<   2007年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

アナウンサーという仕事をしていると、華やかなスーツとの付き合いが長くなります。

私がアナウンサーになったばかりのとき・・・いや、
もっというとアナウンサー受験をしていたときからですね。
今以上に昔はパステルカラーのスーツが必需品で、
アナ受験時代はそのスーツの色で印象が決まっていました。
いまだに「●ちゃんといえばピンクのスーツだった」「水色だったのは◎ちゃん」
「あの子はのイメージだったよね」なんて会話が出ます(笑)。
ちなみに私は受験前期はオレンジ、中期は黄色、後期は薄い黄緑でした。
そのスーツは、今ではとても着られません・・・っていうかもうさすがに処分しました。
スカート丈が短かったり、形が古かったり、色がキツかったりしたので(笑)。

結局、毎年毎年買い足していかなくてはならないのですが、
いいスーツにめぐりあえるとそれだけで背筋が伸びる気がしますし、
気持ちが前向きになりますね。
そんなわけで、ウィンドーショッピングすると、
本当はTシャツがほしいのに、本当はジーンズがほしいのに、
本当はコートがほしいのに、ついついスーツに目が行ってしまう習性にあります(苦笑)。

・・・で、先日デパートに行ってみると、スーツ売り場が特設されていて、
黒やグレーではなく、明らかに春色に染まっていました。

「あ、あのピンクのスーツいいかも」「黄色も春らしくていいなー」

ふっと入り口の看板を見ると・・・

「入園・入学おめでとう」

春といえば入園や入学。
なるほど!ここは両親用のスーツ売り場だったのか!

本人も感慨深いと思いますが、対象者が幼ければ幼いほどに感慨深いのは、
「お父さんお母さん」ではないでしょうか。
小さな体にすぐにはフィットしない大きなランドセルを背負った息子・娘。
その愛らしい姿に目を細めながらも、ご自分の格好も気になりますよね。
めったにない機会ですから「何を着ようかな」とワクワクしますよね。

ニコニコしながら、このとき、再認識してしまいました。

司会・講演の仕事などで人前に立つことが多い私にとって、
カラフルなスーツは既に仕事で利用するものなのです。
母親にならなくとも、持っているのです・・・しかも何着も。

誇らしさと切なさが一気に襲ってきてしまいました。

母が以前にこう言ってくれました。
「いいじゃないの、そういうスーツを颯爽と着こなす機会が日常であるんだから」
確かにそうですけどね・・・。

「スーツお探しですか?お子さんのご入学ですか?」
おっとっと、ボーっとしていたら店員に声をかけられてしまった。
確かに、もうそういう年齢だが。

これからスーツを買うときは
「あー、この色は確か持ってないなー」とか
「あー、今月はもう1着買うから値段抑えようかな」というような
ネガティブなことを先行させずに、
「これを着たら素敵だろうなー」とか
「私に似合うかなー」というような
ポジティブな楽しい気持ちで選んでいきたいものだなぁと素直に思いました。

※そういえば去年のこの時期ドレスを買ったときには
「卒業式いつですか」といわれました。
え?
よく見れば、謝恩会用ドレス売り場でした・・・(苦笑)。
「いや、そのー、もう、大学はとっくに卒業してます・・・(若く見えるならまあ、いっか?)」
by mikikasai819 | 2007-02-27 23:20 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

落ち着かない日々

日々元気な私ではありますが、
実は今後のライフスタイルのことで最近落ち着かない日々を過ごしています。

自分ではどうすることも出来ない事柄にぶち当たったり、
いったい私は何がしたいのかはっきり見えてこなかったり、
一生懸命築いてきた信頼関係が崩壊の方向に向かったり、
待てど待てど意思を伝えてもらえなかったり。
そりゃ、毎日生きていれば色々ありますが、
その「色々」の中で不誠実な態度をとられ続けると、
どの道を選択していったらいいのかますます分からなくなり、正直、疲弊の毎日です。

そんな時、アナウンサーの師匠がこう励ましてくださいました。

「荷物を両手に持っているときは他のものは全く持てない。
でも、ひとつ降ろすと片手が開くから、
そうしたらまた新しいものを持てるようになるし、
余裕が生まれることにより、新しいものがまた必ず見つかる。」


不安・イライラを抱えていた私にとって、救われる一言でした。

詳細を書くのは控えますが、早く今の状況が好転することを望みます。
by mikikasai819 | 2007-02-26 20:53 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
このタイトルだけ見て分かった方、手をあげて~!!!!!

