ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

<   2005年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

再び、今、読書好きに

本を読むのは好きですか?
私は大好きです。もちろん、本のジャンルにもよりますけどね。
幼稚園の頃から図書館によく行っては、本を読んでいました。
小学校のときは、課題図書をとにかく読みまくっていました。
時間が足りなくて、就寝後に暗い中でも本を読んでいて目を悪くしたくらい。
でもそれから先は、どうしても他のことが忙しく、本から離れていました。
そういうわけで厳密には、再び、今、読書が好きです。
今日もスタッフから借りた「フライ・ダディ・フライ」を読み終えて、爽快感です。

再び読書好きになったキッカケは、FM群馬をやめた次の年(2003年)、
自分らしさを見つけられず家に引きこもり?気味だった私が、
「新潮文庫 夏の100選」という冊子を手にしたことです。
よく書店においてありますよね。
これを、時間がある今、全て読んでしまおう、しかもこの夏のうちに!と
調子に乗って毎日、書店や図書館に通い、とうとう制覇したのでした。

夏目漱石・芥川龍之介などは、昔、無理矢理読まされた記憶があるなぁ、
なーんて思っていたら改めてすばらしい作品だと感激したり。
宮部みゆき・重松清・小池真理子などあまりにも有名なのにノータッチだった
現代の作家たち・・・ハマリましたね。
もちろん、100冊の中には正直、面白くないものもありました。
でも、目を通したことで大きな達成感がありました。

ちなみに私の特徴としては、速読魔なのです。
とにかく、読むのが速い。小さい頃からそうだったようです。
以前、母が言っていました。
「同級生のOくんがね、あなたがあまりに私が速く読み終わっているので、
どうせちゃんと理解していないんだろう・・・って思ってね、
『お前さぁ、あらすじ言ってみろよ!』ってみんなの前で追求したことがあったのよ」。
そうなんだぁ(苦笑)。そりゃそうだろうな・・・。
我ながら速すぎると思うことがありますから。
でも、ラッキーなのは、まんが喫茶などに行ったとき。
1時間で何冊読めるかな・・・相当お得です(笑)。
あと、文庫本などは絶対電車の往復の間で読み終えてしまいますね。

そんな中で、先日、どうしても移動のときに本が読みたくて、
でも近くに書店がなくて、思い切って駅のKIOSKに駆け込んでしまいました。
並んでいる文庫本のタイトルは・・・とみると、サスペンス系か官能系ばっかり。
その中で唯一私を呼んでいたのは「ハッピーバースデー 新井素子」。

あらいもとこ・・。このとき、一気に懐かしさがよみがえったのです。

中学の国語の授業で文法を教えていたO先生(女性)が、
当時13歳の私に(厳密にはクラスのみんなに)、読書を薦めていました。
先生方のパターンは2つ。
①ありきたりの推薦本リストを作る
②「いろいろ読みましょう」などとオブラートに包んで具体的な1冊を教えてくれない
どちらかのことが多かったのですが、
そのO先生は
「私が好きなのは新井素子の『ひとめあなたに』という本です。読んでみてね」
といいました。
あまりに目を輝かせながら言うものだから、すごく気になったのです。

ひとめあなたに・・。恋愛小説かな。ちょっと読んでみようかな。

私は、その日のうちに書店に行き
(図書館ではなくこのときはなぜかおこづかいで買おうと思った)
文庫本を買いました。でも、予想以上に分厚くて驚きました。

内容は、巨大隕石が地球に激突しまもなく人類は絶滅するというニュースの中、
東京から鎌倉まで歩いて恋人に会いに行く主人公の話。
その間にさまざまな人間模様に遭遇していくんですけどね。
13歳の私にはちょっと心理描写が難しかった。大人の世界でしたね。
人が狂っていく気味悪いシーンばかり印象的だったし。
でも、むさぼるように読み進めた結果、
最終的にものすごく印象に残る1冊となりました。
それ以来、彼女の他の本は手にしていなかった私。
あえて「ひとめあなたに」だけで新井素子の世界を完成させたかったのかもしれません。
(彼女のファンにとってはお叱りを受けること間違いないのですが)

