カテゴリ:にっき(日々の出来事)( 1732 )

9月末から主人が会社内で部署異動になったきっかけで、
毎朝、いや、1日おきになってしまうこともあるけれど
お弁当を作っております。

「みきちゃんがお弁当~???」

ええ、私の不器用さを知っている友人からは驚かれます。

「朝ちゃんと起きられるのー???」

ええ、金曜の早起き以外の日は昼まで寝ていることが多いですからね。

で・も、なんとかやっております。

問題は、おいしいかどうか(爆)。

お弁当とは本来、楽しみなもの・・・のはず。
いやー、それにはほど遠い。

とはいえ、彩りも栄養も、それなりに一応考えているわけであり、
でも、それが果たして正解なのかどうか。

まあ、深いことを考えると続かないので・・・。

とりあえず、お弁当があるとありがたいという感想はいただいております。





「今スーパー行くと野菜が高いよねー。ホント困っちゃう」

そういう会話に今なら間違いなく入れる(笑)。

主婦何年目?

・・・11年目(小声)。
by mikikasai819 | 2016-11-01 23:50 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

10月一気に振り返る

10月が終わります。ホント、早すぎて、言葉が出ません。
10月前半の出来事を列挙・・・って
最近はこんなタイトルばかりになっていましたね。
でも、書かないよりいいかな。

★高校時代からの友達との河口湖ドライブ(10/3)
いつも部活動の合宿で指導に行っている共立女子学園の河口湖寮。
実は、期間中は寮でずっと過ごしているため、湖畔を満喫したことがないのです。
そこで、放送部時代からの相棒(私が部長・彼女は副部長)とともに
「河口湖を楽しむ、そして原点に返る」という趣旨の元、観光で訪れました。
前日に彼女は我が家に泊まりに来て、私の夫も一緒に3人でひとしきり飲んで語って、
翌日、私の運転で出発!往復ともに私がドライバーです。(彼女は運転できない)
事前の下調べも功を奏し、非常に有意義な時間でした。ただし、天候を除いて(涙)。
この日以外は見事な秋晴れだったのに、この日だけは・・・ああ、I am雨女。
でも、そういうのも払拭するくらいの楽しい時間でした。

★乳がん検診(10/5)
いつも受けているところとは異なり、今回は諸事情あり実家の近くの病院でした。
いや、もっと言うと、私がこの世に生を受けた「公立昭和病院(小平市)」です。
なんとも感慨深いですよ。産声をあげた病院、それ以来自分が診てもらうことはなく、
父が危篤で運ばれて奇跡的に一命を取り留めた病院でもあり、それ以来足を運ぶこともなく。
改装を重ね綺麗になった病院で、人生5度目のマンモグラフィー。
初回が最も痛くなかったなぁ。今回もなかなかしんどかったです。
でも、ちゃんとこまめにチェックしなくては。3週間後に結果が届き、異常なしでした。

★1年ぶりの占い(10/7)
代官山のセム・リブラさんというタロット占い師がいらっしゃいます。
10年ほど前に知人に紹介いただいて訪ねたのですが、非常によく当たります。
2017年の運勢を占っていただいたところ、
何より、旅行運が国内外ともに最高とのこと。
心が動いたら方角気にせず思い立って行くこと。旅で心が整理できるとのこと。
こりゃ、うれしい(笑)。そう言われなくても多分行く(笑)。
あとは、海外に関する運勢が旅行に限らず良いそうだ。仕事、語学・・・頑張ろうっと。
これ以外にも様々な結果が出てきました。あくまで参考までに、でも、前向きに。

★Laid Back Oceanのライブat代官山UNIT(10/7)
LBO、前身のバンド時代からずっと応援をしています。
ボーカルのYAFUMIくんの世界観がすごく好きで、
これまでも詩に何度も勇気づけられてきました。
ホント、大げさではなく、しんどい時に何度も救われてきました。
それでいながら、しばらくご無沙汰していて、実はライブに足を運んだのがこの夏から。
今回の代官山も、恐る恐る後ろのほうに陣取り、こっそりじっくりと思っていました。
しかし、いざ始まってみると、心と体が反応してしまうのです。前へ、前へ。
勢いのある曲の時は拳を突き上げ、歌詞を覚えているところは無意識に口ずさみ、
しっとりした曲の時は一文字一文字、一音一音、聞き逃したくない気持ちになり、
本当に満たされた時間となりました。
2度目のライブだとまだ慣れていない部分が自分の中で多々あったけれど、
きっとまたここからなのだと確信しています。

