<   2005年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

抽選会の進行

今日は、中野サンプラザで行われた日経就職サクセスセミナーの司会でした。
いつものセミナーよりも大掛かりで、規模も1000人単位。
3部構成になっていたため、会場に14時入り、終わったのは21時ごろでした。

一番最後に、就職活動応援グッズがあたる抽選会がありました。
賞品ごとにブロック(座席列)で抽選し、その都度退出していく形だったので、
最後まで呼ばれなかったブロックの人には、待った分、
最後の目玉賞品が待っているというシステムでした。
学生さんは最後まで協力的で、当たった方にもしっかり祝福の拍手を送り、
礼儀正しいなーと思いました。
え?目玉は何だったかって?・・・i-pod nanoでした!!私もほしいです。

さて、抽選会の進行、実は私の好きな分野です。
これまで群馬時代を含めて、数十回経験してきました。
抽選箱から1枚引く時の胸の高鳴りと、番号を読み上げる時の会場全体の緊張感と、
当たった方をステージ上に迎え入れるホスト感?がなんともいえないのです。
稀にですが、たくさんの番号を読み上げるときは、いつも同じではなく、
時々趣を変えたりもします。「偶数です」と最初に言ってみるとか、
番号を後ろから読んでみるとか、「足して30です」とか(笑)。
ハガキを引くときは、もったいぶって住所の途中まで読み上げて反応を見るとか。
やっぱり、抽選会は楽しまなくてはね♪
ただ、ややこしくしすぎて司会本人が意味不明になってしまわないように
気をつけなくてはいけません(苦笑)。

今、パッと思い出した抽選会エピソード・・・

①スキー場主催のイベントで、リフト券やホテル宿泊券があたる豪華抽選会。
興奮のあまり、客席から身を乗り出している方々が多い中、
当たった瞬間喜びすぎて、ステージに駆け寄る際、
会場の階段で派手につんのめった男性がいました。
すごい音がして、相当痛そうでした。
スキー行く前に怪我しては、元も子もありませんよね(苦笑)。
それ以来、気持ちがはやっている方には「段差にお気をつけて!」と
極力声をかけるようにしています。

②子供向け映画会のイベントで、ポケモンやアンパンマンのおもちゃが当たる抽選会。
賞品説明をしていたら、「ほしい!」と前に座っていた子が大絶叫。
そうしたら、周りの子も「ほしい!」「ほしい!」「ほしい!」と大合唱。
そうだよね!みんな盛り上がっていくよー!!お姉さんも気合が入りました(笑)。
あっ、結局最初に言い出した子には当たらなくて、最後には「くやしいくやしい」と大粒の涙。
子供だって真剣です!

③住宅展示場のイベントで、使用していたモデルハウスを、なんと500万円相当で
自分の家として移築できる!という夢のような抽選会。しかも1棟×2人=2棟!
私もかなり緊張してハガキを引きました。1300人の応募から2人。
そうしたら、なんと、お二人とも「OZAWA」という苗字だったのです!
親戚でもなんでもなく、偶然です。これ、相当すごくありません?



最後に皆さん、抽選会で当たる秘訣はひとつ。
「途中で帰らないこと」です。当たり前?
・・・でも時々あります。声を大にして発表しても、シーンというときが・・・。
本当にもったいないです。
そういう時は、敗者復活戦するわけですから!(笑)
しかしこれはこれで盛り上がります・・・。

企業の皆様、個人の皆様、抽選会の司会には是非ご用命くださいませ。
(それのみの依頼は来ないでしょうけど・・・!)
by mikikasai819 | 2005-11-29 23:58 | はたらき(お仕事) | Comments(5)

バニラエッセンスを加えなきゃ!

