<   2009年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んで、その駅の周辺を歩く、
河西美紀のこのきなんのきまちあるき。

「あ」から順に「わ」まで終えて、今は濁音に入っていますよー。
前回「じ」で神保町駅を歩きました。

今回は「ず」。でも、東京にはないのです。

では、「ぜ」。これまたない。

というわけで、一気に「ぞ」まで飛びます。

「ぞ」も選択肢は2つ。雑司が谷か雑色。
なんとなく、京急沿線に多く出向いた気がしたので、今回は雑司が谷
路線でいうと、東京メトロ副都心線。
e0039787_1029316.jpg

e0039787_1029492.jpg

もともと、都電荒川線にも雑司が谷駅があったのですが、
今は「都電雑司が谷駅」と名前が変わっています。
なぜかといえば、この2つの駅は乗り換え駅ではないからです。
副都心線の雑司が谷と接続する駅は都電でいうところの「鬼子母神前駅」なんですね。
e0039787_1030969.jpg

ある意味、鬼子母神前駅の紹介ともかぶるわけですが、
そんなわけで、まずは、鬼子母神からたずねてみました。
というか、雑司が谷を語るにははずせません。
数百メートル歩けば池袋や目白に程近いというところなのに、ここは本当に静か。
東京都指定の天然記念物であるケヤキ並木を歩いていくと、別世界という感じです。
e0039787_10305597.jpg

e0039787_10311760.jpg

しかーし、その並木道の手前に、たい焼きの文字を発見。
ひなの郷という甘味処なのですが、面白い種類のたい焼きがおいてあるではありませんか!
e0039787_10313791.jpg

e0039787_10315436.jpg

シンプルなあんこもありますが、「ひなのこころ」というバナナクリームと白玉が入ったものや、
「鬼っこたいやき」というものにいたっては、エビチリとチーズ。
ひなのこころをいただきましたが、口に入れた瞬間からバナナ風味満載。
店内でも食べられます。(すみません、写真を残し忘れました)

・・と、いきなり食べ物から入ってしまいましたが、鬼子母神へお参りしましょう。
e0039787_10332599.jpg

鬼子母神、もともとは夜叉神の娘で、多くの子供を産みました。
しかしその性質はなんとも暴虐で、近所の子供をとって食べるので、人々から恐れ憎まれました。
それで、お釈迦様は、その過ちから鬼子母神を救うことを考えられ、その末っ子を隠してしまいました。
嘆き悲しむ様にお釈迦様は、子供を失う母親の苦しみを悟らせ、戒めたのです。
そこではじめて今までの過ちを悔いて、お釈迦様に帰依し、
その後安産・子育の神となることを誓ったのだそうです。

知っている方にはおなじみのお話かもしれませんが、私は恥ずかしながら今回初めて知りました。
背景をしってお参りすると、身近になりますね。
e0039787_1033542.jpg

それから、忘れてはいけないのが、境内にある大銀杏(おおいちょう)。これには目を見張ります。
このきなんのき!ってことで、木もチェック。
e0039787_1033544.jpg

e0039787_10341185.jpg

e0039787_10342835.jpg


さて、雑司ヶ谷駅といえば、もう1つ、大きな敷地として「雑司が谷霊園」。
豊島区南池袋4丁目の7割を占める、およそ10万平方メートルの大きな都営の霊園です。
もともとは、江戸時代、将軍の御用屋敷やお鷹狩りの場所だったそうです。
あまり霊園を用もなく歩くのもどうかと思いますが、
ここには、江戸・明治・大正・昭和と、この地域で活動した文化人が多く眠っているのです。
ジョン万次郎や夏目漱石、小泉八雲、竹久夢二、泉鏡花・・・・。ほんの一部です。
その中でもなじみがあるのは旧1000円札の夏目漱石。
ちょっと探すのに苦労しました。背面側、お墓の背が舗装道路側に面しているので、
通りからパッと見るだけではわからないのです。
漱石の墓は、安楽いすを模した、珍しい形になっていて、
背もたれに当たる部分に戒名が、水を差すところに「夏目」と漢字で2文字書いてあります。
その横に小さなお墓があるのですが、これがご遺族の墓。別にしてあるのですね。
お参りすることで、ゆっくりと、改めて漱石の小説が読みたくなりました。
(霊園内は写真を控えました)

