ついに96円・・・あの時以来だ。

朝(という名の昼)起きて、このニュースには心底驚きました。
こうなるだろうと数日前から予測はしていたけど、
いざ、こうなってみるとスルーできない自分がいました。

週明け17日の東京外国為替市場は、
前週末の海外市場の流れを引き継いでドルが売られた。
円相場は一時、95年8月以来12年7カ月ぶりに1ドル=96円台をつけた。


12年7ヶ月ぶり。
それこそ、昨日UPした話題でいえば、まさに私が高校を卒業して大学に入学した年。

1995年、大学1年。あの時、私は英語が喋れるようになりたいとは思いながらも、
まだ旅行好きな自分に火はついておらず、
ましてや海外旅行なんて全く考えておらず、ひたすら大学生活を謳歌していました。
いや、大学生活全体というよりは・・・正直に申し上げて、
当時付き合い始めた男の子(=彼氏)と四六時中一緒にいてばかりで、
他に何かに打ち込もうと思う余裕なんてなかったというのが正解でしょう。(若かったな・・・)

しかし、同じ頃、大学の授業で女友達数人と雑談していたときのことでした。

「○○ちゃん、アメリカいったんでしょ?」『行ったよー』
「いいなー」『だって、この時期行かなきゃもったいないもん。円高サイコー
「そうなんだぁ。この時期?」

円高。

中学や高校の授業でも習ったし、ニュースでも散々流れているけど、
それって、自分に関係するなんて感覚はなく、輸出入に関係するだけかと思っていました。
10代の若者の海外旅行に関係するなんて。
確かに中学の頃は塾の仲間と「133円だねー」とか意味も分からず言っていましたが、
その当時はいわゆる円安だったのであって、
それが時代を経て90円台、80円台になっていたわけだから、すごいことだったのです。
数字が低くなると円高。
逆のように思えて一時期混乱したけど、円の相対的価値で考えるわけなんですよね。
そりゃ、1ドル110円のときより1ドル100円のほうが、
旅行中、より多くの買い物もできるし、より美味しいものが食べられる!ナイス!!!

そんなわけで、大学の友達のアメリカ話を聞いて、
そんなに海外旅行がお得なら私も!・・・と思ったものでしたが、
結局、アメリカの地に足を踏み入れたのは、就職も決まって落ち着いて、
学生生活最後に短期留学しようとようやく決めた98年の秋
その頃はまた円相場に疎くなっていたけど、今調べたら、ものすごい円安の時期だったらしい。
1ドル140円台まで下落していた時期・・・ええええ?ホント?(今更ですけど)
80円台と比べたら・・・あああ。こうやって勉強していくのだなと。

さて、本日96円台になったとのこと。
去年の9月、私が「HIDEKI MATSUI」を見にニューヨーク行ったときは、
確か115~120円で計算していましたよ。うーん。今こそ、アメリカだったなぁ・・・。
よし、前向きにハワイ計画でも立てようか♪♪♪(旅行好き人間の血が騒ぐ)

ただ、まじめな話、単純に旅行が安くなるから円高サイコーではなく、
サブプライムローン問題からの金融不安はいつまで続くのか、
それによってどのように経済が動いていくのか、
しっかりチェックしていきたいなと、さすがの私も思うのであります・・・。
by mikikasai819 | 2008-03-17 12:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819