<   2006年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧

快適さを感じるペン

e0039787_14501939.jpg


イタリア語のクラスの友達からペンを借りたとき、
そのペンのあまりの書きやすさに、
「いいなぁ、これ、私もほしい」と感動したら、「はい、みきさん!」と買ってきてくれました!
(もちろん、お代は払いましたよ・・・笑)

軽くて、実に書きやすい。

書きやすいと、字を書くのが楽しくなってくるんですよねぇ。

そういうペンを見つけては、学生時代は手紙を書きまくっていました。
(え?勉強?も、も、もちろん♪)

ひとつだけ難点があるとすれば、コンパクトなところ。
私の性格上、カバンの奥底にいってしまったり、
どこにでもすぐ置き去りにしてしまいそうで・・・(汗)。

なくさないように気をつけます。

そういえば、以前このブログで紹介した巨大ペン、どこにいったかな・・・(苦笑)。
見てない人は必見!?
by mikikasai819 | 2006-09-29 23:59 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(4)

ポジティブな悲観主義者

「明るい割にすぐ些細なことを気にする」
「自信ありそうで小心者」
「B型なのに繊細」

これらは私が実際によく言われることです(苦笑)。

私の好きな言葉「ワイルド&マイルド」も、対極だけど大切な両面を表しています。
(注:二重人格というわけではないですよ)

ダメですか?両立はありえないですか?(苦笑)

そう思っていたら、THE NIKKEI MAGAZINE9月号に、
劇団ひとりさんのインタビュー記事が載っていて、
彼の言葉に惹かれてしまいました。

「ネガティブシンキングする自分を、ポジティブに受け止めている」

これだ!100%じゃないですけど、なんとなくこれに近いものを目指したいかも!?

自分の気持ちを代弁しているor共感する言葉や曲に出会うと力がわいてくる、
そんな感覚に襲われた瞬間だったので記しました・・・。
(ごめんなさい、何のオチもありません)
by mikikasai819 | 2006-09-28 23:49 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
パリーグのレギュラーシーズン順位が決まりました。

1位 日本ハム
2位 西武
3位 ソフトバンク


136試合目での決着。感慨深いものがあります。
それだけの試合を、それこそ各チーム分見てきたわけです。
まだまだセ・リーグはありますけどね。

そして、それだけの日数、テレコムセンター駅に通い、
それだけの日数、食事を調達しました。
栄養バランスを気にしながら今日までやってきました。

そう、そんな食事、最後の最後で気になる品に出くわしたのです。

e0039787_2201959.jpg


読めますか?

「いろんな野菜が食べれるどん」とあります。

ネーミングの良し悪しはともかく、野菜が不足がちな昨今、
いいんじゃないの?と思った方。
その通りです。だから私も選びました。

しかし、私、我ながら既に鳥肌が立っております・・・。

気付きますか?

「食べれるどん」。

あー、引用しているだけとはいえ、私にはかなり抵抗があります。

そう、「ら」抜き言葉(苦笑)。

野菜をいっぱい食べられる(=食べることができる)丼なのですよね。

文字にして見てしまうと、気になって気になって。
ついつい写真におさめてしまいました。

味は、なかなか美味しかったですよ。ヘルシーでした。
by mikikasai819 | 2006-09-27 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
この1~2年ですっかり野球の動きに敏感になっている私。
駅売りのスポーツ新聞を買い、電車の中でチェックする事が多くなっています。
もちろん仕事を円滑にするための情報収集に。(含・個人的趣味)

今日はアナウンス指導で野球はないのですが、電車移動の際、読んでいました。
恥ずかしさ?最近は・・ありません(苦笑)。

ただ、実は午前中、こんなことがありました。

電車で隣になった60歳くらいの男性が『うーん』と横でしきりに横でうなっていたので、
何事かと思って横を見てみると・・、

なんと私が読んでいる新聞を覗きこんでいるのでした。

!?