さあ、そろそろランチタイム。
今回ご紹介するレストランは、鬼子母神商店街の中にある、Mo’s Caféという家庭的なお店。
一軒家の入り口みたいな感じ。
隠れ家といってもいいかもしれません。
e0039787_10351249.jpg

e0039787_10354134.jpg

雑司が谷駅から歩いて2分ほど。お客さんがたくさん。男女、年齢、人数構成、実にさまざま。
e0039787_10361632.jpg

そしてランチメニューは800円台の価格帯で、6種類ほどあります。
e0039787_10355873.jpg

どれもおいしそうでしたが、私は特製メンチカツにしました。(「特製」に弱い)
野菜スープが出てきたあと、メインのプレート。付け合せとライスがついてきます。
e0039787_10363953.jpg

e0039787_10365470.jpg

洋食屋さんのあったかい雰囲気って感じかな。メンチカツから滴る肉汁。
ボリュームありますが、案外ペロリといけました。
100円でコーヒーがつくようでしたが、なんとなく、
最後にもう1件、お茶するお店を探したかったので、ここは食べ物のみで。

Mo’s Caféのほぼ目の前にあった、「(ひらがなで)さむしんぐ」という喫茶店に移動しました。
e0039787_10371710.jpg

ここの面白いところは、コーヒーと家具のコラボレーションというところ。
お店に入ると、立派なテーブルやチェアが迎えてくれるのですが、これら自体が見本商品なんです。
さまざまな家具、雑貨の展示販売がされていて、テーブルの周りを囲んでいます。
e0039787_10374593.jpg

e0039787_1038149.jpg

最初に注文して支払いをするシステムで、私はコーヒーを注文。
チェーン店じゃないのに300円とリーズナブル。それでいて味は本格派。
1杯ずつ抽出して、テーブルまで持ってきてもらえます。
e0039787_10382179.jpg

とにかく、家具のお店だけあって、椅子のすわり心地が絶妙。なんとも優雅な気持ちになれました。
「さむしんぐ」、ふらっと散策の途中に立ち寄るのにいいと思います。
e0039787_1039467.jpg


というわけで、雑司が谷というか鬼子母神というか、このあたりの雰囲気、たいそう気に入りました。
頭文字のまとめです。

・・・存分に楽しめる街
・・・旨いたい焼、鬼子母神入り口
・・・静かな霊園、漱石を探せ
・・・がっかりさせない豊富な洋食
・・・やっぱり最後はコーヒーで

うーん、今日はイマイチだなぁ。単語が上手く浮かばなかった(汗)。

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆街を歩いていたら、あれ?何だろう?という建物が住宅街の奥に!
東京音楽大学のようです。斬新な外観ですね。
e0039787_10403739.jpg


☆鬼子母神の境内には、駄菓子屋が!懐かしいというか新鮮。
色々なものが売っています。ちなみに、川口屋ではなく「上川口屋」です。
「上」という文字が刀のおもちゃで隠れてしまっています(笑)。
e0039787_1047370.jpg

e0039787_10475598.jpg


☆昔ならではの風景がたくさんある雑司が谷。でも、駅を出て右を眺めると、高層マンション。
なんとも、このギャップがありますね。
e0039787_10485069.jpg


↑↑↑

次回は「だ」行に入ります。さあ、1周目のフィナーレはまもなくです。
予定通りに進めば、6月最終週まででちょうど1周。
なんと、私がエフエム世田谷の仲間入りをして、まる1年のタイミングです。(昨年7月から担当)

まちあるきの感想、リクエスト、お待ちしております!
by mikikasai819 | 2009-05-29 10:51 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(10)
火曜日、東京ステーションコンファレンスで行われたセミナーの司会をしてまいりました。
講師は㈱ワーク・ライフバランス代表取締役社長の小室淑恵さん。
一昨年9月にも別のセミナーで司会をさせていただきました。(そのときの記述はこちら

前回は、女性向けに、仕事と家庭の両立の仕方についてお話されていましたが、
今回は男女問わず、プレゼン能力を高めたいという方が対象です。
というわけで、タイトルも「超実践プレゼン講座」となっています。
プレゼンの極意を細かく伝授してもらえるというお得な内容です。
e0039787_2232947.jpg


スタッフの方から「河西さんは喋りのプロですから、必要ないですよねー」と言われましたが、
とんでもないです!私は、プレゼンのプロではありません。
実際、聞いてみて、目からウロコのことが多くありました。(もちろん、放送とプレゼンは違いますが。)
小室さんの喋りの分かりやすさにグイグイと引き込まれ、あっという間の80分でした。

