厄除け初体験

初詣。
お正月当日は義父母と一緒に滋賀・比叡山延暦寺に行きましたが、
やはりここ数年足を運んでいる東京深川・富岡八幡宮にも行かねば!
(「回数に規定はないから初詣は何回行ってもいいんです。
安心していいですよ!」と、群馬時代に神社への取材で確認済み)

ということで、1年ぶりの富岡八幡宮。

e0039787_19244158.jpg


しかし、今年はやるべきことがある。それは、そう、厄除け。
数え年で33歳の私、本厄なのです。
何かをものすごく信仰しているわけではないですが、
何事も初めてのことはネタになりますし(職業病)、
もちろん、いい年にしたいと強く願っていますので、申し込むことに。

富岡八幡宮の場合ではありますが、以下に記します。

まず、祈祷受付のテントがあるので、そこで、申込用紙記入です。

e0039787_1925430.jpg


住所・名前とお願いしたい項目(家内安全・無病息災・商売繁盛・良縁祈願など)を選びます。
「○は2つまで」とあったので、まずは厄除け、そしてもう1つは心願成就を選びました。
年齢は数え年で書くので、本当は31歳だけど「33歳」と・・・。(なんか違和感)
初穂料は5000円から。参列人数は主人も含めて2名と。
(別に厄年じゃなくても一緒に受けられます)

書き終えると巫女さんに提出です。
その際、住所と名前のふりがなをものすごく丁寧にチェックされました。
あっ、これは読み上げられるな・・・。

厄除けは30分おきに行われ、1回が30分程度。
この時期なので希望者も多く、私は1時間待ちました。
その間に、お参りをして、甘酒のふるまいをうけて、おみくじをひいて過ごしました。

ちなみに甘酒の列へのアナウンス、「おひとりさま、8杯までとなっております」だって。
なぜ8杯?末広がりだから?八幡宮だから?そもそもそんなに飲むか?(笑)

あと、おみくじですが、今年は・・・でした。
(比叡山でも吉だったから、これで確定かな)
でも、そこだけチェックしても意味がないという知識も、神社の取材で入手済み。
細かい項目を見てみると・・・ま、まぁ、確かに吉っぽいニュアンスでした。

ちなみに、ここのおみくじの好きなところは、運勢をあらわす和歌が載っているところ。
今年は・・・「草も木も めぐみの雨にうるおいて よみがえりたる夏の色かな」

炎天続きの日々に生色を失ひたる草木も、適度の慈雨に遇い蘇るなり
過ぐれば洪水となる雨も適えば草木を潤すなり・・・だそうです。

あれこれ考え過ぎの日々が続いて生きる力を失いかけた「みき」も
年末、適度のお酒を飲んでよみがえった。
飲みすぎれば胃に悪いお酒も、適度であれば「みき」を潤すのだ。
・・・って、アル中みたいじゃないか!
(しかしこんなパロディーが本当に一瞬だけ浮かんでしまった)
冗談はともかく、
とてもいい和歌だと思います。

さて、そうこうしているあいだに厄除けの時間が近づきます。
10分前にテントに集合、時間になると名前が呼ばれます。
お正月シーズンはさすがに混んでいて、1回に100人近く呼ばれます。

そして、白い羽織ものを渡されて、御堂の中へ。
私はロングブーツで来てしまったので、脱がなきゃいけないなぁと覚悟していたのですが、
なんと、ここは、立ったままなのです。
呼ばれた順に横1列に並んでいきます。
受け止め方にもよりますが、靴を脱がなくてよい&正座がない、これは非常にラクでした。

太鼓が鳴らされ、厄除けの儀が始まりました。
「頭をお下げください」などアナウンスがちゃんと入るので、そのとおりにしていれば大丈夫。
(ちなみに、後ろからはお賽銭を投げる音。
「とーしのはーじめの ためしーとてー」という音楽も遠くから聞こえてくる。
ああ、後ろで普通にお参りしている人たちがいるのだ・・・と
少し集中力が切れたりもしましたが、それもまた正月独特の雰囲気です)

お祓い後、神官が祝詞奏上をするのですが、ここで、予感的中!
祈願者の名前と住所と願意が次々と読み上げられていきます。
もちろん、祝詞特有のリズム・イントネーションで。
しっかり耳をすまさないと聞き逃してしまいそう。

さっき控えテントで名前を呼ばれた順だから、えーっと、
私の少し前には確か○○さんって名前の人がいたよなーなんて思いながらチェック。

すると、20番目前後にちゃーんと言われましたよ。
「○○区●●(地名)の~ 河西美紀においては~ 厄除けならびに心願成就~」
(※河西ではなく、ちゃんと戸籍上の姓で申し込みましたが、雰囲気はこんな感じ)

呼ばれた!ラジオで名前呼ばれた感覚・・・と言い切れないけど(苦笑)、
多分、そんな感じの嬉しさ。

ちゃんと、神様に届いただろうか。
え?人数多すぎて覚えきれない?
確かに。100人分を延々と読み上げるのだ。神官の方はすごいです。

ひと通り終わったら、二礼二拍手一礼。

最後に、自分の名前入りの立派なお札をいただいて退場です。
退場する際に、清酒がふるまわれ、お土産をいただきました。

e0039787_19382045.jpg


何だろう・・・。裏を見てみたら、

e0039787_19383994.jpg



?!

e0039787_1939270.jpg



あさり炊き込みご飯の素・・・



すごい!さすが、地元・深川めしだ!
へぇ、こういうお土産もアリなんだぁ。かなりびっくり。
「しっかり、家庭の食卓を彩るんだぞ」と神様に言われたかのよう(苦笑)。

というわけで、初詣&厄除けは無事終了。

どうか、平和な1年でありますように。
Commented at 2008-01-08 00:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mikikasai819 at 2008-01-08 13:31
非公開コメントを下さった方、書き込みありがとうございます!
まさか!と思いましたが、すぐに分かりましたよ。
でも、あまりに久しぶりすぎて、懐かしすぎて、嬉しすぎて、
なんというか、軽いめまいがしました(笑)。
私がアナウンサーになったというのは地元の同級生の間では
風の噂で流れているんですね・・・
(まあ、確かに報告する機会もないものね・・・)
10代のときは30代のことなんて想像もできなかったけど。
いやー、ブログってすごい。
本当にひょんなことから巡り合えるものですね!!
ありがとう。またよかったら読んでやってください。
Commented at 2008-01-08 17:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by mikikasai819 | 2008-01-07 19:27 | にっき(日々の出来事) | Comments(3)

元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。


by mikikasai819