<   2007年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

野球スタッフのSさんが新しくバイクを購入しました。
車種はHONDAのFORZAというらしい。

バイクの日(8月19日)生まれの私ですが、バイクに乗ったことは皆無。
免許上は原付を運転できるわけですが、そういう機会もないし、そもそも怖い(苦笑)。

そんな私に、Sさんが一言。
「河西さんも後ろに乗ってみます?」

実は、ほかのスタッフたちは既に乗せてもらっていたらしく、
新橋からJ-SPORTSまでレインボーブリッジを快走していました。

怖い。でも、こんな機会はめったにない。

「乗ります。」

というわけで、いざ、FORZAの前へ。

e0039787_0143133.jpg


おーっ!すごい!この後ろに乗るのかー。
Sさん、頼みましたよ!(笑)

ヘルメットをかぶって(これがおもしろいほど似合わない・・・)記念撮影していざ出発。

「うわーーーーーーーーーーー」

早速、風を切って走っていきます。

「これで時速何キロくらいでてるんですかぁぁぁ?」
『60くらいです』

へぇーーーーーーーーー。すごーーーーーい(><)。

率直な感想はというと・・・走り出してからの数秒は心臓バクバク。
風が顔に当たって涙が出てきました。ヘルメットもうまくフィットしてなくて心配。
でも、しばらくすると、体の奥から爽快感が!!!
遊園地のジェットコースターをこよなく愛する私、まさに血が騒ぐ!!!

走ったのはほんの数分。
会社のまわりの道を1周しただけで終了だったのですが、
お台場をバイクで走ったという初めての体験は、大満足。

スタッフの中でまだ乗っていなかった人が他にもいたので、
仕事のあと「みんなで体験コーナー状態」(笑)!
そして女性スタッフがボソッと一言。

「こりゃモテルよね。男前だね。」

バイクを持っているっていうことに素直に感心したセリフだったのでしょうけど、
言い方が実にしみじみとして、ちょっとおばちゃんぽくて、やけにウケてしまいました。

そんな4月の最後の日でした。
by mikikasai819 | 2007-04-30 23:55 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
G.W、皆様どこかにお出かけですか?
私は、昼も夜も仕事で野球三昧なのですが、
昨日はナイターが比較的(あくまで比較的)早く終わったので、突然の欲望に駆られて、
主人につきあってもらって、自ら運転してある場所に出かけてしまいました。
それは、ここ。

e0039787_17345664.jpg


いつ以来かなぁ・・・1年以上は確実にご無沙汰な場所。
そう、ボウリング場。
プロボウラー志望とかでは決してないのですけどね。
スカッとしたくて、なんだか無性に投げたくなってしまいました(苦笑)。

最初は、スカッとするどころか、むしろストレスがたまりそうでした。
だって、ずっと9本しか倒れないんですもの。

9・9・9・9・・・なにこれ・・・。

しかし、あるときストライクが出てから、楽しくなってきました。

結果的に2ゲームやって「128」と「141」でした。

そのあと、併設されていたゲームセンターにふらーっと引き寄せられ、
太鼓の達人をこれまた何年ぶりかにやってしまいました(笑)。
人の目を気にしてしまう性格なので、
混んでいるときは(後ろに並んでいるときなどはなおさら)やらないのですが、
さすがG.Wの夜遅い時間!周りには誰もいません。
(ボウリング場自体もガラガラだった)

それにしても楽しかったー。太鼓たたいて予想以上に汗かいたー。
やはり人間、体を動かすことは重要なんだなぁ・・・。

※ボウリング、楽しかったから良かったんですけど、
しばらく行ってなかったから、料金についてノーマークでした。
いやー、1ゲーム投げるのって600円するんですねぇ。
もちろん時間帯やボウリング場にもよるんでしょうけど、
貸し靴代は別ですし、うーん、もっとお手ごろだったら
4ゲームくらいやったかもしれないのに・・・!?
いつまでも学生時代の値段(500円未満)のイメージじゃだめですね(苦笑)。
by mikikasai819 | 2007-04-29 17:43 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