そこへ、KIOSKでの再会。

窮屈そうに並んでいる吊り下げ式の本棚から1冊抜き出して
(途中、となりの官能小説らしきタイトルの本が飛び出してきてあせったけど)
カバーをかけてもらい、電車に乗り込みました。

数分後。

・・・これは、面白すぎる。文庫になっているということは、
ハードカバーではだいぶ前に出たのでしょうけど、
この巡りあいに感謝!という気分でした。
読んでいる途中で電車を降りるのが苦痛でしたからね。
心拍数もかなり上がっていました。
13歳のときと29歳の今では感じ方も全く違うでしょうが、
新井素子ワールドにどっぷり浸からせていただきました。
そして、今日、雑然とした私の家で、
「ひとめあなたに」の文庫本がちゃんと保存されているのを確認しました。
これは捨てないぞ!(笑)

それにしてもO先生、お元気かなぁ。
あなたのあの一言がこうしてブログに書かれるとは思ってもいないことでしょう。
おそらく、私のことも覚えていないはずですが。

明日から10月。忙しい中でも、本を読む楽しみはなくしたくないなぁと思います。
(あれ?キッチンの隅に、勢いで買ったお弁当の本が転がっていますが・・・(汗)、
気にしない気にしない!!)
by mikikasai819 | 2005-09-30 16:45 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(3)

阪神優勝

その瞬間、私は中野ZEROホールで別の仕事をしていました。
奇しくも、自分の携わっている速報スポーツTVでチェックしようという・・
(でも、なぜか文字化けしていて見られなかった)

阪神、2年前ほどではないにしても、
やはり優勝となると関西は大盛り上がりでしょう。
巨人、結局意地を見せられなかったし・・・全く・・・(涙)。

ただ、ウィニングボールを誰が取るのかなーって気になっていました。
事前のネット記事で、みんなで密かに競い合っているという話が載っていて(笑)。
当然、キャッチャーの矢野か、ファーストのシーツが可能性が高い。
でも、外野の金本も虎視眈々と狙っているという・・・
そうしたら見事に最後はアニキ金本だったみたいで。
(今、プロ野球ニュースで見た)
そういう背景を知っていると、取った瞬間の笑顔の裏の気持ちが
さらにわかってしまって面白かったです。

岡田監督、胴上げ気持ちよさそうだったなー。
先日の田尾監督(解任)の胴上げは切なくて涙が出そうになりましたけど。

とりあえず、野球も大詰め。
セリーグは阪神。パリーグはソフトバンクかロッテか・・・もしや西武!?
泣いても笑っても1ヵ月後は日本シリーズも終わり・・・
よーし、涼しさにしんみりしてる場合じゃないぞ!!
by mikikasai819 | 2005-09-29 23:57 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

うどん。ずし。

昨日の仕事のことを書き記しておこうと思います。
まず、うどん。
これは、うどんをご自宅で作ってみませんか?という、
日清製粉のWebサイトに掲載予定の映像ナレーションです。
ディレクター陣が事前にうどんを粉から作り上げる工程を画像で録り、
それに合わせてコメントを入れていきます。
ですから、テレビのように、
私がアシスタントになって料理研究家の先生と一緒にうどんを打つわけではないです。
不器用な私には到底無理なお話・・・(涙)。
でも、案外原稿を読んでみると、楽しく簡単に出来そうな気がしましたよ!
混ぜて、こねて、ねかせて、のばして、切って・・・。
ま、まぁ根気は確かにいりますね(笑)。
ひとりよりも、家族みんなでやってみるのがいいかも。
アップされる日が決まったらお知らせします。

さて、この仕事がおわって、うどんのあとは「ずし」!
食べ物ばっかり~!と思った方、寿司ではありません。濁点があるでしょう?

ずし=逗子。(紛らわしい!)

