか、ついつい英語表記に敏感。
外国のお客さんにわかりやすく・・・ね♪
e0039787_1142522.jpg

☆ドンキホーテで、ニヤッと笑ってしまったのが、エスカレーターの足元。
e0039787_11122624.jpg

☆今は懐かしい人が看板になっていました・・・。
e0039787_11373123.jpg

☆アキバには高層ビル・マンションも増えています。
e0039787_1113771.jpg

e0039787_11132675.jpg

その一方で、昔ながらのお店もあるのですね。
e0039787_11135281.jpg


☆番組ではAKB48の「会いたかった」をフルコーラスでおかけしました。
「会いたかったー会いたかったー会いたかったーYes!」以外の部分を
しっかり聴けて嬉しかったです(笑)。今なら歌える!!!

☆この放送は先週の分で、歩行者天国復活を控えた秋葉原を歩いたのでした。
e0039787_1125620.jpg

日曜日の午後、部分的・実験的にということで始まりましたよね。
あの無差別殺傷事件が2008年6月。
私はその次の月からエフエム世田谷で番組をしています。
2年半が経ちました。
亡くなった方にも平等に存在するはずだったこの月日。
事件を風化させてはいけない、毎日を大事に過ごしたいと切に思います。

↑↑↑

☆☆☆

次は「い」から始まる駅。本日放送しましたので、また後ほどUpします。
旅行記と日常日記とまちあるき、さらに混在しています・・・恐れ入ります。
by mikikasai819 | 2011-01-28 11:33 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(4)

改めて、1月12日の出来事。
今日向かうのは、ドイツの中でも1,2を争う観光地「ノイシュバンシュタイン城」。
ロマンティック街道の終点に位置し、観光バスで行く人は多いと思うが、
私たちはあくまで鉄道で向かう。
e0039787_1820167.jpg

e0039787_18205880.jpg

e0039787_18211546.jpg

ミュンヘン駅からフュッセン駅まで2時間。
雪が積もっているところを通っていく。
e0039787_18214039.jpg

e0039787_182207.jpg

e0039787_18222989.jpg

私はいつものように爆睡。
(電車の揺れが心地よく、百発百中寝てしまう)

フュッセン駅からはバスで10分弱でチケットセンター。
e0039787_18225369.jpg

ここがお城行きのシャトルバスの出発場所でもある。
e0039787_18231715.jpg

しかし、なんと、この日は、道路が凍結していてシャトルバスが走っていないとのこと。
e0039787_18234330.jpg

お城まで山道を歩いていくと40分。ひぇー。
そこで、目に入ったのが馬車。馬はこの気候でも頑張っているのだ。
e0039787_18241495.jpg

1人6ユーロ。乗る!乗る!
(昔なら節約のために歩いたかもしれないけど、これは絶対乗るでしょ。苦笑)

しかし、乗り込んだもののなかなか出発しない。
お客さんが定員分に達するまで待ちぼうけ。
まあそれでも歩いたら40分。馬車なら15分。よしとしよう。
12人の体重と荷車そのものの重さを引っ張る馬。頑張ってね。
e0039787_1825345.jpg


そう思っていたら、出発してすぐ、馬が立ち止まった。

え?

数秒後、笑いが起きた。えーっと、馬の排泄タイム

道の真ん中に堂々と。そして、それをそのままにして再び動き出す。
いずれスタッフが回収にくるのだろう。

馬車はカッポカッポとひづめを響かせ、ゆっくり、でも確実に道を登っていく。
歩いている人が「いいなー」という表情で横目で見ていく。
結構急な坂道なのに、おかげで快適。
e0039787_1826120.jpg