サヨナラを信じる

サヨナラといっても別れではなく、サヨナラ勝利。

野球最大6試合を毎日見ることが仕事の私にとって、
一つ一つの試合にそれぞれのドラマがあって、すごく刺激を受けます。

野球は9回2アウトまでわからないというのはまさにそうで、
1つのヒットから、いや、もっというと1つのミスから新たな展開が生まれるわけですからね。

家でネットがつながらなかったからUPしたいときにUPできなかった内容なんですけど、
先週(20日だっけ・・・)も、私が応援しているチーム「G」は
豊田大炎上でまさかのサヨナラ負け。
延長12回、3点を勝ち越したのに、その裏4点取られるなんて思ってもいない。
しかも、サヨナラタイムリーを放ったのは、
群馬で私が取材したことがある前工の狩野くんだなんて!!!
ええ、もう立派なプロ選手ですが、ついつい「くん」と呼んでしまう。
あの日は仕事中なのに、マジ泣きしてしまいました。
巨人のサヨナラ負けに対する屈辱と、狩野くんの活躍に対する感激で。
悔しいのに嬉しい。嬉しいのに悔しい。(もうだいぶ前なのに思い出してまた悔しさが!)

ちなみにその前の日(19日ってことか・・・)は、逆に
「T」が6点リードしていたのに「D」にひっくり返されるという、
これまたすごい展開があったばかりだったので、
もう、野球は本当に何がおこるかわからないなぁって痛感します。

サッカーやラグビーももちろん面白いけど、
残り数分とかロスタイムとかで大量の点差があったらさすがにひっくり返せませんよね。
野球はそれが出来てしまう・・・。うーん、すごい。

毎日の生活も、つらいとき、逆転サヨナラできる可能性は必ずあるはず。
低空飛行しているとき、そう思って前向きにいきたいな・・・。

※サヨナラというと?って周囲の何人かに聞いたら、
「GAO」のヒット曲っていう答えが返ってきました(笑)。
懐かしいなー。私のカラオケ18番でした(笑)。え?若い人は知らない?
by mikikasai819 | 2007-04-29 17:14 | やるき(決意・反省など) | Comments(2)
今日の午前中は、都立上水高校放送部の指導に行ってまいりました。
早いもので、ここでのコーチも4年目に突入。
先月、1期生が卒業して、新しい1年生が入ってきました。
新しい部長・副部長のもと、新しい気持ちでみんなスタートを切れているようです。

今日は、初回なので自己紹介。
どうして放送部に入ろうと思ったのか、中学時代はどんな部活動に入っていたか、
どんな活動をがんばりたいか、少しずつインタビュー。
そして、「よくぞ放送室の門をたたいた!」とまずは賞賛(笑)。
だって、あれもこれもやってみたいのが高校生。
特に放送部ってどんなことやるんだろうって
一般的にはあまり見えてこなくて不安だと思いますもの(苦笑)。

思い返してみれば・・・私自身、高校の部活動決めに関しては
色々なところで常々話していますが、(2年前のブログ参照)
元々軽音楽部に入りたかったのに、学校に存在すらしていなかったため、
次に、バスケットボール部かテニス部か演劇部か放送部で迷いました。

バスケ部は、バスケ自体大好きで得意だったけど、上下関係が厳しそう・・・
テニス部は、中学で入っていたからスムーズに出来そうだけど、違うことをしてみたい・・・
演劇部は、学芸会が好きだったから興味があったけど、活動状況がよく分からないし、
大道具小道具担当からやるらしい・・・
放送部は・・・、放送室の中でこもっているのが暗そうだけど!?、
すぐにマイクの前に座れる、合宿が和気藹々と楽しそう、
アナウンス練習や番組作りをやってみたい!ということで、
比較してみて動機は不純かもしれませんが、軍配は放送部。
入ってみてから全国大会レベルの部活動だと知ってなおさらやりがいがありました。

話を戻して、新入生との最初の部活動。
発声練習などの方法から始めます。
「あーーーー」とただ声を出すだけではもちろん意味がなくて、
「あ・い・う・え・お」の口の形、息の出し方などひとつひとつ確認しながら進めていきます。
濁音と鼻濁音の違い、滑舌、技術ももちろんですが、
言葉を伝えるという気持ちは最初が肝心です。

ここで感慨深かったのは、新2年生の成長。
やっぱり1年間やってきただけあって、1年生とは雲泥の差。
(差がないと困るんですけどね・・・苦笑)
本人たちも去年の今頃を思い出して感慨深かったようです。
最後は「新入生歓迎会」ということで、お菓子とジュースがたくさん!
「河西先生、何飲みますか?」
エライ!みんな用意がいい!(笑)
帰り際には「ブログ読みましたよ」というひとことのおまけつき。
「あ、私も」「私も読みました。面白かったです」
とても嬉しいことですが、同時に、何かマズイこと書いてなかったかなーって冷や汗。
・・・って、公開してるわけですから、その冷や汗は意味不明ですね(苦笑)。
よーし、活躍をどんどんUPできるように、みんな頑張ろうねー!!!

