カテゴリ:にっき(日々の出来事)( 1765 )

今日は都議会議員選挙でした。私は16時頃投票してきましたよ。
投票所には立会人がいます。不正がないか監視する役目です。
私、実は20歳の時、「選挙権を得た若者の立場でお願いできませんか」と
立会人を頼まれたことがありまして。
当時は地域の知っている顔ぶれの方が来て楽しかったけれど
それでも朝から晩まで長かった記憶があります(苦笑)。
ひたすら座っていなくてはならないのは大変です。
この経験があるからこそ、私は投票を終えた後、
心をこめて立会人の方々に会釈をしています。
(別に知り合いではないが。笑)

都議選特番をテレビ東京とMXで放送していて両方観ていました。
切り口が面白いですね。いかに興味を持たせるか工夫されていました。

そして、今日7月2日は選挙の前に、個人的に大きな再会が。

実は、私の大学時代のクラスメート(披露宴司会も務めるほど!)と
私の群馬時代のお仕事関係の方(年賀状のやりとりだけは継続!)が
ここ東京都内でママ友として繋がっていまして、
このたび私も誘ってもらって3人でランチが実現したのです。
世界は狭いです。2人が知り合いだと初めて知ったときすごく驚きましたもの。
本当に不思議な感覚でした。それは各々がそう思っていたと思います。
私の主人のことも2人は知っているので、
今度は家族ぐるみで会おうという話になりました!楽しみです!
by mikikasai819 | 2017-07-02 23:39 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

Twitterに毎日のように呟いてはいるものの、
会う人会う人に「ブログを見てるよ!」と言われることに気づかされます。
年配の方からは「Twitterはよく分からないんだよね」とも言われます。

以前も書きましたが、私はどうしても同じ内容を打つのが苦手で、
Twitterに記した場合はブログにそのことを書かないままという
本末転倒な状態を続けた結果、ブログが手薄になってしまいました。
数年前までは毎日本当に丁寧に書いていたのに。
ちょうどTwitterを始めたのが2年前で、そのあたりから逆転現象です。
でも、文字数にかかわらずしっかり記録して
あとから振り返りたいといま一度心から思うようになりました。
というわけで、この7月からまた、
本来のマイペースで書いていこうと決意しました。
(本来のマイペースって日本語が変ですが。苦笑)

2017下半期のスタートです。

7月って個人的に何かを始める・何かが始まることが多いです。
FM世田谷朝の生放送は前身の番組からトータルして10年目に入りました。
丸9年、金曜日の早起きをしていることになります。感慨深いです。

といいながら、次の7日金曜日はお休みします(爆)。
どこかまた旅行するの?と聞かれましたが違います。すみません。

※私の周囲にはスマホやPCで番組を聴いてくれる友人・知人が多いです。
社交辞令で1度試しに聴いてみるというのはありそうですが
そのあと継続してくれるパターンも多いのです。本当にありがたいことです。
気になる存在で居続けたいです(笑)。

なお、7月初日はまず中学からの親友を家に招き、お昼ご飯を提供。
いい近況報告を聞けて本当に良かったです。
そのあと、HPからご依頼をいただいたバレエ発表会司会について
北千住で打ち合わせをしたあと、
先月お仕事でご一緒した方との個人的打ち上げ。
飲むのが好きとは伺ってはいましたが、本当にお酒がお強い女性でして、
私も楽しくグイグイ飲ませていただきました!
1軒目はおしゃれに、2軒目は親父系居酒屋で(笑)。
これからはプライベートでのお付き合いができそうです。
実はなかなか大変なお仕事だったのですが、
こういう人間関係的ご褒美がついてくると嬉しいですね。

ということで、またブログ更新します!
by mikikasai819 | 2017-07-01 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

ブログっていうWord文書

あとでUpしようと思って書きためておいた文書が
PCにどんどんたまっていくのですが、
このたび「ブログ」とタイトルにつけたWord文書が
10個あることに気づきました(驚)。


最も古いのは2010年の記述(笑)。


「違うジャンルの2つの食べ物で幸せな気分になった。
横浜・元町の【SHIMOMURA(フレンチ)】と
学生時代の友人が店長をしている【伝説のすた丼】。
どちらも初めて行ったが両方おいしかった!」


→これはよく覚えている。
SHIMOMURA、移転してから行ってないなぁ。
黒豚の黒煮と雪のしずく、おいしかったなぁ。そろそろまた行こうかな。
すた丼はミニでも普通の大きさがあるよと教えてもらったっけ。
あのおいしさ、癖になるんだよなぁ。

ちなみに2011年はこんな内容。

「最近、靴の購入がうまくいかない。
24か24.5の私。ここのところ24センチを買って、なんと3足もNG。
購入時、ちゃんと試しに履いてみたし、ちっとも痛くなかった。
もちろん、足がむくむ時間帯も考慮しながら決めたつもり。
それなのに、買った翌日、いざ履こうと思うと・・・一応入るけどかなり痛い。
一応歩けるけど、長時間は絶対無理だ。」


→もう今は24.5でほぼ決まり。中敷きで調整というのが通常。
しかも最近は好きなブランドが決まってきたので悩むことがなくなった!



