カテゴリ:まちあるき(FM世田谷)( 123 )

このきなんのきまちあるき 第123回「や・・・山下」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
今回は「や」から始まる駅です。
(11月11日放送分)

1周目は八坂駅、2周目は山田駅。
どちらもマイナーな駅でした。
今回は、世田谷にある駅。
山下駅です。
e0039787_15381929.jpg

e0039787_16482123.jpg

東急世田谷線、住所でいうと世田谷区豪徳寺。
そう、この山下駅の数十メートル先に、小田急線の豪徳寺駅があります。
路線は違っても、乗り換えには非常に便利。
同じ名前でないのが不思議なほどです。
e0039787_1540265.jpg

なぜ山下という名前がついているのか、
調べてみたところ、この場所は松沢村山下という地名だったそうです。
山というのは大渓山(だいけいざん)豪徳寺の山、その下という意味ととらえられています。

さて、あくまで山下駅のまちあるき。どのあたりを歩こうかと思ったところ、
山下商店街があります。
e0039787_15411397.jpg

北沢川緑道が並行して走っているので、
昔は川べりだったのですね。
お店をみていくと、新旧融合、ジャンル様々です。
小田急線の線路を隔てて豪徳寺駅の南が豪徳寺商店街、北が山下商店街。
そういう意味では1本のストリートでつながっていますので、
名前は「豪徳寺○○」というものが多く、
山下と名の付いたお店は見あたりませんでした。

今回ふらっと入ったお店「東肥軒(とうひけん)」は、昭和34年創業の和菓子屋さん。
山下商店街の真ん中あたり、招き猫のお菓子をたくさん扱っているお店です。
店頭にまで小さな招き猫がズラリ。私はチョコを買いました。
e0039787_15415832.jpg

今回のまちあるき、最初は「豪徳寺じゃなくて山下。山下駅に絞る」と思っていましたが、
そんな風にわざわざ分けることは邪道だったなと実際に歩けば歩くほど思わされました。
この2つの駅界隈が魅力的であることに間違いはありません。

ということで、まちあるき最後のランチは、
明らかに豪徳寺エリアでありますが、珍しい料理ということで足を運びました。

山下駅(豪徳寺駅)から歩いて5分、住宅街の中にある、南チロル料理のお店「三輪亭」です。
e0039787_1543910.jpg

e0039787_1542439.jpg

Cucina Tirolese。
南チロルというのはイタリアの北部に位置します。
イタリア好きの私としてははずせない、ということでこのお店をチョイスしました。
扉を開けるとすでにたくさんのお客様。ほとんどが女性のグループです。
お店の前にたくさんの自転車が停められており、どうやらほとんどが地元の方々のようです。
ランチは1100円の平日パスタランチから始まっていろんな種類がありました。
e0039787_15434110.jpg

私がセレクトしたのはAランチ1600円也。
まずは前菜盛り合わせ。前菜がぐるりと円を描いて少しずつ盛られています。
e0039787_15442840.jpg

うん、どれもおいしい!
常々思いますがコース料理においては最初に口に入る前菜がコース全体を左右すると思います。

続いてはパスタ。3種類から選べます。私がお願いしたのはこちら!
e0039787_15513518.jpg

最後にデザート。200円プラスすると南チロルのデザートになるということで注文。
まさに郷土料理。おふくろ、いやイタリア語でマンマの味でしょうか。
このお店ならではのスイーツ、おいしくいただきました。
でも隣の人が食べていたデザート盛り合わせも捨てがたいな…。
e0039787_1552864.jpg

周りを見渡せばみな優雅にランチ。
東京のいろんな所にある駅をめぐるまちあるきですが、
たまに世田谷の駅を選ぶと、こういうお店に入ったときなどに、
世田谷ならではの豊かな雰囲気を感じられます。
間違いなく世田谷である、山下駅のまちあるきでした。

それではいつものように頭文字です。

・・・やっぱり近い2つの駅
・・・招き猫の和菓子たち
・・・静かな北沢川緑道
・・・食べてみようチロル料理

☆ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆北沢川緑道、落ち着くわー。ゆっくりゆっくり歩きました。
e0039787_16391075.jpg


☆山下駅、もう片方の改札は出るとすぐ商店。歴史あります。
e0039787_1640754.jpg

e0039787_16402847.jpg

e0039787_1641573.jpg


☆あっ、つるかめだ!
e0039787_16412438.jpg


☆おもちゃ屋さんがあって、思わずどんなものがあるのか覗き込んでしまいました!
e0039787_16415544.jpg

e0039787_1642675.jpg


☆ユリの木公園、せたがや百景に選ばれています。
e0039787_1643363.jpg

e0039787_16434497.jpg


☆結局のところ、山下と豪徳寺、どうやって使い分けるのだろうと思ったら、
このお店はこういう風に案内していました(笑)。
e0039787_16464042.jpg


↑↑↑

次は「ゆ」です。
by mikikasai819 | 2011-12-23 16:47 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(0)

このきなんのきまちあるき 第122回「も・・・百草園」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
「も」から始まる駅です。
(11月4日放送分)
1周めは森下駅。2周めは門前仲町駅。
どちらも下町でしたが、今回は一気に西へ。
京王線の百草園駅です。住所でいうと日野市です。
e0039787_1114771.jpg

聖蹟桜ヶ丘と高幡不動という2つの駅に囲まれた、各駅停車しか停まらない小さな駅です。
駅前はすぐに道。コンビニやスーパーこそありますが、特に何かあるというわけでは・・・(汗)。
e0039787_1122484.jpg

e0039787_11201868.jpg

そんな百草園駅の特徴は百草園があること(笑)。
駅から10分ほど歩きます。
e0039787_1132834.jpg

多摩丘陵の一角にあるので、丘です。というか山です。
非常にきつい坂を上っていくため、大変です。
e0039787_1135016.jpg

正直、途中で息が切れます。
e0039787_1141987.jpg

でも、あとひといきなんていう看板もいい具合にあって、よし!という気持ちになりました。
e0039787_1125216.jpg

e0039787_1144086.jpg

百草園、梅の名所です。
梅の開花の時期には、50種500本の梅で埋めつくされます(しゃれ?)
色々な名前がありますねぇ・・・
e0039787_116159.jpg

e0039787_1163968.jpg

e0039787_117233.jpg

もちろん、梅以外にも、季節ごとにいろいろな花が咲き、鳥がさえずります。
e0039787_1173414.jpg

私は2年前、ちょうど紅葉の時期に訪れたのですが、まあ、すごい人の数で、
その分、もちろん紅葉も素晴らしくて。
11月初旬じゃまだ早いだろうとは思っていましたが、案の定早かった(笑)。

