<   2008年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

普段、あわただしくしていると、朝日・夕日の輝きに気づかない。気にしようともしない。

ふと、その恩恵を感じ、また日々の生活を頑張ろうと思えた。

太陽の下、地に足つけてがんばるのだー!
e0039787_7403664.jpg

by mikikasai819 | 2008-04-29 07:54 | りょこうき(旅の記録) | Comments(0)

睡眠時間2時間弱

羽田空港に向かっています。
2時就寝、4時起床。旅の力は偉大です(苦笑)。

自然に囲まれながらゆっくり心を癒す、でもアクティブさは忘れない。そんな旅にしたいです。

ところで、今、携帯で今日の占いを見たら、

「上司や目上の人に評価されそう」

なんというビジネスモード・・・ピントずれまくりです(^o^;)
by mikikasai819 | 2008-04-27 05:39 | Comments(2)

どこがスッキリ!だ!ちっとも更新しないままG.Wに突入してしまった!
(アメリカ旅行記も年内ギリギリにUP。相変わらずの私です)

普段気になっていたこと、しかも私だけが気になっているようなどうでもいいことを
これでもか!というくらい詰め合わせた今回の「思いつき旅」。
最終日の最後の出来事を今更ながら記します。
これまでどんな流れだったのかは、番号をクリックすると過去の記事に飛びます。

1(銀河・亀山本徳寺・姫路城・書写山)
2(三木・加西)
3(餘部・天橋立)
4(西本願寺・二尊院・東寺・三十三間堂)

17時に予約していたところ、それは、ここ。
e0039787_19342584.jpg

「ゆめみる夢」とありますね。
何のお店かといいますと「舞妓体験」です。
一度はやってみたいと思っていたけど、やる機会がないままだったので、
自分の中でのノリがいいときに挑戦してみようと思ったのでした。
では、数あるお店の中でなぜここにしたのか。
それこそが気になっていた「クイックプラン」というもの。
あれこれ欲張って舞妓変身にかける時間がない、そんなに金額をかけたくない人にピッタリ。
化粧の仕方が違うので、見る人が見れば分かるようですが、
素人には分からないみたいです。
実際私も、ただ体験できればよかったので、迷わずクイックプラン。

ちょうどすいている時間帯だったのでほぼ1人でよかったですが、
混雑時期&混雑時間はひっきりなしに人が出入りして相当大変な様子。
修学旅行などの時期は一度に7~8人が着付けするそうです。

どんな流れで変身していくのかは、私が文章で説明するより、
HPの動画(こちら)で見るのが早いです。。

さて、変身後は、どんなになったかって?
それじゃ、ほんの一部だけ。
e0039787_19535372.jpg

e0039787_19542430.jpg

いかがでしょうか?
かんざしはその季節のものということで、2月は梅でした。
・・・え?顔が映ってない?・・・だって、志村けんのバカ殿みたいで(苦笑)。
というわけで、最後は無難に。
e0039787_1956227.jpg

間違いなく私です。はい。

こうして、私の気になっていた事項はとりあえずすべて満たされました。
そして、すべて書き終えました。ふぅ。

というわけで、なぜいきなりこのタイミングで旅行記を仕上げたかといえば、
勘の鋭い方はお気づきですね。

・・・次の旅に出るからです。

(実は、他にも日帰りでいくつか行っているのですが、追いつかなくて。
山梨の塩山にある機山ワイナリーでスパークリングワインを購入しに行ったり、
千葉の佐原で名物・黒切蕎麦(日高昆布を練りこんだ真っ黒な蕎麦)を食べたり・・・)

たくさんのことを吸収して、心をリフレッシュさせたいと思います。
by mikikasai819 | 2008-04-26 20:23 | りょこうき(旅の記録) | Comments(7)

トゥーランドット鑑賞記

今日は1歩も家から出ませんでした。起きたら13時半。・・・ありえない。

というわけで、昨夜の出来事を。

中学時代からの親友からお誘いを受けて、祝祭音楽劇「トゥーランドット」を観にいきました。

確かに気になっていました。
青春時代を岸谷五朗のラジオで生きてきた身としては、
彼の演技を生で見たことがないままここまできたことが歯がゆかったので。
チケットは決して安くありませんが、誘ってもらってよかったです。

始まる前に、赤坂サカスで軽くお茶。
初めて足を運びましたが、予想よりこじんまりしていました。
ただ、どんなに街並みの様相が変わっても、赤坂で降りるたびに、
TBSにあこがれていた学生時代がよみがえるから不思議(笑)。