ちなみに今回の会場(サピアタワー)にはエグゼクティブ クラブラウンジがあり、
そこで本番前に待機させていただいたのですが、いやー、さすが、素晴らしい空間でした。
落ち着いたラウンジで、窓からの丸の内の眺めも良く、しばらくじっとしていたい感じでした(笑)。



さて、今日主に記したいのは、セミナー終了後の出来事。



お客様もお帰りになり、私自身も帰る段階になり、会場を出ました。
すると、エスカレーターを1フロアのみ降りたところ・・・つまり誰も居ないはずのフロアで、
ひとりの見知らぬ男性が突然近づいていらして、
「すみません、サインをしていただきたいんですが」と私に言うではありませんか。

!?

「・・・私ですか?」

「はい、あなたにしていただきたいのです」

はて?何故?ラジオのリスナーさんとか?まさか・・・ね。
司会に感銘を受けたり・・・そんなわけないよね。

それにしても、あまりの唐突なご登場と唐突なご依頼です。

「本当に私ですか?」

念を押すと、「はい、そうです。待ってたんです。お願いしてもいいですか?」と。

「は、はい。分かりました」



なんとなく違和感と一抹の猜疑心がありつつも、引き下がれない雰囲気が漂っていたため、
うーん、まあ、いいかと思ったところ、
その男性は満面の笑顔でカバンからサイン色紙(用意周到!)を出しました。

男性は完全に舞い上がっている感じで、次の瞬間、

「あのー、以前、新聞に出ていた記事を見て、すごくすごく感激しました」と。



そこでやっと分かりました。この方はやはり勘違いをされている。
私は新聞になんて載らない。(新聞のラジオ番組欄を除く。笑)


「あのー、私は小室さんではありませんよ

「ええっ!?」

うわー、案の定、すごいビックリされた(汗)。


「私は司会をしていた者でして・・・。残念ながら、もう小室さんはお帰りになりましたよ。」

「あ、そ、そうでしたか、あ、司会者さんでしたよね、確かに。うわー、僕、あー、すみません」

比較的大きな会場だと、講師のお顔がはっきりと見えないことがあります。
それと、完全撤収のあとにひとりで出てきた女性だったから、
小室さんに違いない!今がチャンス!と思われたのかもしれません。



完全にパニックになっているその男性。バツが悪くなったのか、




「それじゃ、司会者さんのサインでもいいので、お願いします」と。




なんじゃそりゃ(爆)。


丁重にお断りをして、その場を去りました。



残念な思いをさせてしまったかもしれませんが、改めて、一言、





「事前に気付いて、良かったー(´ヘ`;)」





だって、サインしてみて「え?誰ですか?」では・・・ねぇ・・・。
by mikikasai819 | 2009-05-28 02:23 | はたらき(お仕事) | Comments(2)
週末にネットで注文していた品が、昨夜届いたようでしたが、あいにく私は不在でした。
その時間、東京ドームに試合を見に行っておりまして。
(はい、昨日はようやく勝利の女神となりました!まあ、その話は置いておきます。)

・・・で、不在だったので、24時間再配達受付センターに電話。
音声に従って操作するもので、今日(26日)の午前中という予約をしました。

午前中ってアバウトだけど、仕方ない。
今日の仕事は夕方からだから、家にはいられるので、まあいいか。
その間に、洗濯したり掃除機かけたりすればいいか。
(まずはちゃんと起きるところからね。←何もないと昼まで寝てしまう・・・)
でも、荷物が届いたら、その段階で出かけたいと思う気持ちもありました。

10時。来ない。

11時。来ない。

11時半。来ない。

うーん、何もないからいいけれど、昼から出かけたい人にはギリギリだとつらいねー。
・・・っていうか、ちゃんと来るのか?


