<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

この木何の木、危機脱出?

yahooのトップページにこんなニュースの見出しが来れば、他人事とは思えません(笑)。
思わず反応してしまいました。
といっても、もちろん、日立製作所さんのことですけどね。
そして、日立さんと私はなんの関係もないのですけどね。
やはり、アナウンサー受験のときのエピソードがもともとの主な理由です。
そこから今のブログがあるわけですから。
2005年11月のアナ受験ブログのおまけ部分参照)

それはともかく、ニュースの内容は以下のとおり。(サンケイスポーツより)

「この木なんの木…」の歌詞で知られる日立グループのテレビCMに登場する大樹。
一時は地元ハワイで「伐採の危機」との話もあったこの樹木が、これまで通り保護され、
日立製作所がグループの広告・宣伝で独占的に使用する契約を
地元の所有者と結んだことが30日、分かった。

「日立の樹」と呼ばれる大樹は、
米ハワイ・オアフ島のモアナルア・ガーデンパーク内にある。
パークのオーナーの死去に伴い、
リゾート開発にからんで伐採される可能性が浮上したが、
結局はオーナーの親族が経営する会社がパークを買い取り、広く一般開放することに。

これに伴い、日立はパークの維持・管理やCMに利用する権利を取得。
使用料として年間約40万ドル(約4800万円)を支払うとみられる。


e0039787_1754095.jpg


あー、よかった、この木を自分の目で見るまでは伐採なんてされたらたまらない!
それにしても「この木何の木」のCMソングは、
デイリースポーツによれば、「小・中学校の音楽会などでも人気」とあります。

・・・そ、そうなの?そこまでなの?(笑)

まあ、何はともあれ、思い入れのある木でありフレーズでありますので、
今後も見守っていきたいです。
何かのきっかけでお仕事でかかわれたらいいなー・・・なんて。
・・・その前に、私のブログがもっと有名になったら、
タイトルが訴えられちゃったりってこと・・・あります?!(ちょっと不安)

あ、この木なんの木のTVCMの歴史、かなり面白いですよ。
私は時々見て癒されています(笑)。
あなたはどの時代から知っていますか?
日立の樹オンラインのページから見られます。
by mikikasai819 | 2007-01-31 17:05 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)

耳たぶをください

タイトルは心からの私の願いです。
福耳じゃないのでお金持ちになれないかも!という悩みではありません。
ましてや、別に官能小説ではありません(苦笑)。

これ以上、イヤリングをなくしたくないのです!!!

私、耳たぶが非常に小さいのです。妖怪人間ベムみたいな感じ!?
それで、これまでに何度もイヤリングをなくしてきました。
身につけて出かけてみて、気づいたら片方なくなっている!
片方だけでは何の役にも立ちません。
そんなものが相当数ジュエリーボックスに眠っています。

友人・恋人からのプレゼント、自分へのごほうびに買ったもの、手作りのもの、
今までどれだけのイヤリングが行方不明になったことでしょう。
そのときのショックは計り知れません。
ひとつだけ手元に残ったイヤリングを眺め、ため息をつきながら葬ります。

あまりによくなくすので、身につけるときもかなり気をつけているんですよ。
血が通わないのでは?というほどキツくしたりして、
イヤリングをはずしたときくっきり跡がついていることも。

そんな涙ぐましい努力をしているのに、今日も・・・やってしまいました。
非常に気に入っていたパールのイヤリング。
そんなに高価なものではないのですが、すごく使い勝手がよくて、重宝していました。

SNTVのナレーション収録から就職セミナー司会の会場(今日は、千葉県柏市)に移動して、
会場入りした瞬間、鏡を見て気づきました。

「ない・・・」

左耳についていたはずなのに・・・、右だけにむなしく存在していました・・・。
一気に気持ちは下降線。でも、仕方ない・・・。
こうして、また葬られるイヤリングです。

この話をすると「だったら、ピアスにすればいいのに」という言葉をよくいただきます。
「ピアスのほうがかわいいデザインもたくさんあるよー」
確かにそのとおり。これまでにそう思ったことも何度もありました。
でも、ピアスをあけたいときはなぜか必ず夏場で、
季節的にちょっとなぁ・・・と思ってタイミングを逃していました。
あとは、いまさら耳に穴をあけるのもなーって思ったり、
ピアスあけた直後のお手入れが大変そうで耐えられない!って思ったり。
そもそも、あまりあけたいと思わない・・・。

うーん、帰り道、落とした片方のイヤリングがどこかで輝いていないかな。
そう思いましたが、現実は厳しいですね(苦笑)。
by mikikasai819 | 2007-01-30 23:30 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