日清製粉のWebサイトで見られる「うどんをつくろう」というナレーションを
以前したのですが、
今回は第2弾、「イチゴショートをつくろう」の収録をしてきました。
夜の8時からスタートして、先ほど帰宅いたしましたが、
もう、ケーキが食べたくて食べたくて。
映像を見ていると、生クリームを泡立てるところとか、
イチゴを飾り付けるところとか・・・。
クリスマスも近いことだし、手作りケーキに挑戦!!もいいですよねー。

そういえば原稿の中に、「香り付けにバニラエッセンスを加えます」という一文があって、
他のところより無意識に心をこめて読んだように思います。
というのも、私の性格ではバニラエッセンスがなかったら、
その時点でケーキ作りを絶対あきらめてしまうからです(苦笑)。
何か代用品を見つけるということはしない!
バニラエッセンスと書かれていたら絶対それで!と譲れない!
だからなかなかケーキ作りに着手できない!
・・・言い訳しているといわれればそれまでですけどね(笑)。
(だって、買いに行けばいいのですから)

何はともあれ、小麦粉を使っていろいろな料理ができるという発見ができるのは
大きいですよね。これこそ、ネットが普及したからだと思います。

料理のレパートリー増やしたいなぁと思う、今日この頃です。
by mikikasai819 | 2005-11-28 23:18 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

幸せが多かった週末

この週末は個人的にいろいろなことがありました。

○ 大学時代のゼミ仲間(同期)+現役大学生との懇親会。
 就職活動の相談を受けたり、今のゼミの現状を聞いたりなど、
 普段入手できない情報に、どっぷり浸かりました。
 どうも、このゼミの飲みは毎回楽しすぎてみんなお酒が進みすぎて、
 笑って喋ってのどが疲れるのですが、今回もなかなか心地よい疲れが・・・(苦笑)。
 もう少し上品に飲めばよかった・・・!?
 学生の皆様に変なイメージを植えつけていないといいですが・・・。
 
○ ブロードウェイ・ミュージカル「リトルショップ・オブ・ホラーズ」観劇。
 普段見に行きたいと思いつつなかなか行けなかったミュージカル。
 今回、実現!しかも、山本耕司主演!!(新選組!の土方さんさっ!←実は好き♪)
 2階席だったのが残念でしたが、雰囲気は十分味わえました。
 千秋楽だったのもラッキーだったかな?
 元SPEEDの上原多香子が初の舞台だったようで。声が通ってとてもきれいでした。
 なぜSPEED時代にあれだけ頑なに歌わなかったのか、今となっては不思議(苦笑)。

○ 小学校時代の友人同士が結婚を発表。
 母親同士は仲良くてつながっていたものの子供同士はご無沙汰だった5人が
 一同に介したのが今年1月。
 本当に久しぶりだった(最長で小学校卒業以来だった)のですが、
 何度か飲みに行くなど案外集まっていました。
 すると、なんと、その中の2人が、来年結婚することになったとのこと。
 驚きすぎて絶叫してしまいましたが、すごいことです。ドラマチックだ・・・
 親子ともども招待をされることになりそうです。めでたい!!!

○ ベイビー誕生の朗報。
 先日、私の親友夫婦から、来年パパ・ママになるとメールがきました。
 うれしくてうれしくて。でも、とても身近な友達だからなんだかドキドキしちゃって。
 すると、なんとこの週末、我が弟から連絡が!
 来年パパになるとのこと。
 うわーーーーーーーー!!!すごいーーーー!!!!
 まさに身近な存在・・・血のつながった兄弟の報告はあまりに衝撃で、
 思考回路が一瞬、完全にストップされました。 
 お互い同じ2005年に結婚したこともあり、
 弟は、報告するとき姉の私にとても気を遣っていたようでしたが、
 そんなこと、まっっったく関係ないよー!!!本当におめでとう!!!!
 しかし私はこれで伯母さんということになるのね・・・(その響きの方が気になる!笑)。

○ 昔の放送テープを発掘。
 朝の番組「フレッシュモーニング」を担当していたときの自らの録音テープを
 かなり久しぶりに聞きながら車に乗ってみました。ちょっとしたラジオ気分でした。
 i-modeの大々的なCMが入っていたりして、時代を感じましたね。
 ちなみにその日の占いコーナーで、
 一番気をつけようねさん(つまり運勢の悪い星座)は「獅子座!」と
 河西アナウンサーが発表していました(笑)。
 録音テープとわかっていながら、なんだか悔しかったです(苦笑)。
 
最後の1つは幸せというジャンルのものではありませんが、
なんだか心臓にたくさん血が巡るようなハイな気分?になる素敵な週末でした。
by mikikasai819 | 2005-11-26 23:55 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

