行きはワクワク、帰りはジーン

今日は、東京都多摩市の「パルテノン多摩」で司会のお仕事でした。
行きは新宿から小田急線で向かいました。
新百合ヶ丘から唐木田行きに乗り換えて小田急多摩センター駅下車。
実は、この区間=多摩線に乗るのは初めてだったので、なんとなくワクワク。
学生のころは黒川駅の付近をよく車で走っていたし、
はるひ野駅や永山駅には知り合いがいるので親近感があるというのもありますが、
初めてだと何でも新鮮ですねー。

多摩センター駅に着いて、歩いていくと、サンリオピューロランドの入口が見えました。
大学時代からジェットコースターフリークの私、
首都圏の遊園地はほぼすべて制覇しているのに、ここだけは未訪。
さすがにちょっと行きづらくて、子供が産まれるまでとっておこうって決めたのです。
・・・あのー、しばらくまだ行けそうにありませんけど(汗)。
っていうか、それまで経営難とかで閉園しませんように(汗×2)。

司会はしっかり遂行いたしました。
パルテノン多摩の会場はとてもきれいで音響もよく、喋りやすかったです。

さて、帰り。今度は京王線で帰ることにしました。
乗車時間がたっぷりあったので、本でも読もうかと、
お昼に書店で山積みになっていて、ついつい購入してしまった文庫本、
「99のなみだ~涙がこころを癒す短編小説集~」を取り出しました。

e0039787_1015179.jpg


電車の中で泣ける本は基本的にNGと思っていますが、
実はこれ、12編のお話が入っていて、
夕方、仕事前に、喫茶店で2つほど試しに読んだのです。

しかも、わざと最初からという順番ではなく、途中の2つを。

そのときの感想・・・「なんか、だまされたかも」

正直、全く泣けませんでした。
感情移入も出来ず、癒されるどころかちょっとなーって。


そう思ったので、電車の中で一気にササッと読んでしまって
次の本に進もうって思ったのです。






すると、改めて読み始めての感想・・・「完全に、だまされたかも」





それは、別の意味です。







目頭が熱くなってくるのです。

あー、ヤバイ。こんなはずではないから電車で読み出したのに、涙が・・・。
あわててハンカチで目を押さえてみて、
「別に本を読んで泣いているわけではなくて眠くてあくびして涙がでちゃったの」的オーラを
かもし出しました(苦笑)。

しかし、次の話も、その次の話も、そのまた次の話も、確実に泣ける。

・・・参りました。

私が最初につまみ食いした2編がたまたま響かなかっただけで、
結果からすると、その2編以外、つまり12-2=10編すべてで涙が出てしまった・・・。
この確率っていったい!?

どうやら「99のなみだ」は今年の6月、ニンテンドーDSのソフトになるらしい。
なみだのソムリエシステムとやらが搭載しているんだそうで、
ユーザーごとに持っている「泣くツボ」に合った物語を選定する仕組だそうです。
へぇ・・・。これはすごいね。

涙を流すことはストレス発散になるのですよね。
明日に繋がるいい涙を流したいなー。

というわけで、往復の電車内はとても充実した時間だったのでした。
by mikikasai819 | 2008-04-15 23:51 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30