ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

e0039787_131330.jpg

駒沢大学駅近くの『五大』という蕎麦屋に来ました。
すごい太いお蕎麦!
経験したことない食感です。

この写真をもって、我が携帯は役目を終えます。
今から機種変更してきます。
実は電池のふたが老朽化でどこかに落ちてしまい、むき出しの状態になっているのです。
2年以上のつきあいでかなり寂しいですが、これも運命ですね。
by mikikasai819 | 2009-01-31 13:01 | Comments(2)

東京の数ある駅を五十音順に回って、その街を探索するコーナー、
河西美紀のこのきなんのきまちあるき。

今回は、「へ」です。

「へ」から始まる駅名は2つだけです。

平和台と平和島。

これまでのまちあるきの場所を考えて、
京急は今年初めにも羽田空港に行きましたし、京急蒲田にも行きましたし、
この先も行く予定があるので・・・平和台にしました。
東京メトロ有楽町線と副都心線の「平和台」駅。住所で言うと、練馬区です。

まず、この駅周辺の話をする前に、
平和台駅に到着するまで結構大変だったことをお話しなくてはなりません。
今、お話したように、副都心線が通るようになってからは、
行き先が色々で、分かりづらくなってしまいました。
便利になるのはいいんですけどね、
西武線にも東武線にも直通しているうえに、さらに急行だったり各駅だったり。
小竹向原という駅から行き先が変わるので注意が必要です。
何度も確認したのに、ギリギリまで平和台を通過する急行に乗っていたりして、危ない危ない!
帰りも渋谷行きと新木場行きとで分かれていて。

これは、地元住民でよく使っている方は慣れると思いますが、
初めて行く人は大変かと思います。まちあるきをされる際はご注意ください。
(まあ、まちあるきの目的で行くのは私くらいでしょうけど。苦笑)

さて、平和台駅、改札は1つ。出口は2つ。
e0039787_1014334.jpg

地上に出て驚いたのは、自転車の多さです。
前後左右から自転車が次々と!駅前にも自転車がたくさん置いてある。
おそらくこの街は自転車が便利なのだろうというのがひとめで分かりました。
e0039787_1041732.jpg

e0039787_10394714.jpg

e0039787_1015193.jpg

それでいて、環八通り沿いなので、車通りも激しいです。
駅前にはライフ(大きなスーパー)と、ヤマダ電機(大きな家電量販店)。
この2つが特に目立ちます。
e0039787_1016696.jpg

e0039787_10162758.jpg

また、駅の裏にはゴルフ練習場。
e0039787_10165179.jpg

その横には自転車保管所。
撤去された自転車がたくさん。やはりここでも自転車です。
e0039787_1017919.jpg

基本的には大きな通りを1本路地に入ると家、特にマンションだらけ。
まさに住宅街といえます。
e0039787_10182577.jpg


そんな平和台で見つけたお店、「さくらんぼ」という激安衣料品店がありました。
e0039787_10185048.jpg

婦人向け、紳士向けの衣料はもちろん、
敷布団・掛布団、毛布、靴下、スリッパ、品数がハンパない。
しかもただでさえ安いのに、全てが半額とか7割引とか、
ものすごいお値段になっています。
そしてすごい人。地元に根付いているのがよく分かります。
ただ気になるのが、店内に貼られているチラシには「閉店」の文字。

結局、広い店内を見て、魅力的なものはたくさんありましたが、
さすがにまちあるき中に大荷物を手に持って歩きたくないので、
私が手にしたのはマスクだけ。でも、マスクの箱買い。50枚入り370円。
レジに持っていったとき、「いつ閉店なのですか?」と聞いてみたら、
店員さんは「それが分からないんです」と答えるのです。
それで「あー、閉店しないけど閉店セールとして売り上げをUPさせる気かな」と思ったら、
「実はね、ここ、道路ができるためにどかなきゃいけないんですけど、
このお店の上にあるテナントが立ち退きに同意していないみたいでねー。」って。
なるほどねーってマスクを受け取ったら、
「本当の閉店が決まったらお知らせしますからねー」って。
うーん、どこにお知らせしてくれるのかな。
エフエム世田谷までお願いしますって言えばよかったかもしれません(笑)。
冗談はさておき、確かに回りは道路予定地とされていました。
e0039787_1027449.jpg

e0039787_10281931.jpg

e0039787_1028286.jpg


あ、今回のまちあるきでは残念ながら美味しいレストランでの食事も、
素敵な喫茶店での珈琲もナシでした。
本当になかったのです。そういうお店が。
見逃していたらごめんなさい。
でも、本当に、平和台ならではの特徴あるお食事スポットは
私が見た限りでは駅前になかったのです。
ファミリーレストランはいくつかありましたけど・・・
e0039787_10202649.jpg