年賀状も着々と・・・

クリスマスの話題を書いたかと思えば、本日実家に帰ってみると、年賀状の準備。
うわー。すごいね、やること早いねぇ・・・と思っていたら、
準備をさせられたのは私でした(苦笑)。
市販のソフトからレイアウトを整えて印刷するだけですが、
我が実家にはPCに強い人が誰もいないため、
代わりにやるようにと、招かれたのでした。
(私だって苦手なのに)

来年の干支は「いぬ」。
年女となる祖母が、どんなデザインがいいのか、
自らPCの横で指示を出してくれました。
そっか、年女か・・・72歳・・・なわけなくて、84歳か!!!
いつも元気なので年齢が分からなくなるのですが、
いやー、そうか・・・とちょっと我が祖母ながらビックリ。
そういえば、今でこそソフトがたくさんあって、
様々な犬の絵柄にお目にかかれますが、
小さい頃は自分で描かなきゃいけなかったりして苦痛でした。
そんな時、絵の得意な祖母にお願いしたこともありました。
それが今では逆転して、私が祖母の年賀状を手がけている・・・
時代の流れですね。
おばあちゃん、私も成長しましたよ。
(成長したのはPC技術だといううわさ・・・いや、真実)

さーて、私も自分自身の年賀状の構想を練らなきゃ。
いつもギリギリだから、今年こそ。
by mikikasai819 | 2005-11-25 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

29歳のクリスマス

セミナー司会でさいたま新都心駅まで行ってきました。
久しぶりに高崎線に乗って、ちょっとうれしかったです。
(住んでいた前橋まではしばらく乗っていかなくてはいけませんが。
来月あたり時間を見つけて本当に遊びに行こうっと。)

さて、さいたま新都心に降り立って、きれいな電飾に目を奪われました。
クリスマスか・・・。もう、気づけば1ヵ月後に迫っているのですよね。
街ではハロウィンが終わればもうクリスマスの飾りだった気もしますが、
改めて夜に、仕事帰りに(今回は仕事に行くときか・・・)イルミネーションを見ると
しみじみしますね。

今年のクリスマスは3連休なんですよね。
うれしいような面倒くさいような?なーんて本音が飛び出す人もいると思いますが(苦笑)。
気づけば、私、29歳のクリスマスだわ・・・。
29歳のクリスマスといえば、そう、有名なドラマ。
1994年に放送されて、大ヒット。
山口智子・柳葉敏郎 松下由樹が出ていて、
最終回の視聴率は26.9%だったらしい。
今考えると本当にすごい。
そして、何がもっとすごかったかって、
マライア・キャリーが歌う主題歌がここぞとばかり街中で流れまくったこと。
あの時ラジオのパーソナリティーだったら、
相当数のリクエストが届くのと同時に、「もういいです」って悲鳴も届いたでしょう(笑)。

・・・とこれだけ書いておきながら、私はこのドラマ、未見です。
当時18歳。受験生でした。
当然ドラマなんて見ないで勉強勉強!!!!
・・・というわけでは別にないです(笑)。

このタイトルにピンとくるものがなかったのです。

まあ、そりゃそうか。29歳なんて未知の世界。
よく言えば今を精一杯生きる、悪く言えば今のことしか考えられない高校生が、
11年先のことなんて共感できるはずもない!と、
勝手に判断したのだと思います。
(時代はさかのぼりますが「金曜日の妻たちへ」なども同様の理由が生まれます)

でも、改めて申しますが、29歳のクリスマスは大ヒットしました。
仕事も恋愛もスムーズにいかない20代最後の年の複雑な心境を
見事に描いたという点で高く評価されたのでした。

29歳。今見ると、どうなのだろう。
先日、友人(独身・既婚)と別々の機会にそんな話になって、
「あのドラマ見てた頃はまさかあんなにあくせくしてないと思ってたけど
案外自分が29歳になってみると、現実ってつらいね。」(独身の友人)
「なんかさ、まだまだ青春できたかもしれないよね、29歳。
実際、結婚しちゃうとね、気持ちを一生懸命奮い立たせないと
もう今更クリスマスなんて盛り上がれないよ。」(既婚の友人)