★プロ野球クライマックスシリーズ(10/8・9・10)
3日間すべて東京ドームに行きました(爆)。
そんなつもりもなかったのですが、チケット取れなかったら嫌だなと思って
全部申し込んだら全部当選しまして(笑)。
それだけ人気がないのかもしれない・・・
その証拠に、3日間とも、DeNAベイスターズのユニフォーム着たファンの方が
まあ、非常に多かったです。

1日目:中日ファンの夫と。
2日目:DeNAファンの友人と。
3日目:巨人ファンのお仕事先の方と。

落ち着いて見られたのは2日目のみ。
え?相手ファンなのに?
そう、友人以外、周りは平和だったので。
初日なんて1塁側にいるのにほんの数人のDeNAファンのグループが、
大声あげてうるさくて、正直ムカムカするレベルでした。
3日目も一緒に行った方は「もう、気がおかしくなりそうです」と言うほど、
後ろのDeNAファンがずーっと叫んでいました。
試合が終わって帰るとき
「すみませーん、初めてのCSなのでー、巨人ファンのみなさーん、許してくださーい♪」と、
浮かれた女性が印象的でした(苦笑)。
まあ、日本シリーズを終えた今、振り返ってみれば、
DeNAが勝ったのは非常に納得のいくことであり、来季に向かって切り替えです。

いったんここまで。ほーら、11月になった(爆)。
でも、残り2か月はちゃんとしたペースでこまめに書きたいなと
この瞬間本気で思っております。

※日々のTwitterはこちらからどうぞ。
by mikikasai819 | 2016-11-01 00:00 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
今月頭に、先月のお仕事のことを列挙したところ、
先日「プライベート編はまだですか」と複数の方から言われまして。
確かに、このまま放置もなんだか・・・ね。
でも、もう来週は11月なんですけどね(爆)。
とりあえず、書いていなかったことを書いていこう。
いいですよね、まあ、自分のブログなので。手帳を開きながら・・・どれどれ・・・?

★指揮者・小林研一郎氏トークを聞きに行く(9/16)
炎のマエストロ、コバケンが自分の生い立ちを語ってくれる内容。
ゲストの歌も素晴らしかったのですが、そのゲストと絡む姿もまた面白く、
非常に有意義でした。
人となりを知ってから演奏を聴くとまた違うのでしょう。
次回のコンサートが楽しみです。
今年こそコバケンの第九を聴きに行きたいと思っています。

葉歩花庭でのランチ(9/17)
神楽坂にある会席料理のお店。
以前、お世話になっている方に連れて行っていただいたのですが
実はその際、預けていたストールを受け取り損ねてしまって、
そうしたらとても丁寧なお手紙とともにお送りくださって、
そのお礼もかねてまた行こう!と思い立ったのがきっかけです。
土曜日だけランチ営業があるのでそこにお邪魔したのですが
秋の始まりをワクワクさせてくれる料理と気持ちのいい接客にまたまた感動でした。
本当に素敵なお店です。おススメします。

★宮川彬良さんの世田谷音楽研究所鑑賞(9/22)
世田谷区民会館で行われたこのライブ、
事前に私の番組に宮川さんがゲストに来てくださったこともあり、
これはぜひ!と思い観に行きました。
しかもテーマが、私の大好きな「ビートルズ!」
ビートルズの曲はクラシックだ!という解説が非常にツボで、
音階見ながら、確かにそうかも!!と唸ってしまいました。
She Loves YouやPlease Please Meを聴くと今も思い出します。

