2017年 05月 11日 ( 1 )

GW2017③恋ダンス披露までの顛末

連休明けから憂鬱そうな表情の人が多いように思います。
日中は暑いくらいで、なんだか体が追い付いていない気も。

さて、今年のGW(個人的に)最大の出来事を記したいと思います。
(早く書かないとどんどん過去になってしまう!)

5月5日
武蔵野シンフォニックブラスオーケストラ(以下MSBOと記す)定期演奏会司会
4日がそのリハーサルというこで、両日お仕事でした。
e0039787_1164974.jpg

・・・と日付を書きましたが、私の中でこの話が最初に始まったのは
既に4月上旬からでした。
MSBOの定期演奏会は毎年GWに行われ、もう8年近く司会をお願いされています。
団長さんをはじめ、メンバーの皆さんとも顔見知りになり打ち解けてきました。
(私のHPに団長さんが寄せてくれた「お客様の声」はこちら。2番目です。)

今回もだいぶ前からご依頼をいただいていて、再会を楽しみにしていたところ、
打ち合わせの日程を決めるメールに書いてあったのが、以下の文章でした。

誠に申し上げにくいことなのですが、今回のアンコールでお願いがあります。
今回、フラッシュモブのような形に仕上げたく、
ラストにドラマで流行った「恋ダンス」を行うのですが、
司会の方が参加したらほんとにサプライズになるだろうということで
指揮者から熱烈な要望があります。ご検討頂けますでしょうか。
大変厚かましいお願いではありますが、ご協力いただけたらお願いいたします。


これを見たとき、本当に目がテンになり、体が硬直し、
血が逆流するような感覚になりました。

以前のブログにも書きましたが、私はダンスが大の苦手です。
球技も陸上も得意なのに、ダンスさえなければねぇという
体育教諭のお墨付き。←日本語おかしい(笑)

とにかく人前で踊るなんてとんでもない!
あの恋ダンスだよ?
観ている分には大好きだけど、あれを自分が踊るなんて、
ゼロから覚えるなんて、無理無理無理!!!絶対無理!!!

でも、お仕事ですからどうやってお断りするか、難しいところです。

悩んだ末、以下のような文章を送りました。

今年も司会のご依頼ありがとうございます。
しかし、恋ダンスには相当動揺しております。実は昔からダンスが得意ではなく、
喋りよりそちらの方が気になってしまいそうなのです・・・
またお会いした時にご相談させてください。


これでやんわりと伝わってくれないかなーという感じでした(笑)。
しかしその淡い期待は打ち砕かれ・・・

それでは少し踊る分量を減らしますのでいかがですか。
司会者が踊るというサプライズですので、何となく形になっていれば大丈夫です!


踊る分量・・・もう、私の中では30秒だろうが1分だろうが3分だろうが
踊るということに変わりはなく、一気に落ち込みました。

・・・これはもう、やるしかなさそうだ。

ここまで読んでいて「そんなに嫌ならやめればいい!」と思う方もいるでしょう。

その通りで、究極の話、司会自体を断ることもできるです。

しかし、それはそれで望んでいることではありません。
ずっと信頼してご依頼いただいている皆さんの雰囲気を壊してはいけない、
私が努力すればこのステージは希望通りになるのだという思いはありました。

うーん、でも、ダンス、人前、舞台上・・・無理無理、でも、あーーーーー。

すごく悩んで、具合悪くなりましたが、
「別にキレッキレのダンスをしなくていいんでしょ?
逆に司会者がプロ顔負けだったら目立つよ。普通に間違いなく流せればいいんだよ。
やっちゃえやっちゃえ!楽しんじゃえ!」と同業者に励まされ、決意しました。
(今思えば、これ、飲みの場だったからノリで言われたのかな。苦笑)

本番前の打ち合わせは4月末、彼らの拠点である三鷹のカフェで行います。
その打ち合わせの場に、今年の私はいつもより神妙な面持ちで出席していました。
本編の司会部分よりアンコールの恋ダンスが気になって仕方ないのです(苦笑)。

「いやー、河西さんに引き受けていただけるなんて思っていなくて
今回は本当にありがとうございます!断られたら団長が踊る予定でした。


ええええええ???断るパターンありだったの?????(叫)


でも、一度決めたのだから、やるしかない。



河西美紀、恋ダンス、踊ります。(但し最後の30秒だけね)

・・・

・・・

・・・

30秒だけだからと甘く見ていたら大間違い。

これが、覚えるのは大変でした・・・。

Youtubeで「恋ダンス 反転 スロー」というものを何度も観て
繰り返し覚えます。
果たしてこれで合っているのか分からないままに、
1小節ずつ、ひたすらに、ひたむきに。

そう、ダンスが好きな人だったらこの工程も楽しいんだと思います。
私はずっと半泣き状態でやっていました。

頭で考えると右と左が混乱する。
何も考えずにやるとうまくいく気がする。
何も考えない、何も考えない・・・ってそのことを考えてる(爆)。

スロー50%の段階(つまり星野源さんの唄の半分の速度)でも
最初は踊れませんでした。大丈夫なんだろうか。

5月4日のリハまでに覚えなくてはいけなくて。
仕事の合間を縫って、深夜家で踊ります。
Youtube上で教えてくれる先生(どなたか存じ上げませんが)、
本当に助けられました。すごい再生回数で、みんなこれを観て練習したんだなと。

練習していると主人からは「顔がこわばってるよ」と指摘される始末。
眉間にしわを寄せながらすごい形相で踊っていたようです。
ガッキーも石田ゆり子も、ホント、あんな可愛い笑顔で踊れてすごいな。
各地方局のアナウンサーもそういえば踊ってたな。
ダンスが苦手っていう人、一人もいなかったわけではないはずなんだけどな。
はぁ、道のりは遠い。