不安的中。

12時。とうとう来なかった。





・・・午前中、終わったよね。






オペレーターがいるセンターに電話してみました。

「あのー、今日午前中に届けていただくはずの荷物が来ないんですけど」

すると、調べてもらった結果、完全に相手のミスということになりました。

「申し訳ございません、こちらの不手際でございます。
すぐ、担当支店から折り返し連絡させていただきます。本当に申し訳ございません。」

「あ、はい。」

電話を切った後、一般的にここで、クレームの言葉を発する人がいてもおかしくないなと思いました。
「はぁ?午前中っていう約束だったでしょ?私の貴重な時間をどうしてくれるのよ!」
声を荒げるかどうかは別ですよ。
ただ、気持ちの勢いに任せるクレームって、私はどうしても個人的に好きではなくて、
怒ったところでどうしようもないところは、冷静にその後の対処を考える方が得策だろうと。
そんなわけで、淡々と対応しました。
でも、どうしたって、失われた時間は帰ってこないわけです。その空しさがあるのも事実。


・・・で、次に、担当支店から電話がかかってきたときのことです。
時間にして12時15分ごろです。

「河西様、このたびは、大変申し訳ありませんでした。
「つきましては、このあと配達をさせていただくのですが・・・」
「はい、何時ごろお越しいただけますか」

「15時~15時半ごろで大丈夫でしょうか」

一瞬、言葉を失ってしまいました。

「えっ・・・、今すぐには無理なんですか?」

「はい、すみません、ドライバーが次にセンターから車を出すのが14時になってしまうのです。

何、それ・・・。

確かに、マニュアルではそうかもしれないけれど、
届くべきはずの荷物を待ちぼうけ食らった者としては、また3時間も待たされるの?と。

でも、私1人のためにドライバーが急行してくれるわけにはいかないわけか。
でも、そろそろ家を出たいと思っていたのにかなりの無駄だよな、
でも、別に出なくてもいい用件でもあるからいいのかな、
でも、そもそも午前中に届かなかったことが発端なわけで、

とにかく、こんなはずではなかったのに!!!

そう、心の中で悶々と思っているのに、私は、電話口の相手に何も言うことができませんでした。
気弱とかそういうのでもなく、ここで、何をどういう風に言えばいいのか、
本気で分からなくなってしまったのです。
ちなみに、相手は、一応、誠意を持って謝ってくれています。

しぶしぶ、15時の配達でOKをしましたが、その際、自分なりに強く言いました。
「今度こそ来てくださるのですよね。夕方には絶対に出かけてしまいますから」

なんだか、自分が悪くないのに、どっと疲れてしまいました。



そういえば、先日も、別の宅配注文で、日曜日の午前中にお届けにあがりますといわれていたのに、
土曜日の夜になって「やはり間に合わないので火曜日にしていただきたい」というのがありました。
日曜日を希望したわけでもなく、先方からそういわれたのであけておいたのに、
なんだか拍子抜けしてしまったのと、その時間の予定がぽっかり空いてしまったのがなんとも・・・。
別にこれもそこまで困ることではなかったので、目くじらたてる必要もないのかもしれませんが。
約束したなら、間に合わないって簡単に片付けてしまうのはどうなのか・・・。
前日ではなく、分かった段階でもっと早く伝えることはできなかったのか・・・。
こういうことは信頼に繋がると思うのですが・・・。

時間の有効活用は大切で、そのために、付加価値のある宅配がこれだけ需要があるわけで、
ちょっと2つ立て続けにこういうことがあると・・・ねぇ。

・・・とまあ、ここまで書いても、別に何に対して憤っているとかそういうことではないのです。
自分はどう対応するべきだったかなって純粋に思ったので記しました。
by mikikasai819 | 2009-05-26 13:48 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)
先日いただいたお仕事がこのたびWEBにUPされたのでご報告です。

今回のご依頼は、ジェイアール東日本企画(JEKI)の2010年新卒採用スペシャルサイト。
就活学生以外でも楽しめる構成になっています。
逆に言うと、採用サイトって感じではない構成。
「広告のさらなる可能性にタッチ」というのがキーワード。
(タッチ研究所の所員に扮しているのはJEKIの社員さんとのこと。)
e0039787_3111475.jpg


さて、私が担当したのは、そのWEB上の「スペシャルレポート」というところ。
タッチ研究所の所員が、リクエストに答えて色々なものにタッチするという企画の最終回。
「研究所員が直井所長の素顔にタッチするところを見たい」というもの。
この中で直井さんにドッキリをしかけるので、偽ラジオ番組のDJをしてほしいといわれたのです。