そして、昼過ぎからはJ-SPORTSで野球三昧。
ゴールデンウィーク初日?私には全く関係ございませぬ。
ちょっと、ええ、本当に、暦がよく把握できていません・・・。
by mikikasai819 | 2007-04-28 17:18 | はたらき(お仕事) | Comments(0)
1日オフが出来たので、群馬に日帰りで行ってきました。
今回は誰かに会うとかどこかに行くという明確な目的がなかったので、
起きたら10時。うわー・・・私らしい・・・(苦笑)。
でも、今から行くもん!

どうせなら目指すは万座温泉。あの白いお湯につかりたい!
しかし、やはり万座はさすがに遠かった・・・。草津の先だもんなぁ。
というわけで、川原湯温泉まで走ったくせに断念。

ここで凹んでもせっかくの休みが台無し!ということで、
かねてから行きたかった「ふるさと」というお店へ。
(以前、先輩に連れてきていただいたときは定休日だったのです・・・)

e0039787_1374516.jpg


このお店は、郷土料理を出してくれるのです。
水車もあります。

e0039787_1381026.jpg


風流です。

中に入ったら、気さくなおばちゃんが「どこでもいいですよー。座ってください」って
笑顔で迎えてくれました。
囲炉裏がある!うーん、雰囲気抜群。
メニューを見ながらうどんがいいのか定食がいいのか、あれこれ迷っていたら、
目に付いたのが田舎なべというメニュー。

「これってどういうものですか?」
『野菜7種類と肉を味噌で味付けします。きびめしと一緒がおすすめですよ』



「それでお願いします(目が輝く)」

しばらく待って出てきたお鍋。目の前のコンロで調理してくれます。
ごぼう・もやし・にんじん・春菊・ピーマン・ねぎ・たけのこ・・・だったかな。
ちなみに、きびめしは、注文をとってから蒸して出てきます。

少し待ちますが、その間になつかしの上毛新聞でも読みますか。

e0039787_1384021.jpg


さあ、出てきました。きびめし。「メンパ」という器がまた素敵♪

e0039787_1385530.jpg


いただきまーす!
うーん、たまらない!おいしすぎる!!
昔の人はこれを主食としていたんですよね。今ではご馳走です。

鍋も素朴な味。

e0039787_1392518.jpg


まさにふるさとの味って感じです。
おいしいおいしいと連呼して、胃が完治していないのに完食。
万座までたどり着けなくとも、ここに来ただけで大満足。
昼のピーク時を過ぎていてお客が他にいなかったこともあり、
帰りにお店のおばちゃんと少し話をしました。あったかい気持ちになりましたよ。

さて、ここからどうしよう。

ここでひとつ気になっていたのが、来る途中の農産物直売所
同じく先輩が以前連れてきてくださったところです。
その際、私はまだ主婦ではなく、野菜の価格や鮮度にあまり関心がなかったのですが、
今ならきっと見る目も違うはず!と思って、自分を試すつもりで(?)立ち寄りました。

うん、確かに、安い。

キャベツやレタスなど葉っぱモノはそこまで驚異的ではなかったものの、
いちご1パック200円には目を見張りました。
たまねぎ8個で280円とか。思わず買ってしまいました。

さて、そこから高崎方向に足を伸ばして、群馬で好きな食べ物の中の2つを調達。
まずひとつは、高崎・平井精肉店のオランダコロッケ。1個100円。
(オランダ産のゴーダチーズがトロッと溶け出す絶妙な味。
2000年に私が在職中に取材したものです。その場で揚げてくれます。)
ご主人はかわらずお元気そうでした。(声はかけませんでしたが)
え?私、胃の調子が悪いんですけど。でも、どうしても食べたくて1つ食べました。

