アメリカ旅行記5「ブルックリンブリッジ・ミュージカル」

9月5日。朝目覚めて、マクドナルドの袋を凝視。
ああ、昨日、必死に購入したのに結局食べなかったんだ(笑)。
まあ、その方が胃にはいいよね。
というわけで、冷え切ったバーガーをとりあえず食べる。
テレビでは「タクシーストライキ」のニュース。
まあ、私は地下鉄主体で動いているから大丈夫かな。
(実際、ホテルの外に出てみると、普通にタクシーがいる。
あれ?ストライキじゃないの?笑)

さあ、今日は、ブルックリンに行ってみることに。
ここに、お仕事でこれまた大変お世話になっているOさんおすすめの
美味しいピザ屋さんがあるのだ。
平日でも行列を覚悟ということだったので、気合入れて向かう。
York Stという駅を降りてみて、
マンハッタンの空気とは違う!って一瞬にして実感。
すぐそこにはマンハッタンの景色が見えているのに。
駅から歩いて5分ほど。ありました!

e0039787_21233446.jpg


今回はちゃんと食べられるかな。
「前日チーズが仕入れられなくて、ごめんなさい」って言われたりしないよね(苦笑)。

11時半OPENのお店。到着したのが11時45分頃。
中に入ると、既にお客さんが何組かいたけど、まだ混雑はしていない。
通された席の隣もガイドブックを持っていて、どこかの国の観光客のようだ。
でも、後ろは子供連れの家族。やはり多方面に人気なんだ。
メニューを見る。
とりあえず、Smallサイズを選び(これでも充分BIGなはずだ!)、
トッピングを悩みに悩んでペペロニとアンチョビにする。
(普段なら違うものにするのかもしれないけど、なんとなく惹かれた。
具のことまでOさんに聞いておけばよかったかな)

あとは、旅の醍醐味、昼からビール。
e0039787_21264216.jpg

この「ブルックリンビール」とやらが非常に美味しかった。
麦芽を感じられるような・・・なんというか、表現が難しいけど(笑)。
飲んでいるうちに、来店者が増えてきて、ピザがテーブルに運ばれてきた頃には
既に店内はほぼ満席状態だった。
e0039787_21302054.jpg


これがピザでございます。
e0039787_21294352.jpg


やはりSMALLでも大きい(笑)。これで充分だ。
お味は・・・うん、やはり生地がもちもちしていて美味しい!
アンチョビをセレクトしてしまったため、慣れるまでちょっとしょっぱかったけど、
おかげでビールが進む!!是非、他の味も試してみたかったー。
会計を済ませ外に出ると、もう、並んでいた。ホント、有名なお店なのねー。

おなかが一杯になった私たちは、マンハッタンまで歩いて戻ろうと決めた。
ブルックリンブリッジを渡るのだ。
2キロ=徒歩30分の道のり。
普段の生活なら絶対回避するけど(苦笑)、旅に来たのだ、
ニューヨークの風をつり橋の上から感じるぞー。
e0039787_2132336.jpg

木の板を繋ぎ合わせて出来ているので、
その間に靴のかかとがはさまって大変だったけど(苦笑)、実に気持ちがいい。
e0039787_21331138.jpg

隣にはマンハッタンブリッジが見える。
e0039787_21344382.jpg

どんどんマンハッタンが近づいてくる。
e0039787_21352318.jpg


あっという間の2キロだった。

渡り終わってから、地下鉄に乗ってニューヨーク市消防博物館へ。
e0039787_21355879.jpg

今回の旅では、時間の関係で
いわゆるニューヨークの主要な博物館・美術館に行かないと決めていたが、
この博物館にはちょっと興味があったので。
入り口にはモニュメントが。
e0039787_21362259.jpg


入ってみると、消防道具の歴史が展示されているのだが、
やはり立ち止まってしまうのは、911メモリアルのコーナー。
勇敢な救助隊員たちが、倒壊するタワーの犠牲になった事実。
一般の人とはまた違った悲痛さがある。
・・・映像を見ていて、飛行機が激突するシーンの様子などを再び目にして、
みぞおちのあたりがすごく重くなった気がした。
その他の展示が、このコーナーのあと、目に入らなくなった。

博物館をあとにするとき、さっきはなかった2人の消防士の遺影が
扉のところに掲げられていた。先月、消火活動の際に犠牲になった人らしい。
消防士は命がけなのだ。改めてそのことを心に刻んだ。

外に出て、スタバでコーヒーフラペチーノを飲む。
一生懸命展示を見たからか、ぐったり。
こういうときに、日本と同じ味であることが気持ちを癒す。
(日本と同じというよりは日本がアメリカと同じなんだよなぁ)

気持ちを切り替えて、タイムズスクエアに移動。
今日はミュージカルを見るのが最大の目的!
TKTSというディスカウントのカウンターへ。
e0039787_21374213.jpg

何を見ようか、あまり深く考えていかなかったが、
せっかくだし、分かりやすそうなのがいいなー。
昨日のうちに下見をしておいたので、予習の結果、Mamma Miaなら
私の好きなアバの曲もたくさん入ってるし、いいのでは!?と決断。

しかーし、いざ行ってみると、半額リストに入ってない!