やはり、ちょっとお茶するというよりは住む場所、生活する場所というのを感じた次第です。
その証拠に、大手スーパーイオンのディスカウントストア第1号店「アコレ」があるのは平和台。
e0039787_1021627.jpg

e0039787_1021205.jpg

ちょっと寄ってみたら、ペットボトルのジュースが70円など、
やけにお財布に優しい価格になっていました。
というわけで、そこでお茶を買って終了(笑)。

では、頭文字でのまとめ。

・・・変に緊張する乗り換え
・・・いざ降りると自転車だらけ
・・・わしづかみにされる安売りのお店
・・・誰もがありがたい生活環境
・・・いつになく飲まず食わずのまちあるき


☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆私がこの平和台駅に降りたのは実は人生で2度目。
最初は約2年前の冬。
速報スポーツTV!でプロ野球の結果を伝えていた頃、
スタッフみんなで鍋PARTYをしまして、その会場が平和台駅だったのです。
そのときの様子はこちら

☆温泉や銭湯を見かけても入浴実行に移したことがないこのコーナー。
今回も見かけましたが、うーん、やはり勇気がいる。
独りでご飯を食べるのは全く問題ないのですが・・・。
e0039787_10301119.jpg


☆気になったお店の1つに、CDショップがありました。
Swingといいます。
e0039787_1033552.jpg

地元に根付いているんだなという感じの、いまどき珍しい雰囲気。
店員さんがおひとりで店番をされていました。
TSUTAYA等大型店がこんなに普及していなかった頃は、
こういうお店によくレコードを買いに行ったものですねー。
あ、私はギリギリCD世代なのですけど!?

☆「へ」は2つしか選択肢がありませんでした。
ディレクターいわく、「まちあるきが2周目入ったら次は絶対平和島駅だねぇ」
確かに。選択肢が少ないとそうなりますね。
「そ」だなんて、祖師ヶ谷大蔵しかないのですから、祖師ヶ谷AGAIN!になるのかしら!?
その前に、このコーナーが存続するか、それが重要ですね(汗)。
もし楽しんでいただけているとすれば、こんなに嬉しいことはありませんが・・・。

↑↑↑

さあ、早いもので、次回は「ほ」です。
2月に突入しますが、雨にも負けず風にも負けず(雪にも負けず)歩きますよ。
by mikikasai819 | 2009-01-30 10:38 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(6)

今からもう7年前。

エフエム群馬在職最後の1年で、私に、ちょっぴり年上のお友達ができた。
最初は社員とアルバイトの関係。
お互い「さん」付けは勿論、しっかり敬語を使っていた。

仲良くなるきっかけは、サッカーW杯。7年前といえば2002年、そう、日韓共催の年。
その年、中田英寿の特集番組があって、
そのナレーションが私の大好きな俳優:西島秀俊で(笑)、
「あー、この『世紀のHIDETOSHI繋がり』をビデオに録り忘れたぁぁぁ!」と
今と変わらずギャーギャー騒いでいた私に、彼女がそっと声をかけてくれたのだった。

「河西さん、私、録画しましたから貸しましょうか?」

くだらないと思うかもしれないが、私にとってはまぎれもない救世主だった。

「えー???ホントですか??」

「もちろん!っていうか、河西さん、サッカー好きなんですね♪初めて知りました!」

「・・・あ、えーっと、はい」

そう、そりゃ西島くんのナレーション目的とは思われるはずもなく(笑)。




そのうち、仕事の域を超えて、映画見に行ったり飲みに行ったり、好きな音楽の話をしたり。

なんというのか、一緒にいて抜群の心地よさだった。

私にとって、2002年という局アナ最後の1年は、
今の自分からは想像もできないほど精神的に病んでいた時期だっただけに、
そんなギスギスした私を癒してくれたのが彼女だった。
無理に笑わなくてもいい、むしろ自然な笑いが出てくる、
同時に、無理に悩みを打ち明けなくても許される希少な存在だった。
とてもイラストが上手で、時折仕事の合間に渡してくれるお手紙に本当に励まされた。
こういう風に一緒にいた時間は、考えてみれば半年ちょっとのことだったけれど、
日々どれだけ救われたかと今になって思う。

そして、私は悩みぬいた結果、群馬を離れるという決意をし、
彼女はそれをいつものようにかわいいイラスト入りの手紙で心から応援してくれた。

ただ、その頃は彼女も新しい道を歩み始めていて、その新しい先で悩み始めていたようだった。


退職から3年後、私が結婚すると決まったと報告したときのことが忘れられない。
「おめでとう」の台詞のあと、「ごめん、今の私には何もできないの」って言われた。

実は、彼女のセンスが好きだった私は、席次表などのペーパーアイテムをお願いしようと
以前から思っていたので、その依頼をしたのだった。
引き受けてもらえなかったことは残念だったけれど、無理はしてほしくない。
それ以上に彼女の精神状況が心配でたまらなかった。