・・・ってこういうのを見返していると先に進めないんだ!ってば(苦笑)。



日々の出来事はTwitter。クリックしてみてください。
by mikikasai819 | 2017-06-22 00:36 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

最上の飲み物

あの時の「おいしかったー」!っていう感覚が忘れられない瞬間があります。
飲み物です。

中学2年生の林間学校で尾瀬を歩いて最後に配られた牛乳
疲れ切った体に、この世のものとは思えないくらいおいしかった。
(そんなに牛乳は好きではなかったのだから余程良かったのだろう)

高校3年生の体育祭の帰りにコンビニで買った午後の紅茶
何の味だったか思い出せないけれど、あの時も、
生きててよかったーと思うくらいおいしかった。

そして、一昨日。(飛びすぎ?笑)
新たに追加されました。

某お仕事が終わったあとのビール
居酒屋ではない店でサイドメニューとして置いてある程度のものでしたが、
本当に色々頑張ったので、どうしても飲みたい!と自発的に思い、注文。
(注:私はお酒は好きですが、あまり一人で飲むことはないのです)

そうしたら、缶ビールと、キンキンに冷やしたグラスが一緒に出てきました。
このグラスは嬉しいな。このひと手間がありがたいですね。


プシュッ!(缶を開ける音)

トクトクトクトク・・・(注ぐ音)

「・・・。」(なみなみ注いだグラスを見つめる静寂)

(お疲れ様、頑張った!乗り越えたぞ!自分!!!)←(心の声)





グビグビグビグビ・・・(勢いよく飲む音)
プハーーーーーーーーーーーっ!!!



おいしいーーーーーーーーー!!!



これまでの40年で(いや、最初の20年はアルコールカウントしないか!)
本当に、純粋に、美味しいと心から思える瞬間でした。

店の目の前は何の変哲もない幹線道路なのにすごく素敵な景色に見えました。

大袈裟ではなく多分一生忘れられない・・・いや、そこまでかは分かりませんが
「忘れても、何かの拍子に強烈に思い出す」のは間違いないでしょう。

いつも飲んでいるものでも、心境によって味は格段に変化するのだな。
それは良くも悪くも。そんなことを思ったのでした。
またここから頑張っていけそうです。

頑張って台湾旅行記書きます(笑)。

多方面から「楽しみにしてるんだよ」と言われまして。
ありがたいことです。しばしお待ちを。
by mikikasai819 | 2017-06-05 08:18 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

1日の刷り込み効果

「今日は河西さんの好きな1日(ついたち)ですね!」って、
実は今日メールをやり取りした中で4人に言われました(笑)。
これはすごい確率です。
私、どれだけ「1日(ついたち)が好き!」って言っているのでしょう(笑)。
「1日になると河西さんを思い出す」と言ってくれる人までいて
その人の頭の中に1か月に1回は強制的にお邪魔してしまっているということ?

・・・すみません(苦笑)。

今、家の中が、断捨離の途中段階で色々なものが山積みになっています。
こういうのは心に余裕があるときにやるべきなのでしょうが、
中途半端に手をつけてしまいました。ヒーッ。
by mikikasai819 | 2017-06-01 22:13 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

途中でもいいよね(笑)

台湾旅行記を書き始めると、どうしても、
終わらせるまで他のことを書かない方がいいのではなんて思ってしまう(笑)。
でも、お読みいただくと分かるように、旅行記ってボリュームが多くなります(汗)。
自分の記録の為もそうですが、これから行く人のお役に立てるかなとか
そういうことも考えていくと、写真の編集やらなんやら、
気づけば1つの記事に2時間近くかかることもあります(爆)。

そうしていくと、どうしても時間が足りない!