視線に気づいた男性は、

『あっ、ごめんなさい。ついつい。』とひとこと。

目の前の ついつい見たい スポーツ紙かな(笑)。

謝り方も見た目もなんだか憎めないおじさんでしたが、

『お姉さんみたいな人も電車で新聞読むくらいだからドラフト注目なんだねぇ。』だって・・(汗)。

あっ、やはりスポーツ紙とキャリアスーツ姿の私、違和感?(苦笑)

その前に、えーっと、ドラフトもかなり気になるけど、
桑田・巨人退団や日ハム金村・監督批判の方が密かに気になっているんですよねぇ~(爆)。

心のなかでおじさんに語りかけてしまった私でした。
数年前ではあり得ないなぁ・・(苦笑)

※ちなみにドラフト、これを打っている今は既に結果はでていて、
我が『速報!スポーツTV』のサイトで確認したら、
愛工大名電の堂上くんは中日に、駒苫の田中くんは楽天に、
八重山商工の大嶺くんは・・えっ、ロッテ?ソフトバンクじゃなかったんだぁ(驚)

気は早いですが、来年も楽しみなプロ野球です。
by mikikasai819 | 2006-09-25 15:52 | Comments(2)

スタジオパーク観覧記

最初にお断りしておきますが、これから書くことは、
本来名前を伏せて、思いっきり我を忘れて書きたい事柄です。
自己満足、ミーハーな世界です。
が、ありのままを書いてしまいます(笑)。
すでに、これだけ書いて興奮気味。

気づけば、もう先週水曜日の出来事です。

私、NHKスタジオパークに足を運んできました。

仕事ではありません。観覧です。
お昼の生放送「スタジオパークからこんにちは」。
ゲストは、ええ、そうです。
私がわざわざ足を運ぶといえば、俳優の西島秀俊さんでございます。
すでにこのブログにも散々書いておりますが、
いつからどのくらいどうしてファンなのかという詳細はこちらをお読みいただいて
ご理解いただいたうえで先にお進みください。

ゲスト出演するという情報は2週間前くらいから知っていました。
手帳を見ると、幸運にもちょうど仕事の合間の時間。
でも、高校生時代ならともかく、30歳になった私(苦笑)。
本当に行く気?と自分に問いかけました。

・・・
・・・
・・・NO!という答えは見当たらず(笑)、結局ドキドキしながら行くことに決めました。

放送当日。私がNHKに到着したのは11時半。
12時に観覧席の抽選があるという情報は知っていたので、30分前に行きました。

予想はしていましたが、すでに並んでいる!
西島くんはこういうトーク番組になかなかでない人なので
(むしろトークを苦手としている人なので)
1時間、しかも生放送で喋る姿は必見!と、
おそらくコアなファンの方が全国から集まってきていると思われます。
(私も相当コアな自信はありますが・・・)
さらには、特にファンというわけではないけど、純情きらりを見ているから、
せっかくだから見ていきたいね・・・というご年配のグループもいました。

ちなみに、スタジオの中で観覧できるのはたったの30人
確実に抽選です。
倍率は最終的にどのくらいになるのかな・・・なんて思っていたら、どんどん列は長くなり、
最終的に200人近くが集まりました。平日の昼間ですよ!!!
うわー、なんか、私、すごいところにいるなぁ(苦笑)。
これで当たったら、間近で見られるわけだけど、
この番組って観客の顔もテレビに映っちゃうんだよなぁ・・・うーん。
興奮する気持ちと冷静な気持ちが交互に押し寄せてくる感覚、
分かっていただけるでしょうか。

12時。スタッフの説明がフロアに響きました。
「これから抽選を行います。白い番号札を引いた方は当たりです。
それ以外の方はハズレです」

みんな緊張の瞬間です。
まあ、これだけいれば、当たったほうが奇跡だなぁなんて思いながら、順番を待ちます。
前の人の様子は見えました。
1番に並んでいた方もハズレ、2番の方もハズレ・・・
あっという間に10人以上が次々とハズレくじを引いていきます。
先着順じゃないというつらさよ・・・
そうかと思えば、同じグループから偶然2人そろって当選する人もいて
周囲からどよめきの声が上がったり。運命ですね。

ここで運を使い果たしていいものか、

いや、当たるなら当たったほうが・・・

いや、目がハート状態の顔でテレビに映るのはちょっと・・・(まだ当たる前から気にしている)