結局、そこからちょっと間があいた。披露宴や2次会も呼べなかった。
群馬から東京に出てきてもらうのも大変だろうし、私も忙しい日々が続き、
直接の連絡を取ることがなかなかできなくなった。
でも、SNSなどで様子がなんとなく分かるのはありがたかったし、
年賀状は欠かさずやり取りしていて、「今年は会いたいね」と常にお互いが書いていた。
その言葉が適当な社交辞令ではないことはお互い分かっていた。



そのうち、いつからかそのSNSの日記で、
彼女の生活に新しい光が差し込んできたのが分かった。
職場を変わり、同僚にも恵まれ、なんとなく、素敵な男性と出会ったことも。






そして、昨日、彼女から直接私にメールが来た。

「今年の秋に結婚します。ミキちゃんに司会をお願いしたいと思って。」

本当に色々なことがあったからこそ、ここにたどり着いたなぁって思ったら、
なんともいえない気持ちが押し寄せてきた。
ずっと会っていない私に司会を頼んでくれること、そのことも嬉しかったし、
お互いが苦しい日々を乗り越えたこと、そのことにジーンとしたし、
そういうことを抜きに、言葉では表せない、本当に嬉しい結婚報告だった。

どんな彼なのかな。どうやって出会ったのかな。
ずっと会ってないからこそ、次に会うときが楽しみでならない。時間が足りるかな。

彼女がメールの最後に書いてくれた。

「信頼関係を築くのは、時間の長さではなく深さなんだね。
ミキちゃんとは本当にそれを感じるよ。」


「さん」付けが「ちゃん」に変わってからの方があまり会えていないから、
なんだか不思議なぎこちなさがあるけれど、それもまた笑える幸せに感謝。

本当に、おめでとう。そして、ありがとう。




奇しくも、まもなくサッカーW杯予選が始まる。
・・・なんだかまた、2002年とも2006年とも違った気持ちで見られるような気がする。
by mikikasai819 | 2009-01-29 19:54 | でんき(昔の出来事) | Comments(4)

昨夜のお仕事のことを書くのにまる1日経ってしまいました・・・。

昨日は、先日書いた「日経ウィンタースクール」の最終日でした。
講師は我究館館長の坂本章紀さん。
これまでにも講演を何度も伺ってきていますが、
今回は特に細かく自己PRや面接の極意をお話されていました。
学生のみならず、袖で聞いている大人の心までもいつもグッとつかむお話。
ええ、もちろん、新卒の就職活動向けですから、
「懐かしい」とか「私だったらこうする」とか今となってはそんな比較しかできないのですが、
そんな私の心にも特に響いた言葉があります。

大切なのは、何を伝えるかではなく、何が伝わるか。
自分が勝手に与えてしまう印象について把握をしたうえで、有効な話をすること。

例えば、開成高校→東大、趣味はクイズ、特技はPC。これだけ聞いた段階で、
「めがねかけているイメージがわいた人ー?」
・・・みんな手を挙げた(笑)。

例えば、国学院久我山→早稲田大学人間科学部、趣味はスポーツ。これだけの情報で、
「ラグビーやっているイメージがわいた人ー?」
・・・やっぱりみんなが手を挙げた。私もそう思った(笑)。

確かに、人間って、出身校や見た目、ちょっとした趣味・特技などで第一印象が決まりがち。
それを、知らない者同士がペアになって指摘しあうという貴重なワークが行われたのです。

もちろん私は司会者ですから、誰かとペアになってこのワークを行うことはありませんでした。
でも、袖で聞いていて、今の私はどんな印象を与えるだろう、
もし今私が自己PRを作るとしたらどんなものになるだろうって、ちょっと真剣に考えました。

今、私がお仕事のオーディションなどで履歴書を書くとしたら、
間違いなく「これまでの職務経歴」がポイントになります。
どんな性格でも、どんなにすごい体験をしてきても、
アナウンサーとしての仕事内容が全てです。

・・・そうです。

大学のゼミで台湾大学と交流をしてメデイア研究をしたことも、
キャンパスツアーガイドとして大学にいらしたお客様を案内していたことも、
予備校のチューターのバイトで毎週60通近くの質問カードに全て手書きで答えていたことも、
九州ひとり旅で焼酎を全種類試飲して驚かれたことも、
その旅の途中で偶然出会った老人と交流を深めたことも、
私がジェットコースターオタクで毎週のように遊園地に行っていたことも、
そういう個性は全く今は問われることなく、
アナウンサーとして何をしてきたか、何ができるかが重視される。