もちろん、完結はさせますよ(笑)。

でも、他の出来事がどうしても書けない。
書いてもいいのだろうけれど、途中で挟み込むのが気持ち悪い(笑)。

・・・

・・・

・・・気にしすぎなんだなと、ふと思いました。

最近、どうもネガティブな言葉ばかり口に出している自分がいて。
これが厄介なことに、本当に気持ちがネガティブだったらまだしも、
なんかこう、無意識にそういう言葉を選ぶ癖がついてしまった気がして。
いいことがあってもそのいいことを素直に喜べず
屈折した表現にしてしまう癖。
これはね、本当に、言霊というか、
口に出しているとどんどんその方向に行ってしまいます。
半ば強制的にでもポジティブな言葉を発するようにしていきたいです。
実際は楽しいこともたくさんあるのでね。

というわけで、また旅行記も書きますよ!
私はやっぱりこのページが好きで。ここに立ち寄ってくださる方も好きです。
ありがとうございます。
今から丸ビルでお仕事してきます!
by mikikasai819 | 2017-05-29 12:20 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

金曜の生放送を終えてから月曜日まで台湾に行ってきました。

台湾は私にとって人生初めての海外旅行をした思い出の場所です。
1997年の11月、大学のゼミでの研修でした。
そのあと1999年の9月に再訪し、そこから一度も行っていなかったのです。
実に18年という歳月が流れました(汗)。
行けるチャンスは何度もあったと思うのですが、ついつい欧米に行ってしまい、
本当に久しぶりに訪れることとなりました。

この月日は台湾が大きく成長を遂げた18年です。
どこが変わっているのか、変わっていないところはどこか。
ワクワクしながらの夫婦二人旅です。
(実は、旅行の予約手続きをした翌日(!)にお仕事のご依頼を受けるという
タイミング的にはなんとも残念&申し訳ないという面もありましたが(涙)、
気持ちを切り替えて楽しもうと決めました。)

・・・え?前置きが長い?

まあ、今日は5月19日、出発の日のことを書くだけなのでお許しを。
この日は金曜日でしたのでラジオの生放送をしてからです。
メッセージテーマを「台湾」として、
ディレクターが関連曲をたくさん選んでくれました。
欧陽菲菲、テレサ・テン、ブラックビスケッツ(ビビアン・スー)、一青窈・・・

・・・で、スタジオを後にして向かったのは羽田空港。
14:35発台北行き。China Airlineです。
実はこれまでも羽田の国際ターミナルを使ったことはありますが
決まって帰国便でして、出発で使うのは初めてでした。
海外に行くときは成田の方が「行くぞー」って感じで好きなのですけどね。

今回は出国手続き後にBEER CLUB Verre Tokyoに入り、
飛行機を眺めながら早速ビールで喉を潤しました。

フライト中は爆睡。4時起床で番組をしたので、これは想定内。
でも、途中の富士山は本当に綺麗でした。
e0039787_22444725.jpg

ちなみに機内食はこんな感じ。
e0039787_22453149.jpg

台湾までの所要時間は3時間35分。ヨーロッパと比べたら本当にあっという間。
もう着いたの?という感じでした。(だから爆睡していたのですけどね)
時差が1時間。現地時間はこの時点で17:15です。

松山機場は桃園機場と異なり市街地にあります。
地下鉄(MRT)も通っていて台北駅までも乗り換え1回ありますが
20分程度で行けてしまいます!
桃園(遠い方)を使った18年前は公共のバスで
1時間ほどかけて市街地に向かったことを思い出します。

ちなみにMRTのICカード(悠遊カード。ヨーヨーカと発音!)は
空港ですぐ購入しました。イラストが可愛いです!
e0039787_23203733.jpg

いきなり自動販売機では買えません。
最初に駅の窓口で100元で購入します。
e0039787_23292835.jpg

駅員さんは日本語と韓国語の書いた紙で質問してくれました。
「チャージ?」と書いてあった記憶があります。
別途100元分をチャージしました。
なお、チャージはいくらからでも大丈夫でした。
(旅の途中まで100元からだと思い込んでいましたが、
終盤になって小銭でもOKと知り、滞在期間に合わせて70元などにしていました。)

ちなみに自動改札では入場する時に可愛い音がします。
松山機場から忠孝復興駅で乗り換えて、あっという間に台北駅へ到着です。

今回の宿は「天成大販店(COSMOS HOTEL)」。
口コミは良かったもののそこまで期待せずに行ったのですが
これが大当たりのホテルでした。
まずはその立地。台北駅のM3出口から徒歩30秒!雨にも濡れません。
旅の醍醐味は街を歩き回ることだ!という我々にとっては最高の場所です。
この利便性が故に、途中で何度も部屋に戻れました。
しかも清潔でスタッフも日本語OKで親切。部屋も快適でした。
壁が薄めで隣の部屋の声はうっすら(何を言っているか分かりませんが)聞こえました。
でもやはりこのロケーションの良さは格別。
というわけで、細かいことを気にしない方はおススメします。
一応、四つ星ホテルです。
e0039787_23265474.jpg