結局・・・

「ごめんなさい、ハズレです」

はい、あっけなく終わり(苦笑)。

もちろん、そのまま帰ることはせず、スタジオの外から中が見えるところへ移動。
こういうとき、身長が高いことを親に感謝して、人ごみの中から観覧することにしました。
放送開始は13時5分。見える場所に立ったのが12時5分。
抽選待ちで30分、放送開始まで1時間、番組自体も1時間。
合計2時間半、立ちっ放し。
でも、気持ちはワクワクしているのであまり長く感じません。

ただ、待っている間、ワクワクだけではなくて、複雑な心境にもなりました。

スタジオ内では、これから始まる生放送に向けて、
スタッフがあれこれ最後の作業をしているのです。
カメラの位置、FAXの見せ方、フリップの確認、観客誘導の確認・・・
もちろん進行役のアナウンサーもうろうろと動きます。

・・・うらやましい。

生放送の醍醐味を知っている私。
最近は収録・イベントが多いため、
どうしても放送現場のあわただしさが懐かしくなってしまいました。
当然このあとも、西島くんメインで見ることは間違いないのですが、
アナウンサーの動きなども気になっていたのは事実です。
さすがだなぁとか私だったらこうやるなぁとか、
さらにはコーナーへの持っていき方、質問事項、時間配分・・・とても参考になりました。

で、いよいよ、本番5分前。

西島くんが登場です。

「キャー!!!!!」「かっこいいかっこいい!!!!」
「どうしよう、すごいかっこいい!!!!!」「本物!!!!!!」「涙出てきたー!!!」

以上、周囲から聞こえてきた黄色い声です。
私?私は、心の中でかなりバクバクしていましたが、
ひとりで見ていたこともあり、表向きは非常に冷静。
まあ、昔、生でお見かけしたことがあるというのも大きいですけどね。

格好は、白ワイシャツに黒のジャケット。
有働アナウンサーが
「今日の西島さんは衣装さんが用意したものではなくて自前です」と事前に言っていたので、
ファン歴の長い私なりにいつも通りでくるだろうなと予想していたら、その通りでした(笑)。
ちょっと誇らしい気持ちになりました(笑)。

本番が始まり、私自身、かなり素で楽しみましたよ。
後ろからすごい数の人が押し寄せてきましたが、
背伸びしながらガンバってこらえましたし(苦笑)
ずっと ヘラヘラ ニコニコしながら、
ジーっと一挙手一投足を見逃さないようにしていました。
普段トーク番組は苦手であまり出ない西島くんを上手に引き出してくれる構成でした。
知らないこともたくさん聞けましたし、実に面白かった!
(ビデオ録画に協力してくれた後輩のNに感謝!)

え?これじゃまだまだ上っ面?
では、ちょっとミーハー度をUPして率直な感想を書かせていただくと、

かっこよかったー!!!!!最高!!!!!!(><)

昔の映像も出てきたし、その映像を恥ずかしそうに見ている表情もよかったし、
すっとぼけた発言も彼らしかったし、
何よりやっぱり声が素敵!!!心地よすぎる!!!
ナチュラルって、こういうことを言うんだろうなぁ。
ストレスを感じたことがないから癒しはいらないって言ってたもんなぁ。
別の意味で、大物ですよ。
もう、本当に、変な言い方ですけど、
10年以上ファンをやってきた集大成って感じもして感無量!
きっと、演技したところしか見たことない人は、
トークしている西島くんの意外な一面新発見!だったんだろうなぁ。

そして、残り5分というときでした。

「視聴者の皆さんからのメール・FAX、時間の限りご紹介します!」という
有働アナウンサーのコメント後・・・、

「まず、東京都の・・・●●さん!
10年以上ファンです。高校生だった私も30歳になりました。」

え?

もちろん●●は本名じゃないけど・・・

内容は、「西島くんに出会ってしまったら、ごめん、その時は結婚の話はナシね!」と
以前から主人に言っていたという話。

会場は爆笑(いや、失笑かも?)。

うわわわわ、それ、私の文章だぁぁぁぁ!!!!

西島くんがゲストに決まった2週間前くらいに、
へぇ、試しに出してみようかなと何気なく送ったメール。
ブログにも以前書いていましたし、親しい人にはネタとして提供する定番!?
読まれたのはまったくの偶然です。
顔から火が出るほど恥ずかしかったですが、
ラジオでハガキが読まれたときの喜び、まさにあれと同じです。
この気持ちは、何歳になってもどんな立場でも共通ですね。

そして・・・「ありがとうございます」
西島くんがお礼言ってくれてる!!