そう考えてみると、新卒の就職活動というのは、
経験値ではなくまっさらな自分のやる気と学生生活の過ごし方、日々の価値観で勝負できる。

当たり前のことなのに、なんだか頭をガツンとやられた気がしました。

「私はこういう人間です!」ってアピールできる場所があるのって、
実は人生のうちで一瞬なのかもしれませんね・・・。

☆☆☆

ところで、今日、講演の途中で、日経のYさんから、
「河西さん、この日経ホールで司会されるの、今日で最後なんですよ」って言われました。

「ええええ????」

実は、日経ホールはまもなく移転するのです。
それは以前から聞いていましたが、もう閉鎖の時期がきてしまったなんて!!!
振り返れば、日経ホールに出入りするようになったのは2004年秋。もう4年以上。
もしかしたら舞台袖や控え室の構造に関しては社員の方より詳しいかもしれない(苦笑)。
PAスタッフさんとも顔見知りになっているほど。
それだけ思い入れがあったので、いきなり「今日でおしまい」と言われると、心の準備が!
途端に惜別の想いが無性にこみ上げてきて・・・。
音の響きや司会台からの景色などをしっかり耳に、目に、焼き付けておこうと・・・。
ううっ・・・もう、ここでお仕事することはないのか・・・。

またご依頼をいただいて、新しいホールでお仕事ができますように。
たくさんの講師、たくさんのお客様との空間をありがとう。
真っ暗になった舞台に深々と独りでお辞儀をして、ホールを後にしたのでした。



※感傷に浸りすぎていた私を見かねてYさんがひとこと。
「あのー河西さん?別に日経がなくなる訳でもホールがなくなる訳でもないので・・・




・・・あ、はい。そうですよね(笑)。これからもどうぞよろしくお願いします。
by mikikasai819 | 2009-01-28 21:52 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

昼に用賀、夜に大手町。今日は2つのお仕事がありました。

まず、スクールクルーズの収録のためエフエム世田谷へ。
昨夜集中して作った音源を持ってスタジオ入り。

Sディレクターと準備を進めていると、「こんにちはー!」と女性が入ってきました。

おや?

「あ、河西さん、ごめん、言ってなかったけど、
今日、収録の様子を見学させてもらうMさん。よろしくね」


おやおやぁぁぁ???

予想外の出来事に、あわててスイッチが切り替わった自分(笑)。

Mさんは、エフエム世田谷のアナウンス研究所で番組制作やトークの勉強をしているとのこと。
昨年末までOLをされていて、今年は心機一転、やりたいことをやってみたいと
日々模索しているそうです。

初めてお会いして率直に感じたこと。

それは、意欲に燃えている人の表情って本当に輝いていてきれいだなぁってこと

Mさんとは収録の合間にほんの少しだけしかお話できませんでしたが、
何かを吸収しよう、勉強しようっていう気持ちがオーラに表れているばかりか、
見学という立場の現場であっても心から楽しんでいる雰囲気が非常に伝わってきて、
頑張ってほしいなぁと素直に応援したくなりました。

見学される立場からすると、さすがに緊張はしないのですが、
それこそ何かプラスになることを出せているかちょっと不安になってみたりして、
そういうときに限って収録中ドタバタしたりして(笑)。
でも、自然体が逆によかったのかなとも思います。
結果的にはいつも以上にナチュラルな番組に仕上がりました。
区の講座のレポートをするという趣旨からすれば
面白おかしいコメントはあまり登場しないはずなのですが、
今回は素の私がちらほら・・・(苦笑)。
SディレクターはMさんに言ってくださいました。
「自ら取材して編集して構成して喋るという流れがここまでくると理想だからね」
お恥ずかしい限りですが、やっぱり、形になると嬉しいものですね。
2月6日金曜日12:45~13:00の「せたがやスクールクルーズ」をお楽しみに。

※Mさんに「このお仕事(=アナウンサー)に就かれて何年目ですか?」と言われて、
「10年目です」と答えたとき、その月日の長さと速さと重さを改めて感じ、
なんだかやけに心臓の鼓動が激しくなりました(汗)。
10年目にふさわしい仕事ができているかな・・・。これからも前向きに頑張ります。

夜、大手町でのことは、改めて書きます。
by mikikasai819 | 2009-01-27 22:31 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

e0039787_0122823.jpg

先週の金曜日から、今日、そして明日と3日間、
「日経ウィンタースクール」の司会をしております。(詳細はこちら。)
就職活動にあたって必要な「経済とビジネスの基本」を学ぶということで、
非常に中身の濃い内容となっています。
2日目の今日は「企業の実力を見抜く力を身につける」がテーマ。
学生時代には全くできなかった。今もできるかわからない(爆)。