★福田彩乃ものまねライブ(9/23)
彼女のライブ自体初めてですが、そもそも初ワンマンということでした。
100の物まねを歌で披露するということで、次から次へとレパートリーが展開し、
途中映像もはさみながら、まったく飽きずに一気に魅せられました。
ゲストのどぶろっくと絡むシーンがあり、これはこれでまた盛り上がりを見せていて。
カラオケでものまねしながら歌ってみたい気分になりました(笑)。

★顧問の先生とパレスホテルのレストランへ(9/27)
共立女子高校放送部の指導をしていますが、
8月の合宿が台風の影響で短くなってしまい、
毎年恒例の先生との夜を徹しての?トークがなかったこともあり
改めて場が設けられました。
1階のグランドキッチンで、このときはシンガポールフェアをやっていたこともあり
シンガポール料理を楽しみました。
今の高校生の現状などを結構真面目に語り合いました。

★横浜でランチビュッフェ(9/29)
お仕事で知り合って親しくしている女性お2人と私との3人でランチ。
ゆっくり話ができるところを探してくださって、横浜のみなとみらいにある「餉餉」へ。
11時半に入店しひとしきり食べたあとも、時間制限がないため追い出されず、
私も普段お二人とゆっくりお話する時間がないので嬉しかったのもあると思いますが、
気づいたらお店には私たちのグループしかおらず、時計を見たら16時半(驚)。
ランチだったはずなのですが(笑)。
でも、おかけさまで5時間、充実していましたよ。当初の目的達成ですね。

★アピア40でのライブ(9/29)
お仕事でお世話になっている方が出演されるというライブへ。
これまでもお誘いいただいていたのに、いつも直前で仕事や家庭の所用が入り
「すみません、今回も行けなくなりました・・・」というやり取りを繰り返していましたが
今回は4度目の正直。ホッとしながら向かいました。
ギターとピアノの弾き語りで、ある曲は激しく、ある曲はソフトに、
様々なメロディーと歌を披露している姿は、お仕事の時とは全く違いました。
ご自身で作られた歌とのことで、これからさらに飛躍されるのだろうと期待しています。
そして、私もトークコンサートが久しぶりに無性にやりたくなりました。

ということで、プライベートばかりを並べるとなんだか仕事していない感じですけど、
あのー、ちゃんと働いていますのでね(笑)。
ただ、私は仕事の日とプライベートの日が分かれているのではなく
一日の中が公私混在型なのだなと、こうして列挙して改めて実感しました。

さて、10月のことも書こうと思いますが、いったん仕事してきます。
今日は打ち合わせが2件です。
by mikikasai819 | 2016-10-27 12:42 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
今日は生放送を終えてから大阪にやってきました。
明日明後日と、土日共にお仕事でして、
せっかくなので前泊することにしたのです。
よって、今日泊まるところは自分で手配。

たまたまレディースフロアが空いていたとのことで、
いざ入ってみると、ワクワクが止まりません。
ベッドのところにはお花が飾られています。
そして加湿器が大小2台!これはかなりありがたい!
さらに巻き髪ができるコテアイロンや、レッグマッサージ機、
ナノスチーマーフェイシャルエステの機械までも!
(これは是非使いたいと思ったのですが、操作方法の説明用紙がなく、
泣く泣く断念・・・)

やっぱり気分が上がるっていいなぁ。

※夜、学生時代からお世話になっている関西在住の同業者の先輩と再会。
ひと回り以上年上の先輩でいらっしゃいます。

忘れもしない、私が21歳の時、女子アナ志望の私に向かって、初対面において
「河西さんってさ、営業のお兄ちゃんって感じだよね」と言ってきた方で(笑)、
「せめてお姉ちゃんにしてくださいよ」と反論にならない反論をした過去があります(笑)。

今日も会って、プロ野球談議に花咲かせる新橋のおやじ状態だったところ、
「河西さんってさ、ミス慶応とかになりたいとか思わなかったの?」と
最近の話題に絡めて大いにからかわれました(苦笑)。
本当は女らしいところもあるんですよぅ。(自分で言ってちゃ世話ないな)