なんと、平日午前中だったからか、園内誰もいない。私だけの貸し切りです。

でも、紅葉がなくとも、その庭園のたたずまいだけで、
300円の入場料以上の価値があります。
入るとすぐまた石段があり、それを上っていきます。
e0039787_1181139.jpg

e0039787_1182732.jpg

手入れされた緑に囲まれて、本当に気持ちがいいですよ。
e0039787_1191355.jpg

e0039787_1195338.jpg

e0039787_119367.jpg
私が行ったのは11月1日火曜日の午前中。
9時開園とほぼ同時に入ったので、さっきも言いましたが、誰もいない、
そしてお天気は見事な青空。
実はこの百草園には標高140メートルの見晴台がありまして、
新宿副都心が非常にきれいに見えます。
ちょっとした遠足気分です。
e0039787_11103714.jpg

園内のスタッフの方と何人かお話をしたのですが、
みなさま一様に「スカイツリーも見えるんだよ」とおっしゃっていました。
最近の目玉商品!ですね(笑)。
e0039787_1111553.jpg

まあ、とにかく、2年前、お客さんでごった返していたのとは180度異なる雰囲気の百草園。
園内には松連庵(しょうれんあん)という茅葺き屋根の建物があります。
そば処として使われているほか、茶会、歌会、句会などの場として貸し出しもされています。
e0039787_11115816.jpg

e0039787_11123661.jpg

e0039787_11125266.jpg

園内じっくり回ってもまだ11時にもならず、今からお蕎麦を食べるのも・・・と思って、
私が頼んだものは、あまさけ(笑)。
e0039787_11131360.jpg

200円という手頃さもよかったし、普段なかなか飲まないので、ぼーっとしてみようかなと。
アルコールは入っていませんよ。
米こうじのあまさけ。お店の人が温めてくれました。
「熱いから気をつけて」と言われたので、本当に気をつけながら紙コップを手にして、
店内ではなくあえて外へでました。

青空の下、遠くには都心のビル群、緑に囲まれてひとりでいただくあまさけは、
もう癒し効果抜群でした。
あまさけアイスというのもあったので、夏場などはいいのかも。
e0039787_11134883.jpg

帰る際は、受付のおじさまが「どうでしたか」と話しかけてくださいました。
そうですよね、私だけですもの。
しかも、自分で言うのもなんですが、私30台半ば女性が
なかなかひとりで行くような場所ではないため珍しかったのだと思います。
思ったままをお伝えしました。特にイベントのない時は、これはこれで味がありますねって。

百草園の紅葉、ライトアップもされますよ。
本当に本当に素晴らしい紅葉なので、是非、
急な坂道にへこたれずに訪れてみてください。

というわけで、百草園駅のまとめです。

・・・もうすぐ紅葉、そのまえに
・・・ぐるっと自然に囲まれて
・・・さっぱりしたあまさけ片手に
えん・・・遠方の景色で癒される

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆駅の写真を家で主人に見せたら「えー、これ百草園?」と叫んでいました。
主人は学生時代百草園駅近くのアパートに住んでいたので、思い出の駅なのです。
何もないといえども、やはり確実に変わっている百草園駅です。
あ、でも、この歴史を感じるファミリーマートの看板、味わいありますよね。
e0039787_11165240.jpg


☆多摩ドライビングスクールっていう大きな教習所が駅前にありました。
ここも百草園駅の特記事項かな。
最近は託児も完備しているのですね。
e0039787_1118146.jpg


☆ビリヤード場がありました。久しぶりにやりたくなりました。
e0039787_11183515.jpg


☆「もぐ」っていう略し方、チョットかわいい。
e0039787_11193086.jpg


☆百草園の庭がきれいなのは、ちゃんと整えている方々のおかげ。お仕事お疲れ様です!
e0039787_11215279.jpg


☆この放送時はまだまだだった紅葉、すみません、Upが12月(涙)。
今、百草園に問い合わせたところ、12月2日現在、きれいに紅葉見られるそうです。
もう落ちているところもありますが、いちょうもきれいで、赤と黄色のコントラストを楽しめるそう。
間違いなくこの週末は見られるそうです!!!

↑↑↑

次は「や」から始まる駅です。
by mikikasai819 | 2011-12-02 11:27 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(2)

このきなんのきまちあるき 第121回「め・・・明大前」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
今回は「め」からはじまる駅です。
(10月28日放送分)

1周めは目白。2周めは目黒。
今回は、明大前です!
e0039787_044832.jpg

京王線、京王井の頭線です。住所は世田谷区!ちょっと歩けばすぐ杉並区。
便利な場所ですよね。
新宿からも渋谷からも電車で10分かかりません。
e0039787_0516100.jpg

明大前と言えば、名前のとおり、明治大学の最寄り駅。
甲州街道を歩道橋で渡った先、駅から徒歩5分、和泉キャンパスがあります。
e0039787_061251.jpg

e0039787_06405.jpg

そんな訳で、まあ、とにかく、学生が多い!
常に若者とすれ違っていた気がします。

とはいえ、私が歩きに行ったのは、この前の日曜日、23日。
日曜日は授業ないのでは?と思ったのですが、サークル活動や
何かの試験会場になったりして界隈には常に人が多いようです。

まあ、商店街を歩いてみても、お手頃なお店がたくさん!
学生のお財布には嬉しいですね。
ファーストフードやチェーン店なども充実しています。

そんな中、明大前と言えば、実は特徴的な食べ物屋さんのジャンルがあります。
まず、沖縄料理。
そして、もう一つは、お好み焼き。
この2つがよく目に入ってきます。
どちらも食べる訳にはいかないため、お好み焼きにいたしました。
とんぼ家という、広島風お好み焼き。

カウンターの前に大きな鉄板。そこでお店の人が焼いてくれます。
私は、肉玉そば入り700円を注文。スタンダードです。
ネギがたっぷり乗って、紅ショウガのアクセントも鮮やか、
鉄板に乗ったまま目の前に提供されるのであつあつです。
e0039787_075064.jpg

お味はもちろん、ここの人気の秘訣はどうやら「はらぺこサービス」なるもの。
なんと、麺をどれだけ食べても料金は変わらないというのです。
つまり、1玉でも、2玉でも、5玉でも、10 玉でも、
どれだけ量を増やしても同じ。
まさにはらペコさんには嬉しいですね。
もちろん、残してはいけません。
私は1玉で大満足。ビールセットにしてしまいました。
e0039787_082278.jpg

とんぼ家以外にも、人気のお好み焼き屋さんはたくさんあります。
明治大学の学生さんは、お好み焼き好きが多いかもしれませんね。

ところで、駅前のお話を最後に。
この駅は、改札前にロータリーがありません。
タクシーなど乗るには、ちょっと歩いて甲州街道まで出なくてはなりません。
e0039787_092531.jpg

駅前はちょっとした広場になっていて、
私が行ったこの前の日曜日、23日は、イベントが行われていました。

この明大前駅には、明大前ピースメーカーズという、全国初の民間交番があるんです!
以前このエリアの犯罪件数は23区内でもトップクラスでした。
そこで「自分の街は自分で守る!」と商店街が立ち上がり、
平成13年に全国初の民間交番を発足したのです。
ちょうど発足10年ということで、記念イベントが行われていたのでした。
e0039787_0102225.jpg

e0039787_0111915.jpg

それこそFM世田谷のテントがあって、「河西さん、今日はどうしたの?」と驚かれました。
私もこの偶然に驚きました(笑)。
e0039787_0114467.jpg


では、頭文字のまとめです。

・・・目に飛び込んでくるのは
・・・勢いある若者たち
・・・誰もが知ってるチェーン店にまぎれて
・・・いくつあるのか沖縄料理とお好み焼き屋
・・・満腹!満足!はらペコサービス
・・・駅の広場に全国初の民間交番

☆☆☆

明大前のまちあるきは我が友人K氏のお世話になりました。情報ありがとう!