家に帰ってこのシーンをビデオで見返して、改めて、卒倒。
永久保存版です。

何より驚いたのは、番組終了後、友達3人からほぼ同じ時刻に
「さっきのメールの内容、絶対そうだよね?すごいじゃん!読まれたの?」って
携帯にメールが!(苦笑)

お恥ずかしい・・・

でも、何も言ってないのに分かるってところが、我が友よ、すごい!!(笑)
親からは「あれ、あなたなの?え?スタジオまで見に行ったの?まったく・・・」と
あきれられました。

何を言われても、活力源になったことは間違いなく、
これからも若々しく(?)応援していきたい、
っていうか、最後にまじめに書くと、一連の生放送から受けた刺激を大切に、
これからも笑顔で過ごしていきたいと思いました。

久々の長文、おしまい(笑)。
by mikikasai819 | 2006-09-24 12:39 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(6)

確実に秋の気配

夜、神宮球場にヤクルト対中日を見に行きました。
(友人にチケットを譲ってもらったのでした。
バックネット裏の非常に近いところでじっくり見ました。ありがとう、K!)

しかし、まあ、今日は・・・さ、さ、さむいぃぃぃ!!

風は吹いているし、私が防寒対策しなかったのもいけないのですが、
とにかく寒かった!周囲も震えているほど。
夜の野球観戦が寒いと感じるようになったのは寂しい限りですが、
確実に寒いと感じました。
最初の1杯はビールでしたが、
最後にはホットコーヒー・コーンスープを買ってしまいましたもの。

季節の変わり目、皆様もご注意を。
(体調崩した私、説得力はゼロですが)

でも、野球ファンは熱かったですよ。
ホームチームのヤクルトより、優勝まっしぐらの中日の方が
ファンは多かったですけどね(苦笑)。

それにしてもPCの前にゆっくり座れないなぁ・・・(涙)。
明日こそ!
by mikikasai819 | 2006-09-23 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
昨日・今日と、マナーについて熱く語っていますが、
最後は、再びマクドナルドでの出来事に戻ります。
(まだ読んでいない方はお手数ですがこちらからどうぞ)

パラパラ音楽をフロア中に撒き散らした女子高生がいなくなって
私は再び参考書に目を通し、コーヒーをすすりました。

そのとき、横の席から一筋の煙が・・・。

け・む・り?

私が座っていたのは禁煙席

驚いて煙の出所を見ると、20歳前後の女性2人。
明らかにそのテーブルには禁煙マークが貼ってあります。
しかし、こそこそとタバコを吸っていたのです!!!

そして、その奥側では、3~4歳のかわいい子供が
おばあちゃんらしき女性と一緒においしそうにフライドポテトを食べていました。


このコントラストは何・・・?

怒りというより、寒気がしました。

1900年につくられた未成年者喫煙禁止法、今ももちろん続いていて、
20歳未満の未成年はタバコを吸ってはいけないというもの。
でも、それは百歩譲って自分で管理してくださいって思います。
若く見えたけど、正直、そのときは、別に年齢を言及する気はありませんでした。

また、最近は、タバコを吸う人をひとくくりにしてしまって
スモーカーが肩身が狭くなっている風潮がありますが、
私はその動きには逆に反対です。あくまでマナーを守ってたしなめばよいこと。
吸わない人にすごく気を遣いながら喫煙してくれる人にはむしろ感謝します。

それなのに、このたび目のあたりにしたのは、明らかに周囲への迷惑。
禁煙席で吸うなんて、何のための分煙だ!!!!!
しかも子供の目の前で!
知らなかったはずはない。その禁煙マークが目に入らぬか!!!!!