さて、会場である赤坂ACTシアターへ。

今回の席は2階の最後尾。でも、真ん中。舞台が非常によく見えます。
友達は2回目の観劇で、前回は1階だったとのこと。
全く見え方が違うらしく、「これ、使って」と差し出されたのは、双眼鏡!!!
使い方が分からず、なんと逆から覗いてしまったりもしましたが(恥)、
いざ公演が始まってから使ってみたら、なるほど、キャストの表情がよく見える!
友よ、ありがとう。

ストーリーは事前に全く予習していきませんでしたが、案外スムーズに入っていけました。
※以下、感想を記します。(ネタバレあります。これから見る方、スルーしてください。)


私はこれまでミュージカルやお芝居を多く見てきた人間ではないので、
他の作品と比較することはできないのですが、
とにかくスケールが大きい、めちゃめちゃ大きいということだけはよく分かりました。
そして、目を奪われたのが、舞台の使い方。
左右だけではなく、前後、上下の空間を余すところなく活用しているのはすごい。
途中、お城の中を走り回るというシーンがあったのですが、
大道具の絶妙な動きにより、限られたはずの舞台スペースがとてつもなく広く感じました。
照明や音楽の効果も大きかったと思います。
これは2階席にいたからこその発見でした。
威圧感のある大階段も、相当の高さがあったと思うのですが、
2階席最後尾から見ていると程よかったかな。

そうそう、上から下に転がり落ちるキャストはさぞ大変だろうと思いましたが、
実は、下から上へ駆け上がるのも大変だろうと、今ふと思いました。
2階席からはオーケストラの様子もしっかり見えて、生演奏に酔いしれました。
指揮者がタクトを振り上げるのも分かるので、良くも悪くも息を呑む瞬間です。

さて、長さは、第1幕:80分・休憩:20分・第2幕:55分だったはず。
正直、前半が長く感じました。でも、後半より前半のほうがよかった。
最後は祝祭音楽劇だからこそああいう華やかな終わり方でよかったのかもしれませんが、
それこそちょっと「犠牲が大きすぎた」感じで、
残されたアーメイと岸谷五朗の2人の歌に残念ながら感情移入が出来ませんでした。
(五朗さんったら、ラジオ企画で出したCD「あの鐘を鳴らせ」を髣髴とさせる歌声・・・(笑)。
って、これに反応する人がどれだけいるんだろう・・・)
中村獅童も演技が良かった分、歌が聞き取りづらかったのが残念。

その反面、今回非常に感銘を受けたのが、リュー役のなっちこと安倍なつみ。
期待していかなかった分、その予想をいい意味でめちゃめちゃ裏切られました。
なんと心に響く歌!演技も非常によかったと思います。
(近くで見たら細かいことが気になるのかもしれませんが)
何しろ、私にとって今回の観劇の中でもっとも感動したのが、
リューがミンに「愛とは・・・」と歌うところ。
歌というより、叫び、諭し、励まし、すべての感情の噴出に思えました。
いやー、あのシーンはもう一度見たいです。
そして、あわよくば2人が結ばれてほしい・・・ってそれでは話が変わってきてしまいますね。

あとは、主人公トゥーランドット役のアーメイについてずっと気になっていたのですが、
終わってから気づきました。
・・・この人のCD、私、持ってました(爆)。
台湾に旅した1997年、「今、大注目のアーティスト」と現地の友達に勧められて買ったのが
張惠妹の「BADBOY」というアルバムでした。
e0039787_23343937.jpg

タイトルチューンは聞きましたが、それ以外はあまり聞かぬままどこかにしまったまま・・・。
そうか、あの彼女か。今さらしんみり。
ケリー・チャンの代役だったんですね。


そんな感想を持った今回の鑑賞でした。


※トゥーランドットといえばプッチーニ。
これを機に、しっかり本場モノも見てみたいと思いました。
・・・っていうかそもそも全く違いますけどね。
by mikikasai819 | 2008-04-24 23:38 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

火曜日夜、いつもお世話になっている日本経済新聞社のWさんと一緒にお食事。
同い年ということもあって、プライベート面でもお互い話が弾む間柄。
といっても、2人でゆっくりお話しするのは本当に久しぶり。
今回は、表参道のNapuleに行きました。
※予約なしでは入れない人気店。よかった、電話しておいて・・・。

予約時間に行ったら、どうやらお店で気分が悪くなられたお客様がいたようで、
救急車が到着する騒ぎに。大丈夫だったかしら・・・。
そんなわけで、少しお店の外で待ってから席に案内されました。
すると、「お客様、お待たせしてしまい申し訳ありません」とカクテルのサービス。
うーん、行き届いているなぁ。