e0039787_18262933.jpg

到着した場所は、予想と異なり、城のふもと。もう少しだけ歩かなきゃ。
でも、本当にあと少し。だいぶ時間は稼いだ。

いざ、お城とご対面。晴れていればもっと写真がキレイに撮れたのに。
とことん天気に恵まれない、それが私(苦笑)。
e0039787_18291719.jpg

このノイシュバンシュタイン城は国王ルートヴィヒ2世が夢に描いたお城。
まあ、なんと現実離れした空間だろうかと目を見張るくらいに贅沢だ。
これを国民に作らせて、自覚に欠けた行動ばかりを繰り返し
「狂王」とも揶揄されたらしい(苦笑)。
ここを見学するにはツアーのみ。ツアーは英語とドイツ語のみで、
あとはオーディオガイド。チケット代金に含まれている。
私たちの回は外国人向けで、各国の英語・ドイツ語以外の人たちが、
各々にオーディオガイドを耳に当てながら見学した。(設定を変えられる)
e0039787_18295087.jpg

内部は撮影禁止なので、写真はない。
でも、こんなにたくさんの部屋と調度品と、まあ、本当に夢のような場所だった。
王が亡くなったことにより玉座の部分が作られなかったというのが、
ああ、未完成だったんだと思わされてしみじみした。

城の帰りに視界に入ったインビス(軽食スタンド)でホットドッグを食べる。
e0039787_18352398.jpg

ドイツに来てはじめてのヴルスト(=ソーセージ)。これがおいしい!!!
e0039787_18333390.jpg

e0039787_1833537.jpg

こんな道端のお店でこんなにおいしいなんて!というくらいジューシーだった。
そして、冷え切った体が温まった。
e0039787_18342118.jpg


行きに馬車で上った坂、帰りは歩いてみた。
あっという間に降りてこられた。下りはラク。でも、馬車には追い抜かれた。
箱根駅伝の山下りの気分だった(笑)。
e0039787_18345861.jpg

またフュッセンから2時間かけてミュンヘンに戻ってきた。
まあ今日はノイシュバンシュタイン城が計画の全てだから問題なし!

いや、もう1つあった。夜のビアホールだ。

ドイツで最も有名な、創業400年を越すホーフブロイハウス。
e0039787_18364158.jpg

すごい人の数!広―い!!!
e0039787_18373199.jpg

e0039787_18381640.jpg

e0039787_18384468.jpg

基本は1リットルの大ジョッキということなので、もちろん注文。
伝統料理であるシュヴァインスハクセとシュヴァイネブラーテンといったお肉料理。
e0039787_18395261.jpg

e0039787_184015100.jpg

さらに、ミュンヘン名物のヴァイスヴルスト(白ソーセージ)。
本来、バイエルン地方の伝統的な朝食メニューだから、
出していないお店もあるようだけど。
e0039787_18404137.jpg

ただ、食べられるのはいいけど、このソーセージは皮を剥いて食べるのが普通らしく、
こんな感じ?とナイフとフォークで結構苦戦していた。
(汚い写真で申し訳ありませんが、本当に頑張っていたのです。苦笑)
e0039787_1841284.jpg


そこへ、「この席空いてますか?」と男性3人がやってきた。

別にナンパではない。ビアホールは相席が基本だ。
3人のうち1人は日本人だった。出張で来たらしく、あとの2人は現地のドイツ人。
私たちがソーセージを食べているのをみて、「ここをこうやって切って食べるといい」と
英語でアドバイスをしてくれたことから話が始まった。

そう、これもこういう場所では当たり前のこと。
一緒の席になったのに会話無いのは寂しいものなのだろう。
でも、ここはドイツ。ドイツ語分からない。英語もやっぱり苦手。
あー、イタリアだったらノリノリで積極的に会話にチャレンジするのになぁ。

ただ、英語で疎通しづらいときは、その日本人男性が通訳になってくれて、
なんだかんだでアルコールの力もあって楽しくなってきた。
ビアホール中央の生演奏も盛り上がるエッセンス。
e0039787_18473595.jpg