スカッシュでリフレッシュ

日曜日、友人とスカッシュしてきました。
中学時代軟式テニス部に入っていたので、
ラケットでボールを打つ感覚は似ていて、ずっと気になっていたこの競技。
ちょうど2年前スカッシュ短期教室に通っていたこともあり、
基本的ルールは分かっています。
その教室に一緒に通っていた友達と2人で
久しぶりにやりたいねーという話になったのです。
スカッシュはテニスの2倍の運動量といわれます。
狭いコートの中で縦横無尽に動き回るので納得です。
普段の運動不足を実感してしまいましたが、それでも、いい汗かいて、
ラリーが続いたりするとすごく楽しくて、2人で笑いながらあっという間の1時間でした。
スカッシュ、また定期的にやりたいなぁと心から思っています。

・・そして、翌々日の今日(火曜日)。
朝、目覚めて、大臀筋(ヒップ)が痛い。
いわゆる、筋肉痛が、2日後にやってきた。
動いているときから「筋肉痛になりそうでイヤだなー、ストレッチちゃんとやらなきゃ」って思ってはいたけど、やはり避けては通れなかった。
2日後にくるというのが、年をとった証拠みたいで悔しい。
こんな後日談、載せるのも躊躇したけど、事実は厳粛に受け止めよう・・・。
by mikikasai819 | 2007-01-30 14:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

朝と晩に泡立てます

いまさらですが、ハマっているものがあります。
それは、洗顔フォーム泡立てネット

弾力のあるフワフワの泡が、簡単に素早くつくれるということで、
いやー、一度やったらやめられません。

こんなイメージ。(別ページから拝借)
e0039787_12471515.jpg


そもそも、化粧品コーナーに行ったときに
「大切なのは実は洗顔なんですよ。」と、重要さを説かれて、
実際にマシュマロのような泡を見せられて、即買い。

なぜ今までがんばって自分の手のひらだけで泡立てようとしていたんだろう・・・

とにかく、「あー、化粧落とすの面倒だなー」「このまま寝ちゃいたいなー」
「いや、そんなことしたら肌はボロボロだ」と毎日葛藤してしまうズボラな私に、
一筋の光!っていう感じのアイテムなのです。
by mikikasai819 | 2007-01-29 12:53 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(0)

小学校の英語教育現場

以前もご依頼いただいた
テレビ神奈川(TVK)で放送される「学校教育放送」。
そのナレーション収録に行ってまいりました。
今回からは「教師の時間」というテーマで、
学校現場の先生の取り組みが映し出される番組となっています。
近年、小学校での英語活動が注目されているということで、
その様子が紹介されているVTRでした。

外国人の先生と楽しく英語で触れ合う小学生たち。
もちろん、低学年と高学年では雰囲気も違いますけど、
このくらいの時期から英語に抵抗なく接しているのはいいなぁと
ナレーションを読みながら、彼らの表情をほほえましく拝見しました。

・・・私自身は、小学校3年生から近所の英語教室に通っていました。
1年生(まだ7歳)のとき、学校の前で偶然配布されていた
「英語教室開校」のチラシを手に家に帰って、
「これ、行きたい!」となんと自ら頼み込んだそうで、当時、親は
「やっと小学校に入学したんだから、まずは日々の学校の勉強」と思ったのか、
「もう少し学年が上になってそれでもやりたかったらね」と
諭されました(うまくかわされました!?)。

それでも、なぜかずっとすごく興味があったんですね。
2年後、再びやりたい!と頼んで、通うことになりました。

別に英語教室といってもひたすら机に向かって勉強ではなく、
むしろ、楽しいことのほうが多く(それを知ってて子供心に単純に入りたかった)
英語のゲームや歌、リスニングなどで単語・フレーズを覚え、
ハロウィーンでは近所を回り、クリスマスイベントでは英語劇などもやって、
そのときのことは貴重な思い出として残っています。
もちろん、文法もテキストに沿って学びました。
1単元終わるごとにシールがもらえて、そのシールをためるとプレゼントがもらえて・・・と
子供心をくすぐるシステムで、とにかく楽しかったです。

実際、中学に入って、英語に苦労せずそのまま大好きでいられたのは
小学校のときのこれらの体験があったからだと思っています。
当時の夢は、中学の英語の先生になることだったほど。
(「または、アナウンサー」とこの頃2つ夢を語っておりました・・・(笑)。)

高校に入ってからもそれはかわらず、
よし、英語を使ってこの先も頑張っていくぞ!なんて思って、
志望する進路は単純明快!全て英文学科・英語学科・・・。

しかし・・・ああ、今でも覚えています・・・高3の夏でした。

英語は自分で何らかの形で続けていけばよいのだ!
マスコミに行きたいんだし社会系の学部を選んで視野を広げよう!


我ながら驚くほどあっさり方針転換してしまったのです。

甘い!

