2009年 09月 27日 ( 5 )

外出先で、何気なく心に響く言葉

おいおい、我ながら、一気に文章書きすぎ。
さっきから1時間おきにブログUPしてるよ(苦笑)。

・・・すみません、ついてきてください(笑)。
っていうか、これで今日は最後にしよう。

☆☆☆

仕事の帰り、電車の中でたまたま目にした広告に、目を奪われました。
500字で世相を切る、読売新聞の朝刊コラムということで、「編集手帳」の文章でした。




ひとの心を傷つけて喜ぶ心さびしき者に 
聞く耳はなかろうから
中傷された君に言う。

蠅たちの集まりでは、蝶も「キモイ」と陰口をたたかれるだろう。
心ない者たちのうちにも、自分と同じ美しさを探しつつ、
君はひとり、大人になればいい。





あまりに心にジーンと来て、気づいたら、携帯で全文をメモっていました。


そうしたら、他のブログを見てみても、同じように感銘を受けたという方がいらっしゃった様子。


移動の時間も捨てたもんじゃないなと思えました。



いじめをする人間よりも大人になる。
難しい。実に難しい。
私も、なりたかったけど、なかなかなれなかったなぁ。


なんとなく、山田詠美の「風葬の教室」を最初に読んだときの衝撃を思い出しました・・・。














☆追記☆

私の中で、偶然、外出先で出会った極めつけの言葉といえば、
高校時代に時々使っていた、地元「小平駅」の駐輪場に、なぜか地味に誰かの字で書かれた標語。

「ちょっとした言葉がひとの心を傷つける。ちょっとした言葉がひとの心を温める。」

当たり前のことかもしれませんが、このストレートかつハートフルな表現に、
頭をガツンとやられた感じでしばらくたたずんでしまったのを覚えています。
これが今の仕事をしている上での原点となっていると言っても過言ではありません。
by mikikasai819 | 2009-09-27 22:52 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

今申楽「朧座」修禅寺

人間の縁とは面白いものです。

1度しかお会いしたことがない、しかも仕事上で、しかも数時間のお付き合いの方から、
ご自身が出演する演劇のお誘いがありまして、行ってまいりました。

その方とは、小栗銀太郎さん(だるま企画)。

演劇と言っても、今回は「今申楽」という興味深いジャンル。
申楽って、能や狂言の元といわれているものですよね・・・。
それが今風っていうのはどういうものなのかしら・・・。

場所は両国のシアターX(カイ)
初めて足を運びましたが、これがなかなかステキな会場でした。

タイトル「修禅寺」って、地名だと「修寺」なのですよね。
e0039787_223465.jpg

あらすじは以下のとおり。一見、難解なようですが、よく読むと面白いのです。
(以下、チラシより)

『修禅寺』は、将軍源頼朝の妻子、北条政子・源頼家母子の愛とそのすれ違いの物語である。

未来の将軍頼家は十二歳の時、富士山麓で行われた巻狩において、生まれて初めて鹿を射止める。
喜んだ頼朝は早速使者に命じて、息子の快挙を鎌倉の妻政子に伝えさせる。
ところが政子は「武将の嫡嗣が鹿を射止めるのは当然の事。粗忽な使いは煩わしい限り」と返答してしまう。

母のこの反応を伝え聞いた頼家は深い心の傷を負い、それ以来人間らしい表情を失い始めてしまう。

そして十年後、将軍となった頼家は、富士山麓の洞穴にて謎の声に魂を操られようとしていた。
声は頼家に言う。
お前の本当の母は政子ではなくこの私なのだ、と。

その十箇月後、伊豆・修禅寺において、頼家は政子の父・北条時政の刺客に襲われ非業の最期を遂げる。
頼家を死に導いたのは果たして誰なのか。
母・政子はただ修禅寺に息子の菩提を弔う他なかった。