80年代終盤に大人気だった、男性アイドルグループ、光GENJI
彼らのシングルベストアルバムがカセットテープで引き出しから出てきて、
あまりの興奮に、本日はそれを聞きながら仕事後にドライブをしてしまいました。

光GENJIファン、私の周りの友達にもそれはそれは大勢いました。
ちょうど、小学校6年~中学1年くらいです。
普通に好きっていうくらいの私も、ローラースケートはちゃっかり持っていました(笑)。
近くの公園でSTAR LIGHTを皆で大合唱しながらブランコも乗ったっけ(笑)。
あと、デビュー日が私の誕生日である8月19日だということも、
あとから知って勝手に親近感(笑)。

で、今日聞いてみて思ったこと・・・
既に20年ちかく前の曲なのに、まったく色あせていない!

STAR LIGHT
ガラスの十代
パラダイス銀河
Diamondハリケーン
剣の舞
地球をさがして
太陽がいっぱい


いやー、なつかしい!(><)
歌詞カードないのに、一字一句全て覚えて歌える自分がすごい!熱唱!!!
何より、ここまで聞いて、数多くの曲を提供した飛鳥涼を尊敬しました。
歌の完成度が高い!メロディーラインがワクワクします。

あっ、太陽がいっぱいは、聞いてみて改めて思いましたが「大江千里らしさ満載」ですね。
♪まぶたのオレンジはずませてごらん♪かぁ。えっと・・・どういう意味?(笑)

と、まあ、こうして私が20年前の歌を高く評価していても、
今の若者にとっては「何のこと?」なんですよね。
多分、私たちにとってのグループサウンズ(GS)的な印象なのかなぁ。

個人的には、ガラスの十代の「パリーン」や剣の舞の「シャキーン」というように
曲途中に入ってくる効果音のおかげでなんだか最近の疲れが癒されました(笑)。

※「特別のファンではなかった」と上記にも書きましたが、
それでも国民的アイドルですからね、当時必ず「誰が一番好き?」と聞かれたものでした。
私は・・・かーくん(諸星和己)を選んでおりました。懐かしすぎますなぁ。
by mikikasai819 | 2007-02-24 23:30 | にっき(日々の出来事) | Comments(10)

どこかで会ってない?

「どこかで会ったことあるはずなんだよなー」

出会った瞬間に「絶対どこかで共通点がある!」って感じた、同い年の友達がいます。
知り合ってまもなく2年になりますが、それが何なのかは分からない・・・

「どこに住んでた?」
「小さい頃の習い事は?」
「アルバイト先は?」
「旧姓は?」

色々聞いてみたけど、これまで特に見つかりませんでした。

でも、初めて会った気がしない。(口説き文句のようだ・・・笑)

その友達と昨日ご飯を食べながら、私はやっぱり気になって、また質問してみました。

「あのさー、今さらなんだけど、高校どこ?」

彼女が答えた高校名を聞いてビックリ。

私の中学時代のクラスメート(結構仲良しだった子)が進学した高校でした。

「●●ちゃんのこと知ってる?」
「えー、知ってるよー!クラス一緒だったもん!」
「うわー、すごい、共通の知り合いがいた!!!!!!」

大興奮。

で・も、こういうのって実は私、比較的よくあります。
(共通項を見つけるのが得意なのと、人間関係が広いもので・・・)

別にそのクラスメートを介して何かがあったわけではない。
あーそうなると、何だろう、どこかで絶対に会っているはず。

すると、ひょんなことから、その子が
「私、昔ホテルで花嫁さんの介添えのお仕事してたことあるんだ」って話をしました。

「・・・え?どこのホテル?」

どうも話を進めていくと、私が7年前(まだ群馬にいる頃)、
友達の披露宴の司会を頼まれたときに、
もしかしてもしかすると、顔を合わせているかもしれないということに!!!

たった1日のたった数時間かもしれないけど、
司会者と介添えなら確実に顔をあわせて、会話もしているはず。
もちろん、そのときはそんな意識してないけど。
でも、イメージすればするほど、そういうシチュエーションで会った気がしてきた!!!

「家帰って手帳調べてみる!!!!!」
「もし、まったく同じ日に仕事してたら・・・すごいね!!!!!」

大・大・大興奮!