私自身はアナウンサーに絞って受験していたので、一般企業はほとんど受けておらず、
ちょっと特殊かもしれませんが、今になって思えば「無知って怖いな」と。
つまり、あまりにもその仕事に就きたいという想いが強すぎて、
その会社の業績や福利厚生、ひいては給料面においても、ほとんどチェックしませんでした。
全くチェックしなかったわけではなく、正直どうでもよかったのでした。

今、就職活動したら、多分もっと勉強して、視野を広げるだろうな。
それこそ、ウィンタースクールも活用できるような学生でいたい。
でも、やっぱりアナウンサーになりたい気持ちは変わっていないだろう・・・と思います。

アナウンサー受験に関してはちょっとタイムリーな話があるので、それは後日。

それより、司会のお仕事が終わって、帰宅して、ご飯を作って、食べて、
それから、先日のラクロス教室の音源を編集しました。
PCに向かいながら編集&原稿作成。
我ながら驚異の集中力!いやー、久々にこんなに集中したかも。ちょっと心地よいです。
by mikikasai819 | 2009-01-26 23:59 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

スミ子。今になってやっとその存在を知りました。
「おしりかじり虫」でおなじみ「うるまでるび」によるキャラクターなのですね。
e0039787_19252940.jpg

モノコムサのお店に行った時、なんとも不思議で、哀愁漂う、心に残る歌が流れてきて。
歌詞にやたらと「スーミコ スーミコ」と入ってくるので、
いったい何なのだろうかと気になってしまって。

今の世の中、何でも調べられてしまうのね。

スミ子FOREVER/スミ子

また、同じくこの曲もまったく別ジャンルの仕上がりで、忘れられないフレーズとメロディー。

あなたの態度が気に入らない/スミ子

いずれも、タイトルをクリックすると動画にリンクします。
なんともいえないしんみりした気持ちになります。
1曲目のほうは歌い出しまで20秒ほどあります。
ちなみに、映像を見ずにBGMとして聞いていただくと歌詞も頭に入ってきて、
店で私が洗脳されていった感覚に、より近づけると思います・・・。はい。

スミ子そのものは去年から誕生しているわけなので、
知っている方からすれば本当に「今さら」なお話なのですが、
やけに頭から離れないため記しました(苦笑)。
by mikikasai819 | 2009-01-25 19:20 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

動画を見ながらお料理

1つ前の記事の最後のコメントを書いて「鍋が食べたい」と思いましたが、
今日は主人がお友達との新年会?で不在のため、独りで鍋というのもね・・・と思い、
家にある食材で何を作ろうかと考えました。
考えていたら、軽く2時間も経っていました。
やっぱり今日も不規則な時間に食事だよ・・・(涙)。

それで、どうしてそんなに軽く何時間も過ぎてしまったのかといえば・・・
PCでネットサーフィンしてしまって、その内容が、ムービーレシピってヤツでして。

はい、私もまさにそういうナレーションのお仕事をさせていただいていますので、
是非こういうものは普及していくべし!と思っています!
(日清製粉「こむぎこくらぶ」。まだ見てない方、見てみたい方はこちら
私の声が流れてきます。粉料理名鑑のところにマウスをあわせると動画のところ♪
ケーキとかピザとかお好み焼きとかいっぱいあって楽しいですよ!)

まあ実際、主婦のお友達などに聞くと「毎日の食事はネットで決めてるよ」と言いますし、
いまや、日々の食事の相談はPCに!という時代ですね。

そんな私はどうなのかといえば、レシピを見たときに、
「はぁ?それはどういう意味?」と思ってしまうとやる気がなくなります。(理屈じゃないって?)
そもそも「この食材ないからダメだわ」とやる気がなくなります。(買ってこいって?)

つまり、料理に向いていない・・・(言い訳だって?)

本来、やる気はものすごくあるのです。美味しい料理が作れるものなら作りたい。
でも、基礎ができてないくせに変なところで完璧主義な私・・・。あああ。

そんな私が今更ながら見つけてしまった、目からウロコのムービー。
それは、味の素kkの「基本が分かるお料理ムービー」。(URLはこちら

野菜の切り方、お肉、魚のさばき方、(中略)・・・料理の基本を楽しくマスターしましょう!

うん、マスターする!!!