一番ウケたのは、お肉をガッツリ食べている私たちを見て、
「明日胃にもたれるからこれを飲んでおけ」と強いお酒を頼まれたこと。
原液のウォッカなんだか、とにかく間違いなく飲んだほうが胃がやられるであろう
すごいにおいの透明のお酒。これを一気に流し込むという。
e0039787_18421049.jpg

さすがにできなかった(笑)。
日本人男性が「無理はしなくていい」と言ってくれ、代わりに体を張って飲んでいた。
帰り際は「これはこっちが頼んだから払っておくから」と笑顔で対応してくれた。
よく聞けば、某ドイツの有名な車の会社の方々だった。写真を撮らせてくれた。
楽しい時間をありがとう。もちろん、一期一会。名前も連絡先も知らない。それがまた良い。
e0039787_18433061.jpg


というわけで、あー、苦しい、食べ過ぎた&飲みすぎた!
でも、ミュンヘンでビールとソーセージを堪能できたのは目標達成かな(笑)。
e0039787_18445218.jpg

To Be Continued・・・
by mikikasai819 | 2011-01-27 18:50 | りょこうき(旅の記録) | Comments(0)

冷凍の焼きおにぎり

e0039787_21343995.jpg

何年ぶりだろう、もしかすると十何年ぶりかも。
特に理由はないけど、自分からは買ったことありませんでした。
冷凍の焼きおにぎり。
受験生時代、お腹がすいたときの夜食の1つでした。
あの手軽さがたまらなかった。そして何よりおいしかった。

今日、冷凍食品コーナーに立ち寄ったらふっと目にとまったのです。
久しぶりに食べたら、じわーっと醤油の味がして、
なぜか英語の参考書の表紙が頭に浮かんできました(苦笑)。

どんな形でも、なつかしの味ってありますよね。
by mikikasai819 | 2011-01-26 21:34 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

やった!日本勝った!

e0039787_1143245.jpg

川島!すごいよ!感動で、テレビの前で叫んでいました。
120分まで決まらずPK戦まで行くとは思いませんでしたが、
それだけの素晴らしい試合でした。
日韓戦って本当に白熱しますね。

※ザッケローニ監督のイタリア語は聞き取りやすいなぁ。
by mikikasai819 | 2011-01-26 01:14 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

私が担当している番組の1コーナー「暦あらかると」。
その日に起こった歴史やその日のお誕生日の芸能人を紹介する。

「24年前の今日、○○事件がありました」
「歌手の○○●●さんは53歳、作家の△△▲▲さんは42歳です」

それで、先週金曜日、年齢計算をするときに、途中まで完全に間違えていた。

えっと、1960年生まれだから、2010-1960でこの俳優さんは50歳だ。
いや、違う!2011から引かなきゃ!あー、51歳だ。

危ない危ない。放送前に気づいてよかった。

今日は今日で、我が家の食料品棚を整理していたら
麺の賞味期限が「2011・1・25」とあった。
ああ、まだ来年かと思って、数秒後、いや、今年だと気づいて、
しかも、奇遇にも今日の日付だ!と焦って、慌てて食べてみた(苦笑)。

今年が始まって25日。
まだ時折混乱する。
今年が2011年であり、平成23年であるということを。

・・・私だけ?
by mikikasai819 | 2011-01-26 00:37 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

1月12日(火)。・・・とその前に、日付の変わる11日夜から書かねばならない。

ヴェローナからドイツのミュンヘンまでは、主人の希望で寝台列車に乗ることにした。
ヴェローナ発はなんと深夜1時1分。それまでどこでどう時間をつぶせばいいのだ・・・
これに関しては旅行の前から相当な情報集めを試みたけど、ほとんどない。
ヴェローナの街中は遅くまでやっている店はある。
でも、バスがなくなってしまうから、20分以上夜道を駅まで歩かなくてはならない。
駅前には何もない。
駅中には・・・22時で閉まるマクドナルド。23時で閉まるBar。以上。
結局数時間は何もない駅の中でつぶさなくてはならない。
これを避けるために、寝台列車の始発駅であるヴェネツィアに戻って
そこから乗ろうかとも考えたけど、その分、本来不要な切符代が余計にかかる。