それからもうひとつは、同じく高崎の「ウェイブ」というケーキ屋さん。
ここの「王様のシュークリーム」が絶妙で、よく好んで食べていました。
無性に今回買いたくなって足を運びました。
行ってみたら、ショーケースに1個もない!
え?売り切れ?と思ったら「今、まさにクリームを搾り出してるところです」と。
よかった。無事Get!
メイプルシロップが入ってるシュークリーム。一度食べると病みつき。
え?私、胃の調子が悪いんですけど。でも、どうしても食べたくて1つ食べました。

さて、そろそろ行こうかな。私の原点。
それは、高崎・白衣大観音。
ここに、新人の頃、初めての生放送の前の日に来てパワーをもらったところです。
まあ、色々と思い出の場所なんですよね。
観音は・・・変わっていませんでした。(そんな簡単に変わったら困る!)

e0039787_1395989.jpg


え?暗闇で怖い?いえいえ、風に吹かれてしみじみ。

そうそう、このふもとの温泉「錦山荘」にも立ち寄りました。

e0039787_1402989.jpg


ここは、私が群馬県民になって初めて行ったこれまた思い出の温泉。
(正式には鉱泉・・・なのかな?)
ここは高崎市街地が一望できます。
山の中の本当に閑静な温泉です。建物も古くて趣があります。
各地にある日帰り温泉センターと比べると、設備が充実しているわけではなく
露天風呂もないですし、アメニティもないですし、
22歳で来たときは正直少し物足りなかったのですが、
30歳の今、シンプルな湯船にゆっくり使って夜景を眺めてボーっとすると、
なんともいえぬ癒しの時間が訪れました。
ちょうどお客さんが誰も居なかったので、それはそれはのびのび(笑)。

そういえば、ここの駐車場に到着したとき、ちょうど誰かがリクエストしたようで
「永井真理子/ハートをWASH」がラジオから流れてきました。
その偶然にちょっとビックリしました。私を歓迎してる?って(笑)。

さあ、何か食べて帰ることにしましょう。
胃にやさしいもの・・・うーん・・・、それとは裏腹に頭に浮かんでしまったのは、なんと、
爆弾ハンバーグ」(笑)。
この爆弾ハンバーグは群馬を中心に北関東に展開している
「フライングガーデン」というファミリーレストランの目玉商品です。
目の前でカットして焼いてくれるのですが、油がはねるはねる。
その様子と形が「爆弾」と表現されているわけです。

e0039787_1405835.jpg


さすがに胃のことを考えると全部食べるのは厳しかったのですが、懐かしい味でした。
残業後・・・日付変わってから食べたことあったなぁ。
(だから当時、驚異的に太ったという事実。今では考えられない!)

そして、車であっという間に帰京。

あー、まだまだ行きたいところ、食べたいもの、そして会いたい人が盛りだくさん。
(本当にご無沙汰している方々にゆっくり会いたいんだけどなぁ)
必ずまた参上します。
by mikikasai819 | 2007-04-23 23:59 | りょこうき(旅の記録) | Comments(11)

日曜夜の新橋・汐留

e0039787_23583074.jpg


新橋と汐留を結ぶ通路。

e0039787_23591591.jpg


人がまったくいません・・・

e0039787_23593651.jpg


静かすぎて気持ち悪いです。
平日のサラリーマンによる喧噪が、幻のように感じられます。

一昨日(金曜日)の今頃は、このあたり、酔っぱらった方でごった返していたのでしょう。
明日(月曜日)の今頃は、このあたり、残業帰りの方が足早に帰宅するのでしょう。

暦通りに働いてないから見ることが出来る景色かもしれません。

日曜日の新橋・汐留、ちょっといい感じ♪

・・・って、さっさと帰るつもりが、たそがれてしまいました(苦笑)。

いい感じは間違いないんだけど、
1軒寄っていきたくてもお店も閉まってるところだらけなのよね・・・

さらに日曜日は平日より終電も早いのよ・・・ね・・・

∑( ̄口 ̄)

ヤバイヤバイ。かーえろっと。今日もお仕事お疲れ様、自分。
(土日ともにデーゲームとナイトゲームを見続けました。テレビの前に9時間。)
by mikikasai819 | 2007-04-22 22:56 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

ル・クプルに思うこと

驚いた・・・でも、ちょっとそんな予感がしていた。

「ひだまりの詩」の大ヒットで知られる夫婦デュオ、ル・クプルのボーカル、
藤田恵美(43)とギター、藤田隆二(43)が2月初旬に離婚していたことが21日、分かった。
2人は音楽性の違いから2年前にル・クプルの活動を休止。
ソロ活動に専念する恵美と、ギター教室の講師を務める隆二の間にすれ違い生活が続き、
結婚18年目で破局を迎えた。