チェックインして、本来なら台湾の超高層ビルである「台北101」に行き
夕暮れから夜になる変わり目を楽しもうと思っていたのですが、
あいにくの雨・・・。雨女健在・・・。
まあ、まだ土・日・月と明日から3日間滞在するわけなので。

まずは夜ご飯を食べることに。

向かった先は「度小月坦仔麺」。
元々台南名物の坦仔麺ですが、最近では全土で食べられるそう。
e0039787_23375576.jpg

席についてからメニューを見ながら伝票に自ら書き込んでいきます。
e0039787_23395835.jpg

日本語なので大丈夫。個数を書いて渡して待ちます。
e0039787_0245478.jpg

ビールはもちろん台湾ビール。
e0039787_23425682.jpg

坦仔麺は1杯50元。日本円で185円。B級グルメ的で元々小さいです。
お店の入口で作って席まで運ばれます。
e0039787_23432716.jpg

野菜もとらなきゃ!と思って青菜。サツマイモの葉だったかな。
e0039787_233912.jpg

そして焼きソーセージ。にんにくをのせていただきます。
e0039787_23445176.jpg

あっ、ちなみに、このお店は1人100元からです。
つまり、坦仔麺だけでは50元にしかならないので無理ということです。

ふー、満足満足。

でも、敢えて満腹にはさせない。

なぜならせっかく夜なのですから。
次に台湾名物である夜市に行くことにしました。

様々な夜市がありますが、やはり古くからの歴史がある士林へ。
18年前も串を食べたり楽しかった記憶があります。
なんだか感慨深いなぁ。
(士林駅で降りるのではなく剣潭駅で降りるのは注意点)

さてさて、行ってみて驚きました。

なんか・・・昔の記憶と違う!!!

そもそも食事するところって地下だったっけ?
e0039787_2348313.jpg

行ってみると・・・
e0039787_234995.jpg
e0039787_23492214.jpg

そこには確かに賑やかではあるけれど、昔のような騒然とした感じではなく、
きちんと店が並んでいる、夜空の下ではない、不思議な感じでした。
e0039787_23503613.jpg

あちこち歩いていると声掛けが半端なかったです。
まだ慣れておらず、とりあえず退散(笑)。明日以降に備えます。

ホテルに帰る前に高鐵台湾駅の窓口へ。
翌日は高雄の街へ行くので、先に新幹線のチケットを買っておきます。
厳密に言うと「引き換え」をします。
日本で3DAY RAIL PASSをインターネット購入していました。
その名の通り、3日間新幹線が乗り放題です。
これが、正直3日間乗らなくても台北~高雄の往復だけで元がとれてしまう優れもの!
2400元(日本円で8,880円)です。
この現物と引き換えるために窓口に立ち寄ったのです。
e0039787_23564436.jpg

パスポートをコピーされたり、実際に乗る新幹線の情報を手書きで移されたり、
結構な時間がかかりました。
22時近かったので、新幹線の終電に乗りたい方が窓口に並んでいたのに、
我々外国人が長時間占拠してしまう形になり、申し訳ない気持ちになりました。
そんなにかかると思っていなかったので、ごめんなさい!
e0039787_005052.jpg

でも、おかげで準備万端。これで明日は高雄に行きますよー。
e0039787_00218.jpg

それにしてもなぜわざわざ手書きなんだろう。
プリントアウトされたものを渡してくれればいいのになー。
控えでとっておくみたいです。

To Be Continued・・・
by mikikasai819 | 2017-05-24 00:17 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

連休明けから憂鬱そうな表情の人が多いように思います。
日中は暑いくらいで、なんだか体が追い付いていない気も。

さて、今年のGW(個人的に)最大の出来事を記したいと思います。
(早く書かないとどんどん過去になってしまう!)