性格的に、書籍でたくさんこのテのものは既に買いました。
でも、いざ動画で見てみると、想像以上に「へぇ!」って思うことだらけ。
感動しました。同時に、今になってようやく知った事柄も多くて、軽く凹みます。
こんなことも知らずに私は適当にやっていたのかっていうことがたくさん。

それでもいいのだという考えもある。
料理に正解はない、毎日のことだから適当が一番という人もいる。
でも、知っておいて損はないことだらけ。
分かっていてうまく短縮していくのが主婦の工夫だと思う。

ふぅ。それにしても、野菜の切り方、
動画の向こうの人はプロフェッショナルよねぇ。リズミカルよねぇ。←当たり前。
見ていて気持ちがいいです(笑)。←見てるだけ!?

さーて、本当にそろそろご飯食べなきゃ。
せっかくだから、玉ねぎとひき肉の卵とじにしようかなー。
(さっき見た玉ねぎの刻み方をイメトレ中。笑)
by mikikasai819 | 2009-01-24 21:58 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

今日は、昨年12月に雨で中止となったラクロス教室の取材でした。
場所は世田谷区立烏山北小学校校庭。
小学生が日本女子体育大学ラクロス部の指導を受けられるという、とても貴重な体験です。

・・・分かっていました。
昨日、朝番組の中で自ら「週末は寒いです」って天気予報の原稿読み上げたから、
寒いことは分かっていました。

でも、雪が舞ってくるとは!!!
風も強くて、本当に、ハンパなく寒かったです。(悲鳴)

このような天気ですから、マイクを持っていると手がかじかんで、なんというか、
大げさではなく手が凍ってくる気さえしました。
教育委員会のスタッフの方には「河西さん、手袋持ってこなかったの?」って言われました。
ううっ、ダウン着てマフラーぐるぐるにはしてきましたがそこまで浮かびませんでした。
実際、手元で機材を動かすので、結局は手袋をつけっぱなしにはできないんですけどね。

あー、寒い寒い寒いー!!!(><)
今日ばかりはコートの中に入って体を動かしていた方が、絶対に暖かい!!!
寒いの苦手じゃー!!!(><)(><) ←群馬時代はもっと寒かったはずなのにね・・・。

そんな中でも子供たち(小学5~6年生)はみんな元気でした。
子供は風の子っていうのは、少なくともこの時間&この場所では間違いない!って思いました。
ちなみに、半袖Tシャツの子も1人いました。(しかも女の子)
どの学校にも冬でも半袖半ズボンの子っていましたが、まさに!って感じ。
雪降ってるのに、大丈夫なのー!!!ひぇー!!!

ラクロスは初めてという子ばかりですが、技術の習得はみんな驚くほど早いです。
柔軟な頭と体がほしい・・・。
e0039787_19421446.jpg


そういえば、私とラクロスの接点はといえば、
大学時代、バイトで一緒だった先輩の試合を駒沢公園に観に行ったこと。
終わった後、別の試合を横で解説してもらって
「ラクロスって激しいスポーツだなぁ。でも、おしゃれだよなぁ。」って思ったのを覚えています。
それ以来だったので、なんだか懐かしく、改めて魅力的なスポーツだなと思いました。

最後に、今日の講師の先生がみんなを呼び集めて、
「小学生からラクロスはじめたら、間違いなく日本代表になれるぞ!
まだ競技人口が少ないから!」って言っていたのが印象的でした。みんな頑張れ!









あー、それにしても今日は寒い。寒すぎます。(しつこい)
鍋でもしようかねぇ・・・。
by mikikasai819 | 2009-01-24 19:54 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く
河西美紀のこのきなんのきまちあるき!
きょうは「ふ」ということで、私自身、すぐに府中が思い浮かびました。
でも、府中はなんだかんだと個人的に知っている。
縁遠い駅といえば・・・府中は府中でも、府中競馬正門前駅!!!

なんと、無謀にも、競馬の開催されていない平日、しかも、
雨で寒々しい日に行ってまいりました。
そもそも間違いやすいのですが、
競馬場自体は「府中競馬場」ではなく「東京競馬場」というのが正式名称。
昭和8年に完成したのだそうです。
もともとは東京競馬倶楽部が目黒に競馬場を持っていたのですが、
地主が住宅地にしたいと申し出たため、府中が建設地に選ばれたんですって!

さあ、その府中競馬正門前駅は、京王線の東府中駅と繋がる単線です。
平日昼は20分間隔。2両編成ワンマン運転です。
e0039787_10252622.jpg

e0039787_10254260.jpg

ホームに行ってビックリ。人がいない。
そして、電車がいざ入ってきても、人が乗って来ない。
完全に貸切状態で出発進行!!
e0039787_1026771.jpg

東府中と府中競馬正門前はものの2分。あっという間に着きます。
e0039787_10262725.jpg

着いて、ホームの広さと自動改札の多さに圧倒されます。
競馬開催日は大混雑であろうこの場所も、今は私だけ。
当然、競馬場に向かうスロープも閉鎖しています。
e0039787_10273992.jpg