次は「も」です。
by mikikasai819 | 2011-11-20 00:17 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(2)

このきなんのきまちあるき 第120回「む・・・武蔵新田」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
今回は「む」から始まる駅の名前です。
(10月21日放送分)

あ~わまで既に2周まわっているのですが、
1周めは武蔵小山、2周めは武蔵境
そう、武蔵○○が多いのです。
ということで、今回も例外なく武蔵がつく駅。
どこだと思いますか?

正解は、武蔵新田です。
東急多摩川線の駅、住所で言うと大田区矢口です。
e0039787_22465064.jpg

私は東急多摩川線自体あまり乗らなくて、以前「沼部」駅にまちあるきに行って以来。
初めて行く駅はワクワクです。
e0039787_22481583.jpg

武蔵新田、この新田というのは、新田神社が由来です。
駅から歩いて3分ほど、商店街の先にあります。
小さいけれどその分とても落ち着ける素敵な場所。
新田氏ゆかりの神社です。
新田義貞の子、新田義興が、多摩川で悲運の死を遂げ、
その御霊(みたま)を鎮めるために建てられた歴史ある神社です。
e0039787_22561377.jpg

あー、歴史は詳しくない!という方、ここで止めてはいけません。
この神社、かなり見所があるのです!

まず新田神社は破魔矢発祥の地なんですって。
江戸時代に活躍した蘭学者の平賀源内が参拝した際に、
境内の篠竹を使って、厄除開運・邪気退散の破魔矢「矢守」を作ったそうです。
実際、敷地内には矢守があります。
e0039787_225775.jpg

e0039787_22574767.jpg

それから、大きなご神木はパワースポット。
e0039787_22595577.jpg

樹齢700年のけやきの木、幹の途中で大きく裂けています。
雷や戦争などのせいだそうですが、そこから毎年春には緑の葉が生い茂るんですって。
このため、この木に触ると、健康長寿、病気治癒、若返りなどが
昔から言い伝えられているそうです。
e0039787_2342172.jpg

木のたもと・・・左側に小さな鳥居があって、一礼してからその鳥居をくぐって、
出来るだけ長く木に触れていると霊気を感じ取れるそう。
私は、だれも周りにいなかったことをいいことに5分くらいボーっとしてしまいました。
e0039787_2321641.jpg

e0039787_2333699.jpg

それから、力石。
これ、180~240kgあるそうですが、この石は、昔、
若者たちが力くらべに用いたものだそうで、敷地内に並べられています。
娯楽が少なかった時代には祭りの日、若者たちが大きな石を持ち上げて力を競い合い、
持ち上げた石に名前などを刻んで奉納したそうです。
e0039787_2351777.jpg


さらに、石といえば、「石の卓球台」。
これが作られたのは比較的最近、2007年に行われた
多摩川アートラインプロジェクトというイベント時に制作されたもの。
石で出来た卓球台がいきなり敷地内にあったら、目を奪われますよね。
e0039787_2362760.jpg

卓球の道具は社務所に道具があるので、貸してくださいといえば遊べるそうですよ。
ひとりでまちあるきしているとこういうときに残念(笑)。卓球やりたかった!

そんな新田神社。女性やカップルにも人気なんですって。
恋愛成就にもご利益(りやく)があると評判です。
ほら、新田の歴史がなくても楽しめるでしょう?(笑)

さて、昔なつかしの雰囲気がある武蔵新田商店街には、門=アーチが4つあります。
発展門、ふれ愛門、未来門、希望門。
e0039787_2382091.jpg

全体的にパン屋さんが近距離に多いように思いました。
e0039787_2311143.jpg

お酒の量り売りをしてくれるお店があったり、
e0039787_2394633.jpg

金魚屋さんがあったり。
e0039787_23122268.jpg

こんなところにこんなお店?と、決して華やかじゃないけど楽しくなります。

そんな中、ランチは「くくる」という沖縄料理店へ。
e0039787_2314181.jpg

武蔵新田情報がほぼ0(ゼロ)の中、在住の友人が教えてくれた、友人行きつけの店。
でもそれは夜のお話。昼は静まり返っていて、おや?って一瞬思ったけど、
中に入るともちろんちゃんと営業中。

ランチメニュー、この日はゴーヤーチャンプルー定食とソーキそばの2つ。
このゴーヤが見事。実に見事に薄くスライスしてありまして、食べやすい!
e0039787_23153064.jpg

ちなみにランチは、沖縄から食材が届いたら営業するそうです。
台風などのときは厳しいそうです。
でも、それって、すべて沖縄から仕入れているこだわりならではですよね。
ご主人はもともと和食の料理人だったそうです。
食べていたらサラリーマンの方が入ってきました。
「くくる」。次は友人と一緒に参加させてもらおうっと。

では、頭文字のまとめです。

・・・昔の歴史から
・・・最近のアート作品までも
・・・敷地内にはたくさんの見どころ
にっ・・・日中パン屋は大混雑
・・・たっぷりいただく沖縄料理

☆☆☆

次は「め」です。
by mikikasai819 | 2011-11-19 23:18 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(2)

このきなんのきまちあるき 第119回「み・・・三田」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
(10月14日放送分)

今回は「み」から始まる駅です。
1周目は三ノ輪橋、2周目は南大沢でした。

3周目となる今回は・・・三田駅です。
都営三田線と都営浅草線が走っています。住所でいうと港区芝。
e0039787_1415821.jpg

(この三田を事前に調べようとすると、
兵庫に同じ漢字で三田(さんだ)という場所があり、
そちらがたくさん出てきました。あとは、今だと「家政婦のミタ」とかね。笑)

三田(みた)といえば、学校が多いのがポイントです。
代表的なのは、慶應義塾大学。
e0039787_1423545.jpg

あとは、芝浦工業大学、戸板女子短大、
普連土学園、慶応女子高校、都立三田高校・・・

でも、THE学生街っていう感じではありません。
サラリーマンも多くいますし、大使館も多いのです。
イタリア・ハンガリー・ボツワナ・・・。
写真はイタリアの大使館。以前一度仕事で訪れたことがあります。
e0039787_143276.jpg

e0039787_1431543.jpg


三田駅、基本的には、JRの田町駅が近い!というかほぼ同じ駅といってもいいくらいです。

さて、今回、慶応の三田キャンパスまで歩いたのですが、
慶応通り振興会という商店街は、どれもこれも目移りするようなオシャレなお店がいっぱい!
e0039787_1435944.jpg