そう、この日は神奈川県逗子市で
日本経済新聞のマネー入門セミナー司会のお仕事もあったので、私的にはダブルヘッダー。
逗子。鎌倉の先。初めて降ります。ドキドキ。旅気分。(新しい場所大好き!)
しかも、ゆっくり台本を読み込みたかったのもあり、湘南新宿ラインのグリーン車で移動。
周りはスーツ姿のサラリーマン。私も今日はスーツでデキル女風(自己満足)。

さて、私の高ぶる気持ちはこのくらいにして(苦笑)、
今回のセミナーは個人的にも非常に興味のあるものでした。
ファイナンシャルプランナーの方が、
マネーの知識や資産運用法を身につけるための日経の読み方を伝授してくださるんです。
普段、1面と3面と社会面・スポーツ面しか主に見ない私にとっては、
あの真ん中の数字だらけの場所(投資・財務、マーケット面)に一歩踏み入れるのは
ある意味ドキドキです。数学も嫌いだし。(関係ない!?)
でも、説明を受けながら見てみると、身近に感じられるから不思議です。
「新発10年国債利回り」とか「株価収益率(PER)」とか、
絶対私ひとりでは分からなかった単語ですもの。
会場の後ろで聴講して、ちょっとやる気になった司会者でした(笑)。
(でも、すぐ忘れてしまうんですよね、これが。)

そうして余韻に浸りながら、逗子始発の電車で帰って参りました。
逗子駅のロータリーにスーツ姿でふと立ち止まったとき、
涼しい夜を感じて、秋だなぁと思いました・・・。
by mikikasai819 | 2005-09-27 16:01 | はたらき(お仕事) | Comments(3)

今年の汚れ今年のうちに!(年末によく聞く某CM)のように、
今日の出来事今日のうちに!と行きたいのですが、
時間に追われどうしても日付が変わってしまい、ちょっと悲しい思いをしたりします。
でも、これで落ち込んだりすると、長続きしなかったりするので、
マイペースマイペース。
ところでマイペースって私の場合どのくらいだろう・・・。
以上、独り言でした。

※早めに、昨日の仕事の話を書きたいなぁ。盛りだくさんだったので♪
何回かに分けて書こうかなぁ。(書き始めると止まらないブラインドタッチ・・・。)
by mikikasai819 | 2005-09-27 12:59 | やるき(決意・反省など) | Comments(0)

物を捨てるということ

小学校のときのMY通知表。
責任感がある・・・A 積極性がある・・・A 
協調性がある・・・A  忘れ物をしない・・・A 整理整頓ができる・・・C
先生の言葉・・・机の周りを個人の荷物で埋め尽くすと、
          みんなの通路がふさがれてしまいます。片付けましょう。


中学校のときのMY通知表。
先生の所見欄・・・掃除のときはしっかりほうきを動かしましょう。
           しゃべっていてもきれいにはなりません。


この文章はノンフィクションです。
・・・私って・・・何者・・・?(泣)
特に中学の通知表、最低!(苦笑)。

というわけで、本日は、部屋の掃除ができなくてイライラしている私のお話。
掃除機を新しく買って、しっかりやっています。
やっていますが、片付けても片付けてもすぐ汚くなってしまうのです。
ADDではないかと本気で悩みました。
(片付けられない女たちという本を読んで、自分ではそう思ったのですが、
親は「ただのズボラだ」というのですよね・・・)
これだけやる気があるのに、きれいにならないのはなぜだろう。
今日、友達と話をしていて、
おそらく「物を捨てられない人間だからなのだ」ということを確信しました。

・・・確かに捨てられません。
ものすごいお宝がたくさん眠っています。
小学校のときの身体測定表、学芸会の台本、社会科見学のしおりまで!
中学校のときの合唱コンクールの楽譜、夏休みの日記、陸上競技大会のはちまき!
(このはちまきは、好きだった男の子と交換したものです。
こういう伝統が私の中学にはあったのでした。だからって、まだとってある私って・・・)
高校のときの放送部の企画書(殴り書き)、謝恩会の進行表、ダンスで使った扇子。
大学のときの絶対読み返さないノート、誰かのノートのコピー。
FM群馬時代の台本・放送テープ・リスナーからの手紙はもちろんすべて!!
ちなみに、学生時代の友達との手紙(ノートの切れ端も)もすべて!
年賀状も年代ごと。
昔からのビデオも大量に!!どこに何が入っているのか不明。
写真も山のよう。旅行先のパンフレット、いくつあるだろう。
極めつけは、携帯電話。もう使わなくなった古い機種が何台あるでしょう。
とっておいても使えないのに・・・。
みんなに「さすがに携帯は理解できない!」といわれます。

上記のものをちゃんとまとめて整理して取っておけばいいのかもしれませんが、
整理整頓・・・Cの私ですから。はい。

これではいかん!!!

