ロールケーキと麻婆豆腐

おいしい!とある一定の人気があるものは、やはり理由がある。確かにおいしい!

それを本日は昼も夜も感じさせられました。

まず、お昼。
高校時代の友達Sのお家にご招待され、4人でお邪魔しました。
最寄り駅は、東急東横線(大井町線)の自由が丘。
うーん、憧れです。
ご自宅にお邪魔する前に、M子の提案で、
自由が丘にある有名なロールケーキ屋さんに立ち寄りました。

モンサンクレールのロールケーキを独立させたお店、自由が丘ロール屋です。
名シェフ辻口博啓が手がけています。
行ってみると、あれ?店の前にガードマンが!
行列になったときの対応なのですね。

店に入ってみると、いいにおい!
うわー、たくさんのロールケーキたち!!何種類あるの!?迷います。

その中から、6種類を選びました。

Sのご自宅は新築で、モデルルームみたい!
とーってもかわいい娘さん(生後10ヶ月!)もお出迎え。

ひとしきり皆で話に花を咲かせます。
みんなが実にいい具合にほぼ均等に話していくのが心地よく、
お互いのことを尊重しあって、なおかつ気兼ねない空間、本当に楽しいひとときです。

そんな中、ケーキの時間になりました。

6種類あるロールケーキ、どれも本当においしそう。
1種類はSのご主人のためにとっておきます♪
そこで、5種類、それぞれまずは目の前のものを食べることに。
そう、もちろん全種類少しずつ食べるに決まってます!(笑)

いやー、驚きました。
なんというか、固定概念が崩れました。
というのは、私のなかで今までロールケーキというと、
「シンプルでお手ごろなケーキ」って感じでしたが、
自由が丘ロールは、とても上品で、甘くなくて、スポンジがやわらかくふんわりしていて、
それでいて、種類によってどれも少しずつ食感が違うのです。
フルーツも絶妙!
これは・・・何度でも食べたくなってしまいます。
次に自由が丘に行くことがあったら、絶対買うぞー!
(でも、夕方になると売り切れてしまうこともあるみたい。タイミングが重要かな)

今回の5種類の試食はなかなか面白かったです。
なぜなら、「ハイ、次、」「ハイ、これ」「これ、バナナだよ」「これはデコポン」って、
一口食べたら右隣の人に驚異的な速さでケーキを回していったからです。
途中、私はうまくケーキがフォークですくえず、そのリズムを途絶えさせてしまい、
「え、ちょっと待って待って!」と焦ってしまいました(笑)。
紅茶も飲まずにまずは1周(笑)。
しかし、それだけどれも早く食べたくなるくらいおいしかったのです!
(おかげでブログ用に写真を撮ろうという気持ちが遠くかなたへ飛んでしまっていました・・・汗)
私は、チーズスフレロールが個人的にはかなりお気に入りでした。


☆☆☆☆☆


夜は、大学時代からの友達がおすすめの台湾料理屋へ。
今回の待ち合わせはなんと東京メトロ丸の内線の新高円寺駅。
降りるのは初めてでした。(駅地上の青梅街道はよく車で通っていたけど)
お店の名前は高味園(こうみえん)
ここの麻婆豆腐がおいしいということで、とにかく食べてみて!と。
昼のロールケーキ同様、麻婆豆腐には
なんというか、特別思い入れもなく、いたってシンプルなイメージしか持っていませんでしたが、
食べてみて、驚きました。
これは、おいしい!!!
激辛ではなくちょうどいい辛さで、ひき肉がゴロゴロ入っています。
ついつい後を引くおいしさで、ほとんど私がペロッと食べてしまいました。
友達いわく「男の人はこれ必ずおかわりするほど」って。
へぇ・・・さすがに私はそれはしなかったけど、相当食べました。台湾ビールと共に・・・。


というわけで、本日は心もおなかも大満足な一日でした。



追記1:夜は友達と「新高円寺」で待ち合わせだったのに、
私は、「東高円寺」だとずっと思い込んでいて、
待ち合わせ時刻2分前に間違いだと気づき、あわてて移動。
丸の内線の2駅、並んでいるから勘違いしやすいのかな。
信じて疑っていませんでした。あー、あぶないあぶない。

追記2:そういえば昼も、自由が丘の南口改札で待ち合わせだったのに、
人がいっぱいいるし、こっちだよね・・・と、勝手に正面口だと思い込んでいて、
待ち合わせ時刻2分後まで待ってしまってから間違いだと気づき、あわてて移動。
あー、今日はその点だけは抜けてました。反省。
by mikikasai819 | 2008-01-13 23:59 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31