さて、朝も4時起床だったことだし、早く寝て明日に備えます。
それにしても、居心地いい部屋だなぁ・・・。
by mikikasai819 | 2016-10-14 23:01 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
9月もいろいろ充実した動きをしていたのですが、
いかんせん記せないまま新たな月になりました。
記録として残しておこう・・・

まずはお仕事。

☆新規のセミナー司会を体験
9月14日と28日(いずれも水曜日)、IT系セミナーの司会のご依頼をいただきました。
ご依頼主は、私の友達。
ビジネスで繋がれる喜びをひしひしと感じました。
もともと彼女と出会ったのは、FM群馬のアナウンサー試験の日。
「社屋まで一緒にタクシー乗り合いしませんか?」と前橋駅で声をかけられ(笑)、
そこからのお付き合いです。
結果的に彼女は放送局ではなく一般企業に就職しましたが、
「いつか私が仕事を発注できる立場になったらぜひお願いしたい」と言われ続けて
とうとうその日が来た!ということで感慨深いですよね。
もちろんビジネスですから、現場では名刺交換をし、
本番はゆるい空気はナシに、しっかりお仕事を遂行しました。
今後もお付き合いが長く続きますように。


☆友達の弟の披露宴司会
4年前、私は大学時代の友達Mの披露宴司会をしました。
(記事はこちら
あの時親族席に座っていた彼女の弟さんがこのたび結婚することになり、
「河西さんにお願いすることはできるかなぁ」と思い出してくださったようで、
彼女を通じてご依頼されました。
ご本人の披露宴はリピートは本来あってはならないことですが、
こうしてご兄弟に広がっていくなら本当に光栄なことです。
おかげでご両親さまや親族の皆様とも、堂々とまたお会いできるのです。
新婦もとても温かい方で、「私の弟の時もお願いしたいです」とおっしゃってくれて
本当にそうなったら嬉しいなと思う次第です。
MもMのご主人も「みきちゃん、ありがとう!」と喜んでくれました。
なお、今回は八芳園での披露宴でした。
友引の日曜日でお日柄もよく館内は大変混んでいましたが、
支配人の方のお気遣いが大変ありがたかったです。


☆久しぶりの日本教育会館一ツ橋ホール
日経インターンシップサクセスセミナー、24日の会場は日本教育会館でした。
私の母校である共立女子高校から歩いて1分(笑)。
神保町には放送部の指導で毎月のように訪れていることもあり、
なんだか不思議な感じでした。
しかも、この日は心がざわざわする出来事があり、
会場入りの際表情が曇り気味だった私に、救世主が!!!
「S先生!」
「おー、河西!何してんの?」
なんと放送部の元顧問が偶然会場の前の道を通ったのです。
こんな奇跡的なタイミングってあるのだなぁと思い、とても和みました。
(その後、27日に学校に指導に行った際に職員室でS先生にご挨拶。
「まさか会うなんてなぁ」「ホントですよね」)


☆2度目のSMBCホール
26日は日経と日本商工会議所共催セミナーの司会でした。
副題が~2018年卒は知識と日商簿記を武器に!~ということで、
すでに簿記を持っているorこれから勉強したい学生さんが集まりました。
個人的には税理士のお仕事について、こういう試験を受けているのか・・・と
改めて勉強になりました。
(チャレンジし続けている友人がいるので)
帰りにこのビルからどうやって地下に行くかわからず
迷っている外国人の方からロビーで話しかけられ、
私も詳しいビルではないため、一緒に出口を探しました、
無事に出られたときはお互い満面の笑みでした。

これ以外にももちろん毎週金曜日は生放送があります。
9月もありがとうございました。
by mikikasai819 | 2016-10-02 17:36 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

進路を決めるということ

今日、Eテレの番組を観ていたら、
「高校3年生の93%がやりたいことが見つからず進路に悩んでいる」とのことでした。

やりたいこと・・・

私は、早い段階(小中学生)から「アナウンサーになりたい」という夢がありました。
今思うと、確固たる進路を見据えることができていたのは
本当に珍しいことだったのだな・・・と再認識しました。