なるほど、それぞれの意見です。
年齢・環境に関係なく、
自分のテンションでクリスマスの日を迎えるのがいいかなー。
これが今の私の結論です。私は・・・今年は仕事かな。

※そういえば、今クールのドラマは「熟年離婚」が好調なようで、
私自身は「熟年じゃないし」「離婚って・・・あの、結婚したばかりだし」と
前述の理由であまりピンとこなくて見ていなかったのですが、
なんと主人は知らぬ間に楽しんでみています。

え?あなた、やっぱり心は熟年?(苦笑)

というのは冗談で(?)、何が言いたいかというと、
描かれている年齢関係なく引き付ける魅力があるドラマってすごいなってこと。
まあ、見るタイミングを逃した私としては、
このドラマも数十年後、見たい!と思う時がきたら見ようかなと思っています。
by mikikasai819 | 2005-11-24 23:58 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

CDシングル

最初に買ったCDシングル(レコード)はどんなものだったか覚えていますか?
私は、爆風スランプの「Runner」でした。ただし、カセット(笑)。
純粋に初めて買ったCDシングルは氷室京介の「KISS ME」。
これは、ラジオで初めて聞いてその日のうちに買いに走りに行ったという・・・
衝撃の1枚でした。
(ちなみにアルバムは、たぶん永井真理子の「Catch Ball」でした。
相当聞きましたね、これ。宝物です。)

さて、なぜそんなことを書いたかというと、
今、CDシングルの山を見つめているからです。
今でこそシングルもアルバムと同じ大きさの盤になっていますが、
昔は小さかったですよね。
最初の頃は二つに折り曲げていましたが、
そのうち、すべてプラスチックの専用ケースに入れるようになり、
最後のほうはビニール袋そのままにしたり、
要するにバラバラの保存状態なのです。
時代を感じます。
・・・ってしみじみしてる場合じゃなくて、整理しなくちゃ(汗)。

数年後、数十年後、
音楽メディアはどうなっているのでしょうね。
学生の会話でも、初めてダウンロードした音楽は?っていうのが
普通になってくるのでしょうね(笑)。
ついていけるかな・・。
by mikikasai819 | 2005-11-23 18:11 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

本当の意味で輝く女性に。

某生命保険会社のリクルートビデオのナレーションをしてきました。
いかに企業に関心を持ってもらうか、考えながらマイクに向かいました。
今日の内容は女子学生向け。
結婚・出産・育児という人生の大きな節目で、
どのようにサポートするかという内容もあり、関心が高かったのは事実です。

私はその昔、キャリアウーマンになるのが夢だったことがありました。
やりがいのある仕事についてバリバリ働いて、
スーツを着こなしてハイヒールを鳴らして歩いて、
英語も話せて海外出張もあって、手帳には会議の予定ばかりぎっしり。
結婚なんてしない。ひとりでバリバリ!が目標!!!
・・かなりイメージ先行ではありましたが、あこがれていたのは事実です。

しかし、大学時代に出会った男友達が、さらっと言ったのは
「あー、河西さんは無理無理。キャリアウーマンは無理だね。
別に責任感がないとか仕事ができなさそうとか言っているわけではなくて
むしろちゃんとがんばるタイプだってわかってるけどさ、
ひとりで何でも背負っちゃって頭の中の整理ができなくなっちゃいそう。
絶対、誰かがそばにいて、支えていなきゃだめだと思うから独身はありえないね。」

なるほどね・・・。実際そうなったから友達の視点は間違っていなかったということです。

でも、冷静に考えると、結婚してるからとか独身だからとか
子供がいるからいないからとか
それは今の世の中、キャリアウーマンの条件ではないように思います。
考え方によっては、働いている人はみんなキャリアウーマン。
モチベーション高く、イキイキ働く人もいれば、
眉間にしわを寄せながら、イライラ働く人もいる。
毎日は無理でも、前者に近づきたいなーと素直に思います。