イタリアン、アジアン、和風、居酒屋、おふくろの味まで。
毎日来てたら毎日どこかに立ち寄ってしまいたくなるほど、
具体的に何がというわけではないけどオシャレでした。
e0039787_1443037.jpg

e0039787_1444624.jpg

また場所は異なりますが、三田というとラーメン二郎の本店。
行列のできるラーメン屋さんのひとつとして有名です。
e0039787_1451010.jpg

ニンニク増しとか野菜増し増しとか、言うんですよね。
私は別店舗で1度だけしか食べたことないけど、
ラーメン好きには欠かせない店、それがラーメン二郎だと思われます。

三田というと、有名な大企業の本社があります。
1つはNEC、2つめは三菱自動車、そして、もう1つは森永製菓です。
e0039787_1452824.jpg

e0039787_1455519.jpg

三田というよりは田町駅になってしまいますが、
本社ビル1階にあるアンジェロベーカリーカフェ森永。
アンジェロ・・・そうか、エンゼルだ!!
e0039787_146429.jpg

お店の中には、パンのランキングが貼ってあってかなり興味深い!!
e0039787_1472277.jpg

私が買ったのは次の通り。
e0039787_1482986.jpg

手前から、ランキング1位のクイニーアマン。140円。表面カリッと、中はふわっと。
2位のバジルドッグ。165円。
3位のじゃがボール。80円。じゃがいもをフライにして、まわりにコーンフレークがついている。
・・・って王道ばかり(笑)。一応、牛乳もつけてみた(笑)。

これらをすべて食べるのは大変だから、クイニーアマンだけ食べてあとは持ち帰り。
うん、バター風味の甘さ、懐かしい!美味しい!

店内は年期が入っていてオシャレなカフェではないけれど、
ビジネスマン多めの落ち着いた客層。
e0039787_14102815.jpg

何がうれしいって、コーヒー1杯おかわり無料。
レシートをレジに持って行って新しいコーヒーを足してもらえます。
スタンプを押してもらうとおかわりしたということです。
e0039787_14104263.jpg

1階はベーカリー&カフェ、2階にはダイニングバーもある森永です。

それでは、頭文字のまとめです。

・・・道の先には慶応義塾
・・・田町が近い、大使館もいっぱい

2文字じゃ伝えきれない!ということでもう1パターン(笑)。

・・・みんなが知ってる大企業
・・・たくさんのパンにキョロキョロしちゃう

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆慶応というと福澤諭吉。
学問のすすめにちなんだお菓子が売っていました。
e0039787_14115086.jpg

e0039787_1412313.jpg


☆三田の街からは東京タワーが見えます。
e0039787_14122432.jpg

時間帯によって見え方も異なりますね。
e0039787_14123861.jpg

おや、飲食店のディスプレイにも!
e0039787_1413979.jpg


☆個人的に慶応女子高校にはちょっとだけ思い出があります。
e0039787_14133131.jpg

中学2年生のとき、文化祭を見に来たことがあるのです。
もちろん、受験校として興味があったからですが、
その洗練された雰囲気に、完全にやられてしまいました。
いいなー、こういう高校生活を送りたい!と思いました。
大学にそのまま進める、のびのびと過ごせる、
グレーのスーツにハイソックスという独特な制服も魅力的でした。
まあ、高校最難関であり、受かる学力が自分にあるのかという大問題もありますし(爆)、
当時は「女子高はイヤだなー」と思っていて共学に行きたかったこと、
結果的に同じ受験日の別の学校が本命だったこと・・・などでやめましたが、
あのとき抱いた15歳のときの感動を思い出したのでした。
それ以来来ていなかったので20年ぶりだ。そう、この門だった。
e0039787_14134395.jpg


その後、私は結果的に別の女子高に進み、さらに慶応とは対極の大学に進むわけで、
人生は本当に分かりません(苦笑)。

↑↑↑

次は「む」です。1つ1つUpします。
by mikikasai819 | 2011-11-15 14:23 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(2)

このきなんのきまちあるき 第118回「ま・・・町屋」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んで
その駅の周りを歩く、かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
(10月7日放送。10月から放送時間帯が変わり、毎週に戻りました。)

あ~わまで既に2周終えて、3周目に突入しています。
今日は「ま」から始まる駅の名前。
1周目は町田
2周目は松原
そして今回は、町屋駅です。
東京メトロ千代田線、京成線、さらに都電荒川線。
荒川線にいたっては正式には町屋駅前という停留所ですけどね。
住所でいうとそんなわけで荒川区です。
e0039787_10585447.jpg


この駅、駅前には「センターまちや」という複合施設があります。
もともと3つの路線が使える便利な駅なのですが、木造の住宅や店舗が密集していて
駅前の商業地の特性が生かされていなかったのを解消するために作られました。
地上22階、地下2階。3階と4階には、ムーブ町屋という文化施設もあります。
ホールがあったりギャラリーがあったりします。
そのほか、ショッピングセンター「サンポップ町屋」。レストランも入っています。

さて、この駅でお伝えしたいのは2つ。
まず、先ほどもお伝えした都電荒川線。東京都内に残っている路面電車ですが、
利用者が本当に多い!そして、町屋駅を利用している方の大半がご年配の方。
私も町屋から都電に乗ることがあるのですが、まあ、たとえ席が空いていても座りません。
すぐに譲ることになるのが分かっているからです。
e0039787_1112988.jpg

この町屋駅前、なんと、踏切に遮断機も警報機もありません。
e0039787_1111529.jpg

その代わり、電車が近づくと、次のようなアナウンスが鳴り響きます。

「電車がきます。電車がきます。」

・・・ってちょっと怖い暗い声で連呼されて、
それで皆さん、ちゃんと都電が近づいてくることを目で確認して、いったん停止します。
私が町屋に行った日は、このアナウンスに気づかずそのまま線路内に入ろうとしている
おばあちゃんがいて、周りの歩行者に「危ないよ」と止められていました。
まあ、こういう方はまれで、地域の方はちゃんとストップします。
是非、あなたも町屋駅に行く機会があったら
この無機質な「電車がきます」を是非聞いて欲しい。あー、録音してくればよかった!

さて、町屋まちあるき、もう1つお伝えしたいのは、カフェです。
カフェはカフェでも、名前がユニーク。「鈴木製作所」って言います。
e0039787_1124164.jpg

駅から徒歩5分ほど。住宅街の中にあります。
小学校の敷地の隣。
確かに、この界隈は製作所と名のつくところが多いですが、
外観はおしゃれなかわいい感じの白。
e0039787_1125928.jpg

中に1歩入ると、ウッディな茶色。
e0039787_1132110.jpg

本棚に色々な本が並べられています。
e0039787_1133766.jpg

地元の方が集うんだろうなというような温かさ。
実際、私が行ったときは、男性が1人、
自分のパソコンを広げながらかなり長居されている様子で、
もう1組は女性2人、写真を取りながらカフェの感想を言い合っていました。
e0039787_114043.jpg

私は14時半に到着したのですが、どうやらランチがちょうど終わったところのよう。
「もう、だめですかねぇ」といったら「大丈夫ですよ」と臨機応変な対応。ありがたい!
カレーランチを頼みました。
e0039787_1142446.jpg

この自家製カレーはおいしかった!
そのほかにもシチューなどがあるようで、試してみたいです。
残念だったのは、コーヒーが先に出てきたところ。
e0039787_1143831.jpg

食べ終わったあとに淹れたてのコーヒーが理想なんだけど・・・残念。
でも、さっきも言ったように、ランチを提供してもらったのだからよしとするか!