私の場合は中学の時にラジオを聞いたことがきっかけでした。
「決めなきゃ」と思って悩んだわけではなくとても自然だったので、
これは純粋にラッキーだったのだと思います。

学生向けに講演する際、この話を必ずして、
「何がきっかけになるかわからない」とよく話します。
何気ない日々の一部分が人生を決める場合が大いにあるからです。

ちなみに、アナウンサーになるためにはどうしたらいいのか、図書館の本などで調べました。
「なるにはBOOKS」、何度読んだことでしょう。)
放送業界を学ぶために専門学校に行きたいと思っていたのですが、
局のアナウンサー(正社員)になるには4年制大学を卒業しているのが条件と知り、
それならば・・・とマスコミに強い大学を志望するようになりました。
ほとんど進路決定の際に迷いはなかったなぁ・・・
逆に他の選択肢を考える隙がなかった・・・それはそれでどうなのか!?

ちなみに、小学校の時の卒業文集には小学校の先生と書いてあります。
アナウンサーか先生になりたかったのです。
今、教える仕事もしていますから、そういう意味では両方叶ったといえるのかな。

それにしても、昔より今のほうがよほど迷いまくっています(爆)。
軸がブレているというのか、そもそもの軸がどこなのか。
学生のころのように「いつまでに」という期限がないのだから
焦らず、でも、ある程度の時間を定めて、じっくり考えてみたいと思います。

・・・進路といえば、台風。
今年は6個目の上陸とのことで凄まじいですね。
どうやら明日の朝には関東から遠ざかっているようですが
まさに今、強い風雨ですね。
実は今夜、郵便物の受け取りをしなくてはならず、夜の時間帯に指定していたのですが
配達の方が玄関にいらしたとき、意識して言おうと思ったわけでもなく
「本当にありがとうございます」「この後もお気をつけて」と
自然と言葉が口から出ていました。
返ってきた「ありがとうございます!!」という言葉には力が込められていました。
冷たい雨の中、お互い温かい気持ちになったのではないかと思う瞬間でした。
by mikikasai819 | 2016-09-20 21:38 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

足首の疲れ

昨日は山梨まで日帰りで車で行ったのですが、
帰りに高速で渋滞にハマってしまいました。
ああ、そうだ、今日は3連休最終日だった・・・と思って。
(相変わらず暦感覚の欠如がハンパない私・・・苦笑)

それで90分近くアクセルとブレーキをこまめに踏み続けていたので
足首が痛くなってしまいました。

いつもは運動の前に回す足首ですが、朝からストレッチに励んでいます。

さて、スカッシュしてこよう。
台風の進路が心配です。
by mikikasai819 | 2016-09-20 10:31 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

映画館克服!?

私は昔から大きな音が苦手です。
あと、バイオレンスやホラー、突然の驚きも苦手です。
よって、映画館での迫力あるシーンはご法度でして、
映画館に行くのは実は苦手なのです(苦笑)。
子供か!って感じですけどね、環境がよくなればなるほど苦手で。
(番組の中で映画コーナーを担当しているのに・・・ホントお恥ずかしい限り)

学生時代に友達に誘われて「ミッションインポッシブル」を観たとき、
あまりの迫力で心臓がバクバクしすぎてスクリーンを凝視できず
端の席だったことをいいことに壁のほうを向いていたら友達に不審に思われたり、

FM群馬時代「グリーンマイル」の映画上映会の司会をしたとき、
後ろの席で途中まで観ていたのにあまりに怖くなり外に出ざるを得なくなったり。

さすがにアニメやラブストーリーなら大丈夫と思って観に行っても、
予告編の中に怖いシーンや大きな音があったら
それだけで具合悪くなってしまうこともあります(苦笑)。

たとえ20年以上大好きなニッシー(西島秀俊)が出ていても
これは絶対無理だ!と思う怖い映画の場合はDVD販売まで待つほどです。
筋金入りでしょう?


