ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

Che cosa fa quando non lavora?

9月1日。私の大好きな「1日(ついたち)」が始まりました。
何かきっかけが必要な私にとって、一番リセットできる日です(苦笑)。
しかし、リセットしすぎた・・・起きたら、正午でした・・・。

今日は特別です。疲れを癒して、9月が始まったのです。はい。

さて、今日の話題はイタリア語です。
もともと私は、イタリアという国にとても興味がありました。理由は特にありません。
高校時代から、イタリア料理やイタリアの建造物が好きで、
なんとなく惹かれていました、
でも、この「なんとなく」を極めたいと思い、
一時は、イタリア語学科のある某大学を目指そうと思ったこともありました。
(すぐにあきらめましたけどね。結果的に思いつきを貫かなくてよかった・・・)

大学に入って、英語以外の語学の授業が2年間必須だったので、
そのとき選ぼうと思っていたのですが、
残念ながら私の学科はイタリア語を選択できませんでした。
おまけに、憧れの先輩から「ドイツ語がいいよ♪(王子様スマイル)」といわれ、
それを信じて吸い込まれるようにドイツ語を選んでしまったため(苦笑)、
2年間苦しんだという思い出もあります。(いわゆるハマリ教科だった・・・)
大学3年になって、これではいかん!と思い、
大学に併設された語学研究所というところで自主的にイタリア語を選択しました。
しかし、残念ながら授業が面白くなく、挫折してしまいました。
近日中にイタリアに行く予定もなかったから、
モチベーションも保てなかったのだと思います。

それから8年の月日が流れました。
ずっとどこかでイタリア語への未練がありました。
理由はありません。やはり「なんとなく」です。
こういうのが大切なときってありますよね。

そして、ついに、その日がやってきました。
私はこの秋に、イタリアに行くことになったのです!!!
やっとやっと現地に行けるのだから、その時、少しでも会話がしたい!
最近は脳みそを使ってないしなぁ・・・と、
イタリア語会話の学校の門をたたき、7月から始めたのでした。
先生1人に対し、常時4人くらいでレッスンをしています。
これが本当に刺激的で、楽しいのです。
今日は2時間連続授業だったのですが、あっという間でした。
生徒仲間は①オペラ歌手の方、
②ご主人がミラノのレストランでシェフをされてる方、
③ご主人の仕事(セラミック関係)でイタリア人と接する機会がある方・・・
あれ?私は?

なんとなく 旅行に行くために会話ができるようになりたい」

そうそう、とても前向きです!(苦し紛れに自画自賛)
きっかけはーーーー、関係ありません。

イタリア語には男性名詞と女性名詞があり、冠詞も変われば、語尾も変わります。
覚えることがいっぱいなのですが、ひとつひとつが新鮮です。
でも、まだほとんど覚えていないから、言いたいことがあまり言えないのです。
(当たり前ですけど)

たとえば、今回のレッスンは、
Che cosa fa, quando non lavora?
(仕事をしていないときは何をしていますか?)←今日のタイトルにしちゃいました。

この質問に答える時間がありました。
(単元が変わって急に難しくなった・・・汗)

仕事していないときはねー、
このブログ書いたり、友達とお茶したり、飲んだり、
まとまった時間があれば旅行したり、大好きなジェットコースターに乗ったり。
あっ、会津若松に最近行った!!!

・・・

こんなのイタリア語でどう表現するんだ~!(苦笑)
英語だって厳しいぞ・・・

そんなことを考えていたら、順番が回ってくる・・・

「Miki」

きた!

えーっとえーっと、ちなみに教科書にはなんて書いてあるかな・・・
例文例文・・・

passeggio 散歩する

・・・散歩はしないなぁ。時間があれば寝てるもの(涙)。
(まさに今日の午前中)

これじゃだめだ・・・えーっと・・・

cucino 料理する

しないしない。不良主婦だもの(苦笑)。

「Miki?」

先生が待ってる・・・そろそろ腹をくくって喋りだそう・・・
あっ、この単語は?使えるかな?

nuoto 泳ぐ

・・・泳ぐわけなーい!プール嫌いじゃー!!(叫)

そんなわけで、私は、しどろもどろになりながら、

Prendo un caffe!

と薄ら笑いを浮かべながら答えたのでした(笑)
意味は「コーヒーを飲みます」。
本当はお酒も・・・といいたいところだが、余計なことは黙っていよう。

この文章、面白くなかったかな・・・
(別に面白みを追求されてるわけじゃないんですが・・・)

あっ!

Prendo un caffe americano!!!!

こう言い直したら、先生も生徒の皆さんも笑っていました。
エスプレッソじゃなくて、アメリカンが好きなんだもん♪
(イタリア行ったらcaffeといったらエスプレッソなのです。
だから、恥ずかしながらも主張した私)

まあ、こんな焦りながらも楽しい授業。
ちょっとした1週間のスパイスなのです。
by mikikasai819 | 2005-09-01 14:14 | にっき(日々の出来事)