ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

<   2010年 07月 ( 36 )   > この月の画像一覧

7月最終日

昼過ぎにスポーツジムに行ったら、スカッシュの大会がやっていた。
非常に興味深く、しばらく見入ってしまった。
もっと練習して上手くなりたいなぁと思った。

夜は日産スタジアムでJリーグ観戦。マリノスVSグランパス。
中村俊輔の素晴らしいフリーキックを楢崎正剛が止めた瞬間が2人ともかっこよかった。
帰りは新横浜で豆腐料理。ひとつひとつが丁寧な仕上がりで非常においしく、幸せ♪

そんな7月最終日でした。明日はもう8月です!
(すごく簡単な記述だなぁ・・・汗)
by mikikasai819 | 2010-07-31 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

すみません、今月も終わりというときに一気にUpします。

毎週8時40分前後からお送りしているコーナー、「河西美紀のToday’s Selection」。
生放送中に流れる曲は20曲弱。すべてディレクターが選んでいます。
そこで、1曲、私に渾身の選曲をさせていただこう!というコーナー。
ただ単にその日の気分で選ぶのも面白くないので、
ちゃんと語れる曲、思い入れのある曲をテーマに沿って選びます。

7月は「B面(C/W)の名曲」にしました。
2010年も半分折り返しということで。

放送を聞いた方は復習になりますが、一気にご紹介します。

まずは・・・中学生当時、シングルCDをリピート機能で繰り返し聞いていたため、
A面と同等、もしくはそれ以上に自然と覚えてしまった、印象に残っている3曲。

まずは・・・

プリプリダーリン/Jitterin' Jinn
e0039787_10525953.jpg

♪あなたが私にくれたものー キリンがさかだちしたピアスー♪でおなじみの
「プレゼント」のカップリングです。
プレゼント以上に強烈に印象に残るフレーズ、それがプリプリダーリンでした。

プリティプリティダーリン、プリティプリティダーリン、ねぇ♪
怒り出さずに聞いてよね、ダーリン♪

懐かしいな。
私は結構ジッタリンジンが好きで、今でも時々アルバムを聞いています。
ライブも行ったことあったなぁ。


続いて・・・あのミリオンセラーのカップリング。

それでもふられてしまう男/KAN
e0039787_1112141.jpg

はい、「愛は勝つ」のC/Wです。めちゃめちゃかっこいいです。
この曲を捜し求めて、今回、中古CD屋さんに行きました(笑)。
20年ぶりに聞いて、やっぱりゾクゾクしました。
「愛は勝つ」っていうタイトルの裏が「それでもふられてしまう男」って、
どっちが本当なんだ!?(笑)。

ちなみに調べてみると、どうやらKANさん自身は
この曲のアレンジがあまりお気に召さなかったよう・・・。



もう1曲は、これまた売れたCDのカップリング。

Pleasure’91~人生の快楽~/B’z
e0039787_1144926.jpg


LADY NAVIGATIONのC/Wです。
(あっ、違う、B’zに限ってはカップリングといわず、2nd Beatっていうらしい。)
このシングルCDは、実は、中3の修学旅行時、
新幹線の移動中にずーっとずーっと、本当にずーっとエンドレスで聞いていました。
なぜだろう、それは私にも分かりません(笑)。
とにかく、2曲交互に聞き続けていました。
おかげで、修学旅行の思い出=Pleasure'91といっても過言ではありません。
そもそも、ウォークマンって持っていってよかったんだっけ!?(まあ、時効で)

なお、この曲はファンが選ぶベストアルバムにも入るほどで、
「’91」の歌詞のその後が「’98」とか「2003」などで歌われています。
あいつもとうとう親父になった」と「’91」では歌われていたのに
その後「あいつもとうとう一人になった」と歌詞が変わっていたりして。
人生って難しいね(苦笑)。中学生にはその難しさがまだ分かりませんでした。



続いては、社会人になってから出会った曲を2曲。

SUMMER FM/GLAY
e0039787_10555354.jpg

「ここではないどこかへ」のカップリングです。
私が社会人になってから・・・つまり、
パーソナリティーになってからリリースされた曲です。
ラジオについて歌われている曲は、自然と一押しになりますが、
この曲の爽快さが好きでした。
千葉のbay-fmがモデルなんですよね。

みんな、ラジオを聴こう!!ラジオは習慣です!!
聴き始めるまで違和感あったとしても、聴き出したらやめられません!(ホントホント)