もしかしたら使うかもしれない。
一応とっておこう。
こういう言葉は厳禁!!ということはわかっているのですが、
どうしても、勇気がありません。
いろいろな思い出がよみがえってきてしまうのです。

こうなったら絶対これは捨てられない!というものを決めて
それ以外は捨てるようにしようかな。
絶対!のものは、やはり手紙・写真ですね。宝物です。
ラジオ時代、「私は皆さんから頂いたメッセージを一生とっておいて
棺に入れてもらいます」ってずっと言っていたくらいだし(笑)。

よし!それ以外は片付ける!!

・・・でもなぁ。まとめて捨てるのは次に引っ越すときにしようかな。
(かなり消極的)

こうして、片付けても片付けてもすっきりしない乱雑な部屋と
にらめっこする日々なのです。

「わかってる いつか絶対 捨ててやる! 
                そう決意して また明日になる・・・」
by mikikasai819 | 2005-09-25 21:40 | やるき(決意・反省など) | Comments(5)

イタリア行きの航空券を申し込むべく、旅行会社に問い合わせました。
あっ、もちろん日本の会社にですから日本語で(苦笑)。
ここで、2つの会社の対応の違いを、会話形式で記します。

A社の対応。
私:「すみません、HPを拝見してお電話しているのですが、
問い合わせコード番号を申し上げたほうがよろしいですか?」
相手:「とにかく!ご用件は何でしょうか」
 開始早々から閉口。

(中略)

私:「全部でおいくらになりますか」
相手:「HPの金額に、プラス20000円から25000円ってところですね。」
 なんとあいまい・・・

(中略)

私:「2人で並んでの席をお願いしたいのですが」
相手:「あー、そういったお約束は全くできません。(キッパリ)」
 格安航空券だからそりゃそうでしょうけど・・・念のため聞いてみたらこの対応・・・

続いて、B社の対応。
私:「すみません、HPを拝見してお電話したのですが」
相手:「はい、ありがとうございます!
それでは、ご希望の行き先と日程を順にお答えいただけますか」
 最初の“ありがとう”が、気持ちをホッとさせてくれました。

(中略)

私:「諸費用はどのくらい掛かりますか」
相手:「成田と現地の空港税・燃油料金・・あっ、これは
最近は必須になってしまっていまして・・
あとは、飛行機の機体にかかる保険料ですね。
細かく申し上げますと、成田の空港税が2040円・・・(続く)」
 なんと全部調べて分かりやすく説明してくれました!

(中略)

私:「2人で並んでの席をお願いしたいのですが」
相手:「そうですよね。確約は出来かねますが、
お客様のご要望は必ず航空会社に伝えますね。」
 ・・文句なし。感激。

この2つの会社の航空券の値段はほぼ同じでした。
むしろ、A社の方がお値打ち価格でした。
でも、絶対高くてもB社の方が安心だし、
気持ちよく飛行機に乗れると確信しました。
ちなみに、B社はその後電話してみても、
いつも誰でも同じようなハイレベルで対応してくれました。

電話の対応というのは顔が見えない分、しゃべり方・声のトーンで決まります。
そして、何よりもハート。
派遣会社でお仕事の情報を発信していた時、
噛み砕いて説明していくと、相手の不安そうな声が変わる瞬間がありました。
笑顔が見えてくるようで、そこから心を開いてもっとお話ができたものでした。
そして、もっともっと優しい気持ちになれたものでした。

ラジオのときも、顔が見えない分、どれだけ気持ちをこめられるかが勝負。
不安な気持ちや偽った気持ちは聞いている人に伝わります。
もちろん、今の野球速報の仕事だってそう。
たかが携帯からの音声と思われがちですが、
ただ単純に結果を読みあげるのと、
試合展開を楽しみにしているユーザーを思い浮かべながら伝えるのとでは
絶対違う!と私は信じて今日もマイクの前に座っています。
(ちなみに本日のタイトルは、そういう気持ちをこめてつけました。
分かる人には分かる、私の好きなアーティスト「永井真理子」の歌の一部です。
・・・って明らかにマニアックでした。すみません。)