そんな私が、この1週間で2本映画を観ました。


1つは話題沸騰中の「シン・ゴジラ」

はい、最も苦手そうな映像ですよね(笑)。
いくら人気でもこれは絶対観に行かない(行けない)ことが確定していました。

しかし、1週間で6人に薦められたのです。
印象としては、ほぼ、会う人会う人に・・・っていう感じです。

「とにかく面白かった」
「さすがはシンゴジラ。あっという間。」
「これまで6回観ました!」
「大丈夫!3DやIMAXじゃなければイケる!」
「東京の街が好きな人は楽しめるよ」
「観ない意味が分からない!」

よし、そこまで言われるなら、観てみようじゃないか!!!
(これ、私にしてみたらホントにすごい決意です)

結果・・・すごかった。これは観ておいてよかったと心から思えました。
面白いとかそういう感想とはちょっと違いまして、
唯一無二の映像だな・・・と、あまりのド迫力にしばらく動けませんでした。
ビルが、駅が、あんな風に・・・って。
(これまでのゴジラも観たことはなかったのもある)

一つ個人的に失敗だったのは、観に行ったのが金曜日だったこと。
生放送(早朝起床=3時間睡眠)の時に行ってしまったので、
ゴジラがいない落ち着いたシーンのときに若干睡魔が。
面白くなかったからではないですよ。
純粋に睡眠不足はダメだな・・・と反省。


なお、観に行ったことを周囲に報告すると

「おー、よく頑張ったね」
「怖くて泣き出さなかった?」
「え?映画館苦手なのに行ったの?すごいすごい!えらい!」

・・・褒められました(笑)。


さて、もう1つの映画は「真田十勇士」。
来週公開ですが、ひと足お先に試写会で観させていただきました。

大河ドラマ「真田丸」が面白くてハマッていますが、
実は猿飛佐助とか霧隠才蔵とか、イマイチ詳しくなかった私。
しかし、いざ観てみたら、まあ、これこそド迫力。
こんなにも戦のシーンがリアルなんて!!!
(どれだけお金がかかっているんだ!?笑)と思いました。
爆発や豪雨等、どれもこれも全開の熱量。

大阪夏の陣ではとにかく斬り合いがグロすぎて(出血など)、
お恥ずかしながら怖いのが苦手な私は
途中目を逸らして耳を塞いだシーンがあったほどでした。
でも、つまり、本当の戦はこうだったのだろうなと思わせられました。

基本的に最初から最後までワクワクしていた2時間強でした。
(最初は「ここのスクリーン番号で本当に合ってるか?」と思わせられ、
最後は「このエンドロールでは途中立つ人は皆無だろう」と思わせられます。)

松坂桃李くん、非常に格好良かったです。
もちろん中村勘九郎はさすがでした。テンション高い!

というわけで、2つのド迫力映画をちゃんと途中退出せずに観られたので(笑)
次は絶対怖くない(大きな音がしない)であろう「君の名は。」に行こう。
RADWIMPSの「前前前世」のメロディーがずっと頭をめぐっています・・・。
by mikikasai819 | 2016-09-17 18:39 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)
趣味でスカッシュを始めてからだいぶ経ちます。
中学時代にテニス部だったので、
ラケット競技ならすぐ楽しめるかなと思ったのが最初のきっかけで、
社会人になってから(群馬から戻ってきてから)始めました。
ずっと気になっていたスポーツだったとはいえ、こんなに楽しいとは。

ただ、試合には一度も出たことがありません。
相手を打ち負かしたいという希望は持ち合わせていないのです。
体を動かしたい、ラリーを続けてストレス発散したいというのが目的なので・・・
とはいえ、それでは成長がないのも事実で・・・

実は先月、今習っているコーチから言われました。
「河西さん、上のクラスにいってみませんか?
今のクラスでは物足りなくなっていませんか?」
と。
※私は今2か所にレッスンに行っているのでそのうちの1つです。

一つ上のクラスになると男性が多くなり、球速もコースもハンパなく、
いわゆる試合のような雰囲気です。
今のクラスだと皆様女性で、和気あいあいとした感じなのです。

うーん・・・

何より、昇級すると、曜日や時間が変わる&今のコーチではなくなってしまいます。
教え方、クラスの雰囲気作りが好きなので、できればこのままここにいたい・・・
でも、今の私の状態を評価して「挑戦してみたら?」と言ってくださった
そのお気持ちも嬉しい・・・