しかし、私は注意できなかった・・・。
明らかに彼女たちがルール違反なのに、
なんと言っていいのか分からなくて、躊躇してしまった・・・。

帰り際、私のほうが先に店をでる時間になったので、
よほど店の人に言ってから去ろうかと思ったのですが、アルバイトくんは大忙しで、
とてもフロアを見渡す余裕はなく、
また、私から「禁煙席で喫煙している人、注意してください」って言われても
「面倒なこと言われちゃったな」って恨まれるのかな・・・とも思いつつ、
結局、大きなため息ひとつついてこぶしを握り締めて店を出てきてしまいました。

あー、激しく後悔。やっぱり悔しい思いをしてしまった・・・。

そんなわけで、3回に分けてマナーについて書きました。

さて、書くことがたくさんたまっています。
楽しい話も、うれしい話も。忙しい忙しい♪
今日は野球の試合がありません。なんだかんだで寂しい寂しい・・・。
by mikikasai819 | 2006-09-21 15:17 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
朝、大音量で迷惑な女子高生の話を書きました。
(読んでない方、こちらでどうぞ)
その際に、注意できなかった自分が悔しいとも書きました。

実はこんな私も、かつて、あまりの迷惑に耐え切れなくなって注意したことがあります。

2年ほど前、名古屋に行ったときのこと。
私は電車移動中、一人で本を読みながら移動していました。
(このときはイタリア語の参考書ではなかった・・・苦笑)
その車両は決して乗客が多くなく、むしろ空席が目立つ感じ。
ボックス型シートだったので、4人がけを1人もしくは2人で悠々と座れました。
旅先で、好きな本を読んだり車窓を眺めたりして、いい時間を過ごしていたのに、
大きな笑い声が聞こえてきたのです。

「○○くーん、うん、そうそう」「キャハハ!!マジ?」

どうやら○○くんとの会話が始まったようなのです。
携帯で話しているので相手の声はもちろん聞こえません。
いわゆる、車内での携帯電話での通話です。

以前にも書いたかもしれませんが、どうしても必要なときもあるでしょう。
それについては言及するつもりはありません。
「今、ごめんなさい、電車の中なので折り返します」くらいなら・・・まだ・・・ね。

ただ、明らかにその女の子の会話は、どうでもいいことでした。

「昨日さー、●●ちゃんに会ったんだけどー」とか、
まあ、さすがにあまり覚えていませんが、今じゃなくていいよねぇっていう会話ばかり。
しかも、本当に声が大きい。
周りは落ち着かない空気になってきます。

ひとこと言うべきか。
ここは名古屋。未知の場所。
周りを見渡して、女の子の仲間らしき人もいない。
(1人対複数になってしまうと怖いので)
私だけが迷惑しているのか、いや、違うはず。
でも、わざわざ言う必要もないのか、そのうち終わるかもしれないし。

5分我慢しました。

10分我慢・・・しました。

15分我慢・・・しま・・し・・た。

ずっと彼女は喋り続けています。

そのうち、トンネルに入ったのです。

!!

当然、電波が入らなくなり、通話も中途半端に途切れたようでした。
ほっとしたのもつかの間、トンネルから抜け出てから

「ごめんごめん、今、トンネルだったの。それでそれで?」

なんと、自分からかけなおしたではありませんか!

・・・ダメ。もう、限界。

限界を感じたとき、私の残り乗車時間は10分でした。
電車に乗っている半分以上、彼女の大声でイライラしてきたわけです。

ちなみに、私は、基本的に平和主義?なので、めったなことで怒りません。
さらに、最悪、怒りがこみ上げてしまってもキレたりしません。
あまりの怒りに、そんなときはふつふつと体も声も震えてくるタイプです。

私は、無意識に立ち上がっていました。
その子のいる隣のボックス席に向かって、
喋っている横から、つとめて冷静に言いました。

「もう何分そうやって喋ってるか分かってますか。迷惑ですからやめてください」

相当声が震えていたと思います。(怖いからではなくて怒りで)

彼女はぎょっとした顔をして私を見つめ、
「すみません」といってすぐその場で電話を切りました。

しばらく私は震えがとまりませんでした。
席に戻ったとき、前に座っていた方から「ありがとう」って言ってもらえて、
ああ、よかったのか、これで・・・と思い、やっと落ち着けました。

すみませんと素直にやめてくれたからまだ良かったですが、
これが逆ギレされたり、揉め事になったらどうなっていたのか・・・

それでも、悪いことは悪い!と、正義が通る世の中を
諦めたくないなぁと思います。
何もマジメ一徹になりたいわけではありませんし、
むしろなりたくありません。
でも、人に迷惑をかけないという常識を守ってこそ
その先に自由はあるのではないかと思っています。