そして、次の曲は私のイチ押し。
一度聞いたら忘れられないカップリングナンバー。

寿・結婚行進曲/東京Qチャンネル
e0039787_11584952.jpg

「僕は君が好きだよ」という曲のC/Wだそうです。
・・・だそうですってどういうこと?と思うかもしれませんが、
この曲にいたっては、ほとんどカップリングしか聞きませんでした。
「結婚」というキーワードで曲を検索していたときに偶然知ったのです。

披露宴の流れを面白おかしく、台詞や音も交えながら歌っていくのが見事。
「あるある!」と言いたくなる描写ばかり。
それでいて最後はちゃんと幸せを祝福するハッピーな雰囲気。
これは一度聞いて欲しいです。



最後になります、今日お届けしたC/Wは、こちら。

かなしみは・・・/福山雅治
e0039787_11475663.jpg

※すみません、写真はアルバムです。

不動の人気、福山雅治のデビューシングル「追憶の雨の中」のC/W。
顔も若いが、声も若い。20年前、彼が21歳ですものね。
彼にとって初めてのバラードだったそうです。
その10年後には桜坂という名バラードが生まれるのですね。

「かなしみは・・・」は、ARBのギタリスト白浜久氏がプロデュースしています。
福山雅治本人が希望したとのことです。
ちなみに、最初の出荷枚数は3000枚未満だったシングル。
持っている人は貴重ですね。
(高校時代、大の福山ファンの友達がいましたが、人気が出るにつれて、
「私はデビュー当時から好きだったんだからね」と愚痴っていたのを思い出します。笑)



・・・というわけで、いやー、B面(C/W)だからって侮れない。
もっともっとたくさん紹介したい曲もありますが、ここまで。



来月のテーマはズバリ「夏」がテーマ。
夏から連想する、夏に聞きたい曲を選んでいきます。
これならあなたもリクエストしやすいですよね?是非お寄せください。お待ちしています。
834@fmsetagaya.co.jp
by mikikasai819 | 2010-07-30 11:56 | 今日の1曲(FM世田谷) | Comments(6)

番組終了後にホット

e0039787_1044063.jpg

生放送が終わり、温かい飲み物が飲みたくなりました。

エフエム世田谷の自販機にはまだホットドリンクがある〜!
暑くて冷たい飲み物ばかりの中、ジワーっと喉から胃まで温かく染み渡ります。
by mikikasai819 | 2010-07-30 10:04 | Comments(0)

お庭のプチトマト

e0039787_15364670.jpg

河西さん、家庭菜園?

まさかね〜(笑)。


先日、セミナー受付スタッフの方から頂いたのです♪
かわいい&おいしい!(≧∇≦)
わざわざ私の分を持ってきてくださって嬉しかったです。

あっ、長野からは既に帰ってきています。
昨夜は大手町でお仕事してました(笑)。
by mikikasai819 | 2010-07-29 15:36 | Comments(2)

試合終了。結果は・・

e0039787_2344828.jpg

いやはや、2位転落の試合を見ることになるなんてね(`o´)。
長野のファンにとっても残念な、いや、途中からは正直シラケる展開になってしまって。
3対10でしたからね(涙)。

あまりに今日は不甲斐なくて、かき氷食べて気分を紛らわす場面がありました。
シロップかけ放題をいいことに、ブルーハワイとレモンと練乳をかけました(笑)。おいしかった♪

試合は残念無念な感じでしたが、地方球場ならではの雰囲気は充分に味わえました。
ファウルボールひとつ飛んでもみんな大いに盛り上がりましたし、
ジャビットくんを見るのも初めてでしょうから子供も喜んでましたし。
東京ドームでは内野席からも応援が聞こえますが、
やはり年に1度だけの開催ですから、歌詞を覚えているのは外野席のみ。
でも、地元ゆかりの選手が出たら割れんばかりの拍手。
みんな今日を楽しみにしていたのがとてもよく分かりましたよ!(^O^)

ふぅ、だからこそ勝って欲しかったですねぇ。
巨人の先発ピッチャー陣、本当に重症です。
まあ、明日以降、最後の最後まで戦っていきましょう・・。
by mikikasai819 | 2010-07-27 23:44 | Comments(6)

e0039787_17385789.jpg

東京からやってきました、長野!
ここで今夜、巨人対中日戦です。
屋台も出ていて、地元としてはお祭りモード。
プロ野球、後半戦スタートです!

