行ってみる

今、テレビで「秘密のケンミンショー」という番組のスペシャルがやっています。
47都道府県の代表芸能人が出ていて、
各地の言葉の違いやその土地の自慢などが特集されています。

つけた瞬間、井森美幸さんが出ていました。
すかさず私、「あっ、群馬だ」と(笑)。(井森さんは群馬出身)
彼女は言っていました。
「東京の練馬ナンバーを見ると、「馬」という字が群馬を懐かしく思い出させる」

分かる!!

っていうか、東京に帰ってきてしばらくは、すべて群馬ナンバーに見えましたもの。

それにしても、それぞれの県、実に面白いですね。
私は、全国津々浦々の放送局を受験したので、
出身地じゃなくても勝手に思い入れがあるところがたくさんあります。
まあ、その中で縁あって群馬に就職することになったわけです。

群馬は関東地方ですし、テレビ番組も東京と同じですし、
文化が違って困る!というような戸惑いはありませんでした。
また、イントネーションの違いはあれど、方言はキツくないため、
インタビューしていても理解できないということはありませんでした。
(実際、地方局に就職すると、取材に行った際、
おじいちゃんおばあちゃんの言っていることが分からない!っていうことに直面する)

でも、よく間違えてとらえてしまう言葉がありました。
それが、本日のタイトル、「行ってみる」

友達とご飯を食べ終わってしばらくすると、「それじゃ、そろそろ行ってみる?」

え?どこに?

会社の飲み会で三本締め、その後は「よし、行ってみようかね」

え?え?どこにですかぁぁ???

答え:そろそろ帰る、解散するという意味。

「行ってみる?」といわれて、もう1軒行く気になったときに何度肩透かしにあったことか!
逆に、もうこれで勘弁して!というときはホッとしたこともありますけど(苦笑)。

いやー、奥が深いなぁ。

また旅がしたくなってきました。(そういう着地点?)

※去年行った四国の旅行記、UPしてなかった!もう文章はできているので、明日。
Commented by maichiko at 2008-01-11 10:56 x
「行ってみる」って方言だったのですか(笑)
中にいるとわからないものです(^_^;)
みきさん、これも方言でしょうか??
それは、業務終了を「しまう」と言うことです。
学生時代事務のアルバイトをしていたのですが、業務終了時間頃に、
「もうしまっていいよ」と言われ、何をしまうのか非常に戸惑いました!
Commented by mikikasai819 at 2008-01-12 15:00
maichikoさん、書き込みありがとうございます!
確かに、普段の生活に溶け込んでいる言葉について
「これが方言かどうか」ってひとつひとつ考えないですよね。

ほかに私が群馬にいて印象強かったのは
「駐車場」「運動場」のアクセントでした。
皆さん、最後の「場=じょう」にアクセントを置くんですよね。
これが今ではとても懐かしく、郷愁を感じます。

ところで、「しまう」というのは初めて聞きました。
何をしまうのか焦ってしまう様子が目に浮かびます(笑)。
うーん、どこが語源なのでしょうねぇ。
Commented by ひさ at 2008-01-12 20:40 x
『行ってみる? そろそろ行く?』… 普通に何の違和感もなく使っています(笑) 『しまう』も違和感ありません(笑)私もたまに使ってるなぁ。 地元にいる限り気づかないことって多いでしょうね…言葉って面白いですね☆
Commented by この木、何の木?何だろね。 at 2008-01-14 01:35 x
そろそろ、行くべぇ。(行ってみるべぇ。)
      しまうべぇ。(終(しま)いにするべぇ。)

いろんな言い方はありますが、終(おわ)りにするべぇ。・・・ってことでしょ。

・・・・・
普通に使ってますが、・・・何か?(←篠原涼子風・・・笑)
Commented by mikikasai819 at 2008-01-14 18:23
ひささん、こんにちは。
両方とも違和感ないということで、
「しまう」もやはり群馬ならではなのでしょうか。
本当に言葉は面白い。
色々使いこなせるようになりたいなぁと思います。
Commented by mikikasai819 at 2008-01-14 18:26
この木、何の木?何だろね。さん、こんにちは。
最後の「何か?」にビビりつつもウケました(笑)。
そして語尾の「・・・べぇ」にも懐かしさを感じました。
そうだんべぇ、そうだんべぇ・・・。
by mikikasai819 | 2008-01-10 23:16 | にっき(日々の出来事) | Comments(6)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819