ドッキリを行う日は後日。
・・・ということで、私の台詞は事前に収録します。
台本どおりに、直井さんが答えるであろう箇所は、ちゃんと間を取りながら読んでいきます。
ラジオ風、でも、いつもどおりではなく、あくまでDJ役です。
名前も「マチャコ」という設定になっています(苦笑)。
ちゃんとディレクターの指示通りに演技します。ちょっとテンション&声を高めに。
(低め&暗めのシックなバージョンもとりましたが、採用されたのは高め&明るめの方になりました)
でも、わざとらしいとラジオっぽくないので、あくまで喋っている口調で。

ちなみに、本当にこれはドッキリでやるとのことで、やらせは一切なし。
こう反応するだろうというのを想定して、マチャコがコメントを入れるのです。
つまり、直井所長がどんなリアクションをするのか、私もWEBで公開されるまで分かりません。
もっと言えば、私の台詞を収録しているときは、スタッフもドッキリが成功するか分からないわけです。

そんな裏話も知りながら見ていただくと、案外面白く仕上がったことが分かります。
(もっと驚いたり慌てたりしてくれるかとも思ったけれど、冷静さもあるところが、
ある意味やらせじゃない証拠かも。本当に知らされていないみたいですから。)

なお、この映像は、なんと5月いっぱいで消されてしまうそうです。
(新卒採用時期が終わってしまう=目的が遂行されてしまうから)
もしお暇だったら、「こういうお仕事もあるんだー」って、ゆるい気持ちで見てみてくださいませ。
繰り返しますが、これはDJ役の演技です。普段の番組は、こういう喋りではありませんよ(笑)。

↓↓↓
タッチ研究所(クリックすると飛びます。当然、音が出ます。)
by mikikasai819 | 2009-05-25 03:12 | はたらき(お仕事) | Comments(4)

サヨナラで試合終了

e0039787_16255228.jpg

日陰&マリンスタジアム特有の風で、体が冷えました。
半袖だったからかな。
帰りは陽の光にあたりながら歩きます。
(詳細は帰宅後に、野球観戦ブログに記します。)
by mikikasai819 | 2009-05-23 16:25 | Comments(2)

久しぶりのポップコーン

e0039787_134440100.jpg

最後に食べたのはいつかしら・・・

BAR MAGICの席が自由席とは知らず。
ウッドデッキに座る感じで、ちょっと体制がつらい。
でも、なかなか雰囲気あっていいかも。
屋根があって日焼けの心配ないし。

ビール飲みながら、至福の時間です。
勝敗気にせず観られるのもいいかも。
by mikikasai819 | 2009-05-23 13:44 | Comments(2)

久しぶりの千葉マリン

e0039787_12594147.jpg

いい天気で、絶好の野球観戦日和。
しかも、今日は初めての『BAR MAGIC』席。
飲み物とポップコーンがチケットに付いているみたい。
どんなところかしら。

・・・で、私は特にどっちのチームの応援でもないから、今日は負けを呼び込む疫病神にはならないのだ(`∇´ゞ

では、行ってきます。
by mikikasai819 | 2009-05-23 12:59 | Comments(0)
東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩くという
河西美紀の「このきなんのきまちあるき」。
「あ」から「わ」まで終了し、濁音に入っていますよー。
今日からは「ざ」行。しかし、都内には「ざ」から始まる駅名はありません。
というわけで、「じ」です。

じから始まるのは、十条、あとは、自由ヶ丘などがありますが、
今日は神保町に行ってきましたよ。
東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄三田線・新宿線と3路線ある神保町。
e0039787_10411986.jpg

e0039787_10413883.jpg

実は私の通っていた高校は、この神保町界隈。
でも、放課後、どこかに立ち寄ることを禁止するという校則がありました。
塾に通うときですら、何曜日の何時にどこかという許可証を提出しなければなりません。
そんなわけで、街中で何かを食べて、遊んで・・・ということはできませんでした。
もちろん、先生の目を盗んでカラオケに行ったりしたことは・・・ありましたけど。
そんな厳しい学校でも、「書店ならよい」という伝説があるとかないとか。

とにかく、神保町といえば、本の街。
古本屋さんがたくさん、その数、176
e0039787_112130100.jpg

何気なくお店の前を通っていましたが、ジャンルも色々あるのです。
スポーツ専門、
e0039787_10421191.jpg

車や鉄道といった乗り物専門、
e0039787_10422981.jpg

中国の書籍専門、
e0039787_10425845.jpg

アイドル関連・・・
e0039787_10431920.jpg

もちろん、三省堂の本店や書泉グランデといった総合書店もあります。
e0039787_10433710.jpg

これだ!というお目当てのものがあれば、何かしら必ず見つかりそうな雰囲気。

ちなみに、本と街の案内所というのが神保町のど真ん中、靖国通り沿いにできて、
ここで情報を簡単に集められるようになりました。
e0039787_1043533.jpg