5月5日
武蔵野シンフォニックブラスオーケストラ(以下MSBOと記す)定期演奏会司会
4日がそのリハーサルというこで、両日お仕事でした。
e0039787_1164974.jpg

・・・と日付を書きましたが、私の中でこの話が最初に始まったのは
既に4月上旬からでした。
MSBOの定期演奏会は毎年GWに行われ、もう8年近く司会をお願いされています。
団長さんをはじめ、メンバーの皆さんとも顔見知りになり打ち解けてきました。
(私のHPに団長さんが寄せてくれた「お客様の声」はこちら。2番目です。)

今回もだいぶ前からご依頼をいただいていて、再会を楽しみにしていたところ、
打ち合わせの日程を決めるメールに書いてあったのが、以下の文章でした。

誠に申し上げにくいことなのですが、今回のアンコールでお願いがあります。
今回、フラッシュモブのような形に仕上げたく、
ラストにドラマで流行った「恋ダンス」を行うのですが、
司会の方が参加したらほんとにサプライズになるだろうということで
指揮者から熱烈な要望があります。ご検討頂けますでしょうか。
大変厚かましいお願いではありますが、ご協力いただけたらお願いいたします。


これを見たとき、本当に目がテンになり、体が硬直し、
血が逆流するような感覚になりました。

以前のブログにも書きましたが、私はダンスが大の苦手です。
球技も陸上も得意なのに、ダンスさえなければねぇという
体育教諭のお墨付き。←日本語おかしい(笑)

とにかく人前で踊るなんてとんでもない!
あの恋ダンスだよ?
観ている分には大好きだけど、あれを自分が踊るなんて、
ゼロから覚えるなんて、無理無理無理!!!絶対無理!!!

でも、お仕事ですからどうやってお断りするか、難しいところです。

悩んだ末、以下のような文章を送りました。

今年も司会のご依頼ありがとうございます。
しかし、恋ダンスには相当動揺しております。実は昔からダンスが得意ではなく、
喋りよりそちらの方が気になってしまいそうなのです・・・
またお会いした時にご相談させてください。


これでやんわりと伝わってくれないかなーという感じでした(笑)。
しかしその淡い期待は打ち砕かれ・・・

それでは少し踊る分量を減らしますのでいかがですか。
司会者が踊るというサプライズですので、何となく形になっていれば大丈夫です!


踊る分量・・・もう、私の中では30秒だろうが1分だろうが3分だろうが
踊るということに変わりはなく、一気に落ち込みました。

・・・これはもう、やるしかなさそうだ。

ここまで読んでいて「そんなに嫌ならやめればいい!」と思う方もいるでしょう。

その通りで、究極の話、司会自体を断ることもできるです。

しかし、それはそれで望んでいることではありません。
ずっと信頼してご依頼いただいている皆さんの雰囲気を壊してはいけない、
私が努力すればこのステージは希望通りになるのだという思いはありました。

うーん、でも、ダンス、人前、舞台上・・・無理無理、でも、あーーーーー。

すごく悩んで、具合悪くなりましたが、
「別にキレッキレのダンスをしなくていいんでしょ?
逆に司会者がプロ顔負けだったら目立つよ。普通に間違いなく流せればいいんだよ。
やっちゃえやっちゃえ!楽しんじゃえ!」と同業者に励まされ、決意しました。
(今思えば、これ、飲みの場だったからノリで言われたのかな。苦笑)

本番前の打ち合わせは4月末、彼らの拠点である三鷹のカフェで行います。
その打ち合わせの場に、今年の私はいつもより神妙な面持ちで出席していました。
本編の司会部分よりアンコールの恋ダンスが気になって仕方ないのです(苦笑)。

「いやー、河西さんに引き受けていただけるなんて思っていなくて
今回は本当にありがとうございます!断られたら団長が踊る予定でした。


ええええええ???断るパターンありだったの?????(叫)


でも、一度決めたのだから、やるしかない。



河西美紀、恋ダンス、踊ります。(但し最後の30秒だけね)

・・・

・・・

・・・

30秒だけだからと甘く見ていたら大間違い。

これが、覚えるのは大変でした・・・。

Youtubeで「恋ダンス 反転 スロー」というものを何度も観て
繰り返し覚えます。
果たしてこれで合っているのか分からないままに、
1小節ずつ、ひたすらに、ひたむきに。

そう、ダンスが好きな人だったらこの工程も楽しいんだと思います。
私はずっと半泣き状態でやっていました。

頭で考えると右と左が混乱する。
何も考えずにやるとうまくいく気がする。
何も考えない、何も考えない・・・ってそのことを考えてる(爆)。

スロー50%の段階(つまり星野源さんの唄の半分の速度)でも
最初は踊れませんでした。大丈夫なんだろうか。

5月4日のリハまでに覚えなくてはいけなくて。
仕事の合間を縫って、深夜家で踊ります。
Youtube上で教えてくれる先生(どなたか存じ上げませんが)、
本当に助けられました。すごい再生回数で、みんなこれを観て練習したんだなと。