昨年別居に踏み切り冷却期間を置いたが、お互い修復は難しいと判断。
今年2月初旬に離婚届を提出した。夫妻の間に子供がいなかったことも、決断を促した。

平成9年に「ひだまりの詩(うた)」がフジテレビ系「ひとつ屋根の下2」の挿入歌に起用され、
180万枚の大ヒットに。
遅咲きの夫婦デュオはNHK紅白歌合戦にも初出場し、苦労が報われたと喜んでいた。
♪すべて包んでくれた まるでひだまりでした…の歌詞のように、
お互いひだまりのような存在だったはずだが…。  サンケイスポーツより 


先日、藤田恵美さんのドキュメンタリーがテレビ東京系列で地味に?放送されていて、
それをたまたま私は目にしていました。
養護学校で手話を交えて歌う彼女の姿を見て、
すごく前向きに見える反面、何だかすごく寂しそうな空気が伝わってくる気がして
何だろう、これは・・・って思ったのを記憶しています。
ご主人が後ろでバックアップしている姿は見えず、完全に独りで歩き出している感じもして、
ああ、こういうことだったのか・・・って。

ル・クプルっていうのがフランス語で夫婦という意味だということは、
当然この二人の存在によって知ったわけで、
ひだまりの詩は私が大学の卒業式後にみんなで飲んで歌って朝まで・・・の時、
つまり学生時代のラストに歌った個人的に想い出のある曲で、
(騒ぎすぎて声がかれて、「アナウンサーとしてこれはまずい!」と思った覚えが・・・)
FMぐんまにいる頃はル・クプルの録音番組を毎週聞いていて、
(会社にいればずっと放送が流れているので自然と耳に入ってくる・・・)
夫婦っぽいけど夫婦っぽくない、友達の延長のようないい関係が時に心地よくて・・・

うーん、このニュースを聞いて、ぽっかり穴があいた気分です。

・・・夫婦で同じ仕事をするって他人同士より絶対大変。
まして、デュオだったら一心同体。
仲良し同士でいいように思えるけど、むしろ逆に厳しく自分や相手を律していくもの。
時には親友、でも時にはライバルにだってなる。
相手の成功が自分のことのようにすごく嬉しいけど、ちょっと悔しい。
相手の失敗が自分のことのようにすごく情けないけど、ちょっと救われる。
ひとりの人間同士として、何かを産み出すことの大変さ。
でも、夫婦だからこそ、大変な様子が思いっきり近くで感じられるんだよなぁ。

・・・とまあ、そういう風に私自身はとても尊く思っているからこそ、
18年目にして離婚という決断を下したことに衝撃だったのです。
いつもの芸能ニュースなら「ふーん」って思うだけなんでしょうけど、
いや、むしろ「新しい1歩だね」って賞賛?するかもしれませんけど、
うーん、この二人に限っては、その方法以外になかったのかな・・・

ヒット曲に恵まれなくても一緒にがんばってきた日々があるわけだし
すれ違ってもお互いを認め合える「最高の仕事仲間・相棒」だったはずなのに、
今さら、なぜ?ってちょっと勝手に残念な気持ちになってしまった昼下がりでした。

まあ、こんな風に書いてもね、夫婦のことは当人同士しかワカラナイ・・・。うんうん。
ちなみに我が家は昨日も今日もお互い仕事。ある意味完全にすれ違ってます(笑)。
(こうやって書くと本気で心配されそうなのですが、えっと、全く問題ないですよ・・・苦笑!)
by mikikasai819 | 2007-04-22 11:53 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
結局、ネット環境はまだイマイチなので、インターネットカフェにやってきました。
まあ、いわゆるマンガ喫茶でして、
私はここに来ると驚異的にマンガを読み進めてしまいます。
自他認める速読魔なのです。すごい勢いで読めるので、得といえば得ですね。

そんな中で、今、無性に心臓がキュンとしています。

私、ある一部には少女マンガなんて絶対読まないでしょと言われてきましたが、
(まあ、確かに弟の影響で少年ジャンプやマガジンも読んでいましたからね・・・
キャンディーキャンディーよりキン肉マンとかキャプテン翼が好きでしたからね・・・汗)
実は、恋愛モノが大好きなのです。
ええ、それは、30歳になった今も、
若き頃を思い出して(または若き頃できなかった夢を紙上で達成している気がして)
時々ドキドキするのです。