ただ、それこそ友達の言葉通り、頭の中の整理ができないときはあって、
実は今日、まさにナレーション収録の直前まで、
原因がわからないもやもやした気分に悩まされ、
やる気はすごくあるのに、どうしたらこの状態を払拭できるかわからなくて、
大きく深呼吸してからスタジオに入ったのでした。
そうしたら、ナレーションする映像がリクルート用ということもあって
読んでいるうちにモチベーションがあがってきたのですから不思議です。

・・・って何を書いているのかわからなくなってきてしまいましたが、
(やはり整理ができていない・・・)
今日は迷いながらもいつも以上に自分のすべてを出し切れたと思います。
輝くキャリアウーマンを目指して、ゆっくり寝たいと思います。
by mikikasai819 | 2005-11-21 23:07 | はたらき(お仕事) | Comments(0)

闘魂こめて遠征しました

プロ野球のお仕事が終わって、早1ヶ月。
私はこの日を楽しみにしていました。
それは・・・

「巨人VS阪神OB戦

私は、これまでにもこのブログに書いてきましたが、
小さい頃の巨人が特に好きでした。
そのときの興奮がよみがえるようなメンバーが出場するのです。
この試合を知ったとき、私は、即効チケット購入に走っていました。

ちなみに会場は「静岡県営草薙球場」。

ふふっ。

そんなわけで、新幹線と静岡鉄道を乗り継いで本日行ってまいりました。

1塁側の内野指定席を取ったのですが、球場自体が小さいので
とても身近に選手を感じられるのです。
スターティングメンバーの発表から、もう私はひとりで興奮状態。
心の中で叫んでいました。

「うわー、原さんだ!!」「王監督だ!」「鹿取!福王!あっ、岡崎!懐かしい!」
「篠塚ー!!」「山倉ー!!」「吉村ー!!」「中畑ー!!」
・・・もっといますが、きりがないので。

もちろん、私の知らない世代の名選手もたくさんいました。

試合は、予想以上にヒットが飛び出し、楽しかったですよ。
吉村はホームラン打ってましたし。さすが。
ただ、やはり年齢とともに走れなくなるのは否めませんね。
明らかに2ベースヒットのあたりでも1塁ストップとか、
無理のないように動く守備とか。
それでも、みんなとても楽しそうで、私も終始笑顔でした。

笑顔の理由はもうひとつ。
この試合中、その当時の応援歌が使われていたのです。
そう、私が小学校時代に声を張り上げてメガホンをたたいていた時と同じです。
「かっとばせー、き・よ・しー!燃えろー!!!」
応援団も当時のとおりに忠実に応援します。
懐かしいメロディーのおかげで、うれしくてうれしくて。
阪神サイドももちろんそうでした。
5回裏のあと、サインボールをスタンドに選手が投げ込んでくれる時間があったのですが、
立ち上がってスタンバイしてしまっている自分にちょっと苦笑い。
でも、本当にほしいと一瞬思ってしまいました。

個人的に記憶に残ったのは、
●宮本の速球。直前まで笑っていたのに、本番はかなり本気でした。
●江川対掛布の対決。テレビ解説者同士、何を考えながら向き合っていたのでしょう。
●青い稲妻=松本匡史の姿。コーチをしていたりはしましたが、
彼の姿をこの目で見たのは小学校以来で、本当に感激しました。
松本こそ、私の大好きだった時代の俊足1番バッターです。
でも今日は最初から走るつもりはなかったみたい。
ダメもとで盗塁の格好だけでもしてほしかったかも。
●槙原が投げて打たれた球を原がさばいて篠塚・中畑へ。
まさに私が見ていた頃の再現!!!涙が出そうになりました。

そして、王監督・・・ならぬ王選手のバッターボックスの構え。
私が物心ついたときには引退していたので、
初めて生で見て感動しました。昔と変わっていなかったです。
応援団は「ワンちゃーん!」と。
(王というのはワンと読むんですよね。あとは背番号1というのもある)
恐れ多くて私にはいえなかった・・・。

あとは・・・いきなりお笑いの松村邦洋(阪神ファン)が代走で出てきたこと。
遠目から見て「誰、あの太った選手。引退したからってあれはないよね」と
思っていた矢先だったので、かなり笑えました。

結果は8対7で巨人の勝ち。
MVPはホームランを放った井上真二選手でした。
どうやらベースを回るときに勢いあまって怪我をしてしまったようで。
それもご愛嬌。ハッスルプレーに大拍手です。

