ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

<   2010年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

今年も多摩センター

e0039787_17314599.jpg

駅前のイルミネーションは本当にいつも工夫されているなぁと思います。

そしてそれ以上に思うのは、イルミネーションを携帯で写す人の多さ。

あっ、私もまさにそうか(笑)。

夜はパルテノン多摩でお仕事です。
by mikikasai819 | 2010-11-30 17:31 | Comments(6)

ダイヤ乱れとの戦い

今、収録スタジオに向かう途中ですが、
人身事故の影響でダイヤが乱れている路線に遭遇しました(>_<)。

こういうときは、駅でのアナウンスに集中です。

『終点にはあとから発車する急行が先の到着です』

なるほど・・と1本見送ろうとしたら、

すかさず『この電車が先です』というアナウンス。

ん?まあ、最新の情報を信じるか。

それが、乗り込んで次の駅に着く直前、

『急行の通過待ちをするのでお急ぎの方は次の駅で降りてお待ちください』

え?この電車が先着ってさっき言わなかった?

慌てて降りる人たち。私ももちろん。

でも降りてみて、やはり違う雰囲気。
いくら待っても急行は来ない。
ちょっとー、あのまま乗ってれば今頃着いたのでは?(涙)

駅ごと、係員ごとに違うアナウンス。
情報が統一されてなくて混乱。
とにかく早くスタジオに行かなきゃ。
でも、焦ったところで何かが変わるわけでもなく(涙)。

電車が遅れたのであって、私はちゃんと間に合うように家を出たのに・・うーっ。



今できることは、到着後すぐに収録にスムーズに入れるような精神状態を作ること。

頑張ってきます。
by mikikasai819 | 2010-11-30 10:45 | はたらき(お仕事) | Comments(4)

1つ前の記事に続いては、私が先輩、しかも大先輩状態の会合です。

土曜日、横浜での仕事を終えて向かったのは、
私が学生時代に所属していたサークル(正式には大学広報の一環)、
「キャンパスツアーガイド」のOBOG会でした。

私たちの年代はほとんど来なくて若い人だらけということは聞いてはいましたが、
行ってみてびっくり!現役大学生がたくさん!

しかも、名札をつけているOBも「2007年卒」「2008年卒」とか書いてあるぞー!
最近ではありませんか!

20世紀卒業の人、いないのー?(汗)

参加者名簿を見たら、私は3番目に長寿でございました・・・。
知っている人は、誘ってくださったガイドの先輩と1学年下の2人のみ。

18時スタートの会なのに到着は19時45分。
ほぼ終わりの時間だったせいもあって、なかなかなじめませんでしたが、
やはり年次は違っても同じこと(大学のガイド)をしてきた人たちです。

1次会の会場が大学に併設されているカフェだったため、
終了後、正門のところで円になって
大学応援歌を肩組んでみんなで歌うというイベントが(笑)。

実に卒業以来でした。

そして最後は校歌。こぶしを挙げて3番まで歌ったのも卒業以来。

それにしてもさすがガイド、歌詞覚えている率高すぎ!(笑)
現役生とOBが一体となってすごいことだなぁと思いました。

さらに面白かったのは、
「せっかくだから、誰かガイドやってー!」という
OBからの無理矢理な要望に、ノリよく答えてくれた現役女子学生。

「講堂は創立125周年のときに大改修が行われまして・・・」
「へぇ、そうなんだー。知らなーい!!!」
時代はめぐります。

でも、ひととおり終わったあとOBから質問が。

「鐘は一日に何回鳴るんですかぁ?(6回)」
「門扉のところの花は?(大隈家の家紋=裏梅剣花菱)」

そうです、わざと質問しているのです。
年次に関係なく共通している事柄は大いに盛り上がりました。

写真暗くて分かりにくいけど、大隈講堂です。はい、本当に分かりにくいです(汗)。
e0039787_18455782.jpg



☆☆☆


続いて2次会。私は1次会でほとんど何も飲食できなかったので、ここからです(笑)。
学生がてきぱきと店を決めてくれて、非常に心強かったです。

2次会は着席タイプ。
私のテーブルは2005年卒2人、2007年卒2人、現役大学生1人、
1997年卒の先輩1人、そして1999年卒の私。

ひとりひとり実に個性が豊か。お仕事もいろいろ。学生さんは就活中とのこと。
私と出身学部(学科までも)が一緒の人が7人中4人もいたり、
群馬出身がいたり、世田谷在住がいたり、ラジオ好きがいたり。
共通項はいくらでも!
こういうメンバーで話すことなんてなかなかないから楽しくて仕方ありませんでした。

「河西さんのガイドの様子、ビデオに残ってたので、見て勉強しましたよ」というのには
心底驚きましたけどね(汗)。

たくさんの刺激をいただいたので、後輩に負けずにまた頑張っていこうと思います。
「心のふるさと我らが母校」に感謝です。


※解散時に現役生からお土産をいただきました。中身はゴーフルでした。
e0039787_18481462.jpg

by mikikasai819 | 2010-11-29 18:51 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

あれは、人生初の社会人野球観戦の帰りだから、9月初旬の出来事。
私は水道橋駅で、運命的な再会をしました。

駅前で、向こうから歩いてくる3人組の女性のうちの1人、

それは、高校時代の部活動のI先輩。

一瞬まさかこんなところでと思ったけれど、間違いなく面影がある!