鈴木製作所、ケーキもとてもおいしそう。
町屋、用がなければなかなか行かない場所ですが、
こういう隠れ家的カフェ好きな方は絶対いるはず!
素敵な空間を味わってみてください。

では、頭文字のまとめです。

・・・満員電車!荒川線
・・・ちょっと怖いよ「電車がきます」
・・・屋号は「製作所」だけどカフェ

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆町屋といいますと、町屋斎場があります。
決して訪れたい場所ではありませんよね・・・。でも、必要な場所でもあります。
近くには、関連するものの看板が。
今や、「どっとこむ」はここまできているのか。しかし、確かに記憶に残る・・・。
e0039787_1195572.jpg


☆この日、私は町屋駅で、デジカメを落としてしまいました。
手を滑らせてしまい、あっ!と思ったときには壊れてしまっていて・・・。
そんなわけでいつもより写真が極端に少ないです。
すみません。
でも、最後に撮影した写真は、これ。なんだか味がある看板♪
e0039787_1163931.jpg


☆本編で話した「電車がきます」のアナウンスですが、
You tubeにありました!
町屋にはよく降り立つ用事があるので、
以前から主人に真似をして聞かせていたのですが(笑)、
「これだよこれだよ!」と見せたら「うわー、インパクトあるねぇ」と驚いていました。


↑↑↑

デジカメはその後奇跡的に復活いたしました!今でも信じられません。

次は「み」から始まる駅です。
by mikikasai819 | 2011-11-11 11:23 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(4)

このきなんのきまちあるき 第117回「ほ・・・方南町」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
(9月30日放送分)

「へ」から始まる駅名は「平和台」と「平和島」のみ。
すでに歩いてしまったので、今回は「ほ」から始まる駅です。

1周目は本駒込。2周目は本郷三丁目

今回は、方南町駅。
e0039787_926212.jpg

住所でいうと杉並区。でも中野区もすぐそばです。
丸の内線の支線の駅ですね。
中野坂上から荻窪行きと方南町行きに分かれています。3両編成の折り返し電車。
久しぶりに乗りました。以前まちあるきで降りた「中野新橋」以来。
e0039787_9304681.jpg

それにしても方南町は便利ですね。新宿にもアクセスいいし、お買い物も便利。
マンションやアパートも増えてきたからか、飲食店も豊富です。
方南町駅には友人知人がおりまして、事前に情報をもらったのです。

はずせないのは「そばたい焼きと丸栄ベーカリー」と言われました。
そばたい焼きは、ちょうど歩きに行ったとき(月曜日)にシャッターが閉まっていて、
どうやら定休日だったみたい。残念。
e0039787_9354973.jpg

丸栄ベーカリーは、ハチミツとクローバーというマンガにでてくるお店らしく、
とっても素朴ないい雰囲気でした。
気さくなおばちゃんが出迎えてくれましたよ。
e0039787_937338.jpg

ショーケース委は昔懐かしのパンが勢ぞろい。
e0039787_938646.jpg

たまごパンは、ホントに、ドッグにたまごを詰めたシンプルなもの。100円。
やきそばパンも100円。とんかつパン、170円。
今でこそおしゃれなパンはたくさんありますが、
丸栄さんのはホッとする懐かしさがありました。
グラタンパンも買ったのですが、何の変哲もないマヨネーズが、これまた味わいありました。
e0039787_9421540.jpg

さて、この方南町でどこでランチをしようかと歩いていたら、窓のところにラクダが!
e0039787_9464159.jpg

本物じゃないですけど、存在感あります。
葡萄房byCAMELというお店です。
e0039787_948922.jpg

e0039787_9484287.jpg

e0039787_9535935.jpg

ここのランチは、たくさんある前菜から3つ選んで、
それにパンをつけてランチにできるというものでした。
迷って迷って・・・結局決められず(爆)。

困っていたら、パスタのメニューにとても秋らしいものが。

「さんまとマイタケのぺぺロンチーノ」
秋でしょ!ということで、前菜3種ランチはまたの機会に。
e0039787_9512372.jpg


方南町駅周辺の商店街は活気があります。
方南通り沿いはアーケード、方南中央通りにはサタデー会。
e0039787_9584524.jpg

方南町の特徴は駅を降りて地上に上がるとすぐ道。
e0039787_958950.jpg

まあ、地下鉄の駅ですし、当然ですけど(苦笑)、
2番出口には結構存在感のある立ち食い蕎麦屋さんがありました。
e0039787_9562974.jpg

1番出口は環七と方南通りの交差点です。
e0039787_12191275.jpg

ここ、驚きました。
スクランブル交差点じゃないのに、みんな斜めに渡っているのです。
e0039787_1015326.jpg

e0039787_1022240.jpg

全方向、車は止まっているから問題ないのですが、
このまちあるきの日はちょうど交通安全運動中で、警備の方もいたし、
テントも設置されていたのにですよ(笑)。
e0039787_1032887.jpg


最後に、方南町で見つけたもの、それは釜寺です。
正式名称は東運寺。
e0039787_1202662.jpg

どうして釜寺かというと、ほら、屋根の上にお釜が乗っている!!!
e0039787_11585841.jpg

ここの身代わり地蔵尊が、山椒大夫に釜ゆでにされそうになった厨子王を
助けたという言い伝えがあるのだそうです。
現在の大釜は昭和20年の戦争で本堂消失後、新しく寄進されたものとのことですが、
このお釜で米1俵=60kgを炊けるそうですよ。
一度見たら忘れないお寺ですね。

では、頭文字のまとめです。

・・・ホッとする懐かしのパン
・・・うわっ、ラクダだ!秋ランチ
なん・・・なんか気になるサタデー会
ちょ・・・ちょっと待て待て!交差点の動き
・・・上をみたら、釜がある寺

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆まちあるきをしていると出会う第1位?は猫。第2位なのではないかと思うのが実は鳥。
e0039787_1241271.jpg

ここは神田川。都心なのにとても閑静です。
e0039787_1245780.jpg

☆釜寺にいたかわいらしい石像。癒されました。
e0039787_1225164.jpg

☆Fussenというケーキ屋さんでかぼちゃのプリンを買いました。美味しかった!
e0039787_12124233.jpg

e0039787_12132040.jpg

☆アーケードの丸い看板をひとつずつ見ていくと・・・
まず、駅の入り口を示すもの。
e0039787_1263016.jpg

次は・・・
e0039787_1273967.jpg

そして次は・・・
e0039787_1281097.jpg

そうしたらなんと次は・・・ちょっと曲がっていました(苦笑)。このままでイイのかしら!?
e0039787_1285638.jpg


↑↑↑

次は「ま」です。可及的速やかにUPします。
by mikikasai819 | 2011-11-09 12:17 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(0)