「それにしても、本当にそうだとしたら、美紀さん、よく人の顔、覚えてるってことだよねぇ」
「あはは、そうだね」

とにかく、今は本当に7年前に顔をあわせていたか、結果報告が楽しみです。

・・・人はどこでどう出会うかわかりませんね。昔も、今も、そしてこれからも・・・。
by mikikasai819 | 2007-02-22 17:49 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

神保町

私の青春時代の舞台。
母校、共立女子高校の所在地。

一般的には古本の街、神保町。

高校時代にはこの街の味わいに気づきませんでした。

路地裏の喫茶店。

様々な書店。

何気ない交差点。

すべてに味わいがあるんですよね。

よく知ってるはずの街の良さに気づいたとき、
それがハッとすればするほどすごく幸せになります。

で、何しに行ったかって?
・・飲みに、です。

高校時代ではできないことですね(笑)。

一瞬、何故か先生の眼が気になりました・・って冗談です。
by mikikasai819 | 2007-02-20 23:50 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
最近、クラシック音楽のMIDIを聞くことにハマっています。
普通にCDを聞くほうがもちろんいいのですが、
最近は本物さながらに出来上がっているMIDIがWebで気軽に検索できて、
しかもあらゆる種類の曲に出会えるので、
「うわー、なつかしい!これ、ピアノで弾いた!」とか
「これ、よく耳にする!」といった最高の時間を味わえます。
あまりの懐かしさにちょっと興奮してしまうことも。

昨日もバッハインベンションの1番や、シューベルトの即興曲op90-2、
メンデルスゾーンの無言歌集「狩の歌」、ブルグミュラー25の練習曲まで!
全部細かい旋律まで覚えているものですね。
あー、もう懐かしすぎて、深夜まで聞いてしまった・・・。
さらに、先日、ハープ奏者の友達のコンサートでも名曲のシャワーを浴びたこともあり、
すっかり音楽への気持ちが燃え上がってしまいました。
でも、ピアノは実家にしかない・・・うーん。

そこで、取り出してきたものは・・・
e0039787_20561137.jpg

キーボード。

何かどうしても音を出したかったので、久しぶりに色々弾いてみました。
ピアノ教室に通っていたとき発表会で弾いた曲。
学生時代、合唱コンクールで歌った曲。
最近のヒット曲。CMソング。プロ野球の応援歌。
楽譜がなくても適当にアレンジして弾ける絶対音感という特技に、
こういうときばかりは感謝です。

あー、楽しい・・・と思いつつ、実はイライラも募りました。
和音などがなかなか出ないぃぃい!!お気づきですか?

実は、これ、ロールアップピアノなのです・・・
巻いてみるとこんな感じ。
e0039787_20565475.jpg

鍵盤部分が特殊なゴムで出来ていて、くるくる巻いて収納できます。
5000円弱で以前衝動買いしてしまった(苦笑)。
あまり期待していなかったので、期待はずれ!って目くじら立てるほどではないけど
どんなにしっかり鍵盤おさえても出づらいので、
ストレスを全く感じず弾けるというわけではないのです。
もう少しちゃんと機能してくれてもよかったかな・・・
まあ、アウトドアに持っていってみんなで楽しむ程度でしょう。
(そんなことが今後あるのだろうか)

ひとしきり鍵盤を使って遊んだあとは・・・
e0039787_2124958.jpg

アルトリコーダー!
懐かしいですか?触ったことありますよね???
でも、私は学校での授業を飛び越えて、実は個人的に習っていたことがあるのです。

小学校のときから既に有志でリコーダーアンサンブルを組んでいて、
そのときたまたまアルト担当。
おかげで、小学校時代のソプラノリコーダーは苦手(苦笑)。
大人になってからもずっと気になる楽器で、
新人歓迎会ではリコーダーを披露し(その様子はこちら)、
群馬時代に高崎在住のリコーダー奏者の方を取材したときは
「あのー、レッスンってしていただけるのでしょうか?」とお願いし、
忙しい合間を縫って、隔週に1度、ご自宅まで通っていたのでした。

リコーダーの音色、癒されますよー。
しっかりタンギングなどを使いわけるとメロディーの重厚さが広がります。

ちなみに、上記の写真のリコーダーはmyリコーダーです。
木製です。値段は、40000円でした・・・(爆)。
いろいろな人に「演奏家でもないのに信じられん!」といわれます。
確かに学校で使うリコーダーは3000円以下ですからね。
でも、先生にちゃんと習っていたとき、勢いでこれまた買ってしまったのでした。
経済的にちっとも余裕なんてなかったのに・・・。

ただ、やはり40000円だけのことはありますよ。
木製のリコーダーを一度吹いてしまうと、もうやめられません。
あと、私はしばらく放置していたので偉そうなことは全く言えないのですが、
本来、吹けば吹くほど音が変わってきます。
そして、慣れるまで最初は少し音が出づらいです。
私のリコーダーも低音がまだまだもっと出てもいいはずです。