それにしても、旅行会社は普通の会社以上にサービスが大事!だと思うのですけどねー。
電話応対、最重要ですよー!!!A社さん!!!
by mikikasai819 | 2005-09-22 17:00 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

9月も下旬に入り、だんだん涼しくなってきました。
今日も午前中、「必死に」部屋を掃除して汗ばんだこともあってか、
ああ、やっぱりまだまだ暑いなーなんて思っていましたが、
午後になって出かけようと玄関のドアを開けると、ひんやりした感じが!
「もしや、家の中より外の方が涼しい!?」
・・・これからは窓を開けることにします。

それにしても、季節も秋に移り行き、プロ野球も大詰め。
何事も終わりが近づくと感傷的になるもので、だんだん淋しくなってきました。
シーズンが終わるのも、今年限りでユニフォームを脱ぐ選手がいるのも、
もちろん自分自身の野球速報の仕事が終わるのも・・・全て淋しい・・・。
頭の中に、勝手なイメージで「蛍の光」が流れてきた・・・(苦笑)。
淋しいぃぃぃぃ!!!
でも、秋は色々新しいことが出来そうな予感。
読書の秋!スポーツの秋!食欲の秋!←食べすぎ厳禁!!
季節の変わり目、せっかくだから楽しみたいと思います。
by mikikasai819 | 2005-09-21 20:05 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

ペンを置いてから時間が経ちすぎてしまいましたね(苦笑)。

土曜日、大学時代のゼミ仲間の結婚式2次会に参加してきました。
今回は、司会などの担当もなく、久々に一般出席者です。
横浜・みなとみらいの夜景がバッチリ見られる最高のロケーションで、
新郎新婦はとても幸せそうでした。

途中、各時代の写真をみながらの友人スピーチタイムがありました。
会場のつくりもあったかもしれませんけど、
なかなか出席者がスピーチに集中せず、思い思いに語り合っていて、
もうちょっとみんな聞いてあげればいいのになー・・・と思いながら、
私たちグループは新郎新婦の目の前に陣取ってじっくり聞いていました。
途中、新郎自らが「ほら、ちょっとー、もう少し話聞いてよー!」と
遠くの人たちに声をかけていましたね。
そして、スピーチが終わってしばらくすると、私たちのところに来て
「本当にゼミのみんなは常識あるよ。
ちゃんと聞いてくれていて助かったし。ありがとう」とお礼を言うではありませんか。
本当に、このように気を遣わせないようにしなくてはいけませんよね・・・。
でも、自分が主役なのに
冷静に雰囲気を読み取っていた新郎を素直に尊敬しました。
みんなにうらやましがられる家庭を作りたいというそのコトバが実行されることを
確信しましたよ、Cくん!おめでとう。

※ゼミの仲間とは多方面にわたる内容で語りあったのですが、
そんな中、学生時代の授業内容や先生を覚えているかという話になりました。
すると、かすかな記憶から、語学の先生の名前を思い出して盛り上がったり、
ほとんど読むことのなかった教科書、出欠チェックがキツかった授業、
クラスメイトの話、ゼミ合宿でのあんなことやこんなこと・・・などなど
笑いが絶えませんでした。
こういうときは、私の誠にくだらない記憶力がムードメーカーとなり、大活躍♪(苦笑)
みなさんは、学生時代の担任・先輩・イベント・・・
どのくらい細かいことまで覚えていますか?
by mikikasai819 | 2005-09-20 20:33 | けっこんしき(結婚あれこれ) | Comments(0)

カテゴリーの中で、「けっこんしき」というものを何も書いていませんでしたね。

私はこれまで結婚式の司会を数多く経験してきました。
実績何百組!!という結婚披露宴専属司会のプロとは異なり、
あくまで友人か、そのまた友人くらいまでの範囲ですが、
おかげさまで多くの友人・知人がいる私にとっては、
普通に出席するはずのところを司会で・・・ということが多かったため、
幸せな瞬間に立ち会えて、お役にも立てて、一石二鳥といったところです。