このきなんのきまちあるき 第116回「ふ・・・福生」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んでその駅の周りを歩く、
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
今回は、「ふ」から始まる駅です。
(9月23日放送分)

すでにあ~わまで2周していまして、
1周目は京王線の府中競馬正門前、
2周目は都営新宿線の船堀でした。
今回は、福生駅です。
e0039787_21531348.jpg

JR青梅線。東京の西ですね。住所は福生市。
福が生まれると書いて福生。なかなか一度では読めませんね。

これまで福生というと個人的にすぐ思い浮かぶのは横田基地。
e0039787_21572637.jpg

でも駅でいうと基地は東福生に近いようでした。
国道16号が走っていますからね。
ただ、まちあるき中も、爆音とともに福生駅上空も飛行機が飛んでいきました。
e0039787_215759100.jpg

福生駅の前には東口側、24時間営業の西友・・・
ペデストリアンデッキでつながっている店舗が目立ちます。
e0039787_21584049.jpg

e0039787_2159517.jpg

西口はバスロータリー、駅前には様々な銅像がありました。
e0039787_220491.jpg

e0039787_2211689.jpg

e0039787_2214399.jpg

でも、福生の特徴って、なんだろう。
そう思って歩いて行くと、強い味方が!!
駅から徒歩2分。 福生市観光案内所を発見。
その名は「くるみるふっさ」(^ ^)
e0039787_2232736.jpg

繋げるとひとつの単語みたいですね。
ここで地図や資料をゲットできます。
福生市と交流のある北海道登別市と滋賀県守山市の観光情報もあったのはユニークです。
今回は、福生の情報をかき集めました。

ここで、私は、まちあるきにぴったりなネタに出会います。
福生ドッグというホットドッグが、今年、街の名物になったのだそうです。
今流行りのご当地グルメかぁと思われた方、
これが面白いことに、味は1種類じゃなくて、なんとお店の数だけあるのです。

ただ、条件はあります。

大多摩ハムと福生ハム、どちらかのソーセージを使う。

大きなハムの会社が福生には2つあります。
大多摩ハムと福生ハム。このどちらかの工場で製造されたものを使わなくてはいけません。

長さは長さは16センチ、太さは23ミリ。

気づきました?細かいですよね。
16センチは国道16号、23ミリは23(ふっさの語呂合わせ)。
これにちなんだソーセージを使うこと。

あとは・・・

パンは切れ目を横に入れること。
素材を生かしたオリジナルなものであること。
福生の街のホットドッグとしてみんなから愛されるものであること。


こういった条件があるようです。
とにかく、店舗がだいぶここに来て増えてきています。
いろいろあるので、どれが一番美味しいか食べ比べができるわけですね。

私は、時間の制限もありましたが3つ食べました。(結構食べたなぁ)

まず、イタリアンカフェ「314Bar」。オープンスペースで食べました。
e0039787_2284419.jpg

e0039787_2294598.jpg

ビールも頼んで、アメリカンな気分。(あれ、イタリアンだよね?笑)
e0039787_22104382.jpg

キャベツたっぷり、ホワイトソースとミートソースでイタリアン風。
(ソーセージを分割していたのか、ちょっと形が違いました!?)
e0039787_2254339.jpg

続いて、「ブレッドコバヤシ」。
e0039787_22114770.jpg

ここは、注文ごとに作ってくれます。
行ったら「15分位くらいお待ちいただきますけどよろしいですか?」
普通のパン屋さんですよ。
「待つのはいいですけど、逆に待ってていいんですか?」
有機野菜とソースを使った、こだわりの1品。
e0039787_224586.jpg

もう1軒、「ブレッドガーデン」。
e0039787_22125841.jpg

e0039787_22133179.jpg

ここは、サルサソースとチーズクリームとみじん切りのたまねぎが入ったもの。
e0039787_2263718.jpg

これだけでも面白いのですが、
竹炭が入った黒いバンズを使っていたり、
チリコンカンが入ったちょっとスパイシーなものとか、
チーズがとろーりのったものとか。
あと、最初はパン屋さんのみで始めたようなのですが、
小料理屋さんが夜だけやっている和食感覚のねぎ味噌に大葉のアクセントとか、
キムチ味などの変わり種なども!!!
全部食べたら本当に面白いと思います。
覚えておくといいですよ!

さすがに16センチで直径23ミリかどうか私は計りませんでしたが(笑)、
ちゃんとチェックして楽しんでいる人もいるようです。

では頭文字のまとめ。

…福が生まれるなんて縁起がいい名前
…つい最近できたご当地グルメ
…探してみよう、好みのドッグ

☆☆☆

ここからは放送でお話できなかったこと。

↓↓↓

☆福生は七夕祭りが有名です。
マンホールには絵が描いてありました。
e0039787_22145264.jpg

ほら、こっちにも!
e0039787_22154133.jpg


☆店の名前、思わず2つ見比べてしまいました。
1つは、こちら。
e0039787_22163821.jpg

もう1つは、こちら(笑)。
e0039787_2217273.jpg


☆福生は横田基地の影響で外国の方が多く住んでいます。
英語表記がちゃんとついています。
e0039787_22182240.jpg


↑↑↑

福生ドッグ、これからどんどん発展していってほしいなぁ。
ブレッドコバヤシさんは、ドリカムのコンサートの際にも出店したそうです。
とても感じがいいご主人でした!
by mikikasai819 | 2011-10-27 22:20 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(2)

このきなんのきまちあるき 第115回「ひ・・・一橋学園」

東京にあるたくさんの駅のなかから五十音順に選んでその駅の周りを歩く
かさいみきのこのきなんのきまちあるき。
さあ、次は「ひ」から始まる駅です。
(9月9日放送分・・・)

1周目は東あずま(ひがしあずま)っていう東武亀戸線のコアな駅。
2周目は無難に東京メトロ日比谷線の広尾。

そして3周目の今回は、またまたコアな駅を選んでしまいました。
知っていたら個人的にかなり嬉しい。

私の生まれ育った街、私が結婚するまでずっと利用していた駅、
その名は、一橋学園駅です。
西武多摩湖線っていう、単線。住所でいうと小平市です。
e0039787_13124276.jpg

e0039787_13233694.jpg

あー、河西さんのふるさと懐かしむ時間ですかー、はいはい、と思った方、
ちょっと待ってください。
私も今回初めて訪ねた、ずっと知らなかった場所、
是非行ってみて欲しい場所を今日はメインでご紹介しますので。
(マニアックな写真は放送後記で載せます)

まず一橋学園という駅は、その昔2つの駅だったものが合わさって生まれた名前です。
小平学園駅と、一橋大学駅です。
そう、一橋大学の最寄り駅は、一橋学園駅、でした。
96年春にはキャンパスが国立に統一されましたが、
以前は1,2年生は小平キャンパスで学んでいたのです。
よく学祭にも足を運びました。