3メートル、2メートル、徐々に近づく。

ここで声をかけるべきか、いきなり呼んだらびっくりされないか、
万が一違う人だったらどうしようか、
でもここで声をかけなかったら多分もう一生会わない(連絡先も知らなかった)。

どうしよう、どうしよう・・・えい!これはもう勢い!

「I先輩!!!」

一瞬、ビクットした先輩は私の顔をじーっと見た。
そりゃいきなりすぎて絶対分からないよね。

「あのー、高校の放送部で一緒だった・・・河西です」

数秒後。

「えー!!!みきちゃん!?!?!?」

「はい!」

連れの皆様は何が起きたか分からない感じで見守ります。

「えー、どうしたの?どうしてここに?」

「はい、今日は都市対抗を見に・・・」

「私もだよー!」

こんな会話をしているうちにも、周囲は駅前のお客さんで大混雑。
長話もできないので、「また会いましょう!」と名刺を交換。

「えー!みきちゃん、本当にアナウンサーになったの?」

高校時代は夢物語でしたからねぇ。それ以来お会いしていないからこの反応は当然でしょう。
とにかく、私も大興奮。声をかけたことにより、こうして昔の縁がつながった瞬間でした。


☆☆☆

・・・それから2ヶ月が過ぎ、本当に再会を果たそうと、
I先輩は同学年のI先輩(ありゃ、こちらもI先輩だ!)を、
私は同学年のSちゃんを誘って4人で食事をすることになりました。

場所は六本木のトラヤカフェ。穴場だよと教えてもらっていただけあって、貸切状態。
スパークリングワインで乾杯。私はスープとスコーンを頼みました。
e0039787_1833142.jpg

もう、なんというか、あまりに久しぶりすぎて、
自分自身がどんな後輩だったか覚えていなくて、
でも、喋り始めてしまえばあっという間にあの時代に戻る感じで。
今どんな仕事をしているのか、どんな家族構成か、趣味は・・・と、
4人分それぞれ話していたら時間が足りません(笑)。
ひとつ言えることは、先輩はいつになってもかっこいい先輩でした。

「みきちゃん、本当に声をかけてくれてありがとう」

ホント、「あの日あのときあの場所で君に会えなかったらー」な感じですよね。
この偶然の再会に心から感謝です。
by mikikasai819 | 2010-11-29 18:29 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

たこ焼きを丸く

e0039787_17245653.jpg

友達の家でたこ焼きパーティー。竹串でうまく丸くなりました。
たこ焼き器はリーズナブルらしい。我が家でも買おうかしら。
(どうせすぐ飽きるよというのは主人の弁)

※ここ数日仕事の合間に楽しい会合がたくさんあったので、それらを早く記したいなぁ♪
関係した皆様、しばしお待ちを。
by mikikasai819 | 2010-11-28 17:24 | Comments(2)

e0039787_1994496.jpg

今日のセミナー会場は横浜赤レンガ倉庫でした。
(実は行く機会を逸していた赤レンガ倉庫、初めて訪れました)

今日のセミナーの後半は試写会。来週公開の『武士の家計簿』です。
堺雅人主演ということでかなり興味あり♪
(ドラマ新選組!の影響で、6年経った今も『山南さん』と言ってしまう。笑)

映画見たい〜!と思いましたが、控え室では音が聞こえず、舞台袖では映像が見えず。
どちらかだけだと作品の理解力が中途半端になるので諦めました(苦笑)。

それより、今日最も気を遣ったのは・・、

暗い所から明るい所へ、明るい所から暗い所への移動。

最初の写真は、ステージ裏への出入口。
一旦踏み入れると完全に真っ暗。照明は足元の電球1つのみ。

会場の音響さんに懐中電灯で照らしてもらわなきゃ歩けない!

しかも、長時間、暗闇で待機していると、
いざ舞台上で強いスポットライトを浴びたとき、
目が慣れていなくて何も見えない危険大(>_<)!