MIDIにあわせて何曲か吹いてみて、音楽ってやっぱりいいなーって実感。

しかし、平日の日中、貴重なOFFの日だからといって
一人で家に閉じこもって、私ったら・・・(涙)。←家にいるのがどうも苦手。
実際、音楽に触れすぎてどっと疲れてしまい本末転倒。
絶対音感はありがたいけど、全ての音が無意識に頭の中で楽譜に変換されている・・・
つまり常にドレミ音そのもので受け止めてしまうので疲れるのです。

クラシックをBGMにして優雅に掃除でもと思ったのに、
掃除のほうがサブ的になってしまいました(汗)。あー・・・。

※私が好きなMIDIのページはReinmusikといいます。
今知りました・・・音大出身者の方が手がけているのですね。さすがです・・・。
by mikikasai819 | 2007-02-19 21:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

東京マラソンへの想い

あなたは人生において、最高で何キロの距離を走ったことがありますか?
5km?10km?42.195km?

私は、たったの2km

小学校のマラソン大会で走った2kmが過去最高の長さ(爆)。
我ながら、ちょっとありえません。

中学では軟式テニス部だったので、体力づくりのため、
もちろんそれなりにちゃんと走っていましたが、
毎回2km以上延々と走っていたかというと、覚えがありません。
どちらかというと、短距離が得意だったし。
まあ中学の陸上競技大会では中距離走ばかり出させられたけど、それも1km。

そんなわけで、実は「正確に」2km以上走った記憶がないので、
どんな状態なのか、未知の世界です。

そんな私でも、なぜかマラソンにはどうも昔から興味がありました。
小学校4年生の文集では
「ほしいもの マラソンシューズ」って書いていましたし。
初めてストップウォッチを買ったのは実はアナウンサーのためではなく、
走るタイムを計りたいからと思い立ったからで、小学校5年のとき。

で、ここまで引っ張って、「河西さん、東京マラソン、出たの?」って興味津々の方、
すみません、さすがにその期待にはそえません(笑)。

ただ、本当に今回、東京マラソン、出てみたかったのです。
もちろん、フルが無理なら10kmでも。
東京の街の中を走ってみたかった・・・。
走る喜びというよりはその好奇心が強かった。
第1回という記念すべき大会でもあるし。
でも応募しようと思ったときには既に締め切られていたのです。
(あー、よかったよかった。河西さん無謀すぎる!とホッとされた方・・・います?
多分、あまりにスケールが大きいので、
参加して完走できてしまうような錯覚を起こしていたのでしょう。とんでもないですね。)

走るのはともかく、いつの日か、そのルートを歩いてみたいなぁ。
そういいながら、駅から自宅までの数分の道のりでも
「寒いぃぃぃ、まだ着かないの?」とぶつぶつ言いながら歩いている事実・・・・。

とにかく、東京マラソンに参加された方、雨の中、お疲れ様でした。
by mikikasai819 | 2007-02-18 23:32 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

IKEA、初見参

J-SPORTSでの仕事を終えたあと、
本日は家具を見に行きたく、IKEA(イケア)船橋へ。
スウェーデン発の大型インテリアショップです。

初めて行ってみての感想。

・・・そわそわ落ち着かない。店の雰囲気に溶け込めない・・・。

なんだろう、この感覚。

色々な家具を見てワクワクすることよりも、
やけに窮屈に家具が展示されてて(数が多いということだろうけど)
どこに行ったらいいの?っていう感じの煩雑さが勝ってしまいました。
そもそも駐車場に車を止めて、いざ店内へ!っていうときに、
上に行っていいのか下に行っていいのかとまどった・・・(汗)。

あと、サンプルとなるお部屋のインテリアがたくさんあったのですが、
イメージがイマイチわかなかった・・・(汗)。

順路が一方通行で、そのとおりに行かないと
自分の居場所が分からなくなりそうだった・・・(汗)。

レストランは学食みたいな感じで、
頼んだ日替わりランチがなんとも切なく、
これでこの値段?と思わず言いたくなってしまった・・・(汗)。

さすがにオープンしてからまもなく1年になるので
大混雑って感じではなかったのが救いでしたかねぇ。
あくまで私にはピンとこなかったというだけで、
好きな人には好きな空間だと思います。

