アナ受験を思い出す

アナウンサー志望の大学生がいます。
高校の放送部に所属していてアナウンサーにずっとなりたいと思っていたという、
昔の私を見ているような女の子です。
彼女が高校生の時に指導をしていた縁があり、このたび希望を受けて、
エントリーシートや面接などのアドバイスもしています。

今だから分かることがたくさん。でも、あまりに背伸びさせないで、等身大で臨ませたい。

そんなことを思っていたら、当時の自分のアナ受験日記の存在をふと思い出しました。
以前・・・っていうかもう3年以上前、このブログにも掲載した文章です。
これが最も分かりやすいかもと思って彼女に教えたら、食い入るように読んでいました。
「ああ、そうです、私もこうして凹んでます」とか「やっぱりこれがポイントなんですね」などと、
共感するところが多々あるようです。
逆に「えー、こんなに試験日程って遅かったんですか?」とも言われました。
時代は流れますよ。何せ11年前ですもの。
私にとってはついこの前のようにも思えるんですけどね(苦笑)。

この日記を掲載したときは、「アナウンサー受験ってこんなこともあるの!?」
「実態を初めて知った!」「こんなに大変だったんだね」などとかなり個人的な反響もありました。
これもひとつのきっかけかなと、再度、リンクさせますので、お時間あったら読んでみて下さい。
アナウンサー受験物語      ←←←それぞれ1から数字をクリックすると文章に飛びます。
なお、2005年の新婚旅行中(日本に不在のとき)に読み物としてUPしたので、
冒頭にいらぬ文章が載っていますが、あしからず。
Commented at 2009-03-04 18:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikikasai819 at 2009-03-05 11:57
非公開コメントを下さった方、ボリュームたっぷりな受験記を読んでくださって
本当にありがとうございます。
おっしゃるとおり、体力も心も、そしてお金もかなりすり減りました。
両親に感謝しなくてはなりません。

そして、書いてくださった最後の1行・・・
「群馬で話されてなかったら、河西さんのおしゃべりに出会うことができなかったことでしょう」
この文章、本当に嬉しく思いました。一期一会ですね。
色々な偶然が重なって、群馬に行くことになったわけで、
人生ってホントに面白い。アナ受験は大変だったけれど、一生の思い出です。
by mikikasai819 | 2009-03-04 13:46 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30