音もれに反応、しかしその曲が・・・

中学時代からの親友と飲みに行き、帰りの電車内。
私は立っていたのですが、目の前には20歳代前半の男性が座っていました。
髪をかっこよく逆立て、シャツもおしゃれ、そしてヴィンテージジーンズ。
i-podで音楽を聴きながら目をつぶっていました。
それだけならかっこよかったのですが、i-podの音が私にまでちょっと聞こえてきて、
音量が微妙に大きいぞー!と言いたくなりました。

しかし、よく聞くとその曲があまりにも渋すぎて思わず固まってしまいました。


その年齢で、その風貌で・・・


♪クーリースーマスキャロルがー なーがーれーるーころにはー
きみとぼくのこたえもー きーっとでているだろーうー♪



稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」です!!!THE 名曲!!!

まあ、この季節ですからね。でも、なんか、ミスマッチでねぇ。

※そういえば、この曲はドラマ「ホームワーク」の主題歌だったんだよなぁ。
懐かしいなぁ。福山雅治がここで相当ブレイクしたなぁ。清水美砂も。
個人的には筧利夫がすごく強烈だった。
それより、浦江アキコはどこへ。(独り言は続く・・・)
by mikikasai819 | 2007-12-08 23:58 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30