今では小平国際キャンパスとして、
国際交流プラザやゲストハウスなどがあるほか、
放送大学の東京多摩学習センターが入っています。
e0039787_1320443.jpg

e0039787_13205742.jpg

e0039787_13212449.jpg

その他、一橋学園駅を最寄りとする主な施設は、
陸上自衛隊の駐屯地、警察学校、国土交通大学校などでしょうか。
あと、北口南口ともに駅を出てすぐ昔ながらの商店街。
だいぶさみしくなりましたが、今でも健在です。

話戻しますが、駅そのものの特徴もあって駅構内に踏切があります。
よくギリギリに行くと閉まっちゃって焦っていました。
e0039787_13134061.jpg


さて、先ほどお話しした、メインでお話ししたい場所、
それは、美術館なんです。
一橋学園駅から徒歩10分。
玉川上水の流れる緑あふれる地にひっそりと佇んでいます。
名前を、平櫛田中彫刻美術館といいます。
e0039787_13263541.jpg

平櫛田中(ひらくしでんちゅう)さんは明治5年生まれ、
昭和54年に107歳で亡くなるまで、
彫刻界に大きな影響を与えた人で、文化勲章も受賞された方です。
e0039787_1328857.jpg

どうしてその平櫛田中さんが小平?と思いますよね。

彼は長年台東区にアトリエを構えていたのですが、
97歳のときに小平に引っ越してきました。
つまり、邸宅の敷地の横に美術館、邸宅・庭園、そのものも開放されていて、
実に和風で静かで落ち着いた時間が流れているのです。
記念館は国立能楽堂を手がけた大江宏さんの設計による
書院造りの素晴らしい建物です。
e0039787_13274214.jpg

訪れた時はお客さんは私だけで、 私だけのためにビデオ上映もしてくださいました。
彫刻に関して、知識もなければそこまで関心もなかったのですが、
その気持ちは覆りました。
作品に人柄は出るのだなと思います。
作品の解説も分かりやすく、一気に身近になりました。

平櫛田中さんの銅像は小平市役所の敷地にあって、
存在は知っていたのですが、
まちあるきに来たことで初めて詳しいことを知りました。

彼は数々の名言を残しています。
その中に、こういう一言があります。

今やらなきゃいつできる
わしがやらなきゃだれがやる


実に深いことばです。
100歳を超えてもなお、芸術品を生み出す気力を持ち続けた、
平櫛田中さんだからこそ言えるのでしょう。

ちなみに彼が100歳の時に20年後の制作のために取り寄せた彫刻用の原木も見ものです。
もちろん120歳まで生きる気でいたわけですよね。
e0039787_13352575.jpg


では頭文字のまとめです。

・・・久しぶりの我が故郷
・・・当時はキャンパス賑わった
・・・続く商店街、北も南も
・・・晩年はここで。平櫛田中。
・・・ 四季折々の花が出迎える
・・・ 外観和風な終(つい)の住処(すみか)
・・・ 国の宝の彫刻家
えん ・・・遠路はるばる行く価値あります

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

さあ、写真で一気に我がふるさとを巡ります。
自己満足になってしまいますがすみません。
(こっちのほうがボリュームあるよ、絶対・・・。苦笑)

改めて、一橋学園駅。ホームからはこんな景色。

突き指したときよく通ったほねつぎ。
e0039787_13372363.jpg

タバコ屋さんはお友達の親戚宅。
e0039787_13374286.jpg

駅前には学園幼稚園。小さい頃、バザーに行ったなぁ。
e0039787_13382675.jpg

駅の中に踏み切りパート2。南口はあまり使わなかったけど。
e0039787_13392752.jpg

なぜなら我が家は北口だったから。さあ、改札を出てみましょう。
e0039787_1340128.jpg

そうそう、その前に、実は、この日、突然雨が降ってきて困りました。
そのとき、思い出したのです。そういえば、ビニール傘販売の機械があったなぁって。
まだあるかな・・・あったあった!!!まさか使うことになるとは(苦笑)。
e0039787_1412787.jpg
e0039787_1341734.jpg

改めて、一橋学園駅北口。噴水広場があります。
e0039787_13415225.jpg

いつも商店街を歩いて帰りました。
まずは学園一番街。
e0039787_13473041.jpg

この付近では大きなスーパー、サンデーマート。よく買い物に来ました。
様相が変わったなぁ。マルエツ表記です。
e0039787_1343788.jpg

懐かしいといいつつ、実は、先日プチ同窓会で使った居酒屋はなの舞(笑)。
e0039787_13441525.jpg

どれだけ通ったか分からない、カラオケ。その名は「ダイナミックエコー」。
「ビックエコー」ではありません。「ダイナミック」です(笑)。
e0039787_13464486.jpg

一橋学園在住の女の子がかわいい文房具を買うなら絶対ここだった!
ぽぴんずというお店。お誕生日会のプレゼントなどの調達場所でした。
e0039787_1345334.jpg

まつみ書店。いつもここに吸い込まれてしまっていた、立ち寄り場所No1。
どれだけの本、どれだけの雑誌をここで買ったでしょう。
e0039787_13484423.jpg

この商店街は、途中から「学園坂商店街」に変わります。
自分にとって、より身近な存在だ。知らない店はありません。
e0039787_13502321.jpg

・・・そう、知らない店はないはずだったのに、2011年の今、すっかり様変わりしていました。
八百屋さん、お肉屋さん、お豆腐やさん、なつかしのお店は既になく、
なんだか新しい店が営業しているけど、ふしぎな感じがします。
「美紀ちゃん、お帰り!」っていつも声をかけてくれたおじさんのお店、
今はレンタルBOXとやらになっていました。
e0039787_13515781.jpg

昔からやっていて今もがんばっているお店もちゃんとあります。
いつもおつかいを頼まれていた、目の前のショッピングセンターアサヒ。
ここのお店の子供たちといつも遊んでいました。
e0039787_13561950.jpg

お隣の美容室マリーさん。七五三のときにお世話になりました。
e0039787_13573191.jpg

商店街が全盛期の頃、各店舗のシャッターには世界の観光地の絵が描かれていて、
鳥のイラストも楽しそうに添えられていました。
今はもう色あせています。
でも、いい具合に時間を積み重ねたようにも、ちょっとだけ、見えます。
e0039787_13583470.jpg

ちなみに、我が家も、既にお店はやめており、跡地は保育園に貸しています。
もう今はこの街には住んでいません。
でも、私は、この街で過ごせてよかったなと思っています。今の私の原点です。

↑↑↑

というわけで、長くなりました。お許しください。
次は「ふ」です。
by mikikasai819 | 2011-10-23 00:36 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(4)

このきなんのきまちあるき 第114回「は・・・浜松町」

東京にあるたくさんの駅の中から五十音順に選んで
その駅の周りを歩く、かさいみきのこのきなんのきまちあるき。

「あ」から「わ」まで、すでに2周して、今3周目。
今回は「は」から始まる駅です。(8月26日放送分・・・)