確かに人気のミュージカルだが、昨日あったから・・・と信じてやまなかった。
これ、昨日の表示。
e0039787_21392411.jpg

今日は・・・
e0039787_2138194.jpg

あー、今日はどこを見てもMamma Miaはないねー。うーん。
まあ、もともとTKTSで買うということはそういう意味。
本当に見たければ正規の値段を出せばいいのだ。
でも、私はミュージカルを理解するほどの英語力はないし、雰囲気が楽しめればいいので、
Mamma Miaはあきらめて、別のプログラムにシフトすることにする。
一旦、ホテル(グランドセントラル駅)に帰って、PCで内容をチェック。

その中で、興味があったのは「hairspray」というもの。
英語力がなくてもダンスと歌の面白さで充分楽しめるというお勧めコメントもある。
よし、なくなってしまう前に急いでTKTSに戻ろう。

再びディスカウントカウンターへ。

すると・・・嫌な予感は的中。
チケット、まだあるにはあるが、並びでとれる席はないとのこと。
つまり、バラバラなら用意ができるという。
せっかく予習してきたのに、またダメなのか。
ショックで、本当に全くないのか聞いてみたら
「NO MEANS NO!(ないものはない)」と強い口調でいわれ、不快にすらなる。

あー。なんかこのまま引き下がれない。
私は、ダメもとで別のブースの別の担当者でトライすることにした。
そうしたら・・・なんと、あった。
セパレートではなく、ちゃんと隣同士で2枚。
・・・おいおい、何だったのだ、さっきのは。
カウンターの中で意思疎通できてないのだろうか。
それとも、その担当ごとに持ち分があるのだろうか。

ということで、売り切れといわれても、別のブースでトライしてみよう!
これ、かなりの教訓。
e0039787_2141589.jpg


なんとか無事ミュージカルを見ることは決まりホッとしたところで、
お土産屋さんを見に行こうということに。

しかし、これが大苦戦。

ピンとくるお土産がないのだ。
自分がもらう立場になったらどんなものが嬉しいか。
考えれば考えるほど、うーん、この店にはないなーと思ってしまう。
手ごろなものってなかなかないものだなぁ。
まあ、まだニューヨークのあともロサンゼルスやサンタバーバラ行くし、
あわてずにほしいものがあったらってことでいいかなーなんて優雅に考えていた。
(のちに泣きをみることに・・・)

今の話と全く関係ないけど、この店に惹かれた。
e0039787_21474947.jpg

以前スポーツ・アイ・ESPNで働いていた身としては・・・ね♪(笑)

ミュージカルは20時にスタート。
その前に少しおなかを満たそうかと思い、劇場近くのレストランでサンドイッチを食す。
ここで再認識したことは、ちょっとおなかを満たすというのはアメリカでは実に難しい。
やっぱりボリュームがあるのだ。
e0039787_21441255.jpg

頑張って食べるという言葉がピッタリだった(笑)。
レストランのテレビではヤンキース戦が放映されていた。
昨日の今頃はここにいたのだなぁとしみじみしていたら、
あら、いつの間にかお客がほとんどいない!
時刻は19時45分。みんなミュージカルのお客さんだったようだ。
考えることは一緒だなぁ。
店を出て、タイムズスクエア方向をパチリ。
e0039787_21463625.jpg

すっかり夜。

今回観劇するのは、ニールサイモンという、タイムズスクエアの北に位置する劇場。
e0039787_21495892.jpg

e0039787_21502347.jpg


どんな格好で行けばいいのかと思ったが、別にそこまで気にしなくてよい。
ものすごくドレスアップした外国人もいたが、逆にちょっと浮いていたように思う。
一方、Tシャツ&ジーンズの人もいた。
もちろんとがめられはしないが、それよりは少しランクアップさせたほうが、
モチベーションはあがると思う。
具体的に言えば、私はキャミソールにスカートをはいていった。ちょうどよかったと思う。

さて、劇場に足を踏み入れます。
e0039787_21512860.jpg

入ってすぐに、客席と舞台の近さに感動。
TKTS、やるね!すばらしい!前から10列目くらい、全体がちょうど見やすい距離。
しかも通路側!ここが半額で手に入れられたなんて本当にラッキー。
まだ幕は開いていないのにワクワクが止まらない。

幕が開くと、いきなり歌が始まる。主人公が舞台の中央で笑顔で歌い、仲間が一緒に踊る。
歌詞はわからない。セリフもうまく聞き取れない。
皆が爆笑しているところで取り残される。
それでも、あらすじを予習した甲斐あってなんとなくのストーリーは分かる。
何より、豊かな表情が全て見えるのがすばらしく、ぐいぐい引き込まれる。
ヘアスプレーというタイトルの通り、髪型はもちろん、衣装、小道具も凝っている。
自然と笑顔がこぼれてくるのが自分で分かる。
ミュージカルって楽しい!!!

