祖父からの痛いような笑えるような指摘

先日、仕事の前後で実家に立ち寄ったとき、
89歳の祖父から、「みき!ちょっとちょっと」と呼ばれました。
(祖父についての以前の記述はこちら

いつものソファーにちょこんと座って、笑顔で手招きするので、何かと思ったら




「ちょっと太ったかい?」



!?



ま、まあ、確かに胃を壊して食べられなかった夏よりは、
食欲も戻ったし、最近は忙しくてエステにも通えてなかったけど・・・
そこまで太ったとは思ってなくて・・・そもそも祖父を疑うわけではないけど・・・
そんなこと祖父にこれまで言われたことなかったから・・・
何歳の男性に言われても刺さる一言・・・
いや、その前に男性はそういうことを女性に言っては・・・ねぇ。

すかさず母がフォロー。

「ちょっと、おじいちゃん、その言い方はないんじゃないのー」

孫に対してとはいえ、ストレートすぎるよ、確かに(苦笑)。
すると祖父は、

「あー、そうかそうか。」とにこにこしながら、

次の瞬間、実にマジメに



「背が大きくなったんだな」



!?!?

なんだそりゃ!フォローになっとらん!!思わず爆笑でした。
多分これらはコミュニケーションを図ろうとしてのセリフだったのでしょう。

本当にかわいい祖父です。癒されます・・・。

しかし、これをきっかけにまた食生活を見直そうと思ったのは事実であります・・・。
by mikikasai819 | 2007-10-05 15:10 | にっき(日々の出来事) | Comments(0)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819