1周目は羽田空港駅、2周目は箱根ヶ崎(八高線)でしたが
今回は、浜松町駅に行ってきました!!!
e0039787_17184684.jpg

JR山手線、京浜東北線、東京モノレールが走っています。
まさに羽田空港の玄関口ですね。

まあ、モノレールにスーツケースもって乗り込む方はともかく、
この浜松町駅、まあ、とにかく会社勤めの方が多い!ほとんどそう!
大企業でいいますと、東京ガス・東芝が最寄りということもありますね。
e0039787_17302139.jpg

e0039787_17413038.jpg

e0039787_1731736.jpg

さらにちょうどランチタイムだったこともあり、
すれ違った方々は皆、首から社員証を提げて(ストラップ)いました。
12時ちょっと前あたりから一斉に出てくるので、ドキドキしました。

また私が、ビジネスの格好ではなかったものですから
余計に浮いているような気がしてね。誰も気にしていないでしょうけど(笑)。
いや、写真を撮ったりしていると怪しいか!?
それにしても、本当に、まちあるきでよく見かける親子やご年配の方々は
まったく見かけなかった浜松町です。

さて、この浜松町まちあるき、くまなく歩きましたが、
歩く前から心ひかれてご対面。それが小便小僧。
浜松町駅のホームにあるのです。
地元の人と毎日この駅を使っている人、さらに鉄道好きには有名のようです。
とはいえ、わざわざ見に行く人はいないでしょう。
私、そもそも久々に小便小僧といわれる像そのものを見ました。
e0039787_1722263.jpg

場所は、浜松町駅の3.4番戦ホーム、
山手線外回り・京浜東北線の南(大船方面)行きのホームの田町寄りにあります。
ほかのホームにはありません。
正式名称が小便小僧。確かに放尿する少年を模した像です。
でも、とてもかわいい、なんと、衣装をまとっているんですよ!
毎月着せ替えがされています。
e0039787_17214430.jpg

もともと、昭和27年に鉄道開通80周年を記念して、
国鉄の嘱託医、お医者さんだった小林氏会員の院長先生が寄贈したものだそうです。
服を着るきっかけになったのは、一人の少女が手作りの帽子をかぶせたことからだそうで、
防災週間のときなどは、消防服を着ていたこともあるそうです。
e0039787_17211627.jpg

今は、手芸のグループの方々によって作られているとのことで、納得!
素晴らしい衣装!(注:これは放送当時=8月の衣装)
しかも、毎月26日に着替えるという情報も。
浜松町といったら、駅のホームの小便小僧、ちょっと興味を持ってみてください。

さて、浜松町のランチの特徴は、とにかく「大盛り」「おかわり自由」という文字が多い。
e0039787_17223983.jpg

さすがサラリーマンがたくさんいる街です。
ランチタイムのピークには並んでいるお店もあるほどでした。

そんな中、特徴的なのは、日本ではまだまだ珍しいローフードのお店。
ローというのは生ということ。生の食材ってことですね。
野菜や果物など、火を通さずに生のまま食べて
食物の酵素を体内に取り入れよう!というものだそうです。
体にいいものとして、最近若い女性を中心に人気なんですね。

そのローフードカフェ、お店の名前は「レインボー・ローフード」といいます。
S5という階段から進んでいきます。
(こっち来たことないなぁ)
e0039787_17362471.jpg

e0039787_17364812.jpg

あったあった!
e0039787_1723221.jpg

ハワイアンの曲が流れているこのお店。
12時過ぎ。14席しかなくこじんまりしているということもありますが、
私が入ってしばらくしたらもう満席。
男性は1人。部下の女性に連れてこられた感じの方(笑)。
テイクアウトを待っている人もいれば、常連さんもいる様子。すごいなぁ。

私は初めて食べるので、RAWランチセットなるものを頼みました。
ロー海苔巻き、アボカドとにんじんとレタスが巻いてあります、それにローパッタイ、
これが1つのプレートで出てきます。1300円します。

その前に、ミニスムージーが先に出てきたのですが、まあ、すごい。
ケールとバナナとキウイとパイン、お水が入っていなくて
そのものだけをジューサーにかけたドロッとした感じ。
体に染み渡っているのでしょう。
生活習慣病予防スムージーのようです(笑)。
e0039787_17234494.jpg

偶然なのか、隣の女性2人は、健康について熱く語っていました(笑)。
そのあとに出てきたさっきのプレート、驚きました。
これだけ?と正直思ったのに、おなかでローフードは膨らむのですね。
e0039787_1724224.jpg

野菜のかさもあるし、歯ごたえあるので、最後には満腹!
このお店はスイーツに関しても牛乳、卵、白砂糖を一切使っていないそうです。
女性が好きそうですね。って私も女性なんだけど。

レインボーローフード、浜松町のオフィス街特有の
安くて早くて多いランチのラインナップにあるというのが
なんとも不思議な、でも、確実に通う人もいる、そんなローフードのお店でした。
(正直、初めて行ってゆっくりくつろぐ感じのお店ではなかったかな・・・)

って小便小僧とローフードだけでもう時間切れ。
あとは、浜松町は、世界貿易センタービルの上からの景色や、
e0039787_17244617.jpg

浜離宮の庭園などがあります。
でも、やっぱりオフィス街、そんな印象でした。
e0039787_1725230.jpg


では頭文字のまとめです。

・・・羽田へ向かうモノレール
・・・周りはオフィスのサラリーマン
・・・待っていたのは小便小僧
・・・月ごとに変わるお洋服
ちょ・・・ちょっとの量でも満腹に
・・・うまく取り入れようローフード

☆☆☆

ここからは放送でお話しなかったこと。

↓↓↓

☆浜離宮、大好きな場所ですが、今回は上から見る感じで。
e0039787_17294153.jpg


☆浜松町と近距離(同じ扱い?)なのが大門駅。
e0039787_1733279.jpg

このあたりからは東京タワーがとてもきれい!
e0039787_17335011.jpg


☆世界貿易センタービル、今のウリは
東京タワーとスカイツリーが両方見られることだそうな。
e0039787_17342158.jpg


☆個人的に、浜松町といえば、現在だと文化放送。
e0039787_1732431.jpg

思わず頭に流れたあの歌、あっ、看板に書いてある(笑)。
e0039787_17322613.jpg


☆このまちあるきは晩夏。蝉が最後の鳴き声を・・・。
まあ、それはそれはすごかった。
e0039787_17344967.jpg


☆今回のまちあるきでも勝手に親近感な場所を発見!
e0039787_17284151.jpg


☆駅前には浜松町の歴史が写真で紹介されていた。思わず見入ってしまった。
e0039787_17375388.jpg

e0039787_17382941.jpg

e0039787_17384275.jpg


↑↑↑

次は「ひ」から始まる駅です。
超マイナーな、でも「マイ駅」を選んでしまいました(爆)。
by mikikasai819 | 2011-10-18 17:40 | まちあるき(FM世田谷) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20
礼佳さん、そうですね、今..
by mikikasai819 at 15:19

LINK

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月