そんなわけで、扉ギリギリのところでウロウロしていました(笑)。
あの人何してるんだ?って感じだったかも。

なかなかない体験でしたよ。
by mikikasai819 | 2010-11-27 19:09 | Comments(0)

さてさて、またまた色々書きたいことがたまっております。

まずは、先週水曜日(ってホントどんだけたまってるのだ!)に開催された
スイーツマーケティングのセミナー。
私はここで、本当に素晴らしいお話を聞くことができました。
浦和パインズホテルのシェフパティシエ、朝田晋平さんです。
2001年3月、フランスのリヨンで行われた
“洋菓子のワールドカップ”「クープ・ド・モンド・デ・ラ・パティスリー」に
日本代表として出場し、見事、準優勝!
その後も国内外のコンクールで受賞を重ねています。

そんな朝田シェフ、お話伺うと、実に気さくで、非常に温かい方でした。
特に感慨深かった台詞は・・・

☆スイーツには作った人の気持ちがそのまま表れる。

「疲れた」とか「まあいいか」というような気持ちで作ったものは絶対おいしくない。
楽しいなと心から思いながら、食べる人のことを考えながら作ってこそ。

・・・私が普段放送に対して思っていることと全く一緒で感動しました。

さらに奥深い言葉は・・・

☆作り手にとっては1000分の1のスイーツでも、買い手にとっては1分の1000と思え。

端がちょっと欠けてしまった、なんとなくうまくできなかった、
パティシエにとってはそれが1000あるうちのたった1つ、
残りの999はちゃんとできていれば、正直、妥協してしまいたくなるほどの割合。
でも、購入者にとっては、その1つを食べて感じたことが全て。
残りの999もそういう形だ、そういう味だと判断されてしまう恐ろしさ。

・・・ひとつひとつへの想いがひしひしと伝わってきました。これぞプロ魂です。

質疑応答でも、共感できる事柄は続きました。
参加者(ほぼ女性)の中から出た質問です。

「いつまでもホテルではなく、独立してご自身のお店を開かないのですか?」

朝田さんは笑いながら「同じ質問を10人いたら8人にされます」と答えました。
そして、次のようにおっしゃったのです。

「僕は欲張りです。1つ1つの小売のケーキも作りたいけど、皿盛りも作りたい。
宴会コースの最後に出るスイーツも、ウェディングケーキも作りたい。
様々なジャンルにチャレンジして学んでいく・・・
大変なことも多くあります。
今はパンも手がけていますので、もっとスイーツ作りに集中したいときもあります。
でも、あれもこれもとできるのはホテルだからこそ。
たくさんの大好きな仲間と一緒に働けるのもうれしい。
もちろん、いつかそのとき(=独立)がきてもいいように、準備だけはしています」

・・・こんなにもお人柄の分かるコメントは聞いたことがありません。
しかも、これまた放送とスイーツ、一流シェフと無名のフリーアナウンサー、
ジャンルは違っても、全く同じ考えでした。

「河西さん、アナウンサーのどの仕事が好き?」
「そろそろひとつの分野を極めれば?」
ううん、学生時代、面接の頃からよく言われました。
「あなたはどの分野がやりたいですか?報道?スポーツ?バラエティー?」
いつも「全部」と答えたかったです。
全部なんて個性も出ないし、極められないし、回答としてはNG。
でも、やっぱり「全部」が自分の中の本当の答えでした。

今も、私はあれもこれもしたいのです。
もともと、アナウンサーを目指したきっかけがそうだったからです。

仕事をしていれば色々な人と出会います。
朝田シェフのお話は、宝物となりました!



※セミナーの後はスイーツ試食会。参加者の皆様が1列に並んで
朝田シェフが作る「うらわろーる」を食します。
私も終わったら食べられるかなーと甘い期待を抱きましたが、・・・
残念ながら・・・ううっ、片付けられてしまっていました・・・
(男性スタッフも「俺の分はぁぁ?」と叫んでいました。笑)
はい、もちろん、近いうちに自腹で食べに行ってみたいです。
by mikikasai819 | 2010-11-27 09:38 | はたらき(お仕事) | Comments(2)

妹よ、アメリカで頑張れ

昨日夕方、妹がロサンゼルスに向けて出発しました。
夫の転勤に伴って・・・ということで、3年ほどは海外生活です。
(すでに義弟はアメリカで仕事を始めている)

一昨日、ランチ集大成!?ということで会った際に、餞別を渡しました。
(このために先日羽田でドルの両替をしてみたのでした)
餞別に添えた手紙は機械的なものだったので妹も普通の反応でしたが、
当日、いよいよだと思って、私なりに、心をこめてメールを打ってみました。
(携帯は解約するということなので、今のアドレスに送るのは最後)

すると、搭乗直前に成田空港から電話が来ました。

私は仕事途中だったのであまり長くは話せなかったのですが、
妹の気持ちがとてもよく伝わってきました。

英語が話せないこと、車の免許をこれから取得すること、周りに友達がいないこと。
新しい生活には不安がたくさんあると思います。
でも、間違いなく得るもののほうが多い日々です。

