ブログトップ | ログイン

このき なんのき かさいみき

軸となる人は偉い!

昨日の講演後、夕方、高田馬場にいました。
大学1年生のときだけ所属していたサークルの同窓会があったのです。
1年間だけ、しかも影薄く存在していた私。
それでも、みんなの連絡先をまめに把握していた同級生Tのはからいにより、
もう二度と会えないと思っていた人たちと再会を果たせたのです。

「ひさしぶりー!えっと、名前覚えてくれてる?」
『あれ、誰だっけ?』
「連絡取り合ってたの?」
『うん、Tとだけね。しかも年賀状だけ』
「10年ぶり?」
『いや、12年ぶり』

ホント、こんな感じです。

でも、話していけば、出てくる出てくる、懐かしい人の名前!
1年生のときって、何事にも一生懸命なじもうとしていたから、余計に記憶があるのです。
ただ、1年間だけなので、あの人は今・・・状態です(汗)。
私がどんな仕事をしているか、結婚しているか、
そもそも大学2年からどんな生活をしていたか、説明の必要があるわけです。
しかも、出席している全員にいっせいに話す機会もなく、
そうしている間に、私は途中で帰らなくてはならず、名刺交換やメアド交換をしました。

正味1時間。
でも、参加して本当によかった。
きっとあの後、みんなさらに盛り上がったことでしょう。

企画してくれたTには、
「河西って名前だけ文字でみるより
『みきかさい』って言ったほうが分かるってパターンかな」って言われました(苦笑)。

そうだった、このサークルで私は「みきかさい」というニックネームがついたのだった。

とにかく、Tのおかげで点と点が線になりました。感謝です。
(実は心身ともに相当へたばっていたのですが、この場で元気をもらえてよかったです。)
by mikikasai819 | 2007-10-21 17:43 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)