そこで、どんなレベルか実際のクラスを体験してみることにしました。
何事もやってみないと始まらない。やってから初めて言えることもある・・・と。

とはいえ、最初からそもそも気持ちで負けている私(苦笑)。
出来上がっているグループに入るのが苦手ということもあり、
レッスン前、どのタイミングで近づいたらいいのかと
遠くの方からコートを窺っていたところ、
「あれー、河西さん、どうしたんですか?」と
ジムエリアのインストラクターさんから声をかけられる始末。
挙動不審バレバレです(笑)。

初めましてのコーチにも「足を引っ張ってしまったらすみません」と先に謝る私。
参加してみると、そういう自信のなさが表れてしまったか、
いつも打てている球も打てなかったりして。
ついて行けなくはないけれど、なんだか申し訳ない気持ちになってしまって。
別に他のメンバーさんから何を言われたわけでもないのに。
ホント、こういうのって精神力大事ですね(苦笑)。
オリンピックやパラリンピックを見るとさらにそう思います。

今回分かったこと。

・ひとつひとつ打つ技・コントロールは身についているが、
実践を避けてきただけあって高速ラリーになったときのフットワークが間に合わない。
(良いレシーブを返せても、その次の球に対応できない)

・内容もレベルも大事だが、やはりレッスンの雰囲気は重要ということ。
(お金を出して通うのだから自分の趣旨に合うものを。)

そんなわけで、只今鋭意検討中です。
(レベルを上げて行きたくなくなっちゃったら元も子もないので)




※これを書いていて古い話を思い出したので余談・・・

小学4年生で地元の塾(地域に3校舎くらいあった)に通い始めた時の事。
中学受験対象ではなく、今思えば緩い感じの塾でした。
そこで入塾して1ヶ月もしないうちに全生徒対象の学力テストがあって、
私は全校舎総合でなんと1位になり表彰されたことがあったのです。
別に神童でも何でもないし、すごい努力をしたわけでもなく、
要領よく・・・っていう子供でしたが、
まあ、何はともあれ嬉しい結果となりました。
塾に張り出されて図書券をもらって先生には褒めちぎられて、
家に帰ってその結果を伝えたら・・・

母は「そう・・・」と言ったきりあまり喜んでくれませんでした。

「塾を変えたほうがいいかもね」と。



え?


今なら分かる。
何もしないで1位になるようなら、もっと高められる場所に行くべきだと。
井の中の蛙大海を知らず・・・の出来事。
それこそお金を払うのですから(苦笑)。
でも、レベルを上げて自信喪失してしまうリスクもあるから難しい。

そんなことをふと思い出したのでした。

結局その後やめてしまったあの塾、今は跡形もなくなってしまったなぁ。
幻だったのかもしれない・・・(爆)。
by mikikasai819 | 2016-09-11 11:41 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

役者さんってすごい!

今日、下北沢の本多劇場で、加藤健一事務所の舞台を観てきました。
「SHAKESPEARE IN HOLLY WOOD~ハリウッドでシェイクスピアを」です。

きっかけは、先日、私の番組にゲストで来てくださった
俳優の丸山厚人さんのお話を聞いたことでした。
※下のお名前、あつんどさんとお読みします。特徴ありますよね!
ここから勝手に親しみを込めて厚人さんと表記させていただきます。

もちろん、お仕事としてインタビューさせていただいたのですが
途中からその枠を超えて、どんな芝居が繰り広げられるのか、
是非観てみたかったというのも本心です。
またこうしてお知り合いになれたのも何かのご縁ですし、
実際に舞台に立っている厚人さんのお姿を拝見しよう!と思いました。

ただ、シェイクスピアと聞いて最初正直ビビッていた自分がおりました。

実は、ひそかに高校時代を思い出していたのです・・・。
(ちょっとだけ自分史)