途中休憩が入って、全部で2時間40分。
あっという間だった。最後は観客総立ち。軽快な音楽でミュージカルの幕が下りる。
主題に重みがあるわけでもないし、終始ドタバタコメディーではあるのだが、
逆に爽快感が全身にみなぎった。ヘアスプレーを選んでよかったと心から思った。
そして、幼い頃にミュージカルというものにたくさん触れていたら、
間違いなく私はこういう道を志しただろうと思った。
(ヘアスプレーは、映画化されて日本でもまもなく公開される。果たしてどんなものか)

大満足で劇場をあとにした私。
考えてみれば今日はニューヨーク最後の夜。
危険のない程度にもう少し遊んでもいいかも・・・と思い、
夜景の見えるバーにでも足を運んでみようかなと決意。
去年夏にオープンして大人気のRoof Top Barというスポットへ。
28Stの駅から徒歩5分。

え?どこ?って最初は分からなかったが、入り口はここらしい。
e0039787_21521775.jpg

ビルを入った奥のエレベーターで上がる。
どんなにか静かな空間が広がっているのかと思いきや、とんでもなかった。
e0039787_21525342.jpg

e0039787_21532977.jpg

そこは、地元の若者たちの集う場所だった。
自分でドリンクを注文して、好き勝手に座る。
e0039787_21535821.jpg

音楽が大音量で流れ、熱気がすごい。
e0039787_21543737.jpg

仲間で盛り上がっているグループもあれば、
カクテル片手に愛を語り合っているカップルもいて、少なくとも観光客は皆無に見えた。

確かに夜景はきれい。
目の前にエンパイアステートビルが見える。迫力ある。
e0039787_21553294.jpg


とりあえず様子が分からないのでとりあえず思いついたものを勢いで頼んだ。
主人は無難にビールだったが、私はなんと、我ながらビックリの「ソルティードッグ」。
大学生以来かもしれない(苦笑)。なぜ思いついてしまったのだろう。
このソルティードッグが・・・ものすごくアルコールが強くて、
別の怪しい液体が混ざっているのかというくらい、一瞬で酔った。
まずかったとかではないのだが、いまだにあの味は何だったのだろうと思う。
そんなわけで、あまり長いことゆっくりするような雰囲気ではなく、飲み終わったら退散。

外に出て、酔いがさめた・・・。人がいない。
e0039787_215699.jpg


ニューヨークの地下鉄に夜中に乗るのは危険と一般的に言われている。
タクシーで帰ろうかと思ったが・・・走っていない。
慣れている主人は「大丈夫だから、地下鉄で」という。
恐る恐る駅のホームへ。明らかに人が少ない。
係員がいないようなホームの端にはさすがに行かないほうがいいという話になる。
ひとりだったら乗らなかったと思う。
ホテルに帰って、荷物を整理。いよいよ明日はロサンゼルスに向けて出発だ。

TO BE CONTINUED・・・
Commented by stear21y at 2007-09-19 03:35
kaya☆
MALIBU&COKE(笑)!そうですね!!
いいなぁ、肩揺らしながら鼻歌で歌い出してしまいそうです;
頑張って食べる(笑)ちょっと笑ってしまいました。
日本でソルティードックを頼んで酔えるものを出してくれるお店に行った事無いので、どんだけ強かったのか気になります;
911は、確かに重い事実だけど、NYに行く事があったら絶対に行きたいと思っています。
私はフランスの夜の地下鉄怖くて乗れませんでした(・ ・;一人じゃ絶対に絶対に乗れない(汗;)
旅行記とっても楽しいです!まるで私も行った気になった様な…
コメントご無沙汰してすみません、仕事一つ辞めて来たので、
またお邪魔しますね☆★
Commented by mikikasai819 at 2007-09-22 07:00
kayaさん、本当に、頑張って食べるという表現がピッタリな旅行でした。
あんなに毎日食べていたら・・・ぞっとします。
そして、ソルティードックの強さも・・・。
あんなに強烈な味はなかったというくらい濃かったです。
うーん、次にどこかでオーダーするのは何年後だろう(笑)。
やっぱりマリブコークにしておこう。(こらこら)
by mikikasai819 | 2007-09-18 22:05 | にっき(日々の出来事) | Comments(2)
元ラジオ局アナで今はフリーで活動中、河西美紀(かさいみき)のげんき・やるき・ほんきのつぶやき。

by mikikasai819
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31