30秒だから楽と思いきや、途中からダンスに混ざっていくというのがこれまた難しい。
そんなことに気づきながらも必死に反復しました。
何とか形になりましたが、ちょっと気を抜くと間違えそうです。

リハの日。
「司会者の河西さんです」「よろしくおねがいしまーす!!!」
「よろしく・・・お願いします・・・(例年より挙動不審な私)」
団員の皆さんは私が踊る後ろで演奏します。
舞台袖でも常に動きの確認。

「それじゃ、河西さん、1部のアナウンスからお願いします」
「あ、はい!」
そうだそうだ、私のメインは曲目の説明だ!!!ダンスはあくまでアンコールだけだ。
(ホントこんな感じで、心ここにあらず状態)

1部、2部、3部と演奏の前後に喋って、最後に恋ダンス。
まだお客さんは誰もいませんが、ステージの上で踊ります。
隣の方と同じ動きができているのか不安でたまりません。
最初は真面目に司会者として出ていき、曲の途中から踊り出すという流れ。

ちゃんと音楽を聴きながら、入るタイミングを合わせます。

ここだ!

バックの吹奏楽の演奏に合わせて、覚えたダンスを踊ります。

途中までかなりいい感じ。
ん?こうだっけ?あ、なんか手の動きがおかしかったかも。
まあ、いいか、あ、ここはうまくいった。もうすぐ終わる。
あー、終わった。なんとかごまかして揃えた。

30秒ってホントあっという間です。
(普段3時間の生放送しているしそもそも30秒のイントロ紹介しているんだから
あっという間なのは分かっているはずが、なんというかすべてが新鮮)

客席で観ていた演奏会の実行委員の方からは「河西さん、踊れてましたよ」と。
指揮者の方も「いやー、河西さん、出来てるじゃないですか!」と。
私が相当「苦手」と連呼していたので、依頼した側も心配だったのでしょう。
多分、この時点ではもっとたどたどしく、
曲のスピードについていけないイメージで出迎えてくれていたかもしれません。
まずはホッとしました。
でも、ごまかして揃えたのです。決して会心の出来ではありません。

「以上でリハ終了になりまーす!
河西さんがもしダンス心配なようでしたら演奏しますがいかがですか?」

「いえ、何度やっても心配なので、とりあえず大丈夫です」
狙ってなくて本音なのですが、団員から笑いがおきました(苦笑)。

リハの帰りに実行委員の方に言われました。
「河西さん、どうか明日は緊張しないで楽しく踊ってくださいね」

そうだよね、テストじゃないんだから。
ちょっとくらい間違えても、踊りが下手でも、それこそ笑顔で。
やるだけのことはやったのだから。

と言いながら、完璧主義が邪魔をして、この日も家で練習しました(笑)。

翌朝。当日。
ラジオの生放送があるのでまずはそこから。
CMの途中など、ふとしたときに恋ダンスのことが頭をよぎります(笑)。
いかんいかん、まだ先のことだ。

終えてからホールに向かい、控え室でもひたすら踊ります。
大丈夫大丈夫。もう体が覚えた!
でも、やっぱり考えると混乱します。
お客さんが入場して、前の方の席まで入って、緊張はMAX。

まずは司会です。会をつかさどることからです。

そうして1部、2部、3部。
リハと違うのはお客さんの反応があるところ。
会場である三鷹市公会堂光のホールは客席との距離が近いので表情がよく見えます。
手拍子しながら盛り上がってくださるお客さんを観ながらその時を待ちました。

アンコール。

少し寸劇のような演出も入りつつ、やるなら思いっきり。

私より前に踊る人たちが舞台に出て行って、

いよいよ自分の番が来て、えーい!!!

大丈夫、いっぱい練習した。元々この曲好きだよね、私。

・・・30秒はやっぱりあっという間でした。

でも、カットアウトで終わるこの曲、
両手を合わせた(拝んだような)姿勢で終わるこの曲、
終わって拍手が来たときは、私、それこそ目を閉じて拝んでしまいました。

終わった・・・。やりきった・・・。

1か月前、ダンスがやりたくなくて、どうやって断ろうか考えていたのに、
こうしてなんとかかんとか、披露することができました。

興奮というよりは放心状態で、
でも、確かな達成感と、もう踊らないんだという寂寥感と、
不思議な感覚でした。

終わってから団員の皆さんはお見送りといってホールのロビーに出ていきます。
私もちょっと顔を出してみたところ、
「司会、お疲れ様でした!あなたの声、聞きやすかったわよ!」と
知らない年配女性に声をかけられました。

「しかも、司会者さんが最後ダンスに加わるなんて、ホントにびっくりしたわよ。
あなた、踊れるのねー。楽しいステージありがとう!!」


・・・

・・・

みんな笑顔のロビーなのに、私は涙が出そうになりました。
声をかけてきた方も、目の前の司会者がこんな心境だとは思いもよらないことでしょう。
踊れるのねーって、えーっと、踊れませんでしたけど、
どうやら踊れるようになったみたいです。

いや、正確には、自分が踊れたことの喜びというよりも、
発端は実行委員の方が「司会者が踊るというサプライズ」を望んだわけで
それをちゃんと驚いて楽しんでくださった方がここにいた、
頑張ったことは間違っていなかったという瞬間だったからでした。

忘れられないGWになりました。

気持ちが高ぶって打ってしまったため、長文、お許しを。
by mikikasai819 | 2017-05-11 11:03 | にっき(日々の出来事) | Comments(4)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

かずにょぃさんは入鋏経験..
by mikikasai819 at 17:16
いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20

LINK

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月