※東京より確実に涼しい〜。
by mikikasai819 | 2010-07-27 17:38 | Comments(2)

今日、一緒に飲んだ友達と、ある曲の歌詞を再認識。


世界中にさだめられた どんな記念日なんかより
あなたが生きている今日は どんなにすばらしいだろう


世界中に建てられてる どんな記念碑なんかより
あなたが生きている今日は どんなに意味があるだろう



そうです。分かる人はすぐピンときたでしょう。
THE BLUE HEARTSの名曲「TRAIN TRAIN」です。
聞きたい方はこちら。←You Tubeに飛びます。

解説するまでもなく、いい曲だってことはもちろん前から知っているけれど、
改めて、心にジーンと響く、いや、もっというと心に訴えてくるすごい曲だと思い、
2人で「最高だね」と頷きあい、思いっきりシャウトしました。

この曲がリリースされたのは1988年。22年前はまだ12歳でした。
34歳になろうとしている今、あの頃では想像もできない、
答えが出せない、先が見えないことがお互いたくさんあるけれど、
やっぱりそういう今も自分の人生。
「自分なりの」栄光に向かって、走っていきたいね。

大いに語って大いに励ましあって。
そういう意味で、今日という日は、それこそとても素晴らしく意味がある楽しい日でした。


TRAIN TRAIN 走って行け
TRAIN TRAIN どこまでも
by mikikasai819 | 2010-07-27 01:19 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

ひとつ書き忘れていたことを思い出しました。
先月行われた中高生のダンス大会でのおもしろい出来事。

私は舞台袖でタイトルをひたすら読み上げる役だったのですが、
もちろん途中、お知らせ的アナウンスも入ってきます。

最も多いのは落とし物・忘れ物

踊る前後の着替えが発生するため、更衣室で持ち主が分からなくなるようです。
「衣装」「小道具」だけでは分かりませんので、特徴を伝える必要があります。




実際に読み上げたのはこんな感じです。カゲアナです。
(ちなみに、大まじめで読みます)



「落とし物のご案内をいたします。


斉藤Lと書かれた衣装の一部。」




斉藤は名前だからいいけど、Lって、Lってサイズだよなぁ・・・汗。





微分積分の練習問題のプリントが入ったファイル



うわー、数学嫌い!(苦笑)
みんなテスト前かな。

ひとつひとつに笑いが起きます。「落としたの誰~?」「キャハハ」って。





そして、極めつけはこれでした。
ゆっくりはっきりまじめに、舞台袖からアナウンスしました。






「EXILE☆LOVEと書かれた白い櫛」





会場中が大爆笑。私も笑いをこらえました。



だって、本当なんですもの。
白い普通の櫛に、サインペンで書いてありました。
ファンなんでしょうね(笑)。


あとで舞台袖に取りに来た生徒は恥ずかしそうでしたが、
そのおかげで自分のだって分かったんだからよかったよね(笑)。



繰り返しますが、ここでのポイントは、笑わずにまじめにアナウンスすることです。
(鈴木史朗さんみたいなイメージ)
あー、でも、こんなに細かく言うことは、中高生のイベントだからだろうなぁ。
落とし物・忘れ物には気をつけましょう(笑)。
by mikikasai819 | 2010-07-26 15:40 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

サプライズ壮行会

今日の昼は、来月からご主人の転勤で上海に引っ越す友達Tの壮行会でした。

あんな人やこんな人、みんなと出発前に個別に会うのは大変だろうというはからいのもと、
Tの高校時代の友達・大学時代の友達・会社の元同僚など、
総勢13名(もちろん初対面の人もいる)がそれぞれ集まり、内緒でお店でスタンバイ。

Tにはいつも集まる仲良しグループの集まりだという設定していたようで、
部屋に入って、約束していないはずのメンバーがたくさんいることに
「え、ええ???何これぇぇ!!!!」とのけぞっていました。
サプライズ大成功の瞬間です。

みんなバレないように各々演技していたようで。
私も1週間前に「いつ会える?」とメールで聞かれたのですが、
「そうだねー、また8月頭にでも♪」と濁していました。
本当は来週会うけどね!と心の中で思いながら(笑)。

お店は恵比寿のTRATTORIA KIORA THE FUOCO
前菜、パスタ、お魚、お肉、ケーキにコーヒー。
あっ、ホールケーキにしてもらいました。
Happy Birthday Tならぬ、
Happy Life Tって書いてあるのが良かったなぁ。
上海での新生活、頑張ってね。

こうしてみんなが集まるのは彼女の人徳ならでは。
そして、この会の企画者も、私の誇りに思える友達。
いろいろな手配をありがとう。
(今日の参加者は、お子さんをご主人に預けてという人が大半でした。すばらしい!)