ちょっと立ち寄ってみたのですが、驚いたのは、「想~IMAGINE~」というシステム。
本の裏にICタグを貼ったものを、木でできた台に乗せると、
なんと、その本の内容に近い本の情報がパソコンに瞬時に出てくるのです。
e0039787_10441554.jpg

しかも、何冊も重ねておいたら、その冊数分の本に関連する情報が!!!
e0039787_10445053.jpg

もっともっと!これでも、出ます。すごい。やってみる価値あります。
e0039787_10451532.jpg


さて、神保町は古本の街といいましたが、実はカレーの街でもあるのです。
カレーのお店が実にたくさん!
これまでに様々な駅で様々なカレーを食べてきましたが、やはりこれは外せません。
でも、いったいどこで食べたらいいのやら。
迷った挙句、スマトラカレーで有名な、老舗「共栄堂」に行くことにしました。
e0039787_115350.jpg

e0039787_10453872.jpg

靖国通り沿い、地下に入ったところにあります、大正13年創業の共栄堂。
入り口のところで若者とシェフが談笑していました。
なにやら久しぶりに訪れた学生、いや元学生さんかしらといった雰囲気。
神保町には学生も多いですからね。

さて、2時過ぎに入ったのに「相席でよろしいですか」といわれるほど混雑。
でも、ちょうど席が空いて、ひとりでゆっくり食べられました。
おひとりの方が多いのに、カウンターなどはなく、全て複数人数対応のテーブルだから、
きっと相席は当たり前のことなのだろうなと思いました。

ここのスマトラカレーというのはそもそもカレー本体の名前。
明治時代、スマトラ島のカレーを教わり、日本人の口に合うようにアレンジしたそうです。
というわけで、スマトラカレーの「具」を選びます。私はシンプルにスマトラカレー「ポーク」900円を注文。

出てくるまでメールをチェックしようかなと携帯を出したところ、
「お待たせしました」
早っ!!!1分経っていません。あっという間にカレーが出てきました。
e0039787_114371.jpg

e0039787_1155569.jpg

ポットに入ったポークカレー。
ゴロゴロとしたお肉はもちろん、そのルーの黒さに目を見張ります。
e0039787_1153898.jpg

食べてみると、苦い。あまり食べたことのない味わい。でも、癖になりそう。
野菜などの具は入っていません。
福神漬けとらっきょうのボトルが置かれていまして、それをお好みで付け足します。
ポタージュスープがサービスでついてきます。口休め的存在♪

それにしても、早かったなー。計っている暇もなかったので、別のお客さんのときにチェックしました。
2人組のサラリーマン。
「カレー2(ツー)です」という声がして、実際に出てきたのは45秒後。
やはり早いです。

おなかが満腹になったところで、私が神保町で最も好きな場所、すずらん通りへ。
e0039787_1193128.jpg

靖国通りから1本入ったこの通りには、興味深いお店がたくさん。
なんとここで初めて見る看板が。ドリーム大活字とあります。
e0039787_1110734.jpg

視力の低い方、弱視の方、また高齢者向けの書籍や生活便利グッズを扱っているのだそうで、ビルの6階。
普段なら入る勇気がないのですが、どんなところだろうと思って上がってみました。
e0039787_11124759.jpg

すると、黒い遮光カーテンに覆われたスペースに、
ルーペ、拡大読書機、音声で知らせる時計や電卓など、多くのアイテム。
e0039787_11103131.jpg

e0039787_11105136.jpg

e0039787_1111451.jpg

店長さんが「こちらにお越しの方には飲み物をサービスしていますので、
コーヒーか冷たいお茶かどちらがいいですか」と話しかけてきました。
「それじゃ、冷たいお茶で」

なんだか興味本位で訪れてしまってよかったのだろうかと思っていたら、
「誰でも気軽にお越しいただきたいので大歓迎です」とのこと。
そして、「よかったら、ご自分のお名刺に点字を打ってみませんか」と。
かさいみきを点字で打つとどうなるのかまずは表を見ながら紙に書き出し、
それを今度は実際に自分の名刺に作っていきます。
初めての経験でしたが、これで目の不自由な方にも自分をわかってもらえたら嬉しいなと思いました。
e0039787_11114265.jpg

e0039787_11115517.jpg

色々なアイテムがありましたが、特に私が感心したのは、オセロゲーム。
e0039787_11121445.jpg

白と黒、一見普通なのですが、マス自体をひっくり返すようにできています。
盤に張り付いているのです。駒をなくすことのないように工夫しているのです。
しかも、黒の方はでこぼこ、白はつるつる。これで、全盲の方も楽しめます。