「プロの司会だと、何より安心。どんな状況でも臨機応変に進行してくれる。
でも、なかなか打ち合わせできなかったり、
細かいニュアンスが伝わりづらかったり、よそよそしさも拭えない不安がある。
友達が司会だと、準備の段階でいっぱい相談できるし、変更もできるし、
2人のプロフィールも恥ずかしがらずに話せる。
でも、緊張させたり重荷にさせたら悪い。
そういう点では、「プロだけど友達」(友達だけどプロ)というのは
とても貴重な存在だよ」
・・友人のありがたいお言葉です。
(もちろん、全く知らない方の披露宴も経験しましたよ。
その時は、最初の打ち合わせで仲良くなってしまいますから問題なしです。)

実際、自分も結婚してみて、さらに、披露宴の有効な組み立て方が見えてきました。
あれもこれも取り入れたい、でもお金がかかる・・って誰もが悩むところを、
かけるところはかけて、節約するところはとことん節約するパターン。
といっても、一生に一度、初めてのことだから、どう進めていいのか
普通はさっぱり分からないですよね。会場に言われるがままやっていくと、
気付けば膨大な金額・・・結婚って何?と愕然としてしまいがち。
そんなカップルのために、近い将来、
カウンセリングアドバイスできるような分野を開拓したいなー。
(会場のブライダルコーディネーターっていう感じではなくて、一組一組ごとに)
あっ、一生に一度だからという概念を捨てて、
このお金で旅行もいける、このお金で家具も買えるって考えると、
楽しみの幅がものすごく広がるんですよ♪
(ですから、司会者のお金もうまく節約できるポイント。よーく考えましょう。)
でも、譲れないところは、絶対絶対あきらめずにお金をかけたほうがいいです。
(私がこだわったところは、写真。写真の枚数は相当の量でした。)

究極のところは、新郎新婦が納得できて、
その結果ゲストも満足できる時間を作り出すのが一番。
なんだかすごく抽象的な書き方ですがこれこそが重要なのだと思います!!

うわっ、力説してしまった。
本当は、昨日の友人の結婚式2次会について書くはずだったのに。
・・いったん、ペンをおきます。(ペン?)
by mikikasai819 | 2005-09-18 13:48 | けっこんしき(結婚あれこれ) | Comments(2)

キノコや土管の場所。

先日発売になった、ゲームボーイミクロを買ってしまいました(笑)。
ファミコンのコントローラーの形をしたコンパクトなゲーム機で
スーパーマリオができるのはかなりの興奮でございます。

このゲームにハマっていたのは小学校のとき。
友達の家によく行って遊んでました。
(みんな同じクラスのHさんの家に集まってたなー)
でも、いつもいつもお邪魔するのは悪いので、
そのうち、わが家でも購入しました(笑)。
あの時はなんと父も母も、そして祖母までスーパーマリオやってましたからね。
すごいことです。
祖母はコントローラーをいつもマリオの動きと一緒にあわせていました。
マリオが飛ぶときは一緒に体も動いているのです(笑)。
傍から見ていてかわいかったですね。
そうそう、さらに「ビーダッシュジャンプ」がどうしても覚えられなくて、
何度も穴に落ちてマリオを死なせてしまい、
その瞬間にいつも「ハラハラして心臓が痛い」というので
周りで心配したものです(苦笑)。

まあ、そんなだれでも楽しめるゲームだから、人気だったのでしょう。

さて、ゲームボーイミクロの性能のよさにドキドキしながらスイッチON。
・・・久しぶりに、スタート画面。
始まった!あの音楽が流れた!!!





・・・震えがきましたよ。これだこれだ!!

そして、1UPキノコの場所や、コインがgetできる土管などを
17年たった今も覚えていることに感動しました。
勉強のことはほとんど忘れてしまっていても、
ゲーム・音楽・本・・・そのとき好きだったものに関する記憶力は
我ながらすさまじいものがあります。

家でひたすら熱中していたら、主人から一言。
「そういうのって、外出先でできるようにコンパクトなんでしょ?」

なるほど。確かに。

・・・そういわれて、今日、悩みに悩んだ結果(!?)、
恥ずかしながらもおそるおそるゲームボーイミクロを取り出し
バスの中でマリオを操ってしまった、29歳の私。

・・・♪♪

ちょっと楽しかったです(笑)。
by mikikasai819 | 2005-09-16 23:29 | すき(純粋にすきなもの) | Comments(2)