さて、何を食べようかとWさんとたくさん悩み、ピザのハーフ&ハーフを。

選んだ種類は以下の2つ。

4 Formaggi 4種類のチーズ
(モッツァレッラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、パルミジャーノ)
Capricciosa カプリチョーザ
(トマトソース、モッツァレッラ、ハム、キノコ、黒オリーブ、アーティチョーク、バジリコ)

おいしそう♪♪♪

実際、本当においしかったです。
さすが、世界ピッツァ選手権で優勝したシェフがいるお店だけあります。
しかも、イタリア人からも絶賛されるわけです。
(私のイタリア語の先生はNapuleを行きつけにしていて、以前連れてきていただきました)

そのほか、どのメニューも大満足でした。
Wさん大絶賛で夢にまで見たという「水牛のカプレーゼ」は、
残念ながら品切れにより「乳牛のカプレーゼ」になっていましたが、それでもおいしかった!
野菜のフリットもイタリアを思わせる味でした。

今、このNapuleは東京ミッドタウンにも店舗がありますが、人気で大変混雑しているようです。
表参道もまたしかり。でも、納得です。

Wさんとはワインを飲みながらたくさんお話しました。
特に大学時代どう過ごしていたか、社会人の初めのころどんな毎日だったか、
初めて聞く&話す内容がたくさんあって、非常に盛り上がりました。
お互いこれからどうやって人生設計をしていくかも参考になりましたよ。

お仕事のご依頼をいただくだけでも本当にありがたいのに、
こうして親しくしていただけることに改めて幸せを感じます。
この関係を大切に、これからもお役に立てるアナウンスを提供できるよう
心がけたいと思います・・・。
by mikikasai819 | 2008-04-24 17:39 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

今日は、クラスメートのあやさんと一緒に、授業の前に勉強会。
仕事仕事と言い訳をして、まったく予習復習をしないまま月日が過ぎ去り、
このままではいかん!と思ってお互いに奮起。

第1回は私の家でやることに。(掃除も奮起!笑)

さあ、何からはじめよう。
イタリア語には近過去と半過去があって、後者が微妙に難しいため、
そのあたりから復習していこうかな。
リスニングもやってみちゃう?

・・・その前に、ご飯食べようか。
腹が減っては戦が出来ぬ。

というわけで、今、ランチ終了。パスタを作りました。
コーヒー入れて、一息。
いやー、楽しいねー。

・・・はっ、主たる目的はこっちじゃなかった!

ここから集中して頑張ります。
(すでにあやさんはテキストを開いている・・・)
by mikikasai819 | 2008-04-23 13:11 | やるき(決意・反省など) | Comments(0)

どういう風に記していいかわかりませんが、やはり、スルーできません。

光市母子殺害事件の差し戻し控訴審。
死刑判決が出たことで、ネットには関連記事が多数載っています。

読めば読むほど納得し、
読めば読むほど疑問もわき、
読めば読むほどこれでいいのだと思い、
読めば読むほどこれでいいのかと思い、

そのうち、自分の本当の感想・意見がどこにあるのか本当に分からなくなってきました。

でも、それでよしとしよう・・・と思いました。

この大きな事件を、他人事と思わず、いろいろな立場からたくさん考えていくこと。
むしろ悔しいことに、それくらいしかできません・・・。

マスコミの報道に関しても、肯定もしないし否定もしません。
非常にわかりやすく趣旨を伝えている番組もありますし、
そのことで確実に日本国中の関心が高くなっています。

遺族の心情を丁寧に扱った番組もありました。
涙なしには見られませんでした。
涙しながら、自分が同じ立場だったらどうするか、こんな風に動けるのかどうか、
自分をそもそも見失ってしまうのではないかなど、考えさせられることはたくさんありました。

一方、少年の弁護をするジャーナリストにスポットを当てた番組もありました。
これはこれで丁寧に取材されていて、批判の気持ちは到底起きませんでした。
批判するほうがおかしいとさえ思います。
むしろ、そういう側面から調べた結果をすべて見ても死刑判決が妥当だと視聴者が思えば、
きっとそれは確固たるものだと思うからです。

どちらかの論調だけという状態は絶対に避けなくてはなりません。

裁判員制度が導入されるとなった今、すべての裁判は身近なものとなります。
もし自分が○○の立場だったら・・・ということを
すべてのパターンにおいて常に念頭においておきたいと改めて考えます。