よほどのやる気がない限り、自分で英語の勉強を続けていくなんて
理想に過ぎませんでした・・・(涙)。

しかも大学受験の英語は難解&苦痛であり、だんだん成績が落ちてきた私は、
結局、大人になってから全く英語に触れることがなくなりました。
今?今は、英語を捨てて(?)、イタリア語のジャンルに侵出しているわけです(苦笑)。
でも、今でも英語は好きですよ。

さて、そんな自分の体験を踏まえた上で、それでは、
小学校で英語を学ぶのはすばらしくよいことかと問われると・・・
うーん、よくわかりません(爆)。

私の場合は学校ではなくて、あくまで英語教室で学んだからです。

学校だとそれこそ周囲と比較して英語が苦手だと思う年齢が早くなり
それでも必修だから逃げられない→ますます英語嫌いが増えてしまう・・・
なんてことはないのかな・・・という気持ちが少しあります。
あとは、学年があがればあがるほどレベルの差を気にして、
喋れるはずの子がわざとたどたどしく喋るとか、発言に気を遣うとか・・・
冷めた態度の子が雰囲気を悪くするとか・・・
え?考えすぎ?でもそういうのが発生してきそうだと思ってしまいます。
ただ、幼い頃からネイティブスピーカーと接するというのは
間違いなく非常に貴重な経験だと思います。

・・・なんだか「はたらき」のジャンルのはずなのに、
「でんき」でもあり「にっき(意見)」でもあり、ちょっと話がまとまらなくなってしまいました。

とにかく、繰り返しになりますが、今回のナレーションで
子供たちが生き生きと英語を使っているのを見て頼もしかったのは事実です。
そして、「教師の時間」というだけあって、先生方が一生懸命考えて
教材を用意したり話し合ったりする様子が見られたのは興味深かったです。

放送は2月25日の予定だそうです。

あっ、最後に、よいこのみんな、アナウンサーのおねえさん(おばさん?)からひとこと。
英語も大事だけど、日本語もしっかりね♪
by mikikasai819 | 2007-01-28 15:11 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

退職はプライベートの始まり!?

群馬から東京に戻ってきてからの4年、
1ヶ月に2回のペースで欠かさずネイルサロンに通っています。
幼い頃、実は爪を噛む癖がなかなか直せなかったこともあり、
自爪が非常に弱くすぐ割れてしまうのがコンプレックスの私にとって、
その存在は救世主的なものです。
結婚したときは「そろそろ節約しようかな、主婦業にも差し支えるし」と
思ったこともありましたが、
「人前に出る仕事は続けているんだし、
爪がキレイなことで精神が安定するならその方がイライラされずこっちも助かるよ」という
主人の理解ある(見透かされた)言葉にも背中を押され(苦笑)、
このジャンルではお金を惜しまないようにしているのです。

さて、そのネイルサロンで、ずっとお世話になってきたSさんが
残念ながら今月末で退職するとのことで、
なんとしても今日行かなくては!と、仕事の合間を縫ってケアしに行きました。
(美容師さんも、お医者さんも、基本的に「個」対「個」の関係は、
技術はもちろんのこと、どれだけ信頼できるかということだと思っているので、
頻繁に担当者を変えることはしない性格です)
だからこそ、最初に退職の旨を聞いたときはかなりのショックを受けましたが、
どうもSさんの話を聞いていると、前向きな退職の様子。
どのお店に移るの?と思ったところ、
なんとこれを機にネイリストは完全に辞めて新たな道を探していくということでした。
あまりにスッキリした表情だったので、
逆に寂しさや悲しさというよりは笑顔で送り出したいという気持ちにさせられる、
そんな雰囲気をかもし出していました。

帰り際、「結婚するときは是非河西さんに司会をお願いしたい」と言ってくださったので、
「喜んで!」と連絡先を交換してきました。
この瞬間、ビジネスという壁が取れて、フレンドリーな関係に進展できたのです。
そんなわけで、もうネイルを担当していただけないのは残念ですが、
近々、飲みに行くことになりそうです(笑)。
人間関係はとても大切。縁が切れなかったことに心から感謝です。

(余談ですが、Sさんが以前話していたことで興味深かったのが、職業病。
なんでも、「自分の部屋は白で統一されている」ということでした。
ネイルのお仕事をされていると、家に帰ってまで様々な色を見たくないんですって。
だから、カーテンもベッドカバーも白にしているんですって。
へぇ・・・すごいなぁ・・・と思った記憶があります。
仕事をやめたあとは・・・どんな部屋になるのでしょうね!?)
by mikikasai819 | 2007-01-27 01:04 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

コンビニオープンの朝

今朝、近所に某コンビニがオープンしました。
建築中のときから「もうすぐだなー」と思って見ていましたし、
我が家の郵便ポストにもここ数日チラシが入っていたので、
自分の中でのスタンバイは万全でした(笑)。