たった3年。されど3年。
たくさんのことを吸収してきてほしいと思います。
(4歳年下の妹、3年後に戻ってきても私の今の年齢よりまだ若い・・・苦笑)
by mikikasai819 | 2010-11-26 10:19 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

たわしツリーと顔の傷

e0039787_540279.jpg

築地の調理器具店に飾られていました。
たわしが存在感あります(笑)。


今日も生放送のため早起きデー。今は出勤中です。


さて、話は変わりますが、今朝鏡を見たら、顔が腫れていました。
あっ、たわしは無実です。全くの無関係です(笑)。

実は、3日ほど前、寝ている間に自ら引っ掻いたようで(汗)、
爪が欠けていつもより鋭利だったせいか結構な勢いだったのか傷が出来ていたのです。(大汗)

これがなかなか治らない!(>_<)

赤ちゃんや子供って代謝がいいから、ひっかき傷もすぐ治りますよね。

30代半ばだと・・こうも違うかねぇ・・というかこんな傷作らないよねぇ。
化粧しないわけにもいかず、傷口部分かなり気をつけていますが、うーん(>_<)

早く治したいです。MY皮膚、再生頑張ってくれ!
by mikikasai819 | 2010-11-26 05:40 | Comments(0)

上京してきた義妹はお昼から友達と会うということで、
見送ってから、ひと息入れたお昼過ぎ。
ふと思い立って、羽田空港国際線ターミナルに行ってみました。

モノレール降りてすぐ改札!すぐ出発ロビー!最高!!!
e0039787_08764.jpg

どこ行くどこ行く~?
【注】どこにも行きません。パスポートないし、荷物なさすぎ(笑)。
e0039787_094369.jpg


ワクワクしたのもつかの間、まあ、すごい観光客で、身動き取れなくなりました。
出国する人はわずかと思われます。
だって、チェックインカウンターはガラガラ。
e0039787_042435.jpg

その分、レストランが大行列なんですもの。
とてもランチなんてできそうにありませんでした。

展望デッキもすごい人・人・人。
オープンして1ヶ月、まだまだすごいです。
e0039787_0112813.jpg


思うところあって、外貨両替をしました。
ドルとユーロ。
銀行窓口の方に「今日はこのあとご搭乗されますか?」と言われました。
もちろん「いいえ」。
考えたら、羽田からユーロ圏に飛んでいるのはパリだけです。
ユーロ両替は珍しいでしょうね、きっと(笑)。
ちなみに、空港内の銀行もすいていました。やはりみんな観光客ですね・・・。

初めて行ってみて思ったこと、それは、

「便利なのは間違いないけど、旅行好きな身としては成田が恋しい」でした。

羽田の国際線ターミナルは、今日行った段階では、
良くも悪くも、なんとなく、日常の延長に感じました。
成田って既にロビーから別世界の気がして、好きなんですよねぇ。

まあ、そんなこと言いつつも、一度羽田発を経験したら
便利すぎてやめられなくなりそうですけどね。







追記
実はそのあと、鶴見線・南部支線80周年記念パスを使うべく、川崎界隈にいました。
先日、パンフレットを手にして気になってしまって(笑)。
e0039787_0201529.jpg

工業地帯を走る鶴見線、歴史があります。
駅の名前は、明治時代、ここ京浜工業地帯の開発に尽力した方のお名前なのですね。

「浅野駅」は浅野総一郎氏。(鶴見線の前身である鶴見臨港鉄道の創業者)
「大川駅」は大川平三郎氏。(日本初の木材によるパルプ製造に成功)
「武蔵白石駅」は白石元治郎氏。(日本鋼管=現JFEスチールの創業者)
「安善駅」は、安田善次郎さんだそうな。(京浜工業地帯の埋め立てに貢献した安田財閥)

駅名に名前が残るなんてすごい人たちですね・・・。

鶴見駅以外は無人です。
終点の扇町駅の由来は、前述の浅野氏の家紋が扇だったからだそうです!
初めて降り立ちました。
e0039787_0362168.jpg

e0039787_0234666.jpg

周りは工場だらけでした。既に暗くて怖かったです(笑)。
e0039787_0352749.jpg


・・・というわけで、空港のみならず、「鉄子」な日でもありました(笑)。

ちなみに、この鶴見線・南部支線開業80周年記念パス(12月19日までの限定)は
フリーエリア内のJR・京急・鶴見臨港バスまでもが

1日乗り降り自由で、なんと!大人500円子供250円です。

おかげで、京急大師線にも初めて乗ってみました。
この切符がなかったら乗ることはなかったでしょう。
そう思うと、思い立ったプチ旅行も楽しいものですね!
まちあるき熱がまた復活しそうです(笑)。







・・・すみません、追記と書きつつ、こっちがメインみたいになってしまいました(笑)。
by mikikasai819 | 2010-11-24 00:43 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)