練習していると主人からは「顔がこわばってるよ」と指摘される始末。
眉間にしわを寄せながらすごい形相で踊っていたようです。
ガッキーも石田ゆり子も、ホント、あんな可愛い笑顔で踊れてすごいな。
各地方局のアナウンサーもそういえば踊ってたな。
ダンスが苦手っていう人、一人もいなかったわけではないはずなんだけどな。
はぁ、道のりは遠い。

30秒だから楽と思いきや、途中からダンスに混ざっていくというのがこれまた難しい。
そんなことに気づきながらも必死に反復しました。
何とか形になりましたが、ちょっと気を抜くと間違えそうです。

リハの日。
「司会者の河西さんです」「よろしくおねがいしまーす!!!」
「よろしく・・・お願いします・・・(例年より挙動不審な私)」
団員の皆さんは私が踊る後ろで演奏します。
舞台袖でも常に動きの確認。

「それじゃ、河西さん、1部のアナウンスからお願いします」
「あ、はい!」
そうだそうだ、私のメインは曲目の説明だ!!!ダンスはあくまでアンコールだけだ。
(ホントこんな感じで、心ここにあらず状態)

1部、2部、3部と演奏の前後に喋って、最後に恋ダンス。
まだお客さんは誰もいませんが、ステージの上で踊ります。
隣の方と同じ動きができているのか不安でたまりません。
最初は真面目に司会者として出ていき、曲の途中から踊り出すという流れ。

ちゃんと音楽を聴きながら、入るタイミングを合わせます。

ここだ!

バックの吹奏楽の演奏に合わせて、覚えたダンスを踊ります。

途中までかなりいい感じ。
ん?こうだっけ?あ、なんか手の動きがおかしかったかも。
まあ、いいか、あ、ここはうまくいった。もうすぐ終わる。
あー、終わった。なんとかごまかして揃えた。

30秒ってホントあっという間です。
(普段3時間の生放送しているしそもそも30秒のイントロ紹介しているんだから
あっという間なのは分かっているはずが、なんというかすべてが新鮮)

客席で観ていた演奏会の実行委員の方からは「河西さん、踊れてましたよ」と。
指揮者の方も「いやー、河西さん、出来てるじゃないですか!」と。
私が相当「苦手」と連呼していたので、依頼した側も心配だったのでしょう。
多分、この時点ではもっとたどたどしく、
曲のスピードについていけないイメージで出迎えてくれていたかもしれません。
まずはホッとしました。
でも、ごまかして揃えたのです。決して会心の出来ではありません。

「以上でリハ終了になりまーす!
河西さんがもしダンス心配なようでしたら演奏しますがいかがですか?」

「いえ、何度やっても心配なので、とりあえず大丈夫です」
狙ってなくて本音なのですが、団員から笑いがおきました(苦笑)。

リハの帰りに実行委員の方に言われました。
「河西さん、どうか明日は緊張しないで楽しく踊ってくださいね」

そうだよね、テストじゃないんだから。
ちょっとくらい間違えても、踊りが下手でも、それこそ笑顔で。
やるだけのことはやったのだから。

と言いながら、完璧主義が邪魔をして、この日も家で練習しました(笑)。

翌朝。当日。
ラジオの生放送があるのでまずはそこから。
CMの途中など、ふとしたときに恋ダンスのことが頭をよぎります(笑)。
いかんいかん、まだ先のことだ。

終えてからホールに向かい、控え室でもひたすら踊ります。
大丈夫大丈夫。もう体が覚えた!
でも、やっぱり考えると混乱します。
お客さんが入場して、前の方の席まで入って、緊張はMAX。

まずは司会です。会をつかさどることからです。

そうして1部、2部、3部。
リハと違うのはお客さんの反応があるところ。
会場である三鷹市公会堂光のホールは客席との距離が近いので表情がよく見えます。
手拍子しながら盛り上がってくださるお客さんを観ながらその時を待ちました。

アンコール。

少し寸劇のような演出も入りつつ、やるなら思いっきり。

私より前に踊る人たちが舞台に出て行って、

いよいよ自分の番が来て、えーい!!!

