ここ数日でさらに「旅行記まだ?」という声が上がりました。
しかも、「今度台湾行くんですー!」という知り合いもいて。
台湾人気を実感です!さあ、書いていきますよ。
はそれぞれの番号をクリックしてみてください。

高雄の驛站食堂でランチしたあと、MRTに乗りたいので
駅の反対側に行くのに、構内を突っ切ります。
通行券を1枚とりましょう。郵便局や銀行にあるような番号が出る機械です。
e0039787_18111384.jpg

e0039787_18105892.jpg

20分以内であればOK。普通に歩いて行く分には何の問題もないですよ。
e0039787_18115534.jpg

逆側の出口は開けています。
e0039787_1812355.jpg

ここからMRTに乗って・・・
e0039787_18134590.jpg

向かったのは西子湾という駅です。1回乗り換えが必要です。
e0039787_18143761.jpg

この駅にあるのは鉄道博物館。鉄道故事館とも言います。
出口からすぐ!(雨降っていてびっくりした!)
e0039787_2252342.jpg

以前は高雄港の駅だった場所です。
元駅舎の中に当時の貴重なものが展示されています。
e0039787_22525256.jpg

e0039787_225415100.jpg
e0039787_2254364.jpg
e0039787_22544917.jpg

本棚には日本の書籍ばかりで驚きました。
e0039787_2253146.jpg

外に出ると、複数の車両と機関車が、かつての線路の上に保存されています。
e0039787_22554568.jpg

入場は無料ですが、正直ここだけだと「ふーん」という感じでした。
そこから少し歩いた先にあった建物に私は心を奪われることになります。
e0039787_22594232.jpg

オブジェなどもあって見応えあるところを通ります。
e0039787_230477.jpg
e0039787_230229.jpg

鉄道故事館に広場を介して隣接しているのが駁二芸術特区。
ここに昨年新しくできたのが哈瑪星台湾鉄道館です。
e0039787_233768.jpg

これが、めちゃめちゃおススメできる施設だったのです!!!
別に鉄道好きな方じゃなくても楽しめます。っていうか、寄らなきゃ損!!!
その理由は、アジア最大級の鉄道模型。ジオラマが広がっていることです。
e0039787_23672.jpg

本当によくできています。
e0039787_2362723.jpg

観ていて飽きません。実にすばらしいです。
e0039787_2365027.jpg

それもそのはず、すべて作るのには2年かかり、300人を動員したそうです。
細かいところも丁寧に作られています。
e0039787_2375248.jpg

そして朝から昼、夜、そして朝と、1日を7分間で表現しているので、
夕暮れ時、深夜、早朝などによって見え方が違うのです。
私、そういう意味ではこのジオラマの前だけで30分以上いたので
何日分眺めていたことになるのだろう(笑)。
e0039787_239573.jpg

係の人が片言の日本語で「鳥、人、動きます」と教えてくれました。
鳥が朝になると餌をついばむ様子もちゃんと表されていました。
e0039787_23101714.jpg

この人も朝になるとちゃんと体を動かして耕し始めるのです。
e0039787_2310506.jpg

あー、この素晴らしいジオラマを思い出すだけで幸せな気分です。
また観に行きたいくらいです。心からおススメです。
ちなみに入場料は299元です。
これ以外にも電車でGO的なものもあったり、楽しいコーナーがいくつかありました。
繰り返しますが鉄道フリークの人だけの施設ではありません!是非。

外ではミニSLが走っていました。
あいにくの雨でしたが大人たちが楽しそうに乗っている姿は
なんだかほほえましくて1枚撮りました。
e0039787_23124739.jpg

そうそう、ここの敷地のトイレの表示、
男性も女性も切羽詰まっている感じの脚の描き方でした(笑)。
e0039787_23141973.jpg


さて、鉄道館を後にして、次に向かったのは、
先ほど乗り換えた駅、美麗島駅。
「世界で最も美しい駅」第2位に選ばれた駅なのです。
その理由はステンドグラス。実に4500枚!みんなここで写真を撮っていました。
e0039787_23193220.jpg

ちなみに、台湾って、駅構内(地べた)に座り込んでいる人が
相当数見受けられます。
日本だと行儀悪い感じがしますが、これが普通のようです。

美麗島から再び高雄駅に戻ります。
高雄の駅は2017年現在、新旧両方あります。
新しい高雄駅を出て駅を背に左側に旧駅舎が移されています。
旧高雄駅、中に入ることができます。様々な貴重な資料があります。
e0039787_23235730.jpg

せっかくですので観たほうがいいと思います・・・が、
私は実はここでものすごく体調が悪くなってしまいました。
原因は分かりませんが、全身がけだるく、貧血みたいな症状、
そのうち気持ち悪くて吐きそうになり、動けなくなってしまったのです。
旧駅舎入ってすぐのところに椅子が並べてあったので、
意識朦朧としながらそこに座ってじっとしていました。
しばらくすると奇跡的に復活しましたが、
一時は旅行中止を言い出そうかと考えるほどしんどかったです。
よって、私が覚えている景色は入口すぐの空間だけです。
e0039787_23261771.jpg

大事をとって、そのあとも新光三越の店内のベンチで少し休んだら
気持ち悪さも治まりまして、動けるようになりました。
それにしてもよく復活できたなぁと思います。(治った理由も不明)

高雄では「呷百二」というお菓子のお店に立ち寄りました。
地下鉄三多商圏駅出口前すぐ、パイナップルケーキももちろん、
そのほか色々置いてあります。試食もさせてもらえます。
高雄ならではのお土産を探しているならおすすめします。ひよこも可愛いし。
e0039787_23291218.jpg


そして、あっという間に高雄から台北に戻る時間になりました。
新幹線の駅である左栄から戻ります。
ここで、駅弁を買ってみることにしました。
新幹線(高鐵)乗り場の近くには1つのみでしたが(しかも販売時間が短い!)
e0039787_23375122.jpg

在来線の特急乗り場の方にはたくさん売っていたので
そちらまで足を運ぶと種類が選べそうです。和民も弁当売ってる!
e0039787_2336740.jpg

大抵日本円で500円程度です。
私達夫婦が買ったのは・・・この2種類。
高鐵のものと、
e0039787_2337104.jpg

そうではないもの。
e0039787_23372979.jpg


そして、日本人だと新幹線の中でビール飲みますが、
台湾って、あまりそういう文化がないようで、ちょっと躊躇しました。
車内ではビールは売っていません。
(でも、事前に買って持ち込んで飲みました。咎められることはありません。)

帰りも台北までは1時間半。あっという間でした。
この後、もちろんじっとしているのはもったいないので、夜市に行きます。

To Be Continued・・・
by mikikasai819 | 2017-06-07 23:46 | りょこうき(旅の記録) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819