駅員さんが何しに来たんだろうと不思議そうにこちらを見ていました。
でも、そうはいっても、実はこの駅、競馬場だけではありません。
意外にも多くの住宅があるのです。
ということは、たまたま私が乗った時間は人がいなかっただけかもしれません。
ただ、このあたりは歩ける範囲の場所に他にも駅があるので、
そちらを利用しているのかもしれません。
e0039787_10285347.jpg

とにかく、誰もいない府中競馬正門前駅に降り立って、
まず目の前にある普門寺坂という坂を下って、とりあえず競馬場の方へ向かいました。
e0039787_1028617.jpg

e0039787_10282292.jpg

競馬場の入り口には「払い戻しのお客様こちら」とありました。
それ以外は閉まっています。
馬券を買っていないので、残念ながら用はなく、どうしたものかと思っていたら、
東門からJRA競馬博物館に入れるというではありませんか!
おーっ!しとしと降る雨の中、独りで歩いて、入場しました。
e0039787_1029364.jpg

e0039787_1030039.jpg

館内に入るや否や、ものすごい数の案内のお姉さんが並んでいて、
「まもなくシアターでの上映が開始になります」というではありませんか。
ここも貸切?恐る恐る入ってみると、男性が2人いらっしゃいました。
それでも3人でシアター独占。
e0039787_10303839.jpg

ここは3Dメガネをつけて立体映像を見るというもので、360度のスクリーンがあります。
e0039787_10305983.jpg

一人の少女と謎の男が展開する、時空を超えた競馬場への誘い。
ストーリーとしては正直ピンときませんでしたが、
馬の迫力あるシーンを見ることができます。
e0039787_10312196.jpg

e0039787_10314095.jpg

15分ほどで終わって、そのあとは自由に観ました。

2人の男性のうち1人は帰り、もう1人は中央競馬のメモリアル映像を見られる
ビデオボックスコーナーへ。多分、思い出のレースがあるのでしょう。

そして、私はといえば、誰もいない2階へ。
この2階フロアがものすごく面白かったのです。

体験ゾーンとなっていまして、
等身大の馬の模型に乗ってゲートの開く瞬間を実感できたり!
e0039787_10322934.jpg

スタート台に上って、スターターの気分が味わえたり!
(実際に旗を振りました。ファンファーレも鳴りました)
e0039787_1032512.jpg

極めつけは実際に東京競馬場を走っている気分を体感できるライディングビジョン。
e0039787_10333068.jpg

フロアには私しかいないのです。恥ずかしいけれどやるしかないでしょう。

係りのお姉さんは、私のためだけに隣に立って説明をしてくれます。
「芝とダート、どちらのコースがいいですか?」
「え?じゃあ、芝で」
「スピードはノーマルとハイスピード、どちらがいいですか?」
一瞬、焦りましたが、お姉さんが「大人の方ならハイスピードでも大丈夫です」と
にっこり語りかけてくださったので、そちらをセレクト。

始まってみると、最初は確かに恥ずかしい。
でも、馬の動きに合わせて体が上下左右に動くと、なんだか楽しくなってくるから不思議です。
「すごい体が揺れるんですけど」と言ったら、
「それは馬の動きにちゃんとリズムが合っているということで、上手な証拠です」と
褒められてしまいました(笑)。

コーナーを回って、最後の直線。他の馬をかわしていく爽快さ。よかったです。

ただ、ひとつ気になって質問しました。
「あのー、普段は混んでいるんですよね」
すると、お姉さんいわく、
「そうですね。競馬開催の日や土日は子供さんがものすごく多いので、
その子供の列に混ざって並ぶのが恥ずかしいということで、
大人の方は間違いなく遠慮していますね。」  

・・・だよね。
私は、そういう意味では同じ恥ずかしさでもラッキーな体験だったということです。

あとは、同じお姉さんに逆に質問されました。

「今日は、下見でいらしたんですか?」

へ?下見?
まあ、確かに女性が独りでこんなところに来るってことは
私がよほど競馬通で、次のレースに向けて何か情報を得るために来たと思われたのかな。
なんだか笑えました。
(※JRA競馬博物館は曜日によって開館時間が異なります。
平日も毎日開いているわけではありません。ご注意を!!!
でも、本当にすいているときに行くと楽しめますよー。)

さて、そのほか、まちあるきのコーナーですから、ちゃんと雨にも負けず歩きましたよ。
はい、かなり歩きました。
e0039787_10422452.jpg

e0039787_10424395.jpg

e0039787_10431942.jpg

でも、冒頭にもいいましたが、府中競馬正門前の駅から別の駅にも気軽に歩けます。
競馬場の周りを歩いていたら気づけばJR武蔵野線・南武線の府中本町駅でしたし、
e0039787_10352185.jpg

