ティッシュ配りの変遷

新宿駅をよく利用する私にとって必ず遭遇するのが
ポケットティッシュ配りのアルバイトの方々。

「お願いしまーす」

通行人の反応は色々。
普通に手を出す人、無視する人。「もっともらっていいかしら」とせがんでいる年配の人。

私は、昔はよく受け取っていました。
私がティッシュをひとつ受け取ることでこのバイトの人たちは早くあがれるのかなって。
しかも、実際、ポケットティッシュはカバンにあって助かるものですからね。

ただ、一時期、あまりもらってくれる人が少なくなったのか、
1つもらうと、「この人はもらってくれる!」と判断されてしまい、
他社のティッシュ配りのバイトくんも取り囲むようにして渡してきて大変迷惑だったので、
それ以来あまり手を出さないようにしていました。

さらに、お願いしますという気持ちもなく、
とにかくノルマを達成したいという一心なのか、グイグイ無理矢理渡そうとする人も現れました。
携帯電話で話をしているというのに、両手が荷物でふさがっているというのに、
「お姉さん、ティッシュもらってよ!」と馴れ馴れしく近づいてきて、
もらってくれるまでつきまとうという人もいて、さすがにそれには閉口しました。

そんな威圧的なティッシュ配りの中に、最近、
やけに腰の低いパターンが見受けられるようになりました。
「お願いします」の言葉はもちろん、「どうか、どうかもらってください」までが加わって、
なんといいますか、泣き落としみたいな状態の人。

先日もすごかったですよ。
「あのー、これ、ひとつあっても損しないと思うので、どうかお願いします!!!」って。
あまりに懇願的だったので、手を出してティッシュを受け取ったところ、
「ありがとうございます!本当にいい人ですね」って褒められました(爆)。
ちなみに、そのティッシュは私が絶対に行かないような店の宣伝でした・・・。ふぅぅ・・・。

何のために配っているのか、本末転倒になりつつありますね。
寒空の下、懸命にティッシュを配っている人たちを見て、
頑張ってほしいなぁと思いながらも、ちょっと考えさせられた次第でした。
Commented at 2009-01-18 14:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikikasai819 at 2009-01-20 22:10
非公開コメントを下さった方、ありがとうございます。
確かに携帯ショップ関連のティッシュもよく配られていますね。
そして、必ず粗品進呈へと流れていく・・・(笑)。
by mikikasai819 | 2009-01-17 15:53 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819