さて、最後にお茶をしたいなーと思いまして。
普段は、神保町の老舗「さぼうる」でコーヒーを飲むのですが、
e0039787_1113365.jpg

今回はすずらん通りの「ティーハウスタカノ」で紅茶を飲むことに。
e0039787_11132389.jpg

e0039787_11133970.jpg

東京で初めての紅茶専門店だそうで、ここも地下に入っていくのですが、とてもゆったりできる雰囲気。
e0039787_11135614.jpg

もちろん紅茶ばかりです。頼んだのは、セイロンフラワリーグレードティー。
セイロンティーにもミルクに合うものなどあるようですが、
私はストレートで飲みたかったので、ストレートで!と書かれているこの茶葉を選びました。
ポットで出てきます。2杯分はあります。480円。お得な感じです。
e0039787_11143594.jpg

ここでゆったり本を読めば、神保町ならではで完璧!と思いつつ、
PCを広げてあれこれ原稿作成にいそしんでしまいました。
でもそれも違和感なくできる感じの、素敵なお店です。

神保町。散歩にはもってこいだと思います。
お店にたとえ入らなくても「こんなのがあるんだー」と見るだけでも大満足。

では、今週の頭文字のまとめです。

じん・・・人生を彩ってくれそうな
ぼう・・・膨大な本の数
ちょ・・・ちょっと覗いてみてごらん
・・・うまいカレーもお忘れなく

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆来週の土曜日30日はすずらんまつりが行われます。
学生の街、本のまちコラボレーションということで今回で23回目だそうです。
ちょうど行ってみるにはいいかも!

☆歩いていたら、ドラッグストアの裏で懐かしいものを発見!
ケロちゃーん♪♪♪
e0039787_11201152.jpg


☆移動クレープ屋さんが駅前に!女子大生が集まっていました!
e0039787_11272771.jpg



・・・はい、こんなところでしょうか。(特記事項が少ない!?本編で全力を出しすぎました)

↑↑↑

次回は、ず・ぜ・ぞ・・・、どこでしょうね。お楽しみに!
by mikikasai819 | 2009-05-22 11:24 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(16)

自転車に乗る方は注目!

京急の某駅で、2人組の男性に「どうぞ」といきなり渡されました。
ティッシュかなと思ったら、やけに大きい!

なになに?
e0039787_23362248.jpg

「都内で最近ひったくりが多いから、気をつけてくださいね」というコメント付き。
どうやら、品川警察署の防犯係らしい。
なるほど、前カゴに荷物を入れて自転車に乗るときは、このネットで荷物を守ってね!ということか。
こういうものをわざわざ無料で配布しているなんて、すごい!

・・・しかし、その恩恵にあずかるまでもなく、私、ここ数年、まっっったく自転車に乗っていません。

学生時代まではよく乗っていたのに、社会人になって群馬に行ったら自動車三昧。
東京に戻ってきてからは、どこに行くのにも徒歩と電車。
自転車をわざわざ駐輪場から出す方が面倒。

そもそも、ちゃんと動くだろうか・・・。

今度、乗ってみようかな。(カゴネットを使うという目的で!?)
by mikikasai819 | 2009-05-21 23:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)
e0039787_18421420.jpg

イタリア語学校に行ったら、入口受付横に物々しく置いてありました。

イソジンうがい薬と、手の消毒液。

確実に身の回りに迫っているというのか、新型インフルエンザ・・。

しかし、予防のためにしているはずのマスクなのに、いざマスクの方を見るとビクッとしたり・・しません?

今、喫茶店で隣の席の人がものすごい咳き込んでいて、何事かと思ったら、
サンドイッチをのどに詰まらせてむせていたみたい(*_*)

過剰反応せず、でも予防はしっかり。
簡単なようでなかなか難しいことです。
by mikikasai819 | 2009-05-20 18:42 | Comments(8)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819