ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

また1から美容院探し

東京に帰ってきてから長いこと担当してもらっていた美容師さんが、
去年の3月いっぱいでふるさと山形へ帰り、
その後違うお店で出会った美容師さんは、
今年の3月いっぱいでアトピー治癒のため退職し、

私は再び美容院難民になってしまいました。

技術も大事ですが、心を開いて何でもお話できる人に施術してもらいたいので、
「この人だ!」と思う人にめぐり合うまでは結構大変。
まあ、これを機にお店もまた変えてみようかなと思って、
昨日、5月1日、心機一転、新規開拓。(1日=ついたち、ホント好きでしょ。)

行ったところは、HPで見てよさそうだったので決めました。
しかも、その中に移っている一人のスタイリスト(女性)がすごく優しそうで、
ああ、この人に当たったらいいなーと思ったら、ビンゴ!

しかし・・・、HPでは「何でもご相談ください」と天使の笑顔で写っていたのに、
実際は「カルテ書いて雑誌読んでちょっと待っててくださいねー」と無表情。
(にしおかすみこ似でした。笑うとかわいいのに、冷めてると怖い・・・)
待っている間、隣のお客のブローをしているので、私が待たされている原因が一目瞭然。
すごく楽しそうに会話しているのですが、学生さん相手だからか、タメ口調。
うーん、なんか、この人と合いそうにないな・・・と、初めから疲れが。

そして・・・、「お待たせしました」と40分後ようやく回ってきて、カウンセリングスタート。
初めてだから、自分の希望・悩みを話します。
すると「えー、そうですかぁ?そんなに痛んでないけどなー、
あー、地肌は荒れてますねー、食生活とか響くんですよー」と、
共感されないうえにダメ出し食らいまくり。だんだんと話す気力もなくなってきました。

さらに・・・、「ゴールデンウィークどこか行くんですか?」と聞かれたので
『あ、北海道に行ってきました』と言ったら、
「へぇ、いいなー、うらやましいなー。私、この仕事してから土日祝日休んだことないんでー」と
素で返されて、その後の話が続けられない・・・。
「いや、その分、平日休みはどこもすいてるからいいっていうメリットもありますよね」なんて
自分の経験を踏まえてフォローしても(私、客なんですけど・・・苦笑)、
『そうですかねぇ、私は土日休みたいんですよ』と一蹴。
それならそもそもこの仕事向いてないではないか。・・・だめだ、疲れてきた。
多分、同じ内容でもリズムが合えば普通の会話なのかもしれません。

そうこうしてカット・カラーリング終了したのが2時間半後。
完成度は高く、腕は良かったのだと思います。
(といってもそんなにバッサリ切ってないからなんとも言えない)

帰り際、「よかったらまた来てください」と飄々とカードを渡されました。
残念ながら、次もまた・・・という気にはなれませんでした。

ふぅ。
改めて今回、いかに信頼関係が大事かということを思い知りました。
Commented by もこりん at 2008-05-02 20:46 x
どうもです♪

私18歳から切ってもらった方を30になったのを気に変えたのですが、1年後またその方に戻りました。
やっぱり12年築いた信頼関係といいますか・・空気といいますか・・
それに勝るものはないのですよ

いい美容師さんに出会えるといいですね
Commented by まこちん at 2008-05-02 21:29 x
美容師さんは技術だけじゃダメですよね。
次は良い人に当たりますように。
Commented by mikikasai819 at 2008-05-03 10:36
もこりんさん、どうもです♪
12年間ずっと!それはすごい!でも、ある意味、理想です。
私は大学時代どこで切ってたか忘れるほど適当で(苦笑)、
群馬に行ってからの4年間
本当にいい美容師さんにめぐり合えたけど
引越しとともに厳しくなり、「群馬に通う!」とまで思ったけど、
「すごくありがたいけどここまで毎月来るのは大変だから、
東京でまた探して」とその人に諭され、
そこから頑張って探したのに、2人続けて・・・って感じです。
次に期待!です。
Commented by mikikasai819 at 2008-05-03 10:40
まこちんさん、こんにちは。
私が美容師さんに心を開く瞬間というのは、自分の職業を明かすときです。
平日の昼間などに行くと「今日はお仕事お休みなんですか?」とか
「お仕事何してらっしゃるんですか~?」と、必ず聞かれ、
実はそのたびに適当にごまかします。
でも、何度も通い、この人なら!と思ったときにカミングアウトし、
そこからは仕事のことなども話すようにして、
心のオアシスにすらなっていくのです。
そう、ただ施術してもらうだけではなくて、
ホッとする空間でなくてはならないのです。
ネイルもエステもその基準で続けています。
・・・って長々と語ってしまった・・・(汗)。
Commented by この気、何の木?何だろね。 at 2008-05-04 01:38 x
私は美容室なんて行ったことはなく、幼稚園の頃から同じ理容室(いわゆる「床屋」)に通ってます。親子2代にわたってお世話になってます。
「今日はどうすんの?」と一応聞いてくれる気づかいも心地良く(違う髪型をさせたいらしい。)、「いつもどうりで。」と当人の期待を裏切る快感もちょっとありつつ(だって、客ですから。)、地元の世間話にも花が咲いて、心地良い時間が過ごせます。
一昨年の夏に話の種にと思い、1000円カットに行ってみたんですが、ぜんぜんサッパリしませんでした。シャンプーがなかったこともありますが、やっぱりお互いに気心が知れていないと、会話にも困るし、何よりリラックスできませんよね。
Commented by mikikasai819 at 2008-05-05 00:23
なるほど、理容師さんとのすごく素敵なやりとりですね。
目に浮かぶようです。
リラックスできる空間、それは、
たった1度きりで判断できないかもしれませんが、
最初に感じた雰囲気ってやっぱり重要。
今日もせっせと情報集めです。
by mikikasai819 | 2008-05-02 14:33 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)