静岡からは鈍行で爆睡して帰ってきました。気づいたら東京でした。
いつものパターンです。とにかく、大満足の野球観戦でした。

さて、イタリアから帰ってきて早いもので1週間になろうとしています。
時差ボケもどきはだいぶ解消されましたが、ちょっと体がだるいです。(自業自得)
無理しすぎないようにしなくては・・・と思いながらも、
やっぱり多くの事を吸収したいという気持ちにはかないません!?
でも、今、口内炎(とはちょっと違うのですが、上あごの左側?の炎症)のため
何か食べると元気がその分なくなっていくという悪循環に陥っています。
いかんいかん。明日からの1週間、1歩1歩着実にがんばります。
by mikikasai819 | 2005-11-20 23:50 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

静粛にいたします・・・

今、
私のいる部屋のとなりに、
知らない男性がいます・・・。
家の中で二人きりで緊張します。
時々、聞いたこともないような音が聞こえてきます。
それにも動じず、男性はすごく真剣な顔でテレビを見つめています。




文章ってすごい。こうやって書くととてもあやしい・・・。

なんて感心している場合じゃない。

改めてもう一度。




今、
私のいる部屋のとなりに、
知らない男性がいます・・・。
家の中で二人きりで緊張します。
時々、聞いたこともないような音が聞こえてきます。
それにも動じず、男性はすごく真剣な顔で・・・

テレビの内部を見てくれています。


・・・そう、この男性には修理に来てもらっているのです(苦笑)。

大変失礼しました。

でも、緊張しているのには変わりありません。
別に普段は男性と二人きりでも緊張しませんし、
玄関開けてみたらとても人のよさそうな40歳代後半くらいの方で、
何かが起こるわけでもなさそうですし(苦笑)。
ではなぜか。
緊張している理由は、終始無言を貫き通さなくてはならないからです。

もともと友達同士の会話でも、無言が嫌いな私でした。
おそらく、今となっては職業病です。
ラジオの仕事をした経験があるからなのですが、無音状態が怖いのです。
黙ったままでは放送事故になってしまいます。
BGMがかかっていればいいのですが、とにかく、そうでなければ、
無音ではいけない!何かを発信しなければいけない!
これはプロ根性の見せ所(聴かせ所)といえたかもしれません。
おかげで、本来の性格にさらにプラスされて、
何か話を生み出すようになりました。
そうそう、生放送中にインタビューなどするときも
相手が「うんうん」と声を出して相槌うってくれればいいのですが、
しばらく無言で首だけうなづいてくださったりすると、
うわー、何か話してほしいなーと密かに願ったりしました(笑)。
テレビだと映像があるので、ラジオならではの話ですね。

さて、この修理担当者の男性。
作業中にいろいろ話しかけてもまずいだろうし、
別に話しかける内容も思い浮かばないし、
(というか、話しかける必要性もないし・・・)
かといって、音楽かけておくのもちょっとねぇ・・・
今の家はそんなに広くないので、どこかの部屋に隠れるわけにも行かず、
こうして隣の部屋でブラインドタッチのカチャカチャした音を
ひたすらお聞かせしているわけです。
(聞いているわけないでしょうけど・・・)

あっ、さきほど一言だけかわしました。

男性「あのー、修理代が1万2000円くらいかかるんですが」
私「・・・・・(うわー、結構するんだなー。でも、見られないと困るもんなー)」
男性「大丈夫ですか?」
私「(自分が無言だったことに気づき、慌てて)は、はい!お願いします」

そしてこれだけで終わるのはもったいない!今がチャンス!とばかり、

私「あのー、どのあたりが故障してしまったのでしょうかねぇ・・・って
まあ、私が聞いてもわからないとは思うんですけどね。アハハ(カラ笑い)」
男性「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

男性は無言だったわけではありませんよ。
なんといっていたか私には解読不可能だったので割愛しただけです(苦笑)。

私「あのー、その修理ってどのくらい時間かかるものなんですか」
男性「そうですねー、40分くらいですかね」

40分!