え?結局何を買ったかって?何も買いませんでした・・・。
今日は下調べ。

そのあと、家電量販店に行って、「洗濯乾燥機いいなー」と思って
しばらく見入っていました(苦笑)。
だって、時間帯や天候に関係なく、洗濯できるんですもの・・・。
どなたか購入奨励コメントあったら是非いただきたいものです。
(その逆で「不要論」もあったら是非。)

というわけで、今日は比較的ゆったりした1日でした。
(どこが?といわれそうですね(苦笑)。
実はまだ書いてないのですが、先週また思いつき旅行をしてしまって・・・、
ええ、そのー、秋田にです(爆)・・・それに比べたら・・・はい。
その内容はまた改めて。・・・旅行記がどんどんたまる・・・)
by mikikasai819 | 2007-02-17 23:39 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

話を延ばすという技術

今日、八王子でセミナー司会のお仕事がありました。
今回は第1部と第2部で分かれていて、第2部からの入場者もいました。
つつがなく進行していって、「それではここで休憩に入ります」という
コメントを言おうと思ったそのとき、
スタッフが入り口のところで
「延ばしてくれ」というジェスチャーをしているのが目に入りました。
ロビーの準備&入場者の整理で大変だったようで、
休憩に今すぐ入らないでほしいということのようでした。

こういうのって大変ですけど、私、好きです。

何かを話して場をつなぐ。難しいことですけど、
ラジオの生放送をしてきた甲斐あって、私、得意です。
(まあ、プロとしてお仕事しているわけですから、苦手じゃ困りますね)

職業病で、無音がだめな私。
シーンとした状況が怖いのです。放送事故のようで。
だから、いかにしてつなぐか。
相手がいればインタビューをして引き出してみたり、
相手がいなければその場の描写をしたり、ひとつの内容を掘り下げてみたり。

そうしているうちに、スタッフからOKのジェスチャー。

「おまたせしました。それでは休憩に入ります」

ぞろぞろと席を立つ参加者。

スタッフ「助かりました」
私『いえいえ、とんでもない』

まあ、あと肝心なのは、ジェスチャーを読み間違えないことですね(苦笑)。
常に会場の雰囲気を見渡しておくこと。臨機応変な対応をすること。

この仕事、本当に奥が深いです・・・。

今日のセミナーは大盛況だったので、私自身もうれしさをかみ締めながら帰宅しました。
個人的にも面白い話がたくさん聞けて、収穫の多い日でした・・。
by mikikasai819 | 2007-02-16 23:07 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

アフターバレンタイン

本題の前に・・・、またイヤリングをなくしました・・・。
今回は、「あれ?落としたかな?」と思ったのが比較的早かったので、
一旦来た道を戻ったのですが、見つかりませんでした。
・・・いや、実は自分のものとは全く別のイヤリングを発見しました。
誰か私と同じように落としてしまったのですね。
ああ、それにしても本当にこれは毎回毎回ブルーです。
本格的に考えていきたいなぁ、耳たぶの整形手術・・・ってそうではなくて!!
(私がなぜこんなに悲しいのか、その詳細は先月のブログ。こちらからどうぞ)

さて、昨日、今日とチョコレートを食べております。
主人がいただいてきたもののおすそわけです(笑)。
ありがたやありがたや。・・・ってもともとチョコレート大好物って訳ではないんですけど。

そういえば、今日、高校のアナウンス指導に行って来たのですが、
部員のみんなは部室で女の子同士チョコレート交換をしたそうです。
「え?男の子に渡さなかったの?」
『はい。あ、でも何人かには配りました。』
なるほど、「渡す」ではなくて、あくまで「配る」ニュアンスね(笑)。

ちなみに・・・生徒の話には続きがあって・・・、

「河西先生の分も作ったんですけど、勢いづいてみんなで昨日食べちゃって、
とっておくのに失敗しました~。すみません!」


・・・素直でよろしい(笑)。っていうか、私、女性ですけど・・・?
そういうのは関係ないのか・・・。

「だから、先生!来月、指導に来てくださったときは、
ホワイトデーがありますから、期待していてください!」


え?ホワイトデーってお返しの日では?私、何もあげてないけど?
・・・どうやら皆、また部室で交換会をするらしい!!!
チョコやクッキーの品評会になっていそうです・・・(苦笑)。
やはり現代のバレンタインって本来の意味合いは薄れているのでしょうかねぇ。

そう思いながら、帰りにコンビニに立ち寄ると、
すでに「ひなまつり」、「ホワイトデー」へと方針転換。
クリスマスや正月も思ったけど、こういうのはホントに早いんだから!
相変わらず、容赦ないなぁ(苦笑)。
by mikikasai819 | 2007-02-15 22:08 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819