さらにちょっと歩けば、京王線府中駅。
e0039787_1036284.jpg

大国魂神社もすぐでした。
e0039787_10364889.jpg


結果的には3つの駅を楽しめたというわけで、めでたしめでたし。

最後は歩いて冷え切った体を温めるべく、
府中街道からちょっと府中本町駅側に入ったところの「田中珈琲店」で
ピザトーストセットを食べてフィニッシュ。これが本当に具沢山で美味しかったです。
雰囲気もよかった!
e0039787_10382444.jpg

e0039787_10371386.jpg

e0039787_10373695.jpg

e0039787_10375264.jpg


というわけで、今日の頭文字のまとめ。
府中競馬正門前。結構長い駅名ですからちょっと短めに。

・・・深まる競馬への興味
ちゅう・・・躊躇せずに、思い切って
けい・・・経験すべし、博物館のシミュレーション
・・・ばかに人がいなくて
せい・・・静寂が寂しいけれど、
もん・・・文句なしに楽しめる
・・・前向きに歩いていったら
・・・エピローグはピザトースト

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆時間の関係でコーナーの中ではお話できなかったが、番組のラストでお話できたことから。
それは、府中本町駅前のイトーヨーカドー外、宝くじ売り場にて。
「まねきねーこ まねきねーこ」という曲とともに「ロト6キャリーオーバー中!」って
エンドレスで流れていたのが気になって、ふと足を止めて近づきました。
すると、換金しようとしていた女性がいきなり
「キャー!!!うそ??」と悲鳴を上げたのです。
私だけでなく、数字を選んでいた周りのサラリーマンとおばあさんが
「どうしたの?」という表情をしました。
どうやら、6つの数字のうち3つ当たっていたと思って1000円を換金に来てみたら、
4つ当たっていたようなのです。
そりゃ驚きです。「はい、おめでとうございます。13000円!
1000円だと思っていたものが13000円とは、嬉しい勘違いでしたね。
一緒に驚いたサラリーマンとおばあさんと私、みんな一体となって喜んでいました。

ただ、サラリーマンは「4億あたったのかと思ったよ」って本音も。
そうしたらおばあさんは茶目っ気たっぷりに、
「4億だったら、今いるみんなで山分けしたってバチあたらないわよねぇ」って。
ギャンブルで潤う府中ならでは!とはもちろん断定はしませんが、
なんだか知らないお客さん同士なのに、やけに温かい気持ちになった次第です。

しかも、この話には続きが。

なんとなくその流れでロト6を実に久々に購入した私。
今、見てみたら、なんと3つ数字が当たっているではありませんか。
それこそ1000円ですけどね。いやはや、すごいことですよ。
ありがとう、府中(笑)。

☆駅前にいた黄金の馬。誰もいないだけに、いっそう輝いて見えました。
e0039787_10454423.jpg


☆閉まっている競馬場の前で写真を撮っている私は、さぞかし怪しかったことでしょう。
でも、徹平君が笑いかけてくれたからよしとしよう。
(私は小池徹平くんが結構好きである。笑)
e0039787_10415986.jpg


☆府中というと、昔からゴミ収集の箱がしっかりしているんだよなーってイメージ。
e0039787_10435156.jpg


☆埋蔵文化財の発掘調査という紙に目が奪われました。
何が出るかな何が出るかな。
e0039787_10443426.jpg


☆まちあるきをしていて気になったお店その1
府中競馬正門駅のまさにすぐ横。これはなんだか恩恵にあずかれそう。
e0039787_10444862.jpg


☆気になったお店その2
府中本町のイトーヨーカドーから程近いところにあるサイクルショップ。
e0039787_10445537.jpg

写真だけでは分からないので説明しますと、ここのお店の入り口には
「サイクルショップとは自転車屋のことです」ってわざわざ説明文が貼られているんです。
年配の方でも安心ですね(笑)。

あと、書いてないことは・・・あっ、一応私と競馬の関係性?を。

☆府中競馬正門前駅に行ったのは、これが人生2度目。
前回、つまり初めて行ったのは、今から10年以上前の オークス ダービー。
フサイチコンコルドという馬の名前と「熱発」という単語だけ記憶にあります。
ちなみに、大井のトゥインクルレースにはその後も時折行きました。
競馬ゲームは「ダビスタ」に一時期はまっていました。
でもこのように詳しくないため、ちっとも強い馬を育てられませんでした・・・トホホ。

↑↑↑

来週は「へ」です。
スタッフいわく「競馬の次は競艇かい!?」
ま、まさかねー。でも、選択肢が少ないぞ!?

注:私はギャンブラーではありません。
by mikikasai819 | 2009-01-23 10:50 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(4)