私自身の初来店?はAM11時。
お昼前ということで、おにぎり・サンドイッチの類が相当数用意されています。
しかもオープンということなので、50円引き。
これはお得。
ついつい買い込んでしまいました。(あーあ。戦略に完全にハマっている・・・)

レジの人たちも必死です。
昨日まで研修を重ねてきたのでしょう。
でも、本物のお客さんがどんな反応を示すかは実践あるのみです。

「領収書ください」
『は、はい・・・えっと・・・』

案の定、やはり慣れていなかった模様です(苦笑)。

24時間営業ということは、一度開店したら二度と閉まらない。
そのスタートの瞬間、どんな雰囲気だったのでしょうね。

これからお世話になることが多くなると思います。
(用もなく立ち寄ることだけは極力避けたいと思っています・・・が・・・)
by mikikasai819 | 2007-01-26 13:21 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

女性専用車両

ナレーション収録のため、今日は比較的早い時間に地下鉄に乗りました。
(といっても9時台。「それで早いのかよ!」と言われそうですね・・・。
通勤列車で苦しんでいるサラリーマンの皆様、すみません・・・)

すると、女性専用車両に遭遇。

首都圏の鉄道会社において、だいぶ浸透してきましたが、
現在、朝早く出勤しない=ラッシュアワーに出くわさない生活をしているので、
個人的にはあまりなじみがありません。

せっかくだから、女性専用車両に久しぶりに乗ってみました。

女性だらけ。当たり前です・・・ね・・・。

おや!?

当たり前ではありませんでした。

なんと、男性がいるではありませんか!

気づいてないのかな・・・いや、これだけ周りが女性だらけだったら、気づくだろう・・・。
でも、結局その人は、ボーっとしたまま、ずっと乗り続けていました。
特に誰からとがめられることもなく。
こういうことって多いのでしょうかねぇ。

ちなみに、途中、間違って乗車してきた男性もいましたが、
その人は次の駅でバツが悪そうに隣の普通車両に移動していきました。

まあ、それにしても、隣の普通車両は、乗客でいっぱい。
女性専用車両は、立っている人が数人であとは座っている。

うーん、重ね重ね、時間帯にもよりますが、そのコントラストもなんだか不思議でした。
by mikikasai819 | 2007-01-25 11:24 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

誰?誰?別人!!!

プロ野球が始まるまであと2ヶ月。
契約更改、移籍、引退など、めまぐるしい動きを
そろそろ個人的趣味で整理したいなーなんて考えながら、思いを馳せています。

そんな中、日本ハムから巨人に移籍した小笠原道大選手の
あまりの変わり様に心底驚きました。
ひげを剃ったのはだいぶ前ですが、このたび、髪も切ったようで・・・。

サンケイスポーツに載っていた写真はこれ。
e0039787_12245266.jpg


完全に別人ですね。
以前の風貌のほうが見慣れている私としてはちょっと寂しい。
あとはひとこと・・・小笠原、やっぱりまだまだ若いじゃん!(笑)
選手名鑑をよく読んでいる私は知っていますが、
一般の方から見たら年齢不詳でしたよね、多分。
(彼は1973年生まれです)

日本ハム優勝の立役者となった小笠原。
どうか、今年は、周囲にどう思われようとも、巨人を優勝に導いてください・・・。
(切実な願い。でも、ちょっと小声・・・苦笑。)
by mikikasai819 | 2007-01-24 11:32 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

面接を楽しむという発想

昨日は吉祥寺で、今日は新宿で日経就職セミナーのお仕事でした。
年が明けて、明らかに学生さんの目つきが違いました。
いよいよ本番が近づいてきたのですね。
内容も「面接対策」ということで、より具体的になっています。

昨日の講師は姜雅人さん。今日の講師は渡邉剛さん。
お二人とも、ソーシャルデザイニング研究所の就職コンサルタントです。

姜さんの話は、実に面白く、数分に1回、確実に笑いが起こりました。
まさに就職活動を楽しめそうなモチベーションになるというか、
なんだか早く面接に行きたくなってしまうような錯覚に陥りそうでした。

渡邉さんは、実にリズム感がありました!
スピーディーなトークの中に目からうろこの具体例がたくさん詰まっていて
「いるいる、そういう人!」と自分を棚に上げて頷いてしまうことばかりでした。

不安そうな学生や、やけに肩の力が入ってしまっている学生が
講演後に生き生きと輝いた表情になっているのを司会台から見るのが
今の私の楽しみです。みんな、がんばれー!!!
(私自身も、今後オーディションを受けたりするときの参考にさせていただきます♪)
by mikikasai819 | 2007-01-23 23:47 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20
礼佳さん、そうですね、今..
by mikikasai819 at 15:19

LINK

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月