いやー、実に細かいところまでよくできた素晴らしい舞台でした。
こういう舞台ってあるんだーって、全てが新鮮でした。
さらに、笛や鼓の音が絶妙。生演奏のお陰でメリハリがつきます。
殺陣もお見事でした。
難しそう・・・って敬遠しなくてよかった。
上演後に「アフタートーク」というものがあり、
修禅寺の住職さんと作・演出の朧太夫さんのコメントが聞けたのもよかった~。

個人的にはですね、そもそも、源氏の将軍というと、
初代は有名な「頼朝」でしょ、3代目の「実朝」は暗殺されてしまったのは知ってるよ、
・・・で、2代目の頼家は、正直印象になかったので、
こういう歴史があったのかということだけでも目からウロコでございました。

さあ、忘れてはいけません。
小栗さんはどうだったのかと言えば、北条政子の侍女「花」役。
つまり、女性役でした。

繰り返しますが、小栗さんと会うのはこれが2度目。
しかも、前回はスーツ姿でいらっしゃいましたから、それもあってか、
いや、もう、舞台の上の小栗さんは、完全に「花」そのものでございました。
違和感まるでなく、細かい動作・表情、どれをとっても見事に女性を演じていらっしゃいました。

新ジャンルに触れられたことに、心から感謝です。ありがとうございました。
by mikikasai819 | 2009-09-27 22:11 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

このアーティストの、この1枚!!

もともとは、弟が買って聞いていたCD。
でも、私もかなり聞き込んでいたCD。
e0039787_20494985.jpg

1993年10月21日発売、福山雅治「Calling」です。
彼の5枚目のアルバム。
これを聞いていたのは高校~大学の頃。
ああ、懐かしいな・・・。っていうか、福山さま、かっこいいねぇ。

さて、このアルバムには、

All My Loving
恋人
MELODY


・・・このような大ヒットソングが入っているわけですが、

私は、どちらかというと、これら以外の有名ではない曲が好きでした(爆)。



特に、10曲目の「IN THE CITY」と11曲目の「IN MY HEART」、
このアルバムならではの2曲を聴くのがたまらなく好きでした!!!!!



\(^o^)/


・・・


・・・


・・・というようなオリジナルアルバムに関する会話って、
時に誰かと分かち合えなかったりしますよね(苦笑)。
もちろん、福山ファンの方は食いついてくださると思いますが・・・



余談ですが、高校の同級生が、福山雅治がどんどん売れていったとき、言ってたなぁ。
「私、デビューのときから知ってるんだから。みんなよりずっと前から好きなんだからね。」


その気持ち、分かる(笑)。


・・・で、話を戻すと、私は、特別ファンというわけではなく、いや、普通にファンですけど、
うーん、つまり、他は知らないがこのアルバムだけはとにかく聞き込んだという人間でして。


なんといいますか、そういうアーティストというのが、他にもたくさんいるのです。
○枚目のアルバムだけは全部歌える!!!というようなアーティストがです。

だから、ファンほどのコアトークは無理だけど、一部分だけ異常な食い付きを見せるみたいな(笑)。



あなたにもそういう存在の人はいませんか?


・・・というわけで、今、実家でこのアルバムを見つけて、IN THE CITYを堪能しています。
(弟がよく口ずさんでいたなぁ。もう16年前か・・・。)
by mikikasai819 | 2009-09-27 21:09 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

提供の仕方ひとつで、雰囲気違います♪

e0039787_20312553.jpg

さあ、これは何でしょう?
ラーメン食べ終わった後のスープではないですよ。
まあ、写真が上手ではないのは、この際ご容赦いただいて。




正解は、喫茶店で出てきた、アプリコットミルクティー♪♪♪




このように、小さいどんぶりみたいな白い容器で、かわいく出てくるのです。


同じ紅茶でも、こうやって飲むと、全く違う!!!
なんかすごくキュートな気分になってしまう!!!
私も家でやってみるぞ!と思いつつ、我が家にはちょうどいいのがない!!!