大丈夫、いっぱい練習した。元々この曲好きだよね、私。

・・・30秒はやっぱりあっという間でした。

でも、カットアウトで終わるこの曲、
両手を合わせた(拝んだような)姿勢で終わるこの曲、
終わって拍手が来たときは、私、それこそ目を閉じて拝んでしまいました。

終わった・・・。やりきった・・・。

1か月前、ダンスがやりたくなくて、どうやって断ろうか考えていたのに、
こうしてなんとかかんとか、披露することができました。

興奮というよりは放心状態で、
でも、確かな達成感と、もう踊らないんだという寂寥感と、
不思議な感覚でした。

終わってから団員の皆さんはお見送りといってホールのロビーに出ていきます。
私もちょっと顔を出してみたところ、
「司会、お疲れ様でした!あなたの声、聞きやすかったわよ!」と
知らない年配女性に声をかけられました。

「しかも、司会者さんが最後ダンスに加わるなんて、ホントにびっくりしたわよ。
あなた、踊れるのねー。楽しいステージありがとう!!」


・・・

・・・

みんな笑顔のロビーなのに、私は涙が出そうになりました。
声をかけてきた方も、目の前の司会者がこんな心境だとは思いもよらないことでしょう。
踊れるのねーって、えーっと、踊れませんでしたけど、
どうやら踊れるようになったみたいです。

いや、正確には、自分が踊れたことの喜びというよりも、
発端は実行委員の方が「司会者が踊るというサプライズ」を望んだわけで
それをちゃんと驚いて楽しんでくださった方がここにいた、
頑張ったことは間違っていなかったという瞬間だったからでした。

忘れられないGWになりました。

気持ちが高ぶって打ってしまったため、長文、お許しを。
by mikikasai819 | 2017-05-11 11:03 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

GW2017②中学時代の青春

今日は暑くなりそうですね。既に朝から半袖でOKです。
では、「GWを振り返る」の続きです。

5月1日(月)&3日(水)

中学時代の同級生と会いました。
1人は5年ぶり、1人は2か月ぶり。

5年ぶりの相手はこのたび新たな仕事の展開に着手したということで、
40歳の今、どんな心境でどんな状況でどんなビジョンなのか
すごく興味がありました。
10代の時と変わらず飄々と、でも、今をキラキラと生きる姿には
大いに刺激を受けました。
話はもちろん昔の話にもなり、私があれこれああだったこうだったと話すと
「河西ってホントによく覚えてるね、すごいよ」と終始笑われました。
確かにこの時代の出来事はかなり詳しく記憶されています。
でも自分だけの都合のいい解釈になっていたら嫌だったので、
その答え合わせ?ができてとても楽しい飲みでした。
17時~22時まで。5時間費やしても話は尽きず、まあ、よく飲みました。
焼酎の水割りを頼んだところ日本酒の徳利で提供されて・・・。
(翌日どうやら二日酔いになったようです。私は大丈夫♪)

もう1人は中学時代からの親友です。
彼女もこのたび新しい仕事を模索することになり人生の転機です。
最近の我々のブームは「キャッチボール」。
広い公園に行ってはゴムボールを投げ合うという、まあシンプルisベストです。
硬球やグローブ等持ち出すと本格的になってしまうのであくまでお遊び。
・・・のはずが、いったん投げ出すとこれがまた、
お互いの球筋がなかなか良いのです。(自画自賛。笑)
ゴムボールなのにキャッチすると痛いくらい、ビシッと。
たまにフライをあげたり、キャッチしてすぐクイックで投げたり。
いい大人が子供たちの多い広場でいい汗かきます。
2年前から始めて、会うたびにどこか違う公園に行くのでそれもまた楽しみの一つです。
基本的には我々の実家がある地元小平市から比較的近くを選ぶので、
今回は都立東伏見公園でした。駅から歩けていい公園でしたよ。

体を動かしたら栄養補給ということで駅前の焼きとん屋さんへ。
頼んだお酒が、彼女はカシスオレンジ、私はホッピー。
種類違いすぎないかい?(笑)
この日も17時から飲み始め20時まで。
当時は部活や勉強・好きな人のこと等、思春期ならではの悩みを話していたのに
仕事に健康・親のこと等、明らかに話す内容が変わってきて(苦笑)、
それでもやっぱり気兼ねなく話せる友達って大事だなと思いました。

中学時代を共にした2人、私にとってはどちらも欠かせない存在。
今このままの気持ちというかいわゆる大人の感覚であの頃に戻れたら、
当時また違う付き合い方をしていたでしょう。
でも、中学生ならではの不器用さがあったからこそ、
こうして今、一緒に懐かしむことができるとも言えます。
あの頃の様々な喜怒哀楽が、確実に今の自分を作っています。ありがとう。

では、今年のGW、個人的に最も大きな壁だったあの話を
次に書くことにいたしましょう。

続く
by mikikasai819 | 2017-05-08 09:29 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

GW2017①群馬を満喫

GWという定義では動いていないつもりでしたが、
結果的にこの9日間は公私ともに様々な出来事があったので
3回に分けて記したいと思います。
今日は、群馬での2日間について。