そして、もし自分がこういうニュースを読む担当だったら・・・、
どういう風に読み手が捉えているか、どれだけ事件の背景を知っているかによって
視聴者・聴取者への伝わり方もほんの少しでも変わってくるということも・・・。
by mikikasai819 | 2008-04-22 15:03 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

「さいかい」と打ったら「最下位」と出てきて、一瞬嫌な気持ちになりましたが、
そんなことはさておき(苦笑)、本当に今月は色々な人たちとの再会があります。
1年ぶり、3年ぶり、5年ぶり、10年ぶり、それ以上ぶり・・・。

今日は、高校時代に一緒に学校に通っていたUとFちゃんと3人で会いました。
3人で一堂に会するのはなんと高校卒業以来=13年ぶり。うひゃー。
Uのご自宅(実は我が実家の近く)にお邪魔しました。

Uは2児のママになっていました。上が3歳、下が9ヶ月。
笑顔の絶えない、すごくかわいい息子さんたち♪
私もミニカーで真剣に遊んでしまいました(笑)。

次は女の子がいいなーってUは言っていました。
まだ1人もいない身としては、話の次元が違います(汗)。
そうそう、もともとサッパリした性格で、男友達がとても多い子だったU。
なんとご主人は26歳!キャー、若ーい!!!!(黄色い声。笑)

3人であれこれ話していると、とても13年経ったとは思えなくて、
でも、確実にそれぞれのワールドがあって、本当に人生って面白いです。

☆☆☆

ところで、Uの自宅でご飯を食べる際に、何種類もあるおにぎりの具を選ぶことに。

「どれがいい?美紀、選んでいいよ」
『う、うーん。(・・・数十秒後)うーん、ごめん、決められないからFちゃんどうぞ』
「え、いいよ、選んで」
『う、うーん。(・・・数十秒後)ほら、やっぱりUから取ってよ』

そう、私は極度の優柔不断。
でも、そうは見えないようでして、驚かれました。

「美紀ってこんなに決められない人だったっけ?」
『いやー、あのー、そうだね、決めるまでに相当時間かかるよ、昔から』
「あれー、そうだったっけ。意外だなー。そういうかわいいところがご主人のツボなのかもね」
『いや、それは違う、ちっともかわいくない(キッパリ)』

デザートのゼリーを選ぶ際も・・・

「あー、美紀は時間かかるならゆっくりとことん選んでいいよ」←すでにUには理解された。
『う、うん。そうするよ』

早い段階から頑張って選び始めたのに、2人が食べ始めてからもまだ悩み中。

「え?まだ選んでないの?(苦笑)」
『あ、あー、それじゃ、えーっと、ご主人にもとっておくわけだから、
ご主人の好みじゃないほうはどっちかなー。私、そっちもらうわ。』
「あのさー、美紀の希望はないの?」
『あー、いや、どっちもいいんだよねー。本当に。』

こんな感じです(汗)。

高校卒業から13年、そろそろこの優柔不断から卒業したいものですが、
人間、なかなか変われないなぁと思った1日でもありました。

U、Fちゃん、楽しい時間をありがとう。

このように懐かしい人との再会を重ねていくと、今の自分と昔の自分を比較して、
変わってないところと変わったところが如実に露呈され、非常に勉強になります・・・。
by mikikasai819 | 2008-04-21 21:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

今いる場所

e0039787_14353750.jpg

右下のアルファベットでわかりますかねぇ。

ひいきチームじゃない分、純粋に試合を堪能しています。
ゆっくり初回から見るのは久しぶりです。
by mikikasai819 | 2008-04-20 14:35 | Comments(6)

昼は、御茶ノ水で司会のお仕事。
以前ご依頼をいただいたベトナム投資セミナー。
主催者の担当者の方と私、同い年ということが、終了間際に判明!
セミナー終了後、お客様の反応がなかなかよくて、嬉しかった。

夜は、品川。
約4年ぶりに会った人に「痩せたねぇ」と驚かれた。
「みっきぃ」という愛称で呼ばれるのも4年ぶりだった(笑)。

帰宅後、なんとなくドライブに行きたくて、主人に連れ出してもらった。
特に目的地は決めず、レインボーブリッジとベイブリッジを両方渡ってもらった。
途中、人が少ないパーキングエリアで、コーヒー(自販機だけどミル挽き)を飲んでゆっくり。
こういうのもアリかも。

今日もめいっぱい過ごした。
(オチも全くない、素朴な日記風。こういう日もアリかも。)
by mikikasai819 | 2008-04-19 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819