うーん、やっぱりその店のもつ雰囲気も確実にあるなぁ。
あっ、お味も絶妙ですので。美味しかった。幸せになれた~。



ちなみに、この写真だけで「おっ」と思った人は、通ですね。
というか、群馬人の可能性大ですね(笑)。



はい、新前橋の住宅街にある、Gymnopedies (ジムノペティ)です。

アンティーク家具に囲まれて、落ち着けるのですよねー。
私も、群馬に住んで初めてここを知ったときは
「やるなー、この店!オシャレすぎ♪」という感想でした(笑)。


先日、久々に行ったときに立ち寄ったのですが、UPし忘れていたので記しました。
by mikikasai819 | 2009-09-27 20:41 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

朝昼晩。自分の必要とされている場所へ。

更新がまるまる2日空いてしまいました。
でも、この2日で確実に這い上がれたと思います(苦笑)。

実は、シルバーウィーク前半に軽く風邪の症状が出たのでした。
熱はないけれど、鼻とのどは大事!と、おとなしく寝て養生していたのに
これがなかなか完治しなかったのです。
日々、まだ治らない、まだ良くならない・・・、
ああ、5日もあった連休も終わってしまった、それなのに治らないってどういうこと?

いわゆる「焦燥感」で心の底から疲弊してしまいました。


そして、あとはもう祈るのみ!と、9月25日金曜日を迎えたのでした。


AM4時。まだ夜明け前。
鏡の前で声を出してみる。

OK!大丈夫!!!神様、ありがとう!!!

朝はラジオ番組で用賀へ。(生放送、3時間)
昼はお店の取材で成城学園前へ。(インタビュー等、3時間)
そして、夜はテレビ番組のナレーション収録で赤坂へ。(番組3本分、2時間)

全てが終わったとき、無事に1日を過ごせたことへの安堵感から、
今回は大げさではなく泣きそうになりました。

プロとしての仕事が遂行できて本当によかった。

特に、夜のナレーションは、新規のお仕事で、1週間前からかなりドキドキしていたので尚更でした。
(放送日など詳細はまた分かり次第お伝えしますね)



帰宅して、さあゆっくりくつろごうと思ったら睡魔が襲ってきて、あっという間に爆睡でした。
(朝4時から夜10時まで駆け抜けたので・・・)



さあ、復活、かさいみき。このあと、一昨日・昨日の分までバンバン更新します!


※そういえば、番組に寄せられたお便りのなかに
「河西さんの声からイメージする姿はキョンキョン(小泉今日子さん)です」というものがありました。
ディレクターとADくんはかなり反応に困っていましたが(苦笑)、
いいんですよ、実際は似ていなくても、そういう想像をしながら聞いていただけるのもラジオの楽しさです。

・・・まあ、確かに全く違うんですけどね。

あとは、今回のナレーション収録で「声を張ったときはコナン声になりますね」と改めてご指摘が。
そ、そうなのかな。
まあ、確かにこれまで何度か少年役をラジオCMでやったことがありますが・・・。
(逆に、少女の声ができない)
by mikikasai819 | 2009-09-27 17:40 | はたらき(お仕事) | Comments(5)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
にっき(日々の出来事)
でんき(昔の出来事)
はたらき(お仕事)
やるき(決意・反省など)
すき(純粋にすきなもの)
りょこうき(旅の記録)
けっこんしき(結婚あれこれ)
まちあるき(FM世田谷)
今日の1曲(FM世田谷)

最新のコメント

かずにょぃさんは入鋏経験..
by mikikasai819 at 17:16
いいですね~、てくてく楽..
by かずにょぃ at 21:45
ラテさん、楽しく過ごして..
by mikikasai819 at 11:12
アメリカ行くならスニーカ..
by ラテ at 18:10
はい!かしこまりました!..
by mikikasai819 at 15:20
そうですねー、今思い出し..
by mikikasai819 at 15:20

LINK

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月