最後に、Tへのプレゼントは、倉敷意匠の裁縫箱でした。
(本人のリクエストだったらしい)
私、この品を初めて知りましたが、さすがですね。
実際見てみると、使い勝手、めちゃめちゃよさそうですよ。
以下はHPより抜粋した写真です。
e0039787_225942.jpg

e0039787_2254386.jpg

ね、すごいでしょう?
でも、私、絶対使いこなせない・・・(爆)。
(Tも「薬箱にしちゃいそう」って笑っていたけど、これを機に頑張るんだろうなー)
by mikikasai819 | 2010-07-25 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)

前回はレンタカーへの忘れ物騒動でしたが、
今度はまたハワイならではの写真も登場いたします。

☆☆☆

翌朝。ホテルから見えるダイヤモンドヘッドと海。絶景。
e0039787_0162246.jpg

今日は、パールハーバーに足を運ぶ。
(やはり、リゾートというよりは、こういう施設を見学したい性質)
車をもう一日借りればよかったかなと思ったけれど、
バスの本数が少ない中で頑張って向かう。
e0039787_0184669.jpg

乗車時間、多分、1時間ほど。
結構かかったけれど、やはり今を生きる身としては、歴史を知っておかないと。
e0039787_0222930.jpg


到着して入ろうとすると、荷物の預け場所がある。
大きなカバンは持って入れないのだ。
個数あたりでお金がかかってくるので、
主人のと私のを無理矢理1つにまとめる(笑)。

このパールハーバーで見るところは主に2つ。
アリゾナ記念館と戦艦ミズーリ。
しかし、アリゾナ記念館はこの日入ることができなかった(涙)。
その分、戦艦ミズーリは思いっきり時間をかけよう。
チケットを買って、戦艦近くまでは専用バスで移動。車窓は写真不可。

ミズーリに入場後、日本語音声ガイドをかりることに。
なんと、i-phoneだった。
e0039787_0232924.jpg

パスポートを預けて貸し出しという手法。
画像付きで非常に分かりやすい説明だった。
e0039787_0241069.jpg


もちろん、ミズーリそのものもしっかり見学。
e0039787_025429.jpg

1945年、、日本が太平洋戦争の降伏文書に署名した船。
その場所にはプレートが埋め込まれている。
e0039787_026569.jpg

文書のレプリカ・当時の写真もあるため、非常にリアル。
e0039787_0265021.jpg

e0039787_0273476.jpg


印象的だったのは、神風特攻隊が実際に向かってきたときの跡。
側壁が少しへこんでいるのだ。
(ごめんなさい、その凹んだ部分は直接写真に撮れず)
e0039787_0282935.jpg

カミカゼ・アタック・サイトと言われ、人々の目を引く場所だが、
特攻隊員が尊い命を落としても、ミズーリはびくともしなかった。
本当に言葉にできないほど切ないことだと思う。
なお、ミズーリの艦長が、この特攻隊員を水葬にして
手厚く葬ることを提案したらしい。
「敵兵にそんなことをする必要はない」という反対も出た中、
艦長は「敵兵でも死んだら敵ではない。
国のために命を捧げた勇士である。丁重に葬ってやりたい」と
翌日全員敬礼で海軍式の水葬にしたそうだ。
(後に、隊員の身元は判明)
戦争は本当にあってはならないという思いを強くする場所だった。
ちなみに、日本人には一人も会わなかった。
正直、もっと訪れたほうがいいと思う・・・。
e0039787_0292581.jpg


見終えてから、バスでダウンタウンまで戻ってきたらすっかり夕方。
気分を変えてフラダンスを見に行こう!ということで、
クヒオビーチで毎日行われているショーに行く。
18時半から、サンセットをバックにスタート。
子供のフラ、男性のフラ、ゆったりしたフラ、激しいフラ、
色々あるんだなぁ。うーん、ハワイアンムード満点!!!
e0039787_030122.jpg

各々が芝生の上にビーチマットを敷いたりして座って見る。
私はちょっと出遅れて、後ろのほうから立ち見だったけれど、
それでも十分よく見えた。
日が沈んだら火がともされ、雰囲気も抜群だった。
e0039787_0305253.jpg


そのあとは、友達お勧めのチャックス・ステーキ・ハウスへ。
e0039787_0315646.jpg

ちょうど窓側を案内されて、海の音を聞きながら
ハワイアンカクテルとサラダバイキング、そしてステーキに舌鼓。
e0039787_0333557.jpg

e0039787_0324631.jpg

付け合わせに頼んだホタテが予想以上においしかった~!
うん、もう1杯いっとく?

・・・こうして、2日目終了。明日は両親が合流。
そう、ハワイの目的は義妹の結婚式ですから。

To Be Continued・・・
by mikikasai819 | 2010-07-25 00:34 | りょこうき(旅の記録) | Comments(2)