うーん。

とりあえず、バスがなくなるのはやはりつらいので、夕食後はヴェローナ駅へ戻る。
この時点で20時半。
ヴェローナ駅に待合室はないかと見てみたら、21時で閉まるとある。

うーん。

とりあえず、寒々しいのもいやなので、待合室へ。
e0039787_23341312.jpg

e0039787_23353179.jpg

するとここでいつもの「駅の記述は適当」状態が炸裂!?
21時になっても全く閉まる気配がない。みんな普通に座っている。


よし!!!


22時、23時、全く閉まらない。
おなかもすいていないので、ここで座りっぱなしということになった。
そのうち、無性に眠気が襲ってきた。

気づけば私も主人もうとうとしてしまった。
もちろんカバンをしっかり抱えて・・・である。
でも、深夜のイタリアの駅、待合室とはいえ、なんだか異様な雰囲気が漂っている。

そのうち「Polizia!Polizia!(警察だ!)」といいながら、
どう見ても普通の人が、隣で寝ている人の頬を叩いた。
何?と思ったら、その後も、うろうろと落ち着かない人がいた。
これから電車に乗るという雰囲気でもなく、ただここに居座っているのではないかとすら思えた。
こんなところで寝てしまった自分たち・・・次の旅行では絶対に避けよう。

そして、無事に0時過ぎ、寝台列車は入線。
e0039787_2336681.jpg

この列車はドイツのもので、女性の車掌さんからはいきなりドイツ語の洗礼。
ああ、もうイタリアはお別れだ。

列車自体は非常にキレイ。
e0039787_23365181.jpg

さすがに個室にしたからというのもあるけど。
e0039787_23371837.jpg

私は上のベッドに寝て、主人は下へ。
e0039787_23375977.jpg

窓から景色が見えるのが下段だからだ。
でも、景色といっても残念ながら深夜だから全くみえないけど・・・(苦笑)。

とりあえず、ようやく乗れた。無事に乗れた。よかった。
ミュンヘン到着は朝の6時半。これだけでも早いのに、
なんと5時半には朝食タイムで起こされるらしい(笑)。
コーヒーか紅茶か先に聞かれて、コーヒーをお願いして、おやすみなさい。
あっ、洗面台が付いている!素晴らしい。
e0039787_23432857.jpg

e0039787_23425041.jpg


・・・

・・・

・・・主人に起こされた。ベッドに併設の目覚ましが鳴ったらしい。
全く気づかなかった(汗)。
10分後、車掌さんが朝食セットを持ってきた。
パンがやたらとおいしかった。ドイツってパンがおいしいんだよなぁ。
e0039787_2341243.jpg


でも、まだ5時半。外は暗い。

食べ終わって6時半。到着してもまだ暗い。

駅について、今夜泊まるホテルに荷物を預けるつもりで立ち寄ったのだが、
なんとチェックインが可能だった。ラッキー!
古いけど、ちゃんと英語が通じるし、何より駅から徒歩1分。非常に利便性が高い。

さあ、今日からドイツの旅が始まるぞー。
休む間も惜しんで、まずはフュッセンへ。

To Be Continued・・・
by mikikasai819 | 2011-01-24 23:45 | りょこうき(旅の記録) | Comments(0)

お年玉付年賀ハガキ

昨日の当選番号発表。
下2桁の次は下4桁、一気にレベルが上がるのですね(笑)。
e0039787_8423785.jpg


照合の結果・・・

我が家では7枚切手シートが当たりました(^_^)v
e0039787_8495064.jpg


これを引き換えに行かなきゃ意味がないので、忘れないようにしなくては!

※最近のブログは旅行記と日常の日記がごちゃ混ぜになっています。
週末も複数回アップしました。読みづらいかもしれませんがご了承を。
by mikikasai819 | 2011-01-24 08:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30