うわー、その間ずっとこれから同じ空間にいながら無言かぁぁぁ。
助けてくれぇぇぇ。

というわけで、まったくこの男性に罪はなく、むしろ感謝しているわけで、
私はもうしばらくおとなしくしていようと心に誓ったのでした。

おまけ:無言が嫌いな私の性格が垣間見られるエピソード

●中学時代にグループで給食を食べるとき、
まず私は、みんなが喋っているときに無言で食べて、
そのあと、みんなが食べるのに専念しだした頃、一人でべらべら喋っていた。

○ドライブに出かけて会話が途切れると、何か喋らなきゃ!って
間髪いれずに、いろいろな話題をその都度相手に提供していた。

アナウンサーになる前からこうでした。私って・・・。
by mikikasai819 | 2005-11-18 10:31 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

眠れない夜を抱いて

私は日ごろから夜遅く朝遅い生活をしていたため(!)、
ヨーロッパに旅行したからって時差ボケなんてありえない、
とにかく寝まくれば解消される!と思っていました。

が・・・

眠れない・・・・

2時になっても
3時になっても
4時になっても
5時になっても・・・

こうなってくると朝が怖い・・・
変な時間に寝てしまうと逆に明日に支障が出る・・・・

イタリア旅行で学んだことといえば、
朝食を優雅にかつシンプルにかっこよくとること(笑)。
パン・カマンベールチーズ・ハム・紅茶・・・近くのスーパーで、即、買い揃えた(笑)。
(カタチから入る典型的人間)
初日が肝心。最初から寝坊してしまっては続かない(涙)。
(最初でコケるとやる気を失う典型的人間)
絶対絶対、明日のBreakfast(イタリア語ではcolazione)は実行するぞー!!
そのためにも早く寝なきゃ。

そう思うのに、睡魔が全くこない。

結局帰国した日と翌日は、ほとんど眠れませんでした。
まあ、そのおかげで朝食は目を血走らせながらも実行できました(笑)。

そして、昨日。
もちろん仕事はしましたよ。
速報!スポーツTVのナレーション、日経のセミナー司会、
途中、イタリア語学校にも行きましたから、3つの予定をちゃんと遂行いたしました。

寝ていないのであれば当然どこかで眠く・・・ならない!!!!!!

おかしいなぁ。
こうなると、これって時差ボケというのではないなぁ。
このまま一生寝ないのかな(そんなわけはありえない)。

そう思いながら、昨夜はお酒の力も借りてぐっすり。
気づけば10時半。あー、よく寝たー。
・・・って寝すぎです。

おや?colazioneは?

・・・・
 ・・・・
  ・・・・

そ、そういえば、余談ですが、
小さい頃は、眠れないと恐ろしくて、よく「眠れないー」と半べそをかきながら
テレビを楽しそうに見ている大人たち(両親・祖父母)の元へ駆け寄ったものでした。

すると母は「それじゃ、音楽かけてあげるね」とねじ巻きオルゴールをかけてくれました。
余計眠れませんでした(爆)。
だって、ねじ巻きだからそのうち音楽がだんだんゆっくりになってきてしまって
いつ止まるか考えたら・・・ねぇ(笑)。しかも音楽が悲しげで・・・。

祖母は「足の親指をマッサージすると眠れるよ」といいました。
祖母がやってくれると眠気が来るのですが、
布団に戻って自分でやると全くだめでした(爆)。

祖父は「大丈夫だよ大丈夫だよー」とニコニコするだけ。
おじいちゃーん(涙)。助けてー。

そして父も「大丈夫」と。しかし、その次の一言。
「眠れないなら起きてればいい。一晩くらいじゃ死なないから」。

子供に対してこの対応、すごい・・・(笑)。
でも、確かに安心したことを覚えています。

ちなみに、本日のタイトルは懐かしいZARDの歌です。
(ありましたよね、こういう曲?)

さーて、今日こそ旅行記をアップさせたいなー。
(眠れなかったなら深夜書けばよかった!?)
by mikikasai819 | 2005-11-17 11:35 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20
礼佳さん、そうですね、今..
by mikikasai819 at 15:19
かずにょぃさん、めぐり逢..
by mikikasai819 at 15:18

LINK

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月