TO BE CONTINUED・・・
(実はもう1つエピソードがあるのです)
by mikikasai819 | 2006-09-20 23:59 | でんき(昔の出来事) | Comments(0)
今、仕事が終わって帰るところですが、ショッキングな事実が発覚。

昨夜と今朝、薬を飲む量を間違えていました・・・

1回に2錠だと思っていたら、1日2回1錠ずつだったのです・・・

夕食後、ビックリして袋を凝視してしまいました。
減りが早いなと思っていましたが、それもそのはず・・・
ちゃんと指示されたとおりに飲まなくてはならないのに・・・どうしよう。

勘違いは怖いです。取り返しのつかないこともありますからね。
大反省。気をつけます。
by mikikasai819 | 2006-09-20 23:00 | やるき(決意・反省など) | Comments(2)
昨日は池袋でセミナー司会がありましたが、
それまで喫茶店のはしご?をしていました。
(移動途中で時間が空いてしまうと、その都度入っています)
1軒は、ゆっくり時間が流れるジャズの流れた感じの喫茶店。
すっかり長居してしまいました。
もう1軒はマクドナルド(^^)。

そのマクドナルドで、目を覆いたくなる光景に出くわしました・・・。

私はコーヒーのみを頼んでカウンターの1つ上の階に移動。
席を見つけてイタリア語の参考書を開きました。
ある項目が電車の中で読みかけだったので、
読みきってしまおう!と思ってカバンから取り出したのでした。

2~3分たったころでしょうか。
まだコーヒーは半分以上残っていましたから。

大音量で音楽が流れたのです。
それも「パラパラ音楽」

高校生グループが携帯から流しているのです。

着信音?

違いました。

今は携帯に音楽が丸ごと入るんですよね。
自分の部屋にいるかのように、音量を最大にして聞いているんです。

マクドナルドの店内はもともとシーンと静まっていることはありませんが、
明らかにその音楽が空間を作って、相当迷惑でした。

高校生たち(女の子4人)は、その音楽で文化祭に踊るらしく、
「マジでー、ここむずかしい!」「超、ウケるぅぅ」と大騒ぎ。
それもまた大きな声で、店内に響き渡っています。
実際に立ち上がって踊る子まで!!!

私はだいぶ離れたところに座っていましたが、
我慢が出来なくなってきていました。
当然、本の内容なんて入ってきません。
(なんか、いつもイタリア語の参考書を開くと集中できない出来事があるんだよなぁ・・・汗)

注意しようかな。でもなぁ・・・
近くのサラリーマンさん、ひとこと言ってくれないかなぁ・・・
みんな迷惑してるし(実際、眉間にしわを寄せていた)・・・
まあ、私は地元の人間じゃないし・・・言っても別に後腐れないよなぁ・・・
でも、注意して逆ギレされて、さらに気分が悪くなったらイヤだなぁ・・・
そもそも、私も高校生の頃はマクドナルドでうるさく喋っちゃっていたよなぁ・・・
目くじら立てすぎかなぁ・・・
いや、でも、さすがにこんな迷惑はかけていなかった!!
っていうか、なぜ自分たちが迷惑かけてるって気付かないんだぁぁ、この子たち!!

そんなことを思っていたら、曲が終わったのか、パタッと静まり、
女子高生たちは「頑張ろう!オー!!」とこれまたフロア中に響き渡る掛け声をかけて
店を去っていきました。

・・・

・・・

・・・

こんなに静かだったのね。
安堵感が店内に広がりました。

私?私は本音を言えば、悔しかった・・・
やっぱり何かあの子達に伝えたかった・・・。
その勇気がなかったこと、それを控えさせる今の日本の風潮、
正義感が強いわりに、結局何も出来ない自分、
でも、「これでよかった。何事も起きなくて。」と思っているのも確か。それが悔しい。

彼女たちは何も反省しない・・・
それどころかまた別の店でも我が部屋のように振舞うだろう。
それが一番、悔しかった・・・。


TO BE CONTINUED・・・(そう、この内容はもう少し続く)
by mikikasai819 | 2006-09-20 10:18 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819