その中でも「水沢めぐみ」さんのマンガには何度ときめかされたことか。

水沢めぐみというと、「りぼん」読者だった人にはたまらない懐かしい名前でしょう。
「ポニーテール白書」とか「空色のメロディ」とか「チャイム」とか「姫ちゃんのリボン」とか、
そのあたりはもう、人気絶頂だったはず。でも私自身、これらは持っておりません。
(この中では私は断然「チャイム」がお気に入りでした)

私が大切に今でも保存しているのは「お花もようのワンピース」。
これ、比較的最近のものですが、本当に傑作です。
普段、元気でムードメーカーなんだけど、好きな男の子の前でも同じように男勝りで、
肝心なときに強がって、親友はまったく逆の性格のかわいらしい女の子で・・・みたいな、
まあ、よくある主人公像。
「あー。わかる。これ、私だよ!」と言いたくなるほど(本当か?笑)。
ええ、だから、もう30歳なんですけど(自虐的)、瞬時に物語に入っていける感じなのです。
また、絵が本当にかわいいし、かっこいい。ホントに今さらですが、バイブルです。

で、今、久しぶりにマンガ喫茶にきて、
水沢めぐみさんの「キラキラ100%」というタイトルのマンガを見つけたので読んでいたら、
なんだかまた急にキュンとした気持ちになってきてしまったわけです。
好きな人の前で素直になれなくて、自分に自信がなくて、
それでも一生懸命な主人公に感情移入。あっという間に4冊読破。

いいなー、こういうの。私もそうだったよー!!(だから、本当か?笑)

というわけで、なかなか現実に戻れないまま仕事の時間が近づいてまいります(爆)。
by mikikasai819 | 2007-04-20 15:57 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
待ちに待ったインターネットが開通しました!・・・と書きたいところですが、
私の頭は相当IT関連用語?に拒否反応を示すらしく、
結局のところつながらないまま夕方会社に出勤するはめになってしまいました。

「おかしいなー、これでつながるはずなのになー」
「どうしてこの先進まないのー」
「意味不明!!!(><)」

こういうのが得意な人って本当に尊敬します。

我が実家は基本的にみんな苦手で、
その昔、ファミコン(初代)を買ったとき、
父親がなんと接続設定できなくて、わざわざ電気屋さんを呼んだことを思い出しました。
まあ、同じ商店街の仲良しさんだからよかったけど、
ファミコンなのに?と、かなり子供心に恥ずかしかったんですよね(苦笑)。

でも、結局私も同じようなもの。

そういえば高校時代、放送部に所属して番組作りをしていたときも、
ケーブルをどことどこに繋いでいいのかさっぱり分からず、
機材を壊しかねないので全て友達に任せていました(汗)。
「アナウンスはがんばるから!」とかなんとか言って、うまくその場を逃れていた気が・・・。

未だに機械操作は苦手です。

とりあえず主人が帰宅次第見てくれることになりました。
私が帰る頃にはつながっているといいなぁ。
(明らかに私のほうが帰りが遅いという事実・・・)
by mikikasai819 | 2007-04-19 16:46 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
タイトルは、ええ、あのザ・たっちそのものですが、まったく関係ありません(爆)。

あまりの感動に、さっき無意識につぶやいてしまったものですから。
(だから言い方(アクセント)がちょっと違うのよね)

というのも、1つ下の文章をUPした瞬間、
今いる喫茶店で、懐かしい曲がかかったのですよ・・・。

「LOVE/Mr.Children」

うわー、ちょっとちょっとちょっとー!!!
今ここで流れるのは反則よー!!うーっ、青春過ぎるー!!!
走馬灯のように大学時代が浮かんできてしまいました。
もっというと、とある人物が(苦笑)。

思わず口ずさんでみたり、じっくり目を閉じて聞いてみたり。

最後はちょっと放心状態。うつろになっていました(笑)←おいおい。

自分でCDを出してきて聞くのと違って、
予期せぬところで、予期せぬタイミングで流れる音楽って、心を揺さぶりますね。

そう、本来それがラジオのいいところ♪
(今回は有線放送だったと思いますけどね)
by mikikasai819 | 2007-04-17 15:57 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819