4月29日(土)
この日、日中は池袋で日経セミナーの司会でした。
お仕事を終えてから、電車に飛び乗って前橋へ。
実はだいぶ前からこの日はサッカーの試合を観に行くつもりだったのでした。
ザスパクサツ群馬VS名古屋グランパスです。
ただ、仕事が入った私はどう考えてもキックオフに間に合わないため、
主人は先に行き、私は後から向かうことになりました。

新前橋からタクシーに乗りこみ、正田醤油スタジアムに着いたのは前半35分。
ちょうど座って落ち着いた頃、ザスパが先制点をあげました。

私は正直どちらのチームにも詳しくありません(汗)。
やはり群馬は第2の故郷であり、まだ一度も今季勝っていないということで
ザスパに頑張ってほしいと思いながらも、
主人はグランパスファンでJ1に来季は上がりたいと切に願っているのを知っていて
こちらも頑張ってほしいと思うし、まあ、そんなわけで中立的に。
もちろんFMぐんまの中継を聴きながらです!
e0039787_2311422.jpg

結果は1対4。ザスパにとっては大敗。サポーターは「フロント出てこい」と。
なんだか大変なことになっていました・・・。

試合終了後は懐かしい人たちに会えて、本当に幸せな時間でした。
15年前に群馬を去る時は今思えばパワハラで鬱状態になってしまっており
多くの人にきっと不義理をしてしまっていた自分ですが
今こうしてまた笑顔で再会できていることの喜びをひしひしと感じました。
終電を気にしなくていいということもありAM2時まで盛り上がりました。
心から感謝。

4月30日(日)
群馬時代に親しくなったアーティスト・・・のお母様との再会。
お母様とこうして繋がっているのが不思議な感じではありますが
実は昨年東京で再会を果たすことができ、
今度ゆっくり群馬でお会いしましょうという話になったので
これはもう、絶対に実現させなければ!と思いました。
ご自宅にお邪魔してお茶をいただき、
先日産まれたお孫さんの写真を見せていただきました。
ランチは、前回行ったレストランが忘れられずリクエストして。
それは高崎の「小紋」というレストランです。
今自分のブログを振り返ってみたら、前回というのはなんと2006年の出来事でした。
記事はこちら
もう11年も前のことなんだ・・・そんな気はしなかったけれど。
今回もとても美味しかったです。

またの再会を約束し、次に向かったのは観音山。
アナウンサーになった1999年、入社早々、生放送を任されることになり
不安で押しつぶされそうになったとき、ここにきて観音様を見上げながら
頑張ろうと心に誓いました。
それ以来、毎年4月に必ず訪れ、初心を思い出すようにしています。
e0039787_232912.jpg

GWの季節に行くと、五色龍の襖絵が限定公開されています。
未見の方、是非・・・ってお知らせするのが遅い(汗)・・・。
秋にもあるのでその時是非。
e0039787_2325648.jpg


そこから富岡製糸場へ。
世界遺産になってから一度も足を運んでおらず、
この機会に行ってみようと思った次第です。
入場料が1000円。まあ、それくらいするのかなと思いつつ、
ちょうど到着したタイミングで「ガイドツアーが間もなく始まります」とのこと。
200円という気軽さもあり参加しました。
一生懸命覚えた内容を話している感じで途中ちょっとドキドキしましたが
やはり解説を聞くと違いますね。
でも、正直もっと面白くできるのではないかなぁと思いました。
15時過ぎに行って、17時閉館ギリギリまで。
ちょっと時間が足りなかったけれど行けてよかったです。
思い出してみれば、局アナ時代に公開生放送で来た時以来でした。
その当時はまだ片倉工業の持ち物で、一般公開日は限定されていたのでした。
世界遺産になったのですからすごいですよね。
e0039787_2335520.jpg


富岡から前橋に戻ってきて、群馬滞在最後に行くのはやっぱり「松葉屋」。
必ず頼むのが「四川風みそラーメン」。
今回も本当においしかったです。
e0039787_2342050.jpg

そして、最近は松葉屋のおじちゃんおばちゃんと
旅の話をするのが楽しみの一つとなっています。
1月に行ってきたという台湾の写真を見せてもらいました。
4月には北京に行ったそうで、この先も計画が目白押しとのこと。
お店を頑張りながら夫婦で旅に行く、これぞ私の理想です。
いつまでも元気でいてほしいなと思います。

というわけで、GWは初日からいきなり楽しい時間となりました。

続く
by mikikasai819 | 2017-05-07 23:04 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31