・・・10代の頃、英語が大得意だった私、自分の道は英語だ!と単純に思い込み、
何も深く考えずに英文学科に行こうと思っていました。
そんな時、高校3年の夏に通った英語の塾で
シェイクスピアの英文をひたすら和訳するという授業があり、
正直難しいしつまらないし、挫折しかけていたのでした。
すると先生がこうおっしゃったのです。

「あのなぁ、英文科に行ったらシェイクスピアのこういう文章を日々研究するんだよ!」と。

・・・

・・・

・・・

それじゃ、やめよう(爆)。
※つまり、私が好きだったのは英語学であり英文学ではなかったということなのですが
当時はまたまた単純にこの2つが一緒に思えてしまった・・・。

こうして、私は高校3年の夏になってギリギリのところで進路を大きく変えて、
英文学科から社会系の学科志望にしたのでした。
そういう意味ではシェイクスピアがいなかったら、今の私はいないのです。
すごい出会いです(笑)。

・・・すみません、話を戻します。

そういうわけで、シェイクスピアのお芝居と聞いて、
理解するのはさぞ難しいのではないかと身構えてしまったのです。

しかし、とにかく笑えるラブコメディだし、
元々の内容を知らなくても大丈夫!とのこと。

実在の映画『真夏の夜の夢』(原作:W.シェイクスピア)の撮影現場を、
“バックステージ・コメディの巨匠”ケン・ラドウィッグが、大胆に描く!
この夏、世紀のファンタジック・ラブ・コメディがついに日本初上陸!!


うん、きっと、私のシェイクスピエアへの苦手意識を払拭するに違いない!

こうして、ワクワクしながら本多劇場に足を運び、本日観てまいりました。

ネタバレは避けますが、あっという間の2時間20分。
最初からドキドキしました。
テンポの良いセリフ、効果音とはこのことというまさに「効果」がある音。
グイグイ引き込まれていく自分がいました。
大丈夫、シェイクスピア知らなくても問題ないです。
実際に見た私が保証します!
それにしても、演じている皆さんが楽しそうで、客席からも自然と笑いが起きて、
やはり生の舞台はいいなぁ。
いい意味でめちゃめちゃドタバタしています。

厚人さんはスター俳優のディック・パウエル役でした。
この前スタジオでお会いした時は雰囲気が全く異なる・・・って
当たり前なんですけど、なんと言いますか、不思議な感覚に陥りました。
まさにスターというか、キラキラしていました。
キュンキュンするポイントがたくさんありましたよ(^_-)
劇場全体に響き渡る声、自分のセリフの時以外の立ち居振る舞い、
みんなで踊るときの茶目っ気たっぷりな様子、
役者さんってすごいな・・・と心から思いました。

物語全体を通しても思いっきり楽しませていただきまして、
終演後もまだ魔法の森にいるかのようで、
どこかに妖精がいないかしらと探したくなりました。
加藤健一さんの魅力にも今更ながらで恐縮ですがどっぷり浸かりました。
さすがの存在感です。次も観てみたいです。

帰り際、「是非楽屋へどうぞ」とスタッフの方に声をかけていただき
厚人さんにご挨拶することができました。

「河西さん、ありがとうございます!」
Tシャツ姿の厚人さん、またここで不思議な感覚。
えーっと、さっき舞台にいた人なんだよなぁ・・・って(笑)。
(素人な感想丸出しでお恥ずかしいですが、純粋な感想です)

そうして、最後にプロ野球の話も調子に乗ってまたしてしまった(汗)。
親しみを込めた話のネタという思いから、ついついすみません。
でも、「澤村の暴投ありましたね」等、リアルに会話してくださり感謝!

舞台にかける思い、これまでの生き方、これからの夢、
またいろいろお話伺いたいなと心から思いました。
素敵な舞台をありがとうございました。

これを機に、シェイクスピア、読んでみようかな。日本語訳で(苦笑)。
あと、またハリウッドに旅したい!

※「SHAKESPEARE IN HOLLY WOOD~ハリウッドでシェイクスピアを」
9月14日まで下北沢・本多劇場です。詳しくはこちら
by mikikasai819 | 2016-09-05 18:58 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819